人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
季節はすっかり秋の様相を呈してきた今日この頃ですが、
本日などはお陰様で、冷房を使わなくても営業ができるぐらいになっています。

新型コロナの感染拡大防止に関しては、
店舗売り場の出入り口を常時開放し、強力なサーキュレーターを回すことで、
室内の空気が常に入れ替わるよう心掛けています。
また、入り口には手指消毒用の次亜塩素酸水を常設し、
ご希望のお客様にはドライブスルー対応なども実施していますので、
宜しければこの週末も、皆さまのご来店をお待ちしています。

シマヘビ(♂)
日本のヘビと言えば、恐らく世間一般にはマムシやハブなどの毒ヘビが最も有名であり、
ペットスネークとして最も普及しているのはアオダイショウ、
と恐らくこの辺りがよく知られたキャラクターではないかと思われますが、
本種はその性質上、比較的ベーシックなヘビの分野に含まれているにもかかわらず、
その風貌や実際の普及率に何故かプチレア感が漂う
我が国が誇る世界でも指折りのクールなナミヘビのひとつ。
この個体はご覧のようにハンドリングが可能で、解凍したマウスをピンセットから大人しく食べる
すっかりペットとして飼われることに順応した、優秀な飼い込み個体です。
さよなら、菅首相_b0174337_01063350.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01063307.jpg

コーンスネーク(国内CBベビー)
アネリスリスティック(♂・♀)
※複数匹います!
時にアカダイショウの異名を取るコーンスネークにおいて、
その代名詞である赤色が綺麗さっぱりなくなった品種が、このアネリ。
隙間の白色が可愛らしい、表情も心なしか穏やかになることで人気のモルフです。
こう見えて、ピンクマウスのSサイズをひとりでもりもり食べる優等生ばかり!
さよなら、菅首相_b0174337_01230149.jpg

アネリモトレー(♀)
※複数匹います!
上のアネリに、模様の変異であるモトレー(モトリー)が加わったコンボモルフ
背筋には暗色部がストレートに走り、サイドが白くなるという秀逸なデザインです。
こう見えて、ピンクマウスのSサイズをひとりでもりもり食べる優等生ばかり!
さよなら、菅首相_b0174337_01230100.jpg

スノー(♂)
ペットスネークの世界において、伝統的なシロヘビの代表格であるスノーコーン。
この品種の存在なくして、今日の業界の発展はなかったと言っても過言ではありません。
我々がいくら黙っていようとも、必ず人気者になってしまう宿命を背負った憎いヤツ
こう見えて、ピンクマウスのSサイズをひとりでもりもり食べる優等生ばかり!
さよなら、菅首相_b0174337_01230119.jpg

フロリダアカハラガメ(ハイカラー)
鬼キレイ!(久々に言いました)
背甲の明色部の広さ黄色味の強さ、そして腹甲の赤味の強さ
おまけにボディ全体に走るラインの太さなどなど、
極美個体に仕上がるための条件を全て兼ね備えた、恐るべきポテンシャルの持ち主。
何をしようとも、或いは何もしなくても、勝手に美しいアカハラガメが出来上がることでしょう。
1匹のみのスペシャルセレクト…お早めにどうぞ!
さよなら、菅首相_b0174337_01251935.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01251928.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01251931.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01251968.jpg

セスジニシキガメ(フルアダルト・♀)
写真写りは静かなムードになってしまいましたが、
冷静に考えると、とんでもないスペックの高さを備えた超掘り出し物!
2匹とも産卵経験済みの即戦力、もちろん仲良く混泳も可能で、
オスさえいれば来年から早速結果が出せる、後にも先にもないお宝ガメです。
念のためもう一度申し上げますが、そもそもニシキガメの仲間自体が、
飼い込みのアダルトサイズで入荷することなどまず考えられない、隠れた珍品なのです。
おまけに元がCBのベビーなので、ワイルド特有の脆弱さは一切ありません。
さよなら、菅首相_b0174337_01274278.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01274291.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01274370.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01274390.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01274267.jpg

コスタリカアカスジヤマガメ(♂)
象徴的な甲羅の模様は期待通りの十分な美しさであり、
おまけに四肢の黄色味がやたらと濃厚に発色した、なかなか優れた品質のアダルトサイズ。
がっしりと太く発達し始めた前肢の迫力に、即戦力としての活躍が期待されます。
本種は飼育下での繁殖が現実的に狙える貴重な陸棲種ですから、
そこそこのサイズのメスを揃えて、是非ともブリーディングに挑戦してみて下さい。
さよなら、菅首相_b0174337_01290570.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01290572.jpg

セマルハコガメ(サブアダルト・Pr)
当たり前と言えば当たり前ですが、歳を取り過ぎていないことが明確に分かり
あと少し育てれば、長くブリーディングペアとしての活躍が期待される
雌雄のサイズ差も考えれば、ちょうど良いお年頃の組み合わせが実現したセマルのペア。
オスの出現率が低く貴重なことで有名な本種ですから、
メスは後でいくらでも追加できることを思えば、まずはペアを揃えるところから始めましょう。
フルサイズになると金額も高騰してしまうため、
両者の絶妙な若さは、色々な面においてメリットになると思います。
さよなら、菅首相_b0174337_01300820.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01300882.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01300885.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01300921.jpg

ギザミネヘビクビガメ(ベビー)
表記は便宜上“ベビー”としましたが、実際には確実に成長線が伸び始めた
初めてのギザミネチャレンジにも安心の、すこぶる健康なプチ飼い込み個体!
昔から暑さに弱いとの言い伝えがある本種、実際にはそこまで極端な弱さはないのですが、
それでも何となく夏場に迎え入れるのが心配だった方へ、
ようやく夏の終わりが見えてきたこのタイミングがベストではないでしょうか。
常時販売されている種類ではありませんので、チャンスを逃すと長く待たされるカメの代表格です。
さよなら、菅首相_b0174337_01312067.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01312130.jpg

ジーベンロックナガクビガメ(♀)
今回は長期飼い込み個体が計2匹、それぞれワイルドとCBのミドルサイズです。
前者は、私が秘かに“サーフボード”と名付けて可愛がっている、
甲羅全体の薄さ、そして甲板自体の薄さが共に際立つ洗練されたシルエットに、
頭部全体がフラットで、目玉の飛び出し具合と鼻先の長さが素晴らしい特選個体です。
キメ細やかで表面がヌルッとしている絶妙な肌質もまた評価対象となるでしょう。
そして後者は、大袈裟に言えばホワイトジーベンの部類に属すると思われる、
全体に明るめのカラーリングで、頭部や四肢はやや青味がかった印象の、
素直に綺麗だと感じられることの多い、ジーベンとしては王道の美個体候補です。
どちらの個体も人工飼料に餌付き準備万端、もちろん混泳もOKです!
さよなら、菅首相_b0174337_01323451.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01323463.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01323427.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01323424.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01335885.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01335838.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01335827.jpg

ヌマヨコクビガメ(Pr)
本日のラストは、いそうでいないヌマヨコのペア。
決して高価なカメではありませんが、オスとメスを一度に揃えるのは意外と至難の業
この数年で分類がかなり細かく変わったことでも有名ですが、
正直、外見から完璧に判断するのはかなり難しいので、
同じ時期に輸入された、同じ産地と思しきペアを入手することで、
細かいことは抜きにして、ひとまず安心して育てられると思います。
オスとメスで微妙に形が変わる種類であり、
また成熟すると四肢の発達具合がかなり立派になりますので、お楽しみに!
さよなら、菅首相_b0174337_01351564.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01352423.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01351509.jpg

さよなら、菅首相_b0174337_01351514.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2021-09-04 01:12 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
先週、夏は終わったとお伝えしたばかりですが、
世間ではこれが本当の梅雨明けか?と囁かれているように、
再び不思議な暑さが舞い戻ってきました。
新型コロナ以前に、この温度変化で体調を崩されぬよう、
飼い主さんも爬虫類たちも、十分に気を付けてお過ごし下さい。

今週は、ちょっと久しぶりにヘビの新入荷がありましたので、
おっと唸るメンバーを引っ提げて、どどんとお送りします!

サヴパイソン(シルバー・Pr)
なんとっ?!冒頭から素晴らしいヘビのご紹介です!
格好付けて“サヴ”としましたが、サブパイソンの表記も。
品種名については、別称シルバーペッパーとも呼ばれています。
アネリかアザンか、とにかくカラーリングがモノトーンに変化すると共に、
ボディ全体に浮き上がるペッパー模様がより際立つという豪華仕様
もちろん、特徴的なシルバーアイズが更に魅力を増すこともお忘れなく。
しばしば見かける極小のベビーサイズではなく、飼い込み安心サイズという点も素敵!
世界的にまだまだ流通し始めたばかりの、とても新しく珍しいモルフです。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01191451.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01191476.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01191467.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01191421.jpg

サウスフロリダキングスネーク(アザンティック・♀)
数あるブルックスキングスネークのモルフの中でも傑作と名高いアザン!
チェーンメイルか網タイツか、とにかく格好良くてセクシーな全体像と、
反則級の可愛らしさを誇る黒々とした瞳が光る顔立ちとのギャップが堪りません。
中身はただのキングですから、餌は秒で消えてなくなるところも嬉しいポイント。
その存在自体が結構マニアックなため、あまり流通量は多くありませんのでお早めに。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_04020303.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_04020375.jpg

コーンスネーク
ハイポサンキスト(♀)
つまりはダブルハイポ。
頭蓋骨が透けたような頭部の模様はサンキストならでは。
それにハイポが加わることで、通常のサンキストでは重たかった色合いが、
全体のイメージとしてかなり可愛らしい雰囲気に変化します。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03465988.jpg

シンダー(♀)
アネリの一種ですから、モノトーン仕立てになることはもちろんですが、
体表がメタリック調に光る絶妙な発色が、
まるで機械仕掛けのような独特の質感を生み出します。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_04020311.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
スーパーハイポタンジェリン(♂)
一見するとマーフィーパターンレスにも似た、
しっかりとピグメントが消失したすっきりさん。
やはりいつの時代もオスのレオパはプチレアです。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03465855.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03465810.jpg

スーパープラチナム(♀)
スーパーマックスノー×マーフィーパターンレス。
パターンレスは、かつてリューシスティックとも呼ばれていました。
この個体は特に両目が大きく、モルフとの相性抜群な出来栄えです!
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03465840.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03465980.jpg

アラブギリシャリクガメ(国内CBベビー)
おかわり、いただきました!
少し前に、この3匹の兄さん(姉さん?)に当たる個体を掲載しましたが、
産卵時期の異なる弟、妹分たちが、ぞろっと入荷しました。
早くもMazuriリクガメフードオンリーの夢のような食生活を実現し、
成長線もバッチリ伸び始めている、安心のベビーです。
ちなみに、彼らの誕生日は7月29日です。
よく似たヘルマンとは違い、ブリーディングされた出物は極めて珍しいのでお勧めです。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01291677.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01291643.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01291718.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_01291777.jpg

ミシシッピニオイガメ(ホワイト・♀)
何やらとてつもなく白い、珍しいカラーリングの極美個体が到着!
象牙製の甲羅を背負ったかのような、激しい色抜けが魅力的!
単に観賞用として美しく飾って頂いても結構ですが、
この個体を種親として繁殖させた場合、どんなベビーが見られるのか楽しみです。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03280396.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03280252.jpg

カブトニオイガメ(♀)
サブアダルトサイズのメスが2匹、この数年は日本中がカブトニオイ不足で、
こういった飼い込み個体がリリースされることもあまりなくなりました。
昔からベーシックなキャラクターではありますが、
やはり甲羅が高く盛り上がるシルエットの美しさは、いつの時代も不滅のようです。
別でベビーも在庫していますが、ある程度育った個体をお探しの方へ。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03275704.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03275880.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03275798.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03275867.jpg

キイロドロガメ(♂)
言うまでもなく、成長線の残り方からベビーからの飼い込みだと分かりますが、
それにしても甲羅表面の凹凸が殆ど出ていない、
まるで野生個体のような滑らかさが素晴らしい、上質なサブアダルトサイズ。
(本種はある種のリクガメのように、時折背中がボコ付きがちです)
オスは前肢がゴリラのように太く逞しく発達し
尻尾の長さも信じられないほど立派になりますから、
実はここから更なる進化を遂げることを、念のためお伝えしておきます。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03275286.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03275261.jpg

ニホンイシガメ(フルアダルト・Pr)
雌雄とも立派なサイズであることに加え、
尻尾は先の方までほぼ100パーセント残り、
甲羅の色彩もいつになく美しい、久しぶりの大型ペア!
必ずしも繁殖を狙わずとも、ただ飾っておくだけでうっとりできる2匹です。
もちろん捕獲されたてなどではなく、長くペットとして育てられていたものなので、
人工飼料にもきちんと餌付き、神経質な面は一切ありません。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03273816.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03273942.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03273920.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03273823.jpg

クサガメ(フルアダルト・Pr)
上のイシガメも相当に素晴らしいペアでしたが、
こちらクサガメも負けず劣らず、かなり見応えのある2匹です!
成熟したオスが全身にメラニズムを起こすことは意外と知られていませんし、
メスはメスで、嬉しいことに巨頭化が始まった“オオアタマクサガメ”の原石ですから、
在来種の魅力を改めて突き付けられるような、最高の掘り出し物です。
東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03272033.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03272002.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03272064.jpg

東京パラリンピック、スタート!_b0174337_03272078.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2021-08-28 01:19 | 新着情報