人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
お盆も過ぎたばかりだというのに、不思議な涼しさを迎えています。
スタッフに対しては、「もう夏は終わった」と伝えていますが、
とにかく急な温度変化、特に下がる方に対しては敏感にならざるを得ません。
夏場に新規導入された爬虫類たちにつきましては、
どうか早めの冬支度、つまり秋を迎える準備をご検討下さい。

さて、今夜は素晴らしいブリード個体から飼い込み個体まで、
少数ながら精鋭を集めたメンバーにてお届けします!

ヒメハコヨコクビガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
素晴らしい!そしてめちゃくちゃかわいい!
曲頸類最小種と謳われる、ナヌスことヒメハコヨコが、
待望のベビーサイズ、しかも国産という有難味を以って入荷しました。
流石は頑丈なペルシオス、4月生まれでまだ4か月少々だというのにこの安心感!
最大でもパソコンのマウス程度という、まさしく手の平サイズで、
紫外線や水質など、カメにまつわるややこしさをひとつも感じさせない飼い易さ。
水温だけはそれなりに保つ必要があるものの、もちろん水中ヒーター1本でOK。
他にも後に続く5月生まれの兄弟がいますが、この個体が一番大きなサイズです。
ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00245653.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00245601.jpg

バブコックヒョウモンガメ(♂)
一言で格好良く表現するならば、ハイドームホワイトヒョウモン、といったところでしょうか。
ちょっと必殺技っぽいところはご愛嬌、とにかく本種の良さをバッチリ表現した、
多くの方がお手本にし、そして欲しくなってしまう特選個体です。
見かけのみならず健康状態も申し分なく、
お約束のMazuriリクガメフードを、それのみでも十分な量を食べてくれる優等生。
実はオスの場合、思っていたほど大きくなり過ぎないという利点もあって、
憧れのヒョウモンをサイズ面で諦めていた方には朗報かもしれません。
ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00261316.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00261340.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00261383.jpg

カールシュミットモニター(ベビー)
ベビーサイズながら、多少の飼い込み期間を経てプリプリに仕立てられ、
コオロギだけでなくレオパ系のフードにも餌付けられた
そしてシュミットが本来苦手としているハンドリングもこなせるほどに、
メンタル的にもかなり落ち着いている、非常にスペックの高い個体
顔立ちの麗しさや、見た目の美しさは言うまでもなく、
本当は中身の健康状態で選びたい、そんなネシアンモニターです。
ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00264503.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00264542.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00264656.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00264567.jpg

エボシカメレオン(国内CB / ♂・♀)
写真は上からオスオスメスの順番で、
一番上のオスが別血統下のオスとメスは同じ血統の国産エボシです。
全て2020年のCBですから、これからが楽しみなヤングサイズで、
ただし一番上のオスはとにかくハイスピードで、順調に成長しています。
ベビーが流通する時季ではありますが、少しでもタフな安心サイズをお求めの方へ
ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00270819.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00270851.jpg

ある意味、まぁ~るくおさまった_b0174337_00270918.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2021-08-21 00:25 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
東京オリンピックが閉幕したかと思えば、今度は大雨。
先程、私のスマートフォンからも大きな音が鳴っていましたが、
大雨による避難情報がいち早く届く、ありがたい時代になりました。
該当地域にお住まいの方は、お気を付け下さい。
大きな災害にならないことを心よりお祈り申し上げます。

さて、今夜はカメを中心に強力なラインナップでお届けします!
日頃まず見かけられないものから、いわゆる定番種まで、目白押し!

マッコードハコガメ(EUCB)
当店が創業して間もなく、幸運にも取り扱った実績のある本種ですが、
その後アウロやシェンシーがやって来ることはあったものの、
不思議とこのマッコードは入手の機会に恵まれず、今日に至ります。
思い起こせばチョーイことクロハラハコガメが在庫していた時もありましたが、
いずれにしても、この十数年間は波乱の時代であったと言っても過言ではないでしょう。
このカメが持つ魅力について、改めて論じる必要はないかもしれませんが、
見つめれば見つめるほど、“美しいものは美しい”という真理を諭されるような心持ちになります。
その深みに吸い込まれそうになる赤レンガ調の背甲、
それとは異なったこちらは蛍光色のオレンジに彩られる四肢、
頭部の黄色味は甲羅と同じく成長と共にその深みを増し、
成熟期を迎える頃にはドーム状に盛り上がるシルエットがその存在感をより引き立たせる、
何もかもが究極のハコガメとして君臨する事実を証明するかのような、
まるで隙のない特長のひとつひとつに圧倒されるのでした。
最後になりますが、ようやく現実的な価格帯で手に入るようになった、
本当に久しぶりのマッコードハコガメを、是非この機会にご検討下さい。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00444265.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00444243.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00444283.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00444236.jpg

モリイシガメ(イエロータイプ・EUCB)
これは実に久々!もはや幻と思われた懐かしのイエロータイプ!
モリイシといえば、近年では派手なオレンジの目立つタイプが主流ですが、
かつてはイエローとオレンジ、その2タイプが同時期に流通することも多く、
どちらにしようか迷って決めた、そんな時代が懐かしく思われます。
念のため申し上げておきますが、本種は幼体の頃が最も地味であり、
成長に連れて色味を増し、フルアダルトの時点で最も美しくなることをお忘れなく。
ベビー過ぎない絶妙な安心サイズで登場してくれたのも有難い、
もう手に入らないと思っていたイエロータイプ、嬉しいサプライズです!
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00452265.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00452271.jpg

ミツユビハコガメ(HANABI)
カッコ内の名称は半分ジョークですが、その美しさは冗談ではありません!
背中いっぱいに広がる打ち上げ花火の大競演、魅力的過ぎるデザインです。
言うまでもなく、後肢の爪はそれぞれ3本ずつ。
しっかりと盛り上がった育ちぶりと、白く傷んでいない状態の良さも嬉しいポイント!
その類稀なるカラーリングに一目惚れしてしまった方へ。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00460116.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00460111.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00460201.jpg

セスジニシキガメ(ベビー)
毎年恒例、であってほしい、嬉しいニシキガメの季節が到来!
今回はその愛らしさで頭ひとつ抜けた人気を誇る、セスジニシキ。
赤い正中線が太く鮮やかに発色した2匹をセレクトしました!
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00465778.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00465746.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00465785.jpg

カブトニオイガメ(ベビー)
※複数匹います!
ミズガメのビギナーさんにとってはお馴染みの定番種、
と言いたいところなのですが、ここ最近では輸入が滞っており
当店でもしばらく在庫を切らしていたため、久々のお目見えとなりました。
少しご無沙汰だったため、改めてこの姿が見られるとホッとしますね。
下のミシシッピと合わせて、どちらにするかよく考えてみてください。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00472533.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00472472.jpg

ミシシッピニオイガメ(ベビー)
※複数匹います!
夏はカメ!ということで日本のミズガメ飼育を支える定番の人気者!
このシーズンはいつにも増して需要が増えるため、
ここ1、2週間でもご依頼が多数寄せられているカメ屋さんのマストアイテムです。
既に人工飼料にも餌付いているため、安心してお選び下さい。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00472995.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00472918.jpg

アカアシガメ(チェリーヘッド)
何となく久しぶりな気がするチェリーヘッドですが、
それにしても頭部や前肢、そして背甲の明色部に至るまで
やたらと良好な発色を見せる、なかなかに美しい個体がやって来ました。
アカアシガメが赤いことに今更驚く時代でもありませんが、
少なくとも期待通りのデザインを保っていることは重要ではないかと思います。
そしてこの個体は、まさに絵に描いたようなチェリーヘッドという訳です。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00475367.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00475309.jpg

ファイアスキンク(L)
ちょっとしたレオパなら尻尾を巻いて逃げ出しそうな、
ぶりぶりに仕上げられ、おまけにフードにも餌付けられた凄いヤツ!
別名フェルナンデススキンク、和名をベニトカゲと言いますが、
安価で存在感のあるトカゲとして根強い人気を誇っています。
もう一度お伝えしますが、とにかくフードに餌付いているのが凄い!
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00482636.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00482687.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
ハイイエロー(♂)
がっしりと、如何にもオスらしい仕上がりを見せるフルサイズの即戦力。
全身にまんべんなく黒斑が入るハイイエローの“オス”という出物は、
いざ探してみると意外と見つからない、プチレアな存在です。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00500074.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00500085.jpg

スーパーハイタン(♀)
ほぼパターンレスな上に赤味も十分なハイクオリティ!
リューシスティックやブリザードではまず出せない色合いです。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00500560.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00500473.jpg

マックスノー(♂・♀)
上がオス、下がメス、どちらも兄弟の国内ブリード飼い込み個体です。
マックスノーはもはや白さ云々よりも、
黒い斑紋がどれだけびっしりと残っているか、というところに価値があるかもしれません。
模様の細かさがまたいい感じです。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00500848.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00500845.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00501224.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00501256.jpg

スーパーマックスノー(♀)
最後はお馴染みの大人気モルフ、スーパーマックスノーより、
一度の繁殖経験を持つ、リアル即戦力なメスの掘り出し物!
それにしても目が大きく、白黒のメリハリも素敵です。
現在、別でベビーサイズも数匹在庫しています。
大雨には十分にご注意ください_b0174337_00501662.jpg

大雨には十分にご注意ください_b0174337_00501723.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2021-08-14 00:50 | 新着情報