こんにちは中山です。
九月になり、日中でも日影なら涼しく過ごせる季節になってきました。
我が家でも休日には可愛いフトアゴをベランダでのんびり日光浴させていましたが、
太陽の下でバスキングできる時期もそろそろ終わりですね。

さて、今回はフトアゴ特集
ベビーから少し育ったヤングサイズまで、可愛いフトアゴが沢山います。
飼い易く大人しいペットリザードとして様々な品種が作成されているフトアゴヒゲトカゲ。
いくつかの品種を組み合わせたいわゆるコンボ品種などもあり、
ますますペット要素が強まっています。
今回紹介するフトアゴたちに共通しているハイポメラニスティックという品種。
これは黒色色素が減少している状態で、ノーマルのフトアゴではくなる爪が、
色素が抜けて透明な爪(クリアネイル)になることが特徴です。

ハイポメラニスティック
b0174337_2101214.jpg

食欲旺盛!ハッチしてから2週間ほどのフトアゴベビーズ。
指に乗るほどのちんまりサイズですが他のトカゲに比べて体の割に口が大きいので、
思いのほか大きめの餌を食べられます。
幼少期は動物質の餌を主に食べるため現在コオロギを食べてすくすく成長していますが、
将来大きくなったら植物性の餌をメインにしていくと良いでしょう。
b0174337_2103263.jpg

その切り替えをスムーズにするためにも小さいうちから好き嫌いなく、
フードや野菜なども食べられる子に育てています。
b0174337_2104678.jpg

小さくてもしっかり綺麗なクリアネイル。


ハイポフルレッド
b0174337_2111280.jpg

真っ赤に染まった背中黄色い四肢が眩しい、
手のひらから少しはみ出すヤングサイズのレッド系ハイポ。
赤味の強い個体にハイポが入ることによっていっそう鮮やかになっています。
鼻先が少々脱皮の途中ですね。
b0174337_2112961.jpg

体色の美しさもさることながらこの個体のすごいところは好き嫌いの無さ。
動物質のフードはもちろん植物性のフードにまでダッシュで飛び付き
自分からぱくぱく食べてしまうから驚きです。
もちろん1番大好きなのはコオロギですが、
これだけ好き嫌いなく食べてくれるなら成長してからの健康管理もしやすいでしょう。
若干の尾曲がりあり。

ハイポトランスレザー
b0174337_2114818.jpg

ハイポメラニスティック+トランスルーセント+レザーバック。
体色が明るくなるハイポ、白色色素が少なくなるため鱗に透明感が出るトランス
さらに鱗が小さくきめ細かくなり模様がよく映えるレザーバックと、
鮮やか要素満載の綺麗な個体です。
b0174337_212956.jpg

トランスでは虹彩の色が黒になってうるうるした真っ黒な眼になることが多いのですが、
この個体は虹彩に少し色素が残ったリングアイと呼ばれる眼をしています。
b0174337_2122297.jpg

そしてハイポの証、クリアネイル。

トランスルーセントと言う品種は産まれつきデリケートな面があるので、
少し飼育に気を使う面もありますが、
この個体は既にベビーを卒業するくらいに育っているので、
弱々しい印象も薄れて危なげ無くコオロギを追いかけ回しています。

本日ご紹介したフトアゴヒゲトカゲたちについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
# by herptilelovers | 2014-09-07 21:21 | 新着情報
こんにちは村井です。
今回はSnakes in USA!!ということで、
アメリカに生息しているヘビをご紹介します。
広大なアメリカの土地には多くのヘビが息づいておりますが、
その中でもペットとして人気のあるシシバナヘビミルクスネークです。

まず初めはセイブシシバナヘビ(♀)です!
b0174337_2255456.jpg

学名はHeterodon nasicus
英名はWestern hognose snakeです。
名前の通りブタのように吻部が反り上がっていて独特な顔付きをしていますね。
これは穴を掘るためで、
掃除の時綺麗に敷いたシートが次の日にはぐちゃぐちゃに…
なのでご自宅で飼われる場合は砂やアスペンなど掘って潜れるものが良いでしょう。
b0174337_22555785.jpg

その他の特徴としては興奮すると噴気音を出しながら頚部を平らにし、
まるでコブラのようになります。
更に興奮するとひっくりかえって擬死のポーズをするのですが飼育下では滅多にしません
b0174337_22562582.jpg

シシバナはオスが多く生まれてメスはほとんど生まれないケースが多く、
繁殖可能なサイズのメスとなると市場に滅多に出回らないのですが、
今回はなんと産卵経験有りの即戦力フルアダルト!
b0174337_22563093.jpg

アダルトの貫禄と言わんばかりの落ち着きよう。
ですが餌の時間になると目の色変えて飛び付く元気さを持っているので、
初めてのシシバナでも安心して飼うことが出来るでしょう!
b0174337_22564315.jpg

大きな個体が苦手な方や小さい時から育てたいと言う方のために、
小さめの安心サイズ個体も在庫しております。
b0174337_22565033.jpg

お次は鮮やかな体色が目を惹くメキシカンミルクスネーク(Pr)です!
b0174337_22565743.jpg

学名はLampropeltis triangulum annulata
英名はMexican milk snake、
ミルクスネークは25亜種に分かれていて形態も重複し差異も僅かで、
分布域が分からないと同定することができない亜種もいるので、
最大全長を明言することは難しいのですが、
メキシカンは他の亜種に比べてそれほど大きくはなりません。

名前の由来はネズミを食べるために牛舎に侵入した所を、
牛乳目当てに侵入したと勘違いされたためミルクスネークになったとされています。
決して牛乳は飲みません!!(笑)

やはりなんといっても、黒、の見事なトリコロールが目にも鮮やかですよね。
b0174337_22572675.jpg

サンゴヘビのような毒々しい体色をしておりますが、
性格はシシバナを凌ぐほど穏やかで、
一度ハンドリングしてしまえばミルクヘビの虜になることうけあいです。
b0174337_22573335.jpg

そして当店の個体はオスが55センチメスが85センチという即戦力になりうるサイズです。
b0174337_22575778.jpg

オスはまるまるとしているのですが、メスの方が少しばかり細身です。
気になる方もいらっしゃるかと思いますが、
ピンクマウスのLを二匹ペロッと平らげ
まだ足りないと言いたげな雰囲気を醸し出すほど食欲旺盛なので、
必ずやガッチリ体型となって繁殖できるようになるでしょう。
b0174337_2258560.jpg

本日ご紹介したシシバナ、メキシカンミルクについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
# by herptilelovers | 2014-09-05 22:59 | 新着情報