こんにちは村井です。
先日店の前の自動販売機でこれを見つけました。
b0174337_20554267.jpg

初めてこんなきれいな蛾を見つけて思わず撮ってしまいました。
自分なりにいろいろ調べてみたのですがいまいち分からないので、
分かる方いましたら教えて頂きたいです。

さて今回はヘビです!
僕の厨二心をくすぐり倒す真っ黒なヘビ2種類です!!
メキシカンブラックキングスネークボールパイソン(エイトボール)の、
2本をご紹介します。

まずはメキシカンブラックキングスネークです。
b0174337_20564758.jpg

学名はLampropeltis getula nigrita
英名はそのままMexican Black Kingsnakeです。
黒っぽいヘビは数多くいますがここまで黒一色のヘビはいないでしょう。
僕が思うのはキングスネーク系はよく言えば食欲旺盛、
悪く言えばおバカさんと言ったイメージでとにかく噛むのですが、
メキブラに関しては大人しくハンドリングさせてくれる子が多い気がします。
b0174337_205726.jpg

今回の撮影で1~2回咬まれる覚悟でいたのですが、
一度も咬もうとする仕草すらしなくて、
なんなら今までで一番撮りやすいと感じるほどでした。
b0174337_2058165.jpg

そしてこの頭の先から尻尾の先まで一切の淀み無い黒
目も真っ黒なのでパッと見は黒い棒(笑)。
ですがその妥協を許さないスタンスに惹かれますね。
b0174337_20583548.jpg

近寄り難い姿をしておりますが、
頭のアップを見るとなんだか笑っているように口角が上がっているので、
より可愛らしく見えますね。
b0174337_20584679.jpg

お次はボールパイソン(エイトボール)です。
b0174337_20585988.jpg

共優性遺伝の醍醐味、ボールの模様が全くないスーパーシナモン(通称エイトボール)、
なんとなんとこのボールはあの冨水明さんによるCBなのです!
(ちなみにヘテロでゴーストの因子も持っています)
下手なこと書けないのでドキドキしております(笑)。
とは言っても悪いところが無いのです!
b0174337_20591868.jpg

まずはその顔なのですが他のボールよりも、
口元が細く短く丸く、目が気持ち大きくボールらしい黒目なので、
ヘビなのに猫っぽいです。
b0174337_20593110.jpg

そして体色はエイトボールらしい真っ黒でお腹が白ですが、
尻尾付近にはHみたいな模様のチャームポイントがあります。
b0174337_20594646.jpg

そして気になる餌食いは驚くほどいいです!
来てから初めて餌をあげた時は苦戦すると思っていたのですが、
なんてことはなくピンセットに飛んでくるほど食欲旺盛です。
b0174337_20595837.jpg

今回の2種はまだまだ大きくすることができるサイズなので、
滅多に見ない黒いヘビを飼ってみませんか。

本日ご紹介したメキシカンブラックキングスネーク・ボールパイソン(エイトボール)についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2014-12-06 21:02
こんにちは中山です。
11月も終わりが近づき街はすっかり年末の雰囲気
いくらこちらが慌ただしくとも生き物達はおかまいなしで、
おなかがへっただのこっちに構えだの部屋が寒いだのとアピールしてきます。
大掃除をしていても毎日の世話は怠らないようにしましょう

さて本日は11月11日に産まれた可愛いファンシーラットをご紹介します。
先日当ブログで村井が紹介してから二週間、
グングン成長してすっかり目も開き毛並も生え揃いました。
小さな四肢でよちよちと走り回っています
次々に巣から脱走してはケージいっぱいに散らばって、
もう親と同じ固形の餌も齧り始めています。
b0174337_219935.jpg

お水もちゃんと自分で飲めます。
b0174337_2110763.jpg

二週間前と比べて倍ほどに成長していますがまだまだ授乳期
あかちゃんと言えどだいぶ重くなってきているのでお母さんも大変です。
b0174337_21104285.jpg

子どもたちが成長して体がしっかりしてきたからか、
もう心配ないわとばかりに子ラットの扱いがになってきたお母さん。
あわれお乳を飲みながら引きずられていく子供たち。
b0174337_21111512.jpg

でも振り落とされてもめげずに飛び付く体力とガッツ。
b0174337_21114158.jpg

叔母さんと比べてハスキーの黒面積が狭いお母さんに似て、
ハスキー部分が一様ではなく一頭一頭が個性豊かな模様になっています。
既に毛が薄くなっている子は成長につれてお父さん似のスキニ―に?
b0174337_2112035.jpg

お母さんが人によく馴れているせいか子どもたちも物怖じせず、
興味津々といった様子で自分から近寄って来ます。
b0174337_21123820.jpg

b0174337_21125092.jpg

元々大人しく滅多に咬まない生物とは言っても、
あまり人馴れしていないラットが母になると殺気立ち、
子どもを守るために人を咬むこともあるとか。
このお母さんは当店で生まれ育ったベタ馴れちゃんなので子育て中でものんびり構えていました。
とはいえもちろん子育て中にわざわざ刺激するようなことはしませんが、
必要な給餌や給水の時にもお母さんはストレスに感じにくかったのではと・・
b0174337_21121725.jpg

馴れ過ぎですお母さん!近いです。
ラットは大体生後一ヶ月くらいで乳離れすると言われていますので、
もう二、三週間もすればお渡しすることも出来るでしょう。
名前を憶えて部屋に放して散歩させても呼べばおひざに戻って来たり
自らなでなでを要求してきたりとを注げば注いだだけ応えてくれる、
その頭の良さと人懐っこさでペットとしてじわじわ人気が出てきているラット。
品種は大きな耳が愛らしいダンボ、
人気の柄や性格など可愛い順にいなくなってしまうので選びたい方はお早めに!

本日ご紹介したファンシーラットベイビーズについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
# by herptilelovers | 2014-11-30 21:16 | 生体