人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
来月末に、我らが地元名古屋にて開催される、
ナゴヤレプタイルズワールド2021へ、出展の申し込みを済ませました。
当店のイベント出展は、実に昨年のナゴレプ以来1年ぶりとなりましたが、
今年はこれまで出展したどのイベントよりも、広いブースを使用することにし、
史上最大のフルパワーにて乗り込みたいと考えています。
今回もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、何でもここ名古屋にも台風が接近しているようですが、
明日は今のところ、13時から20時で通常営業する予定です。
ご来店の方は、どうかお気を付けてお越し下さい。
そして今週末は月曜日が祝日の三連休もちろん土日月は通常営業です!

オビタイガーサラマンダー(M)
これぞリアルバード!久々にお目見えしたマジのオビタイガー!
なんと、国内の愛好家により、優に100匹を超える幼体の中から、
渾身の1匹がセレクトされ、ミドルサイズに到達するまで育てられていた究極の個体
毎回姿を見る度に、もう二度と手に入らないのではとヒヤヒヤさせられますが、
着実に見かける機会が減少している稀少な有尾類のひとつです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_01201777.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01201718.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01201788.jpg

イエアメガエル(CBベビー)
※複数匹います!
お待たせしました!ようやくゲットできた大人気のイエアメベビーたち!
何やら最近ではちょっとしたブームになっているらしいイエアメですが、
一番欲しいのは、危うくニホンアマガエルと見間違えてしまうこのサイズです。
大切に育て上げると、体の表面がパール調に輝きとてもキレイになります。
台風の接近にご注意ください_b0174337_01455170.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01455126.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01455193.jpg

スマトラブラッドパイソン(♀)
デカい!当店では実に久しぶりにやって来たゴツいブラッド。
最近ではブラッドではなく、ショートテールパイソンと呼ぶようにもなりました。
なんとこの個体、ベビーから僅か1年しか経過していない恐るべき食欲モンスター
嬉しいことに性別はメス、つまり更なる巨大化が容易く狙える注目度抜群の案件です。
写真ではあいにく脱皮前ですが、至って健康なぶりぶりの飼い込み個体をどうぞ。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03504054.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03504011.jpg

ボルネオブラッドパイソン(♀)
もっとデカい!当店では実に久しぶりに…(以下省略)。
ショートテールのこと、食欲モンスターのこと、性別のこと、全て上のスマトラと同じ条件です。
しかも貴重なボルネオとあって、十年に一度の掘り出し物とはまさにこのことです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03504095.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03503949.jpg

ミズコブラモドキ(♀)
個人的に大好きな、無駄にデカいナミヘビシリーズの花形ともいえる人気種。
その名の通り、見事なフードを広げてファンサービスたっぷりな個体ですが、
意外と無闇に噛み付いてくることはなく、せいぜい軽めのダッシュをかます程度です。
色艶良く、大切に育てられていたことが一目で分かる絶品の出物です。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03504511.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03504583.jpg

コーンスネーク(国内CBベビー)
ピンクスノー(♂・♀)
※複数匹います!
本日のコーンは不動の人気を誇るシロヘビから、スノーが二系統。
こちらは赤味を強めるセレクティブブリードにより誕生した、通称ピンクスノー。
いわゆるサーモンスノー、コーラルスノーなどとは異なりますが、
ピンクカラーのコーンがリーズナブルに楽しめる、有効な選択肢だと思います。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03510119.jpg

スノー(hetストロベリーストライプ・♂)
※複数匹います!
こちらのスノーは、サーモンスノーとスノーストライプを掛け合わせた、
双方のストロベリーとストライプがヘテロで確実に入っている、別血統。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03510152.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(国内CBベビー)
ハイイエロー
ちょうどそんな季節になりましたので、レオパのベビーもたくさん来ています!
蛍光イエローのメリハリが美しい、涼しげであり鮮やかなハイイエロー!
台風の接近にご注意ください_b0174337_03515654.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03515574.jpg

ハイイエローエクリプス
ベーシックなカラーと、お馴染みの黒い斑紋を残しつつ、
エクリプスを投入することで顔立ちがより可愛らしくなる、意外と珍しいコンボ。
3匹ともオッドアイなので、写真をよく見てお選び下さい。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03515612.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03515623.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03515698.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03515649.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03515624.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03515629.jpg

タンジェリン(hetベルアルビノ)
なかなかに濃厚で魅力的な赤さが発色した、将来期待の一匹。
片親にベルを用いていますので、ヘテロが必要な方も上手にお役立て下さい。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03524920.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03525009.jpg

スノーレインウォーター(hetタイフーン)
レインウォーターアルビノを、更にスッキリさせる組み合わせ。
ヘテロはつまりエクリプスのことで、タイフーンがスムーズに作出できる血統です。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03522648.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03522676.jpg

W&Yスノーレインウォーター(hetタイフーン)
上の兄弟に、ホワイトアンドイエローを足して、更にスッキリさせたい組み合わせ。
成長に連れて色合いの変化が楽しめる、育てて楽しいコンボモルフです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03522657.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03522773.jpg

エジプトトゲオアガマ(S)
しばしば見かけられる繁殖されたベビーではなく、
昨今では逆に珍しい、ワイルドのかなり小さめなサイズ!
体へのダメージは殆どなく、既にMazuriリクガメフードにもしっかりと餌付いていて、
早くも野菜を一切与えずに育てられてしまう、理想的なコンディションに仕上がっています。
大型種ですが成長はかなりゆっくりなため、焦らずじっくりと楽しんでいきましょう。
台風の接近にご注意ください_b0174337_01463167.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01463143.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01463186.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
※複数匹います!
全国のヘルマンファンの皆さま、お待たせしました!
ちょうど品切れだったところへ、ちょっとした品薄感もあり
少しご無沙汰になってしまいましたが、ようやく手に入れることができました。
時々見かける極小サイズのベビーではない、少し育ったふっくら安心サイズです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_01451171.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01451170.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01451135.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_01451139.jpg

マルギナータリクガメ(♀)
これは熱い!育てると殆どオスになってしまうマルギナータには大変貴重なメス!
しかも有難いことに、選べる2匹をいきなり手に入れることができました。
甲長も既に20センチクラスなので、もう少し育てれば早速繁殖も狙えます
全国的に、お探しの方も多いことと思いますのでお早めにお問い合わせ下さい。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03541507.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03541539.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03541586.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03541547.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03541548.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03541494.jpg

トウブハコガメ(国内CBベビー)
今や市場を席巻する大人気のアメリカハコガメ、
その中でも群を抜いて得票数トップに躍り出るのが、このトウブハコガメです。
その魅力はもはや語るまでもないかもしれませんが、
とにかく成長に連れて色彩が強烈に変化し、ド派手になることで一躍有名になりました。
全て餌食いの良好な個体ばかりなので、お好きな個体をお早めにお選び下さい。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03545485.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03545451.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03545597.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03545455.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03545488.jpg

キボシイシガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
今年も有難いことに、キボシのベビーがやって来る季節が始まりました。
とは言え、余るほど大量に入手できる種類ではありませんので、
お探しの方は、お好みの個体を的確なタイミングでゲットして下さい。
写真の2匹はペラペラではなく、ハッチして暫く育てられた安心サイズです!
台風の接近にご注意ください_b0174337_03553666.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03553700.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03553767.jpg

ノコヘリマルガメ(ハイカラー)
全体的に淡い色調で、横顔に強烈な赤味が発色したスペシャルセレクト!
下のペアのメスもなかなかですが、とにかく成長に連れてより鮮やかになることが期待されます
普通に育てていれば、きっと嫌でも綺麗になる極美個体の原石です。
台風の接近にご注意ください_b0174337_02080110.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_02080156.jpg

ノコヘリマルガメ(Pr)
こちらは久しぶりにオスとメスが揃ったヤングサイズのペア。
オスは黒々とした中にも首筋の赤い模様がよく目立ち
メズは反対に激しい赤味が顔面を覆い尽くす、素敵な組み合わせです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_02080609.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_02080688.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_02081093.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_02081034.jpg

スジオオニオイガメ(ベビー)
ここ暫く相場がやや高騰していたせいもあり、
入手できそうで意外と手に入らなかった、ジャイマスの可愛いベビー!
黒々とした個体が多い中、白い模様がハッキリと目立つ1匹をセレクトしました。
成長に従って、模様のコントラストが強烈に出てくれれば嬉しいです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_02075638.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_02075739.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_02075793.jpg

カブトニオイガメ(ベビー)
※複数匹います!
一時の品薄感も落ち着いて、ようやく姿が見られるようになって来た印象のカブニ。
前回の入荷より在庫が減ったため、メンバー増強のため追加で再入荷!
いつもより体の水玉模様が大きなタイプです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03555453.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03555440.jpg

ミシシッピニオイガメ(ベビー)
※複数匹います!
こちらも上のカブニと同じく、メンバー増強のため追加で再入荷!
甲羅の成長線がぼんやり白くなっていると、少し興奮してしまうのは私だけではないと思います。
今回の入荷分はスタートが小さ過ぎないため、ビギナーさんでも安心のサイズです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03555950.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03555984.jpg

アダンソンハコヨコクビガメ(TSD♂・♀ / 国内CB)
※複数匹います!
本日のラストを飾るのは貴重な国産ベビー、TSD付きのピカピカアダンソン!
左のマーク付きがオス狙い、右のマークなしがメス狙いの温度帯です。
この目が眩むような繊細で美しい模様の行く末が、育てる前から待ち遠しい、
ワイルドですら綺麗なカメですが、CBはもっと恐ろしく綺麗なペルシオス最美種のひとつです。
台風の接近にご注意ください_b0174337_03560617.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03560688.jpg

台風の接近にご注意ください_b0174337_03560500.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2021-09-18 01:35 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
朝、出勤のためにバイクへ跨ると、
照りつける日差しの中にも風の涼しさを感じるようになってきました。
爬虫類の飼育においては、秋の温度変化は無視することのできない要素であり、
特に春から夏にかけてデビューされた方にとっては、
今まで以上に気を遣う場面となるかもしれません。
大切なペットに少しでも違和感を覚えた方は、お早めにご相談下さい。

最近、カメとトカゲの入荷が多かったのですが、
今週は久しぶりにヘビのボリュームがグッと増えました!
お気に召されたものがありましたら、お問い合わせお待ちしています。

イエアメガエル(キャンディブルー)
誠に可愛らしいティファニーブルーのボディを表面から彩る、
パール調の光沢が眩い輝きを放つ、CBのベビーから育てられた見事な飼い込み個体!
上の名称は私が勝手に与えたもので、正式な品種名などではありませんが、
何か特別なネーミングで呼んであげたくなる、素敵な一点ものです。
秋の訪れ_b0174337_01071651.jpg

秋の訪れ_b0174337_01071603.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(国内CBベビー)
レッド
※複数匹います!
お客様が繁殖された、赤味の強さに拘ったセレクティブブリードの賜物たち!
ハッチして1か月少々が経過した、可愛らしくも餌食い抜群の安心サイズベビーです。
フトアゴは、生まれたばかりの頃が最も地味な姿をしていて、
成長に伴い体中の色がどんどん出てきて、鮮やかに変化することをお忘れなく。
つまり、この調子で育っていけば全身真っ赤になること間違いなし!
秋の訪れ_b0174337_01292313.jpg

ハイポレッド
※複数匹います!
こちらのハイポ入りは、上のレッドと兄弟に当たるベビーたち。
カラーリングは好みですが、ハイポのお陰で黒色が随分と薄れるため、
持ち前の赤い模様が浮き出たようになる、人気の高いコンボです!
秋の訪れ_b0174337_01292427.jpg

アンボンアオジタトカゲ(M)
まだまだ手の平に座らせることのできる、ベビーから育てられたミドルサイズ。
定期的に輸入されているハルマヘラアオジタのベビーは、
気を抜くと意外と弱い面も見られますので、
何でも食べてふっくら育った、安心感抜群のこんなサイズは如何でしょうか。
秋の訪れ_b0174337_02315955.jpg

秋の訪れ_b0174337_02315911.jpg

グリーンパイソン(ビアク)
全身イエローのベビーサイズからコツコツと育てられ、
ようやくグリーンの発色が始まり、互いの個性が各々の方向へと歩み始めた、
解凍したマウスをピンセットから普通に食べてくれる、状態抜群のミドルサイズが2匹も!
上の個体は、鮮やかなイエローを残しつつも濃いめのグリーンが模様らしきものを描き出し、
所々に目立つ白い水玉模様の行く末も気になる、グッドデザイン!
下の個体は、ライトグリーンを基調とするスタンダードなビアクかと思いきや、
背部のフラッグが早くもモスグリーンへと変化し、今以上の汚しが期待される魅惑の一本です。
秋の訪れ_b0174337_02320648.jpg

秋の訪れ_b0174337_02320683.jpg

カーペットパイソン(アルビノ・♂)
アルビノカーペットも個体差で選べる時代がやって来ましたが、
この個体は中盤から終盤にかけて、マンゴージャムのようなバンド模様が目立つ、
単に白蛇というよりも、むしろ柄の入り方が楽しめる面白いデザインが見所!
成長段階としてはまだまだ折り返し地点ですから、
この先、バンドとバンドの間がどれほど彩られるのかも楽しみです。
(写真は計2枚、いずれも同一個体のものです)
秋の訪れ_b0174337_02321700.jpg

秋の訪れ_b0174337_02321738.jpg

ボールパイソン(イエローベリー・♀)
久しぶりにやって来た、ボールのメス!
モルフはシンプルですが、その分プライスもリーズナブルです。
ベビーの時期を脱却した、ちょうど手の平にいっぱいの安心サイズですから、
次期種親候補にはもちろん、初めてのペットスネークにもお勧めです。
秋の訪れ_b0174337_02322291.jpg

コーンスネーク
ノーマル(♀)
上のボールと同じく、コーンにもメスというだけで一定のニーズがあります。
シンプルなノーマルですが、平均的なものよりも赤味が強い個体です。
モルフの検証を目的としたブリーディングには欠かせない、実は嬉しいノーマルのメス!
秋の訪れ_b0174337_02323250.jpg

アンバーモトレー(♂)
アンバーとは琥珀のこと、キャラメルとハイポのコンボモルフです。
キャラメルとアメラニではバターになりますが、赤目が苦手な方には、
キャラメルの濃さを適度に薄めてくれるこの組み合わせはアリだと思います。
いつまでも可愛らしい黄色を楽しみたい方へ。
秋の訪れ_b0174337_02323269.jpg

コーラルゴースト(♀)
本来ゴーストとは、アネリとハイポのコンボモルフを指しますが、
そのハイポをストロベリーに差し替えたものが、コーラルゴーストです。
コンボの構造と、シングルモルフの作用とを理解すれば分かり易いと思いますが、
ハイポよりも赤味を強く出すことのできるストロベリーを用いることで、
体の随所にぼんやりとした不思議な赤色を描くことに成功した、隠れた美麗品種です。
秋の訪れ_b0174337_02323293.jpg

アオダイショウ(愛知県産・♂)
要するに名古屋市内で採集された、野生のアオダイショウ。
幼体の模様がようやく消え始めた、なかなかちょうど良い安心サイズです。
全体に暗めのトーンで、しかしながら既に濃厚なグリーンが発色している、
体表のダメージが殆どない点も評価できる、意外と珍しい出物です。
秋の訪れ_b0174337_02323914.jpg

スペックルキングスネーク(♂)
あえてラストに持ってきましたが、トリを飾るに相応しいド派手なスペックル!
やはりカリキンやデザキンなどと同様に、色柄には個体毎にバリエーションが見られ、
この個体はあまりにもバチバチと激しい発色が視界を覆うことから、
一瞬何の種類であったか分からなくさせるほど、単純にして見事なデザインです。
決して世間を賑わす人気者ではありませんが、こうした一点ものはくれぐれもお見逃しなく
秋の訪れ_b0174337_02323961.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

# by herptilelovers | 2021-09-11 01:17 | 新着情報