人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
こちら名古屋は今日、明日と、あいにくの空模様ではありますが、
気温が4月上旬並みと暖かく、嬉しいような嬉しくないような。
また数日後には、最低気温が元通りグッと下がりますので、
ヒトも爬虫類も、健康管理には十分にお気を付け下さい。

さて、世間のお正月ムードもひと段落した頃合いでしょうが、
当店では今月より、レギュラースタッフがひとり増員したため、
少し慌ただしくも、お陰様で安定した日々を送っています。
今後は在庫の生体に対しても、ご来店のお客様に対しても、
これまで以上に綿密で重厚な対応ができるよう、進化して参りますので、
今後ともハープタイルラバーズをよろしくお願いいたします。

店内在庫リスト
リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など)
(申し訳ありませんがミズガメは最新のリストがないため、別途お問い合わせ下さい)

カロリナダイヤモンドガメ(コンセントリック・USCB)
今も昔も、ダイヤモンドガメの一番人気はこれで決まり!
不動のトップをひた走る、グリグリ模様が美しい待望のコンセントリック!
私自身も恥ずかしながら、十数年ほどテラピンに携わっていますが、
このタイプほど、流行り廃りにとらわれず安定した人気を誇り、
いつの時代も人々の心を掴んで離さないものも珍しいでしょう。
あいにく、常時在庫できるような代物ではないため、
お問い合わせを頂戴するも、お待ち頂くことばかりですから、
突如として目の前に現れたこの瞬間に、機敏に反応して下さい。
泣いても笑っても2匹限定色白で模様のよくまとまった個体をセレクトしました!
急にぬくい_b0174337_23455206.jpg

急にぬくい_b0174337_23461759.jpg

急にぬくい_b0174337_23461787.jpg

キタダイヤモンドガメ(USCBベビー)
ダイヤモンドガメの入門として、なくてはならないマストアイテム!
上のコンセントリックは見た目の激しさはもちろんのこと、
価格帯も決して安価とは言い難いゾーンに入ってしまうため、
正直、万人にお勧めできるものではないのも事実です。
英名でノーザンと呼ばれる本亜種は、一見静かな色合いに見えるものの、
成長に連れて模様と模様の隙間は広がっていくように感じられるため、
地色さえ気に入って頂ければ、育て上げる楽しみが味わえると思います。
今回はチェサピークとも呼ばれる、同じノーザンでも模様のまとまりが強いタイプから、
ホワイトタイプとブルータイプを1匹ずつ
加えてスタンダードなごま塩のホワイトタイプを1匹、計3匹ご用意しました。
ものの良し悪しについては、最終的にはファンそれぞれの好みですし、
それをじっくり考えて選ぶことこそ、本当の楽しみ方だと思います。
急にぬくい_b0174337_23462619.jpg

急にぬくい_b0174337_23465244.jpg

急にぬくい_b0174337_23465268.jpg

急にぬくい_b0174337_23594947.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(ベビー)
ハイイエロー
合計2匹、脱皮を控え少しかすれているようにも見えますが、
どちらも黒い部分が多く、成長してデザインが完成しても、
ドット模様が消えにくい、より原種に近いイメージでセレクトしてみました。
やはり“ヒョウモン”という名前だからこそ、柄を大切にしたい方へ。
急にぬくい_b0174337_00000424.jpg

急にぬくい_b0174337_00001666.jpg

急にぬくい_b0174337_00005091.jpg

急にぬくい_b0174337_00002238.jpg

マーフィーパターンレス
こちらはハイイエローの解説とは真逆の方向性で、
黒いドットを完全に消してしまう、別名リューシスティック。
よく似たモルフに、ブリザードと呼ばれるものがいて、
あちらはリューシよりも更に白さを求めるようなイメージです。
今回はより黄色味が強く、尾の付け根に赤味がある1匹をセレクト!
ブリザードとは違う、真っ黄色のパターンレスを目指したい方へ。
急にぬくい_b0174337_00024002.jpg

急にぬくい_b0174337_00030892.jpg

ラプター(ソリッドアイ)
レオパの世界では、真っ黒の目を持つスーパーマックスノーが、
定番のハイイエローと並び、人気の最前線を走り続けていますが、
このラプターのように、完全な赤目になるタイプも一定のニーズがあります。
かつてこのモルフが鮮烈なデビューを果たして間もない頃は、
格好付けて“RAPTOR”とアルファベット表記していたのも、今では懐かしい話。
両眼が綺麗に真っ赤な、完全なソリッドアイ状態の1匹をセレクト!
急にぬくい_b0174337_00035437.jpg

急にぬくい_b0174337_00032057.jpg

ミヤコヒキガエル(ハイカラー・Pr)
つい先日、当店のスタッフが抜群に好みだった、というただそれだけの理由で、
久々に取り扱ったところ、予想以上の反響があり即完売してしまったミヤコ。
今回は更に調子に乗って、一生懸命セレクトしてみたところ、
またまた美しいオスと、貴重なメス(しかも綺麗!)が手に入りました。
単独でコツコツと可愛がるのも大変結構ではありますが、
同じケージに複数入っていると、それはそれでとてもチャーミングです。
特にオスは、小鳥のような愛らしい鳴き声が楽しめるのも魅力のひとつ。
しばらくはオス単体、あるいはペア、という形で販売したいと思います。
(写真は上3枚がオス、下3枚がメスのものです)
急にぬくい_b0174337_00123913.jpg

急にぬくい_b0174337_00124105.jpg

急にぬくい_b0174337_00152699.jpg

急にぬくい_b0174337_00153089.jpg

急にぬくい_b0174337_00153057.jpg

急にぬくい_b0174337_00153180.jpg

ムジハラファイアサラマンダー(M)
ファイアサラマンダー種群では最大級のサイズを誇るとされる、幻のムジハラ。
名前だけを聞くと、お腹に模様がない、という情報しか得られませんが、
どうやら記録では全長30センチオーバーにも到達するらしく
その体格はもはやアメリカのタイガーサラマンダー並みですから驚き。
今回は、基亜種の野生個体という情報で入荷しています。
長い歴史の中でも殆ど流通実績に恵まれなかった稀少種ですから、この機会に是非。
急にぬくい_b0174337_00040746.jpg

急にぬくい_b0174337_00123428.jpg

急にぬくい_b0174337_00123629.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2023-01-14 00:48 | 新着情報
明けましておめでとうございます、店長の馬場です。
当店は1/4(水)より、新年の営業をスタートしました。
本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、新しい年に贈る一発目のブログは、
干支のウサギとは永遠のライバルカメだけを集めたスペシャル回!
(カメ以外ファンの方々、申し訳ありません…)
最後までカメしか登場しない、よく見たらミズガメしか登場しない
酷く偏ったコンテンツを、どうにかこうにかお楽しみ下さい!

店内在庫リスト
リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など)
(申し訳ありませんがミズガメは最新のリストがないため、別途お問い合わせ下さい)

キタニシキハコガメ(国内CBベビー)
背中の花火模様がバチバチに発色し始めている、安心サイズのセレクト個体!
ちょっと不機嫌そうな表情もまた、本種が持つ魅力のひとつです。
旧カロリナ種群であるミツユビやトウブなどとは、別のグループに属するニシキハコガメは、
頭の大きさや甲羅のがっしり感、四肢の逞しさなど、
同じアメハコでも似て非なる魅力が盛り沢山です。
高価な部類ではありますが、実は育て易さはピカイチで、
この個体も既に人工飼料オンリーで生育できるほどのグッドコンディションです!
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02015809.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02015937.jpg

ミツユビハコガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
便宜上ベビーと表記したものの、中身はベビーのそれではないリアル安心サイズ!
この数ミリの成長線を出すための苦労をどれほどの方がご存知か、
もちろん知らないままの方が幸せなのかもしれませんが、
そんな血と汗と涙の結晶を、惜しみなくお届けしたいと思います。
初めてのアメハコでも楽々育てられる最強の健康状態を引っ提げ、
写真の個体以外にも複数の在庫をご用意して、お問い合わせをお待ちしています。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02022638.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02022601.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02022669.jpg

リオグランデクーター(USCB・S)
“最も美しいクーター”の名をほしいままにする、
この手のヌマガメ全体を見渡しても屈指の美麗種として君臨するリオグランデ。
昔から細々と流通するのみで、まさに知る人ぞ知る銘種といった位置付けであり、
悲しいかな幼体は少々ひ弱な面があるため、カッチリ育ったサイズの出物は稀です。
背中の渦巻がグリグリで、赤味も強烈に発色しそうな個体をセレクトしました。
基本的に成長しても劣化するようなイメージではなく、
むしろ赤の色合いは次第にその鮮やかさを増していくほどですから、
よく泳ぎ回る性質も相まって、育てて楽しい華やかなミズガメです。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02034123.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02034198.jpg

キタアカハラガメ(USCBベビー)
そろそろ“ミドリガメ状態”に別れを告げ、大人の色合いに変化しつつある安心サイズ!
お腹側はもちろん、背中側の赤味が強くなりそうな美個体をセレクトしました。
成長するとブラックベースにブラッドレッドという、ある種毒々しいデザインになり、
和名はアカハラガメと付いていますが、背甲も含む全体が真っ赤に燃え上がるような
かなり綺麗な状態に仕上がること間違いなしの、将来有望個体です。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02042535.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02042521.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02042534.jpg

キボシイシガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
実はベビーからスモールサイズまで、複数の個体を在庫していますが、
今夜はその中から、背中に赤味が染み出してしまったこんな個体をセレクト!
数は少ないのですが稀に見かけられる、キボシ以上のオプションが付いたキボシです。
このぼわっとした赤い色抜けは、成長に連れてじわじわと広がっていくことも多く
少なくとも消えてしまう可能性はかなり低いため、長く楽しめると思います。
他にも様々な色柄、サイズの個体をストックしていますので、
詳細は店頭にて心ゆくまでご覧頂ければ幸いです。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02051304.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02051369.jpg

ニホンイシガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
もはや説明不要、日本が誇る基本中の基本にして大人気のイシガメ!
こちらも複数在庫している中から、ベビー期をやや脱し始めた安心サイズで、
写真のモデルには、全体にグリーンが強めのタイプを選んでみました。
他にも黄色っぽいものから赤っぽいもの、もう少し小さなものから大きなもの
場合によってはオス、メスの性別が判別できるものまで、
コンディションの整った状態で、お問い合わせをお待ちしています。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02055097.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02055079.jpg

メキシコアカスジヤマガメ(S)
まるでザクロのように鮮烈な赤味と、キウイのようにやさしいオリーブグリーンが織り成す、
何だかフルーティな美しさが一部で熱狂的なファンを生み出している、銘種のひとつ。
実は先日、アメリカヤマガメの仲間がCITES入りしてしまった影響で、
元々実物を見かけられる機会に乏しかったメキシコアカスジは、
今後の流通が危ぶまれているのは言うまでもありません
今回はベビーから育った安心サイズで、ここから甲羅の厚みが増していき、
背中の模様がどのように変化していくのか、その仕上がりを楽しむばかりです。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02062085.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02061988.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02062040.jpg

サルヴィンオオニオイガメ(EUCBベビー)
お待たせしました!
最近、途端に姿を消してしまいなかなかお目にかかれなかったサルヴィンが、
とても可愛らしい繁殖個体となって、再び目の前に現れてくれました。
ベビーでもしっかりと威嚇してくれるところが、オオニオイガメらしいです。
本種の持ち味である色柄は、ここからの成長に連れてどんどん描かれていきますので、
意外とよく泳ぐそのコミカルな動きと共にお楽しみ下さい。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02071094.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02071015.jpg

スジオオニオイガメ(ハイホワイト)
頭部の網目模様はどぎつく、甲羅や四肢の白さも際立つ大人気のジャイマス!
多甲板こそありますが、この個体のカラーリングは相当に美しいです。
まだまだ育ち盛りの名刺大サイズですが、早くも将来性の高さは抜群で、
この先の仕上がり具合に、間違ってもがっかりさせられるようなことはないでしょう。
CITESの影響により、今後は大型個体の流通が見込み難くなりますので、
今からコツコツと、ゆっくりとでも育て始めるのが吉です。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02073619.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02073684.jpg

ミシシッピニオイガメ(ホワイト・♀)
上のジャイマスも見事ですが、ミシシッピニオイからも白いタイプを発掘しました!
全体の色調が淡くなっているだけではなく、頭部の模様もモノトーンで、
少し無理矢理ですが、アザンティックっぽい雰囲気が感じられます。
今後はいくらミシニとは言え、国産化を進めていく必要に迫られていますが、
そんな時に、種親候補として拘りのチョイスができると面白いと思います。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02081901.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02081819.jpg

オオアタマヒメニオイガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
こんもりとしたシルエットに、ごましおを振ったような可愛らしい模様、
そして何よりその名が示す通りの小型種という、三拍子揃った人気種のひとつ!
同属のミシシッピやカブトニオイガメとは異なり、
本国アメリカでも養殖ベースに乗らなかったため、
安定的かつ大量に流通することのない、意外と珍しいニオイガメです。
今回のような日本生まれのベビーが作出されていることが本当に有難いですね。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02084791.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02084800.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02084891.jpg

スジクビヒメニオイガメ(ブラックウォーリア)
ただのスジクビに飽き足らず、属内で最も稀少なヒラタニオイガメと同じ
アラバマ州はブラックウォーリア川水系に分布する本種の、
ワイルド由来のペアから誕生した、珍しい地域個体群のスジクビ
外見上の特徴はご察しの通り、小型で平たいという、
まさにヒラタニオイを模倣したようなつくりに仕上がることが期待されます。
あくまでジョークですがこの2匹、ペアっぽいです…
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02085177.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02085267.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02085223.jpg

ハナナガドロガメ(国内CBベビー)
鼻が長いかどうかはさておいて、個人的にはその鮮やかな赤味と、
鋭利でフラットな無駄のないシルエットの格好良さが強みだと思っている、
昔から意外と珍しいドロガメのポジションを守り続けている、通称アクタム。
CBは育ち切った時に、頭部を彩るのが赤色だけではなく、
黄色やオレンジ色も一緒にグラデーションで描かれるのが、本当に美しいと思います。
泳ぎ方も妙にスピーディで、何もかもがスマートな優等生です。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02100646.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02100645.jpg

クロハラヘビクビガメ(ベビー)
トゲトゲでいぼいぼでゴツゴツとしたテクスチャが格好良い、
恐竜というよりは怪獣のような嘘みたいなデザインが魅力の、不朽の銘種。
昨今では、曲頸類の選択肢がかなり狭まっているように感じられますが、
このスピークシーは何とかその居場所を守り続け、今日に至ります。
基本的にはこの姿がこのまま大きくなっていくイメージで、
頭部はより大きくそして厚みを増し、目付きはキツく凶悪な雰囲気に、
そして長い首に並んだスパイクは周囲を傷付けんばかりの鋭さに仕上がり、
甲羅は全体的にガッシリと重みを増したような形に育っていきます。
低温への耐性もあり、場合によっては冬眠させられる強健さも魅力のひとつです。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02103791.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02103735.jpg

オーストラリアナガクビガメ(国内CBベビー)
通称ロンギコリス、名前だけは如何にもナガクビガメ代表といった雰囲気ですが、
意外にも販売される機会は決して多いとは言えない、立派な稀少種のひとつ。
とても有難いことに、国内で繁殖がなされているからこそ流通が実現しているのであって、
これが間違っても輸入ものだけに頼ろうとした途端に、
殆ど姿を消してしまうと言っても過言ではない、危うい状況に立たされているのも事実です。
スタイリングとしては最もスタンダードで格好良いナガクビガメで、
幼年期の容姿はあくまでも仮の姿ですから、きちんと大きく育て上げた先に、
真の格好良さがつくり上げられる
ことを、よく覚えておいて下さい。
この個体は奇跡的に、早くも人工飼料のみで育てられるほど餌付きの良い絶品です!
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02104581.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02104613.jpg

トゥルカナハコヨコクビガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
最も美しいペルシオスとして、恐らく異論はないであろう、
青い瞳頭の網目模様、そして甲羅の放射模様と、
体中の至る所を見渡しても一切の隙が感じられない、美の巨人。
柄は全て、成長に連れてより鮮明になっていきますし、
目の青さもまたその深みを増し、大きくなればなるほど良いこと尽くめ
それでいて小型でよく泳ぐという何もかもが恵まれたスペックの詰め合わせで、
こんなに素敵なカメがまさか日本で繁殖されているなんて、未だに信じ難い事実です。
もっと多くの方にその素晴らしさを知って頂きたい、未来のスターです。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02113006.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02113079.jpg

アダンソンハコヨコクビガメ(国内CB・S)
上のトゥルカナの相方として、実は少し存在感が弱いかもしれませんが、
この個体は“じゃない方”とは呼ばせない、抜群の美貌の持ち主
トゥルカナが寒色系だとすれば、こちらアダンソンは暖色系。
黄色味の強い頭部と、赤味を帯びた甲羅が、どちらも模様入りで綺麗です。
少しふっくらとした丸顔で、こんな優しい顔立ちをしていながら、
深い水の中でも力強く泳ぎ回ってくれる、育てて楽しいミズガメです。
卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02113652.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02113617.jpg

卯に負けるな!新春カメスペシャル!_b0174337_02113741.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2023-01-07 02:26 | 新着情報