人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
実は数日前より、ウェブサイトのトップ、お知らせコーナーにて、
毎日、日記のようなものをしたためることにしました。
ブログを更新しました、などは従来通りですが、
その他にも日々の出来事をご紹介できればと思い、
簡単ではありますが、これから継続していきますので、
お手すきの際にでもご覧下さいましたら幸いです。

大変申し訳ありませんが、システム上のアクシデントにより、
ブログの更新が平常より遅れてしまいました。
以下にテキストを全て補完しましたので、改めてご覧下さい。

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など) / 雑誌・書籍
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

ファンシーラット(♂・♀)
当店が誇る名物であり、裏メインとも呼べる小動物部門より、
十年以上のノウハウを蓄積した、名実共に正真正銘のファンシーラット!
毛色や模様の豊富さや、ダンボやレッキスなどの品種を組み合わせることにより、
無数のバリエーションと、奥深い世界が広がっています。
今回、店内で新たに誕生した子どもたちの中にも、
写真の通り、バラエティ豊かな子が沢山いて、
お客さまはもちろん、私たちスタッフのことも楽しませてくれます。
特に今回は、元来稀少なカラーとされているブルーの中に、
瞳の色合いが左右で異なる“オッドアイ”が誕生するなど、見所満載!
繁殖させる際には、顔立ちが可愛らしい父母を選んでみたり、
生まれたベビーたちを、ベタ馴れになるようせっせと教育したりと、
とにかく可愛さMAXで皆さまにご紹介できるよう、日々力を注いでいます。
大切な育て方も合わせて、お渡しの際にたっぷりお伝えしたいと思います!
日記はじめました_b0174337_07090865.jpg

日記はじめました_b0174337_07090839.jpg

日記はじめました_b0174337_07090885.jpg

日記はじめました_b0174337_07090945.jpg

日記はじめました_b0174337_07090809.jpg

日記はじめました_b0174337_07090876.jpeg

日記はじめました_b0174337_07090859.jpeg

日記はじめました_b0174337_07090857.jpg

アオジタトカゲ(アザンティック)
ベビーサイズで日本にやって来たアザンアオジタが、数年の時を経て、
国内で立派に育て上げられた、ほぼパーフェクトバンドの美麗個体
色彩変異なのか、はたまた地域個体群なのか、我々の前にその姿を現して以来、
未だ詳細が明らかでないところもありますが、とは言えこのアザンティックが、
とても美しく格好良く、魅力溢れるアオジタであることには違いありません。
元々は大型のスキンクですから、硬い体が光沢のある鱗に覆われている訳ですが、
その上、カラーリングが寒色系のモノトーンに変化することによって、
更に硬質な“メカメカしい”雰囲気が、存分に味わえると思います。
この変異は「オリジナルデザインを飛躍させるためのカスタム」とも捉えられ、
初めて市場に流通するようになって数年、十数年経った今でも、
他のアオジタとは一線を画す、独特な輝きを放って止みません。
そして、そんな格好良さとは裏腹に、瞳の色は真っ黒に変化し、
そこから向けられる眼差しの可愛らしさとのギャップもまた、見所のひとつです。
背中を横切るバンド模様は、殆ど千切れた部分がなく綺麗に並べられ、
人工飼料など何でも食べる、とても飼い易くそして綺麗な飼い込み個体です。
日記はじめました_b0174337_08215605.jpg

日記はじめました_b0174337_08215642.jpg

日記はじめました_b0174337_08215612.jpg

日記はじめました_b0174337_08215686.jpg

アカアシガメ(チェリーヘッド “サンセット”)
前回のブログにて、トップバッターに掲げられ話題を呼んだチェリーヘッドが、
2匹とも、あまりのスピードで売れてしまったことを受けて、
どうしても“おかわりしたい一心”で懸命に探し出した、妥協なき絶品
背甲の明色部が沈みゆく太陽だとすれば、その周りを彩るのは、
まるで夕陽に照らされたような暖かみのある景色そのものであり、
本来黒々とするはずの地色が赤味を帯びた茶色に変化していたり、
同時に腹甲にも強い赤味が滲むなど、体中からただならぬ雰囲気を醸しています。
これだけ全体が淡い、明るい色合いで描かれていますから、
成長するに従って、体の奥底からどんどん赤が染み出してきたり
甲羅の成長線に、いわゆる“霜降り”と呼ばれる白い模様が早々に出てきたり
まだまだ駆け出しのこのサイズですから、更なる変化が期待されます。
アカアシガメの底力を背中で語るような、稀に見る代物だと思います。
日記はじめました_b0174337_07041862.jpg

日記はじめました_b0174337_07041850.jpg

日記はじめました_b0174337_07041939.jpg

日記はじめました_b0174337_07204234.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
流石に、亜種はヒガシで間違いありませんが、
一瞬、ニシヘルマンがギョッとするかもしれないほど、
とても鮮やかなイエローが発色している、ハイクオリティな2匹をセレクト!
いくら定番の、いわゆる初心者向けと呼ばれる種類だからとは言え、
せっかく育てるのなら、例えば甲羅の色合いなどに拘って選んでみたいもの。
1枚目左、2、3枚目の個体は、透き通るような明るいレモンイエローに、
1枚目右、4、5枚目の個体は、ベッタリと濃厚な赤味を帯びた黄色に、
それぞれが際立った特長を持つ、将来有望のベビーです。
日記はじめました_b0174337_07070629.jpg

日記はじめました_b0174337_07070742.jpg

日記はじめました_b0174337_07070754.jpg

日記はじめました_b0174337_07070770.jpg

日記はじめました_b0174337_07070787.jpg

クランウェルツノガエル
上陸したばかりのベビーから、コツコツと育て上げられ、
可愛らしさと安心感を見事に両立している、これぞまさしくベストサイズ!
それぞれのカラーリングはまるでの如く、綺麗に三色が揃いました。

グリーン
アルビノのような、分かり易い品種は含まれていませんが、
とは言え、グリーン=ノーマルにあらず!
一見すると、スタンダードな色合いに見えなくもないこの個体は、
背中の焦げ茶に色付く模様の面積が狭く、地色を惹き立てていて
その上、地色の濃度もまた、かなりベッタリとした緑色をしています。
本来の味わいを損なうことなく、反対にきっちり強めてくれている辺りが好印象。
参考までに、背部の模様がメインの4つのみで、
その他が全て地色に埋もれ、消失すると“グリーンアップル”と名前を変えます。
日記はじめました_b0174337_07081175.jpg

日記はじめました_b0174337_07081048.jpg

日記はじめました_b0174337_07081160.jpg

ストロベリー
上の個体が青いリンゴだとすれば、こちらは赤いイチゴ。
アルビノの中で、黒を飛ばし、全身の赤味が強くなるよう交配された、
クランウェルの中でもトップレベルの赤さを誇る、銘品種。
真っ赤なツノガエルが欲しいとなれば、このストロベリーで決まり!
数ある中から、より発色の良好な個体を選抜していますので、
成長してもなお、その美しさが楽しめると思います。
日記はじめました_b0174337_07081395.jpg

日記はじめました_b0174337_07081367.jpg

日記はじめました_b0174337_07081357.jpg

レモン
果物シリーズ、ラストを飾るのはまさしく見た目通りの、その名もレモン!
アルビノのクランウェルは、その多くがおおむね黄色になりますが、
大抵は背部にしっかりと模様が浮き出て残ってしまうか、
あるいは模様が薄まるのと同時に黄色味も薄れてしまいがち。
この品種が目指したのは、つまりそれらを両立することであり、
模様を消して地色に埋もれさせつつ、発色も濃厚にしておくことで、
まさにレモンそのもののような、それは表面のザラザラとした質感も相まって
某テレビ雑誌の表紙を飾れそうな、美しい姿へと仕上がっていくのです。
どのカラーリングのクランウェルも魅力的で、迷ってしまいます。
日記はじめました_b0174337_07081722.jpg

日記はじめました_b0174337_07081644.jpg

日記はじめました_b0174337_07081702.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2024-04-19 08:25 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
春の訪れと共に、すっかり桜が満開になったかと思いきや、
ザッと降った大雨、からの強風により、花びらは散ってしまい…
そして今週末はとっても暖かい陽気に恵まれるそうで、
季節の移り変わりが本当にスピーディになりました。
飼育温度の管理や、日光浴による熱中症には、
暑さが例年以上に早まっていますので、十分にお気を付け下さい。

本日は店頭へ、素敵な洋菓子の差し入れを頂きました!
フロマージュ、なのでしょうか、見た目も可愛らしく、
その味は衝撃的な美味しさで、本当に有難う御座いました。
加えてそれが、当店より程近くのお店のものと教えて頂き、
あまりにも魅力的なため、他の方へも布教したいと思いますので、
ご興味がありましたら(誠に勝手ですが)店頭にてお問い合わせ下さい!
そのお客様とは、こちらの都合でまとまった時間が作れず、
ゆっくりお話しすることができず申し訳ありませんでしたが、
改めて直接お礼を伝えたく、恐れ入りますがまたお越し下さいましたら幸いです。

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など) / 雑誌・書籍
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

アカアシガメ(チェリーヘッド・“スーパーファイン” / “フルレッド”)
有難いことに、木曜写真のみの掲載で、2匹とも早速SOLD
これまで実に十年以上、本種と向き合ってきた中で、
いくら美しさが売りのチェリーヘッドとは言え、
これほどのクオリティを放つベビーとの出会いは初めてかもしれません。
1匹目は、もうその輝きからしてとんでもないことが起きていると思い、
何と呼んで良いのか分からず、とっさに付けた呼称が“スーパーファイン”。
初生甲板の明色部は限界まで膨張し、頭頂部の赤味はとろけるようで、
言うまでもなく、成長後の仕上がりが楽しみでなりません。
2匹目は、格好良さに全振りした強烈な赤の発色が凄過ぎる、
チェリーヘッドどころか、甲羅の表裏までもが赤く染まった“フルレッド”。
腹甲の明色部に赤色が染み渡っているのはパッと見ても分かり易く、
加えて、背甲の成長線が赤くもやもやしている点も見逃せません。
いずれの個体も、単なる美しさという価値基準に留まらない、
独自性まで兼ね備えたスペシャルなベビーたちの掘り出し物でした。
春らんまんにも程がある_b0174337_22332058.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332479.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332493.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332418.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332471.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332872.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332725.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332823.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22332820.jpg

ホルスフィールドリクガメ(ベビー)
メロンパンやあんぱんなど、しばしば食べ物に形容される本種ですが、
今回は春を彩る三色団子になぞらえて、パターンの異なる3匹をセレクト!
1匹目は、当店リクガメ担当スタッフ曰く、セピアカラーちゃん
背中の黒斑が、色褪せた写真のように淡い茶色になり、
それでいて成長した部分は綺麗な乳白色に仕上がりそうな、
大きな瞳で顔立ちも可愛らしく、全体的に優しい印象が際立っています。
2匹目は、3匹中最も黄色味が強く、まるで溶き卵を塗ったよう!
背中の黒斑は、それ自体が小さめに描かれていて、
大きくなった時に色の明るい部分がより目立ち易くなると思います。
3匹目は、とにかく黒が黒々としたタイプを選ぼうとした結果、
背中の黒斑は見事にベッタリ、頭部や前肢にも強い黒味が感じられ、
それでいて成長した部分はかなりスッキリとした白さが目立つため、
モノトーンな格好良さが成長してもなお、味わえると思います。
昔からビギナー向けの入門種とされ普及してきた本種ですが、
近年では野生個体が姿を消しつつあり、一方で海外で繁殖されたものが、
可愛らしいサイズで出回ることで、より良い印象が広まりつつあります。
甲羅全体にしっかりとした厚みが感じられ、コロコロとしたシルエットが、
これまで以上に飼育欲をそそられるイメージになっているのかもしれません。
選択肢があるうちに、お好みの1匹を選びに来て下さい。
春らんまんにも程がある_b0174337_22343419.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22343645.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22343565.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22343862.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22343965.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22344281.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22344417.jpg

ベトナムミナミイシガメ(ライトカラー・♀)
一口にミナミイシガメと言っても、その産地により、
単なる亜種分け以上のバリエーションが存在することは、
悲しいかな、今日においても案外知られていないのかもしれません。
ほんの数年前までは、流通の大半を亜種ヤエヤマが占めていて、
つまり私たち日本の飼育者にとって、ミナミイシ=ヤエヤマという図式が、
実際に成り立っていたように思いますが、最近ではそれに加え、
ざっくり中国産と思われるタイプや、このベトナムタイプが入ってくるようになり、
複数の亜種や地域個体群が市場に混在するようになりました。
かく言う私などは、ヤエヤマしか知らなかった十年以上前に、
基亜種タイリクのゴツさと分厚さに素直に感動しましたし、
その上、当時は下手をすると幻のような位置付けであったベトナムについても、
いつか本物の、それも大型個体と対面したいと切に願ったものでした。
ミナミイシガメ種群の最西端に分布するベトナムフォームは、
背甲のセンターキールに沿って明瞭な黒いラインが走るのが特徴で、
目の後ろの模様がクッキリと描かれると共に、
頭頂部の色合いも幾分、あるいはかなりはっきりと濃厚になるため、
Cuora属に片足を突っ込んでいるのではないかと感じてしまうほど、
例えばミスジやシェンシーなどにも通ずるゴージャスさが売りのひとつ。
更に、全てのミナミイシガメの中で最も大きく成長するとされ、
ひとまず目標は20センチオーバー、噂では30センチに到達するとの話もあり、
とにかく並のミナミイシガメにはないオプションが盛り沢山です。
この個体は、同じベトナムミナミイシの中でもかなり色味が明るく
頭や背中から強い輝きを感じる、その姿には一見の価値あり!
春らんまんにも程がある_b0174337_22353174.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22353227.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22353214.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22353209.jpg

ミナミシロクチドロガメ(♂)
有難いことに、木曜写真のみの掲載で、早速SOLD
基亜種キタとの違いとして、腹甲の腋下甲板と鼠蹊甲板が離れることや、
幾分小柄で、甲羅全体の厚みも薄く扁平になり易いことが挙げられ、
この個体はそういった特徴を明確に押さえた上で、
頭部全体は平均以上の色鮮やかさという、非常に秀逸な一匹でした。
元々がワイルド由来のため、ナチュラルな仕上がり具合も嬉しいポイントです。
春らんまんにも程がある_b0174337_22374466.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22374498.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22374442.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22374464.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22374485.jpg

セントラルパイソン(♂・♀)
元々は、国産のベビーとしてやって来た個体が育ったものですが、
幼体特有の未熟で透明感の残る姿がもう思い出せないほどに、
サイズ的には可愛らしさを感じさせつつも、
色彩は成体のそれを彷彿とさせる、カチッとした仕上がりはお見事!
分類には諸説ありますが、やはりspilotaから一度は独立したbredliですから、
種親の選定において最も重要視されたのは、まさに純血性
その上で、赤レンガを思わせる美しさがきちんと楽しめるように、
そういった意味でのクオリティにも十分気を遣われている、
ブリーダーの拘りが、実際に誕生した子孫たちからひしひしと伝わって来ます。
現時点でもそれなりの格好良さを描き出してはいるものの、
やはり魅力が解き放たれる真の姿は、成熟したその時までのお楽しみであり、
顔立ちの厳めしさ、筋肉質な体躯の見事さ、そして発色の鮮やかさなど、
この先の成長が楽しみでしかない、将来有望のオスとメスです。
(写真は1、2枚目がオス、3、4枚目がメス)
春らんまんにも程がある_b0174337_23334383.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_23334304.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_23334553.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_23334603.jpg

ボールパイソン(パステルモハベ・♀)
通称パスタベ、レシピはそのまま、パステル×モハベです。
モハベのお陰で模様は乱れ、散らばり、ミステリアスな雰囲気に。
そこへパステルが加わることで、明色部の鮮やかさがより顕著になり、
原種の味を活かしつつ、明るく華やかなイメージを獲得しています。
おおむねアダルトサイズと呼んで差し支えない、
今すぐブリーディングにも参加できそうな、立派な大きさのメスで、
ベーシックながら人気のコンボモルフですから、
観賞用にも、抱きヘビ用にも、種親用にも、活躍は多岐に渡るでしょう。
暖かくなってきたこのタイミングでの出物というのも、有難いです。
春らんまんにも程がある_b0174337_23072425.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_23072495.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_23072423.jpg

コーンスネーク(テラッツォ・♂)
コーンの世界におけるパターンモルフと言えば、
古典的なモトレー、そしてストライプに始まり、
他にブラッドレッド(ディフューズド)やテッセラなどが有名ですが、
大理石を意味するこのテラッツォは、知る人ぞ知る隠れた銘品種だと思います。
テラッツォの難しいところは、成熟して初めてその魅力が露わになり
幼体や、成長過程ではその強みや旨みが広く伝わり難いため、
ファンの層も得てしてコアになりがち、という点が挙げられるでしょう。
ロージーラットスネークの話をし始めると余計ややこしくなります)
この個体はオスらしく、はっきりとした赤味を呈した上で、
体表の、特に下半身にシルバーのスプレーを吹き付けたような
他のコーンにはない鉱物質な出来上がりをお楽しみ頂けるようになっています。
先のロージーのことも考慮すると、更なるコンボ化を狙わずとも、
シングルのテラッツォ、に留めておくのが乙な楽しみ方なのかもしれません。
春らんまんにも程がある_b0174337_22580382.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22580364.jpg

春らんまんにも程がある_b0174337_22580398.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2024-04-11 23:49 | 新着情報