こんにちは中山です。
今週は日本中を巻き込むように通っていった特大台風も過ぎるか過ぎない内に、
北海道で大地震があるなど日本全体がしっちゃかめっちゃかにされてしまいました。
一日も早く平穏な日常が返って来ることを祈るばかりです。

ビバリウムガイド53号に掲載されていた災害時の爬虫類マニュアルが現在pdfで公開されており、
こんなとき爬虫類たちをどうしておくのが最善かなど非常時以外にも引っ越しの時などにも役立ちますので、
今回被災しなかった方も今後の備えのためにも是非一度読んでおくことをオススメします

さて幸いにもほとんど影響のなかった大曽根では通常通り様々な生き物が入荷しています。

リチャードソンジリス
b0174337_22524467.jpg

大きな目と小さなおみみがチャーミングなリチャードソンジリス
ふわふわの短毛が撫で心地バツグンな生後三ヶ月。
b0174337_22522174.jpg

プレーリードッグに似ていますが小さいぶん気性の個体差が激しく、
神経質な個体では馴らすのに時間が掛かる場合もあるのですが、
この子はその心配はゼロでよさそうです。
b0174337_22523038.jpg

初対面で思いっきりモフらせるどころか入荷直後に腹を出して寝る豪胆さ。
最近までカゴで飼育されていたようで少し鼻に擦れたカサブタがありますが、
治るにつれて毛も生えそろっていくことでしょう。
b0174337_22522688.jpg


クレステッドゲッコー(♀)
b0174337_22542083.jpg

巷で見かける可愛いベビー達が目指している数年先の完成型です。
もちろん幼気な愛らしさも捨て難いですがやはりクレスの魅力は、
この色柄手触り重量感が完全に発揮されたアダルトサイズにこそあると思います。
クレステッドゲッコーのアダルトはオスの流通が多いので、
繁殖を目指す場合も是非押さえておきたいところです。

ヒョウモントカゲモドキ
今回はちょっと変わった血筋のベビーたちがやって来ました。
長い名前も重要ですが、見た目の直感でお迎えするのももちろんアリです。

サイクスエメリンクロスブルースポットhetラプター
b0174337_23120634.jpg

スーパーハイポタンジェリンジャイアントhetソーラーエクリプス
b0174337_23122774.jpg

ハロウィンマスクタンジェリンW&Yエクリプスhetレーダー
b0174337_23123377.jpg

W&Yスーパーハイポタンジェリンジャイアントhetレーダー
b0174337_23125021.jpg


ニシアフリカトカゲモドキ(アプリコットアルビノhetキャラメル・♀)
b0174337_22542809.jpg

フルーツとホイップクリームのデザートを思わせる配色のアプリコットアルビノ
手の平いっぱいにもっちりと広がる立派なメスです。

エジプトトゲオアガマ(ベビー)
b0174337_22573492.jpg

ふわふわのわらびもちのようなエジプトベビーが入荷しました。
幼体斑もくっきりで指乗りサイズの赤ちゃんですが、
入荷直後に給水するや否や走り出してバスキングスポットを奪い合い、
こんがり暖まったら即行を啄みはじめるという鈍感もとい頑健さを見せてくれました。
b0174337_22573471.jpg


フトアゴヒゲトカゲ(トランスイエロー・♂)
b0174337_22574113.jpg

透き通る黄色も鮮やかなトランスイエロー
b0174337_22574806.jpg

レッド人気に押されてかイエロー系は流通が少なめなので、
探している人も多いと思います。

フトアゴヒゲトカゲ(オレンジ・♀)
b0174337_22575575.jpg

こちらも鮮やかなカラーが目を惹くオレンジのメス。
穏やかながら堂々とした性格で同居にも向いていそうな個体です。
b0174337_22575558.jpg


モトイカブトトカゲ(Pr)
b0174337_22544330.jpg

b0174337_22543697.jpg

しっかり飼い込みの安心モトイペア。
飼い方扱い方はアカメカブトと同様で、
アカメ部分がない分シックで野性味ある外見となっています。
b0174337_22544076.jpg


ブラジルレインボーボア(♂・♀)
b0174337_22590107.jpg

手の平にすっぽりおさまる小さなブラニジベビーズ。
成長と共に増していくレインボーホログラムが魅力的な種です。
b0174337_22590184.jpg

オスメスとも複数在庫がありますので、
お気に入りの個体でペアを組むこともできちゃいます
b0174337_22590178.jpg


アラブギリシャリクガメ
b0174337_22594007.jpg

b0174337_22593959.jpg

色サイズ共にお饅頭チックな小さめアラブ
模様濃いめと模様淡めで揃えてみました。

ヒガシヘルマンリクガメ
b0174337_22595820.jpg

Mazuriリクガメフードで成長線を綺麗に伸ばしたヒガシヘルマン
このまま甲羅のしっとり感を保ちつつフードのみで育てれば、
綺麗に膨らんでつるっと丸い完成型へと育ってくれそうです。

アカアシガメ(チェリーヘッド)
b0174337_23001797.jpg

そろそろ片手で持つのが厳しくなりつつあるがっしりサイズのアカアシガメ
カラーリング的にも木影のある所に棲息していそうなタイプですし、
ベビーの頃はちょっと気が弱いようなイメージもあるアカアシですが、
この個体はその片鱗すらなく人間に向かって突撃かましてを要求し、
皿までなめるように食い尽くすめちゃくちゃ陽気な南米野郎です。

クサガメ(国内CB)
b0174337_23010362.jpg

イシガメに次いで日本の原風景に馴染むリーブスクサガメ
ほっぺの黄色いラインが鮮やかな可愛いベビーズですが、
オスは老成して美しく黒化するのが、メスは立派に巨頭化するのが楽しみな、
ずっと先まで末長く味わえるカメです。

ブランディングガメ(国内CB)
b0174337_23295975.jpg

b0174337_23295970.jpg

成長線からじわっと放射模様が染み出してきたブランディングベビー
配合飼料にしっかり餌付いて毎日毎日成長が窺える頑健な兄弟です。

キボシヌマガメ(国内CB)
b0174337_23295182.jpg

b0174337_23295154.jpg

ちまちまと泳ぎ回る摘まめるサイズのキボシヌマガメベビー
もちろんこちらもしっかり餌付き済みです

キボシイシガメ
ベビー期を脱してまだまだこれから育てたい安心サイズ
b0174337_23012762.jpg

黒々とした地色にそっと飾られたスポット、
首元や前脚のオレンジ色も綺麗に映える、
成体になっても小振りに収まるところもポイントな愛されキャラです。

フトマユチズガメ
b0174337_23013315.jpg

その名の通り燦然と輝く眉毛がコミカルなフトマユチズガメ
この分かり易く可愛い顔が個人的に一番好きなカメで、
血筋によっても眉毛の太さやラインが変わってくるので愛着もひとしおといったかんじです。

アマゾンドロガメ(Pr)
b0174337_23015252.jpg

b0174337_00122373.jpg

暗い甲羅から出てくる黄色い横顔がまぶしいサソリの基亜種アマゾン
地味系が多いドロガメ属ですがこんなに綺麗な最大種もいるのです。

ナスタカエルガメ
b0174337_23020615.jpg

甲羅も平たく頭も平たいガイアナカエルガメ
まだまだ可愛くいい感じの名刺サイズ。
既に配合飼料にしっかりと餌付いており、
大きな口でフードをばふばふ吸い込む頼もしいチビナスタです。

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
# by herptilelovers | 2018-09-08 00:10 | 新着情報
こんにちは中山です。
暑くて熱くて忙しかった八月もようやく終わり、長かったような短かったような…
夏休みに関しては今年は土日があるので三日から始業式のところが多いのかもしれません。
九月中はまだ暑い日が続くと思われますが、冷え始めるとあっという間に冬が来てしまうので、
ヒーターやサーモスタットなど生体の冬支度は九月の内に済ませてしまいましょう。

さて今回のブログはここ数回に引き続きヘビの入荷が多めとなっています。
この夏に生まれたベビーから飼い込みのアダルトまで、
ちょっとマイナーなヘビまでよりどりみどりです。

サバンナモニター(M)
b0174337_23030573.jpg

片腕にぴったり乗っかる全長60センチくらいのヤングサイズ
b0174337_23030570.jpg

春先にまみえるベビーを見ながらみんなが夢見る、
あのベタ慣れの「サバモニちゃん」がここにあります。
b0174337_23030516.jpg

現在若干お肉が付き気味ですがまだまだ成長期なので、
成長を止めないように上手く絞ってガッチリとナイスバルクなフルアダルトを目指して行きましょう。

ニシアフリカトカゲモドキ(♂)
b0174337_23030523.jpg

手の平いっぱいのどっしり体型ワイルドニシアフ
中央の白線が入らないタイプのノーマル、再生尾です。

スタンディングヒルヤモリ(国内CBベビー)
b0174337_22375058.jpg

今年も来ましたスタンディンギー
かのグランディスに並ぶ大型ヒルヤモリで、
小型種に比べずっしりおっとりしているところが魅力的。
幼少期の赤い斑模様から大人になるにつれて、
メタリックなブルーグリーンのグラデーションへと変化していきます。

ハイナントカゲモドキ(国内CB・♂)
b0174337_22374319.jpg

先週のワイルドペアに引き続き元気いっぱいの飼い込みハイナン
b0174337_22374391.jpg

この二匹がベビーだったころにしばらく面倒を見たことがあるのですが、
二匹とも何事もなく健やかにすくすくと育った結果、
当時白かった帯模様が黄色く鮮やかに発色してくれました。

バワンリントカゲモドキ(Pr)
b0174337_22374393.jpg

その名に中国の地名覇王嶺を冠したバワンリンペア
ゴニの中でもかなりレアな種類です。
こちらもしっかり飼い込まれている嬉しい掘り出し物!
b0174337_22374366.jpg

メスは既に産卵もしている準備万端のペアです。

ローソンアゴヒゲトカゲ
b0174337_22374312.jpg

ミニチュアフトアゴ的なポジションで親しまれているローソン
飼育環境やハンドリングの容易さなどよく似たキャラクターでありながら、
丸っこい顔立ちや淡めの色彩など特有の愛らしさもたっぷり詰まっています。
b0174337_22373151.jpg


コーンスネーク
先週に引き続きまたまた沢山のコーンがやってきました。
今週は淡色系のモルフが多く入荷しています。

ハイポラベンダー(♂)
b0174337_22393723.jpg

ウルトラメルアネリモトレー(♂)
b0174337_22395781.jpg

アマレット(♂)
b0174337_22400270.jpg

オパールモトレー(♂)
b0174337_22394776.jpg

ラヴァ(♀)
b0174337_22394233.jpg

コーラルゴースト(♀)
b0174337_22395372.jpg


クスシへビ(アザンティック・♀)
b0174337_22405023.jpg

アスクレピオスの杖に巻き付く逸話のある薬師蛇。
アザンティックになったことでくりっとした黒目になり、
より愛らしい顔立ちになりました。

イタリアクスシヘビ(♂)
b0174337_22410554.jpg

かつてはクスシの亜種扱いだったイタリアクスシ
シマヘビっぽい柄と赤目、アオダイショウっぽい顔の造形と、
イタリアのヘビながら懐かしさを覚えるような風貌をしています。

ハシゴヘビ(フランス産・♂)
b0174337_22411879.jpg

梯子の横木部分がほんのり残るお年頃のイエロータイプ
幼少期のハシゴ模様がストライプになっていくことを惜しむ気持ちもありますが、
むしろ巨大に育ったその時にこそ尖った顔がいかつく映えるのが楽しみなヘビなのです。

トランスペコスラットスネーク(アルビノ・♀)
b0174337_22413448.jpg

その色彩を見た時にちょっとマンゴーラッシーを連想してしまったアルビノペコス
サバクナメラの和名が良く似合う渋格好いい金属色から一転、
フルーティーな印象すら受ける可愛らしいカラーリングになりました。

ベアードラットスネーク(テキサス・♀)
b0174337_22413906.jpg

成長するにつれて増していく金属光沢が美しいスナゴナメラ
メタリックな銀色と端々のオレンジ色が綺麗なテキサスタイプです。

グロッシースネーク(♂)
b0174337_22413465.jpg

キラキラ輝く粒感が艶やかなグロッシースネーク
色彩はあっさりしたサンドベージュですが、
他に無いつややかな手触りはまさしくエレガンス。

アカマダラ(♀)
b0174337_22420860.jpg

黒い縞と暗赤色のいかつい印象に違わず、
アカマダラらしいポーズの中国産。

こちらは脱皮したてでつやつやの対馬産。
b0174337_22421248.jpg

対馬の個体群はアカマダラの中でもより地の赤色が鮮やかだと言われています。

サキシママダラ(♂)
b0174337_22423159.jpg

アカマダラの日本固有亜種にあたるサキシママダラ
赤味を抑えたカラーリングが特徴的です。

アオダイショウ
こちらは採取地の判明しているワイルドアオダイショウ
種子島産(♂)
b0174337_22455554.jpg

種子島産独特の色合いの片鱗を覗かせ始めたお年頃です。

パターンレス(京都産・♀)
b0174337_22455589.jpg

がっしり育っているので繁殖はもちろん、
落ち着いて大人しいのでペットとしても優秀な個体です。

セントラルパイソン(国内CB)
b0174337_22460380.jpg

b0174337_22460339.jpg

日本国内で今年繁殖に成功したセントラルパイソン
まだまだ餌付いたばかりですが既にほんのりと赤味が感じられ、
大きく鮮やかに育つ日が楽しみです。

ファイアサラマンダー
黒地に黄色い斑点がスタンダードな基亜種マダラファイア
真っ黒で大きな目がよく目立つ顔立ちをしています。
b0174337_22375621.jpg

極端な暑さ(30度後半など)と湿らせすぎに気を付ければそう難しくない陸棲有尾類です。

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
# by herptilelovers | 2018-09-01 01:28 | 新着情報