人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
本日より、いよいよゴールデンウィークがスタートしました!
当店の営業予定は“逆ゴールデンウィーク”、あるいは“逆暦通り”といった具合で、
5/2(月)のみ臨時休業とし、
4/27(水)~5/9(月)まで、毎日通常営業(13時~20時)しています。
また明日以降も、皆さまのご来店を心よりお待ちしています!

さて、今夜は新着入荷の他にも、
店内でストックしていたら、見違えるほど仕上がってきた個体も含め、
状態抜群な健康優良児ばかりをズラリと並べてみました!

リッジテールモニター(EUCBベビー)
知名度は高くともまだまだ稀少なオージードワーフモニターが、嬉しい再入荷!
数あるドワーフの中でも群を抜いて人気の高いリッジテールは、
やはりその迫力厳めしさにドワーフらしからぬ存在感があり、
精悍な顔立ちのみならず、その名の由来となった尾のトゲトゲなど、
少年少女の心をくすぐるツボを見事に押さえた銘種のひとつです。
この個体はいつも以上に背中の網目模様がクッキリと描かれ、綺麗だと思います。
幼体ながら、早くもレオパ系のフードにしっかりと餌付き
マウスなど絶対に与えてはならないこの手のグループを育てる上では、
かなり準備が整ったと言える、ビギナーさんでも安心の健康状態です!
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01150507.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01150575.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(国内CB)
以下に挙げた全ての個体が、殆どありとあらゆる人工飼料に餌付いていて
活きた虫はもちろん、葉野菜すらも必要としない健康優良児ばかり!
長く健康に生きるための上手な育て方は、店頭にて詳しくお伝えします。

クラシック(S)
ちょっと気取った書き方にしてみましたが、
一般的にはハイカラー、あるいはノーマルとも呼ばれる、
つまり、特別な品種が入っていない“ありのままのフトアゴ”
上のリッジテールモニターと同じく、元々はオーストラリア出身ですから、
並べてみると本当に野生のトカゲのようにも見えてきます
鮮やかな色味などはなく、体表のトゲもいつも以上にトゲトゲして見える、
フトアゴの原点のような姿に、かえって新鮮味が感じられるかもしれません。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01394710.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01394795.jpg

ハイポレッド(S)
別名クリアネイルとも呼ばれる、体全体の黒味が薄れるハイポメラニスティックを、
選択交配により赤味が強烈になった血筋に加えた、燃え上がる赤を目指す1匹。
シンプルに体色の中から雑味を消してスッキリとさせたお陰で、
成長に伴い発色が強まる赤を、決して邪魔することなく伸び伸びと引き立てる、
この先の成長過程にも更なる期待がかかる極美個体です。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01394973.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01395035.jpg

ハイポイエローレザー(♂)
上に出てきたハイポを、今度は全身黄色のこんなタイプに付け加え、
更にトゲトゲをスマートにするレザーバックを足すと、このように変化します。
イエローとレザーは相性が良く、黄色の出方がよりベッタリと濃厚に感じられる
これはこれで完成と言っても過言ではない、ひとつの終着点です。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01395367.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01395339.jpg

ハイポイエローレザー(♀)
上のオスと基本的には同じですが、
やはりヤングサイズのメスということで、繁殖のためにはもちろんのこと、
単に同居させる相棒が欲しいという方にも、温厚なメスが好まれると思います。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01395581.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01395603.jpg

スミスヨルトカゲ(EUCB・♀)
実はこの個体、以前入荷し今日までコツコツ育てていたのですが、
当初のか弱い見た目ではなく、全体の肉付きが随分とがっしりしてきて、
今ではレオパ系のフードに餌付き、もはやそれのみで飼育できますし、
ピンセットからはもちろん、皿に盛って置いておくだけで勝手に食べるようになりました!
属内ではかなりの大型種で、成熟するとちょっとしたレオパぐらいのボリュームになるとも噂される
単為生殖への夢だけではなく、どこまで大きく育てられるか楽しみな1匹です。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02274584.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02274567.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02274577.jpg

ガーゴイルゲッコー(レッドマーブル)
ふっくらと育っている、ベビー過ぎない安心ベビーサイズ。
背中にスジの入らないマーブルタイプで、既に赤いスポットが発色しています。
餌は既にクレス用のラコダクフードのみで良く、
お陰様で水で練らずとも粉末のまま食べてくれるほど、よく鍛えられています。
成長に連れて赤味はどんどん増すばかりですから、これからが楽しみです。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02111284.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02111241.jpg

メルテンスヒルヤモリ(国内CB・♂)
この個体も少し前から在庫していますが、
これまで見た中で一番青味が強く鮮やかに発色していたため、
思わず写真を撮り直して、再びこの場に登場する運びとなりました。
その美しさが示す通り、健康状態もこの上なく良好で大変オススメです。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01371531.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01371493.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01371508.jpg

スタンディングヒルヤモリ(国内CB・M)
先日、当店のインスタグラムにも登場した、スタンディングの安心サイズ。
ベビーで入荷した個体が随分と成長し、性別は恐らくメスと思われます。
上のメルテンス以上に、既に無敵モードに突入していますので、
どなたかお好きな方のもとへ旅立ってくれればと願っています。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01360549.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_01360447.jpg

アラブギリシャリクガメ(国内CB・S)
※複数匹います!
ツルツルで、一切凹凸のない理想的な仕上がりを見せつつあり、
その上日本生まれのCBという珍しいオプションまで付いた、素敵なギリシャ。
同じ兄弟内でも流石はギリシャ、色合いの明暗には個体差がありますので、
実物をご覧の上、お好きなカラーリングの子をお選び下さい。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02515088.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02515038.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02515049.jpg

マルギナータリクガメ(アルバニア産)
入荷した当初は、それこそ生まれ立てに近いベビーサイズだったのですが、
私自身も信じられないほど、この上なく綺麗に成長している見事な安心サイズ
過去に入荷、ストックしていたマルギの中でも、
トップクラスに滑らかな育ちぶりを見せています。
ここからフォルムが崩れることも考え難いので、
どうか安心して引き継いで下されば嬉しいです。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02342159.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02342110.jpg

スジクビヒメニオイガメ(ブラックウォーリアー産)
かの有名な、ヒラタニオイガメと同じ産地ということで話題の、
アラバマ州はブラックウォーリアー川水系に産する野生個体より得られた
日本生まれのベビーが、泣いても笑ってもラスト1匹再入荷!
より薄く、より平たく育つことが期待されるタイプなのですが、
それ以前にオレンジの発色がこれほど見事になるとは、嬉しい誤算でした。
並のスジクビと比べてあらゆる面で見応え抜群な、これこそまさに掘り出し物です。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02111632.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02111692.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02111675.jpg

アマゾンカエルガメ(ベビー)
本日入荷した、雑誌ビバリウムガイドでも大きく取り上げられていた
巨頭系カエルガメの代表種アマゾンの、めちゃめちゃ可愛い理想的なベビーサイズ!
とぼけた表情でこちらを見つめてくる仕草が何とも可愛らしいのですが、
この嘘みたいなフォルム、ボディバランスのまま育つところが本当に素晴らしいです。
特徴的な口元の黄色味は、大きくなってもそのまま残りますのでご安心下さい。
飼育自体は特に難しいこともなく、人工飼料のみで十分に育てられるタフなカメです。
ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02112055.jpg

ゴールデンウィーク、スタート!_b0174337_02112093.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2022-04-30 01:29
こんにちは、店長の馬場です。
大変長らくお待たせしてしまいましたが、
遂に昨夜、当店ウェブサイトの店内在庫リストが、
(ミズガメ以外)全て最新版にアップデートされました!

これによりリクガメ、ヘビ、トカゲ、両生類や小動物など
(ミズガメ以外)ほぼ全ての在庫がサイト上に網羅され
ご来店頂く前に、何が販売されているのかをほぼリアルタイムで、
隅から隅までご覧頂けるようになったという訳です。

大変有難いことに、お陰様で本日の営業終了までにも、
店内在庫リストに掲載された生体がいくらか旅立っていき、
今後(ミズガメ以外)リストのアップデートを続けていく励みになります!

残るミズガメについては、元々膨大な在庫数があるため一旦後回し保留とし、
ミズガメ以外の画像リンクがほぼ皆無なため、まずはこちらを優先したいと考えています。
金額が未設定の個体についても、準備が整った順に公開します(個別のお問い合わせ可)。
ようやくリストが軌道に乗りましたので、今後とも当店を宜しくお願い致します。

さて、今夜は不思議なことに、
中東からヨーロッパ、アフリカにかけて分布する種類ばかりが勢揃い!
一応トカゲ、ヘビ、カメと各ジャンル揃えたつもりでしたが、
少々偏ったメンバーにて、張り切ってご案内します。

サンドフィッシュスキンク(L)
追記:外見の特徴より恐らくペアっぽいため、2匹セットにて販売したいと思います!
横顔めちゃめちゃ新幹線!砂に潜ることに特化した有名なスキンク!
英名のサンドフィッシュとはよく言ったもので、
つまり砂の中を“魚のように泳ぎ回る”ことから名付けられたネーミングです。
イグアナ・イグアナがグリーンイグアナ、ゲッコー・ゲッコーがトッケイなら、
スキンクス・スキンクスはこのサンドフィッシュという、まさかの展開。
そう、文字通りスキンクの中のスキンクとされているのが本種なのでした。
あっという間に地面に潜るシャベルノーズ、砂をかき分け易い指のフサフサなど、
生きるためのコンセプトがこれほどはっきりと分かるトカゲも意外と珍しいのです。
安価ながら飼育環境には妥協できないところも、腕を試される素敵仕様。
上手に育てるコツは、お渡しの際にきちんとお伝えします!
サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22525327.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22525374.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22525354.jpg

オオアシカラカネトカゲ(L)
追記:外見の特徴より恐らくペアっぽいため、2匹セットにて販売したいと思います!
上のサンドフィッシュによく似たコンセプトを持ちますが、
居留守を使われる頻度がややマシになった、もう少しまともなスキンク。
シロテンカラカネトカゲ、オセラータスキンクなどとも呼ばれています。
本種の魅力はやはり、我が国が誇るニホントカゲの風合いをそのままに、
より大きくより太くより長く、日本人の常識を上回る存在感を目指したことや、
全身に散りばめられたホワイトスポットが砂地に擬態しつつも美しさを表現していたり、
繁殖形態が夢の卵胎生、つまりベビーを直接産み落とす格好であったりと、
オープンスペースに這い出してくること以外にも、面白味に溢れています。
フードにも餌付き易く、ビギナーさんにも嬉しい仕様たっぷりのトカゲです。
サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22532263.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22532232.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22532231.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(ハイイエロー・♀)
この流れで見ると、まるでワイルド個体?!と驚かされますが、
そうでなくともハイイエローにしてはつぶつぶの多い、逆に珍しいタイプ。
便宜上ハイイエローと表記したものの、何か別の名前を与えてやりたくなるぐらい、
標準的なものに比べかなりダークな雰囲気を纏っています
こんな色合いの個体が元になって、今日のブラック系統が誕生したのでしょうか。
好みは分かれると思いますが、いずれにしてもあまり見かけないことは間違いありません
サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22535227.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22535255.jpg

コモンタマゴヘビ(♂)
個人的に久々!名前はコモンですが、毒ヘビ模様が人気のみんな欲しいヤツ!
ほぼ野生個体しかいないと言っても過言ではありませんが、
今回、体に殆どダメージがなく、ウズラ卵を食べられるサイズの個体を、
僅か2匹だけではありますが、何とか選び抜くことができました。
上の個体は赤味が強く、下の個体はほんのり緑色に染まっていて
一見似ているようで全く違う、コレクション性の高さをまざまざと見せ付けられました。
意外と一点もの感の強い種類ですから、気になった方はお早めにどうぞ。
サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22535689.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_22535672.jpg

ケヅメリクガメ(ベビー)
これぞまさしく、業界を代表する禁断の果実!
今日においてはもはや説明不要と思われるほど、あまりにも有名な巨大リクガメ。
かつて有名な某怪獣映画に、その幼き姿として登場したこともあるほど、
本種のベビーが持つ破壊的な可愛らしさは、同時に人々の心を惑わす罪深さに満ちています。
もちろんカメ自身に何ら悪いことはありませんので、あとはこちらがどう判断するか、
つまり本当に飼えるのか、育て続けられるのか、それは難しい問い掛けだと思いますが、
この苦しみをくぐり抜けてこそ味わうことのできる最上の楽しみを、
どうか生涯の伴侶として相応しいこのカメと共に、たっぷりとご堪能下さい。
正しく、そして美しい姿に仕立て上げるための上手な育て方は、
お渡しの際に改めて、懇々とご説明させて頂きます。
明暗の分かれた、色合いの異なるタイプをそれぞれセレクトしました!
サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23110802.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23110829.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23110834.jpg

バブコックヒョウモンガメ(S)
ケヅメとヒョウモン、しばしば両者はセットで紹介されがちですが、
同じアフリカ出身で、同じ大型種、という部分は確かに共通点なのですが、
実は似て非なる、それどころか全くリクガメなのだとお考え下さい。
輸入されたばかりや、幼い頃にはどちらかと言えば取り扱いが難しく、
適切な環境と飼育を実践できなければ、芳しい結果が得られないのも事実で、
ただし上手に育てることができ、立派なサイズに仕立てることができれば、
これほど優れたビジュアルを持つリクガメも他にそうは見当たらないでしょう。
今回は初生甲板および成長線に白さが際立つものと、
反対に甲羅から肌まで全体的に黒さが際立つものを選びました。
こちらで心得ている、正しい飼育方法と共にお渡しできれば幸いです。
サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23113063.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23113018.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23113076.jpg

キボシヌマガメ(♂)
いわゆるヨーロッパヌマガメ、その基亜種をキボシヌマガメと呼びます。
かの有名なキボシイシガメと似ていて紛らわしいのですが、
かつては新しかったこの呼び名も、今ではそろそろ浸透してきた頃合いでしょうか。
ボディ全体は黒々と、そして火花のような黄色い模様がバチバチと
シンプルながら美しく、そして格好良いデザインです。
ベビーは恐ろしく地味で、成長途中の容姿もあまりスマートではないのですが、
成熟が間近に迫った段階になると、突如としてスタイリッシュなカメに早変わり
つまりきちんと大きく育つまでその魅力が伝わり難いのが玉に瑕な、
新規のファンを獲得するのになかなか苦戦させられる、そんなミズガメです。
既に盛っているため、メスをお持ちの方にお勧めなのはもちろんのこと、
オスは前肢が太く逞しく、尻尾もガッツリ大きく長く伸びるため、
メスより小型なところも合わせて、ピンで飾っても十分楽しめます。
最後に、ずば抜けた耐寒性の高さもお忘れなく…何気にハイスペック!
サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23115780.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23115749.jpg

サイトの在庫リストがようやく完成!_b0174337_23115825.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2022-04-22 23:34 | 新着情報