人気ブログランキング |
こんにちは、店長の馬場です。
最近は暑いのか涼しいのか、雨が降るのか降らないのか、
日々天気予報というものに振り回されてばかりですが、
まだまだ季節の変わり目という意識を持って気を引き締め、
飼育生体のコンディション維持に努めて参りましょう。

今週もお客様による飼い込み個体、ないしは繁殖個体を中心に、
大変素敵な色取り取りのメンバーが集まりましたので、
順番にご紹介していきましょう!

アフリカヤマネ(国内CB)
絶対に可愛いヤツ!
体中のデザインがあまりにもファンタジー過ぎるため、
前回の入荷時もあっという間に売り切れてしまった、大スター。
おおむね触られることには向いていないことになっているようですが、
この兄弟たちは妙に人慣れしていて、手に乗せても普通に写真撮影ができました。
次の再入荷もいつになるのか全く分かりませんので、お早めにどうぞ。
b0174337_23305631.jpg

カーペットパイソン
デザイナーズ(♂)
明色部の広めな、それでいて明暗のコントラストもはっきりとした、
奇抜さこそなくともカーペットらしいカーペットの姿をそのままに
絶対に綺麗になりそうな可能性をビンビン感じさせる一本です。
b0174337_23313657.jpg

ジャガー(♂)
これは定番人気でしょう、説明不要の美しさを誇る鉄壁のジャガー
落ち着いた性格でハンドリングの際も慌てませんし、
ベビーよりも少し育った安心サイズで楽々スタートできると思います。
b0174337_23313730.jpg

ゼブラ(♀)
細かな縞々が織り成す激しいコントラストが素敵なゼブラカーペット。
スーパー体になると、あっと驚くパターンレスになる恐ろしいモルフです。
性別がメスであることも嬉しいオプションですね!
b0174337_23313771.jpg

アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー(S)
相変わらずの長文和名ですが、短くまとめるとミナミテグー。
年に一度の恒例行事、と思える辺りが本当に有難いいつものベビー…
なのかと思いきや、今回輸入されたのは極小ではないふっくら安心サイズ!
これでマウスやフードへの餌付けも楽々、幼体特有の苦労はありません。
ご覧の通りベタベタ触れる良質な二匹、お見逃しなく!
b0174337_23311626.jpg

b0174337_23311612.jpg

b0174337_23311682.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(イエロー・♀)
赤いフトアゴは頻繁に見かけられても、
黄色味の目立つフトアゴはなかなか見かけないのは何故でしょうか。
特に変わった品種は入っていませんが、それ故に体質は強健そのもの!
お陰様ででっぷりと仕上がった即戦力のメスになりました。
メスのフルアダルトというだけで一見の価値アリ!
b0174337_23311614.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
以下の6個体は、全てお客様による繁殖個体の国産レオパです。
孵化温度の都合で出現率が低くなってしまうオスが多く得られるように
インキュベーターで明確に温度管理された、有難い未来の種親候補たちです!

ハイイエロー(♂)
ハイイエローとはいえ、赤味の感じられるバランスの良い個体。
b0174337_23312476.jpg

b0174337_23312432.jpg

ハイイエロー(♂)
如何にもハイイエローらしい、つぶつぶの多い個体。少々尾曲がり有。
b0174337_23312457.jpg

b0174337_23312357.jpg

ハイポタンジェリン(♂)
おめめの大きな可愛いオス!色合い的にはエメリンと呼んでも良いかも。
b0174337_23313016.jpg

b0174337_23313068.jpg

マックスノー(♂)
すっきりとした色彩にごま塩が沢山入った、いそうでいないスタンダードビューティ。
b0174337_23313124.jpg

b0174337_23313116.jpg

アルビノ(♂)
ただのアルビノでしょうか、体全体がはちみつ色をした綺麗な個体。
b0174337_23313081.jpg

b0174337_23313033.jpg

マックスノーアルビノ(♂)
上の個体と比べると、確かにスノーの仕事が感じられる納得のクオリティ。
b0174337_23313146.jpg

b0174337_23313171.jpg

ニホンイシガメ(国内CBベビー)
大変貴重な、季節外れのイシガメベビーたち
というのも、2018年生まれの子ガメたちが越冬に成功し、
今年のベビーを待たずしてリリースして頂きました。
やはり日本人にとってなくてはならないマストアイテムです。
b0174337_23314374.jpg

アメフクラガエル(ハイレッド)
新入荷、ではなく前回入荷分のラスト1匹なのですが、
何故か栗まんじゅうのように赤味の強いものが残ってしまいました。
個人的には一番のお気に入り、普通に綺麗です。
コオロギのSサイズで問題ありません…初期状態に感謝!
皆様が思っているよりも頑丈で育てやすいカエルです。
b0174337_23314321.jpg

ヤシガニ(S)
遂にこの悪魔のような生き物に手を出してしまいました…
店内では何故か90センチのガラスケージでひとりのびのびと暮らしています。
もちろんそれほど大きな個体ではありません。
写真でしがみついているのは、ウェットシェルターのMサイズです。
飼い込み放出個体のため、獲れたてよりも安心でしょう。
b0174337_23314896.jpg

b0174337_23314875.jpg

オカヤドカリ(ベビー~S)
こちらもヤシガニと同じ方より。
当店では日頃扱わないタイプのキャラクターですが、
改めて観察してみると木の上にもよく登ってアクティブですし、
何よりもその表情が愛くるしいですね!
b0174337_23314907.jpg

b0174337_23314915.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2019-06-22 00:17 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
ここ数日はホームページの新着コーナーが書籍ばかり続いてしまい、
生体の紹介を楽しみにして頂いている方には、物足りなかったかもしれません。

そこで、本日はちょっと気合いを入れて、
このブログにて一週間分の新着生体をご紹介させて頂きます!
全て一階の売り場にて飼育、展示していますので、
気になる個体がいましたらお早めにお問い合わせ、ご来店下さい!

カーペットパイソン(ダイヤジャングル・♂)
これはグッドデザイン!
言い方はちょっといやらしいですが、“パッと見ダイヤモンド”なデザイナーズ。
これ以上黄色味が強いとジャングルに寄ってしまうため、
今ぐらいのモノトーン具合がキープされれば素晴らしい仕上がりになるでしょう。
個人的には、細い頭部がよりダイヤを感じさせるポイントでもあります。
他のモルフが入っていないため、金額的にもそこまで高価ではないのが嬉しいですね。
b0174337_22562217.jpg

ボールパイソン(アルビノ・♀)
パステルやスパイダーと並び、ボールの基本モルフとして知られるアルビノ
劣性遺伝(最近では潜性遺伝とも)であることも手伝って、
妙な値崩れが起きていないのも支持され続けている理由のひとつでしょう。
とにかく綺麗、飾っておいて損はない圧倒的存在感!
しかも性別はメス、繁殖云々は抜きにしてもシンプルにデカいアルビノというだけで素敵
ベビーではなく、しかもアダルトサイズではない絶妙な手の平サイズの出物は稀です。
b0174337_22562223.jpg

アルバーティスパイソン(CB・♂)
これは鉄板、いつかはアルバーティスと多くのファンが憧れる逸品。
写真は脱皮前ですが、取り急ぎその大きさだけでもお伝えできればと思い掲載します。
ラットのアダルトLを月に数回召し上がる余裕の巨体に痺れます。
しかもCBという触れ込みで、ベビーからコツコツ育てられた超絶掘り出し物!
あえてプラケースに収めて撮りましたが、ハンドリングも余裕でした。
放っておいても直に旅立っていくであろう引く手数多の上物です。
b0174337_22562239.jpg

コーンスネーク(ウルトラメルテッセラ・♀)
こちらも絶対に欲しがられてしまう、繁殖経験ありのフルアダルトメス
写真では小ぢんまりと写ってしまいましたが、むしろ大きめのメスと思って下さい。
今季の産卵を済ませ、数度の給餌を終えて当店へやって来ました。
もちろんこんなに都合の良い出物は一匹しかいませんので、お早めに。
b0174337_22562226.jpg

トランスペコスラットスネーク(アルビノ・♀)
これで脱皮前だというのですから大したものです。
トランスペコスをアルビノにしたら、とだけ言われてもこの姿は想像できませんでした。
柔らかくキュートな配色に凄まじいデザイン性を感じますね。
もう少し成長すると、ブロッチ周りがマットなホワイトに寄り、
例えるのなら、ストローでかき混ぜる前のマンゴーラッシーみたいになります。
性格は極めて温和、心配になるぐらい温和、おっとりを通り越した悟りの境地をご覧あれ。
b0174337_22562232.jpg

サルバトールモニター(タイ産・S)
出ました、禁断のタイサルバ!
ミズオオトカゲの中で最も大きくなるとされる、タイのサルバトール。
細かいことについて深く考える必要はないでしょう。
何故なら大きくなって困るのであれば選択しなければ良いだけの話であって、
何処までも大きくなって欲しいと願うのであれば、それを選択するだけなのですから。
とは言え、いつでも市場に出回っているものではありませんので、
目の前に現れた時こそが、それを仲間にすることのできる数少ないチャンスです。
b0174337_22575221.jpg

サバンナモニター(S)
可愛いような可愛くないような、変な表情で写ってしまった安心サイズのサバモニ。
人差し指よりもちょっと太い、ベビーに毛が生えたようなベストサイズ!
ちょうどピンクマウスを使い始められるお年頃なので、
コオロギ専食に徹しなければならないベビーよりも圧倒的に楽ちんです。
みんな大好きなのは間違いありませんが、より手堅く始めたい方には猛烈にオススメ!
b0174337_22575217.jpg

ガーゴイルゲッコー(レッドマーブル・国内CB)
当店では一昨年、昨年に続き連続でリリースして頂いている、
成長後の赤味に定評のある、まさかの国産ガーゴイル
この血統からはストライプとマーブルの両方が生まれますが、
やはり後者の方が出現率が少ない上に、近年の市場傾向からも、
ご察しの通りマーブルの方によりニーズが偏っているようです。
下のオスは一歳年上の兄弟…そのヤバさは折り紙付き!
b0174337_22575275.jpg

b0174337_22575286.jpg

ガーゴイルゲッコー(レッドマーブル・♂)
基本スペックについては上述の通りですが、
この無遠慮に強烈な発色はまさしく“赤鬼仕様”!
念のため確認しますが、このカラーリングでまだ生後一年足らずのミドルサイズ、
つまりこの先もまだまだ赤味の増殖に期待が持てるということです。
しかも性別はオス、何もかも恵まれ過ぎた最強の一匹です!
b0174337_22575328.jpg

b0174337_22575350.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(ハイイエロー・♂)
横顔が愛くるしい、ベビーから育てられたハイイエローのオス。
レオパの中では基本中の基本ですから、あまり触れることがないように見せかけて、
実は背中いっぱいにしっかりと黒斑が散らばる個体は意外と少なく
十年以上も前に見た、当時すごく綺麗だとされた古典的なハイイエローを思い出させます。
そして念のため申し上げておきますが、オス確定個体は探すとなかなか見つかりません。
普通っぽくて、案外普通ではないかもしれない、いい味を出している飼い込み個体です。
b0174337_22575216.jpg

b0174337_22575278.jpg

マタマタ(アマゾンフェイズ・S)
以前当店にて、ハイカラーと銘打って販売したベビーが成長したもの。
頭頂部から首にかけての蛍光イエロー、喉元をしっかりと覆うブラッドレッド
そして背部に散りばめられた花びらのようなピンクと、完璧な育ち具合を見せています。
指で押してもびくともしないカチカチの甲羅は、安心感の象徴です。
そういえば最近入荷していたのはオリノコばかりでした…余計に魅力的ですね!
手放されてしまったのは残念でしたが、どなたかに引き継ぐことができれば幸いです。
b0174337_22582982.jpg

ニシベルセオレガメ(ハイイエロー)
ベルセオレにも様々な美しさの形が存在していますが、
模様の全く入らない、無地でプレーンな質感のタイプにおいて、
これほどの派手さで勝負できる個体は非常に珍しいと思います。
甲羅から四肢の鱗にかけて、ひたすらに黄色いこのカラーリングは、
成長に連れて更にその程度が強まり、全身ゴールデンなセオレが出来上がることでしょう。
Mazuriリクガメフードオンリーで育てられるよう鍛えられてありますので、初めての方にも安心!
b0174337_22582990.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2019-06-15 00:07 | 新着情報