こんにちは中山です。
ここ数日で年末らしい寒波がやってきて、
今日の昼には雪もちらつき始めました。
仕事納めまであと二日となりブログもこれで年内最後の更新になります。

年末年始は12月31日~1月3日まで休業となりますので、
お間違えの無いようにお願い致します。

さてそんな慌ただしい店内ですが、
今週は体格の良い生体が色々と入荷しましたのでご紹介します。

ジャイアントゲッコー(マウントコギ・♂)
b0174337_00411712.jpg

ニューカレドニア本島に棲息するグランテラのマウントコギ産。
がっしりした体格と暗めの色彩が特徴的です。
b0174337_00411773.jpg

純血にこだわりのあるUSCBで、
普通に触れるおとなしさも魅力的な個体です。

ルーズゲッコー(♂)
b0174337_00411738.jpg

シンプルなシルエットのサラシノミカドヤモリ
顔立ちはクレスっぽく体格はマモノに近い印象。
クレスよりは若干速いような気もしますが、
十分ハンドリング可能な個体です。
b0174337_00411757.jpg


クレステッドゲッコー(ピンストライプ・♂)
b0174337_00411882.jpg

案外実物を目にする機会のないフルサイズの飼い込みクレス。
最大全長20センチとは知っているものの、
実際手に乗せてみるとかなりのボリューム感
b0174337_00411899.jpg

クレスの色彩と触り心地は成長と共に完成されていくので、
このサイズこそクレスの真価が最大限発揮されている状態と言えるでしょう。

ヒョウモントカゲモドキ
ハイイエロー(♂)
b0174337_00462558.jpg

お馴染みハイイエロー
しっかり黒斑を残しかつ黄色が鮮やかな個体です。

マックスノー(♂)
b0174337_00462437.jpg

いまやスーパー体の方が有名になっているマックスノー
この個体は成長してもきちんと白さが残っています。

アルビノリューシ(♀)
b0174337_00462501.jpg

リューシスティックから暗さを取り除いたアルビノリューシ
色味が明るく、優しい黄色が綺麗な個体です。

アルビノレッドストライプジャイアント(♂)
b0174337_00462588.jpg

レッドストライプアルビノにすることで
背筋のラインがオレンジ色に輝きます。
ジャイアントのためこう見えてまだ成長途上ですので、
気を抜かずにしっかり食べさせて全長を伸ばしていきましょう

フトアゴヒゲトカゲ(ベビー)
b0174337_00462532.jpg

可愛いサイズのフトアゴベビー
熱めの岩の上で好きなだけバスキングをして、
好きな時に好きなだけ食べるという優雅な生活を送っています。

マリトゲオアガマ(S)
b0174337_00411871.jpg

ディスパーの一亜種マリエンシス
小さい頃やメスは一様な茶色ですが、
オスになると胴体は黄色、頭部と手足はになります。
頭がデカいずんぐり体型なので実寸より大きな印象を受けます。
b0174337_00411831.jpg

小さ過ぎない安心サイズで、入荷後すぐに葉野菜だけでなく、
Mazuriリクガメフードにも食い付く腹ペコぶりを見せてくれました。

サバンナモニター
たまたま別々のところから入荷したサバモ二が2匹。
こちらは腕にどっしり乗る大きめの個体。
b0174337_00481606.jpg

b0174337_00481556.jpg

こちらは手の平にしっくり馴染む小さな個体。
どちらもおっとり落ち着いた性格です。

ノドグロオオトカゲ
b0174337_00394888.jpg

立派にガッチリ育ったアフリカンロックモニター
子供の手と比べると恐竜感がすごいです。
b0174337_00393750.jpg

性格は体格に見合った余裕を感じる穏やかさで、
誰にでもあっさりだっこさせてくれます。
b0174337_01073203.jpg


コーンスネーク(スノーモトレー・♀)
b0174337_00481623.jpg

サブアダルトサイズのスノーモトレー
スノーモトレーを加えることで、
さらにスッキリした印象に。

マクロットパイソン(♂)
b0174337_00481569.jpg

グレーがかった褐色に暗い色の小さな斑紋が散りばめられたマクロット
オリーブ、サブ、ウォーターパイソン等に近縁ですが、
ボリュームはありつつ大きくなり過ぎないちょうどいいサイズ感
入荷して間もなくしっかり餌付いてくれた優秀ベビーです。

エメラルドツリーボア
b0174337_00462434.jpg

エメラルドツリーボア通称エメツリ
よくグリンパイと並べて語られますが、
実物を見ると明らかに顔がデカくずんぐりしており、
口吻の厚みなど結構雰囲気が異なる風貌。
気難しそうな印象に反して思いのほか落ち着いており、
少々のことでは動じないメンタルの持ち主です。

アラブギリシャリクガメ(♂)
b0174337_00481551.jpg

中堅サイズのアラブギリシャ
飼い込みだけあって環境の変化にも臆さず餌皿に突撃してくる気の強さ。
黒目がちで可愛らしい顔立ちの個体です。


ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
b0174337_00503225.jpg

つまめるサイズのヘルマンベビーです。
半分埋まって寝ているところに灯りを付けて霧をふくと、
モソモソ起き出し餌を囲んでリクガメフードを啄み出す、
規則正しい健康優良児たちです。
b0174337_00503254.jpg


アメフクラガエル
b0174337_01071715.jpeg

お待たせしました
いる時はいるのにいない時は年単位で来ないという、
いわゆる時季もの、アメフクラ
今回来たのはふっくらもちもち良い体格のオスメス混合チームです。
b0174337_01094955.jpeg

短い脚は飛び跳ねこそしませんが歩き出したら案外速く、
まさか転がったのかと思うスピードで距離を取られます。
土の上にそっと置くと尻からズイズイ潜っていって、
あっという間に妖怪カオダケに。
b0174337_00462498.jpg

暗い時間にを降らせてから餌を撒くのが上手く食べてもらうコツです。



今年も一年お世話になりました。
来年も宜しくお願いします。
良いお年をお迎えください。

新年最初のブログは新人が担当しますのでお楽しみに!


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
# by herptilelovers | 2018-12-29 01:26 | 新着情報
こんにちは中山です
ホームページ及びTwitterでもお知らせしましたが、
当店ではお客様の生体をお預かりするペットホテルを行っています。
基本的に通年受け付けているのですが、やはり年末年始はご依頼が多くなりますので、
ご検討されている方はお早めにお問い合わせ下さい
また今年の年末年始は12月31日(月)~1月3日(木)が休業となりますので、
その間はチェックイン、チェックアウトはできませんのでご了承下さい。

さてそんな年末モードな店内ですが、
生き物たちは変わらずやって来ます。

ミーアキャット(♀)
b0174337_22531794.jpeg

並んで直立するポーズが有名なミーアキャット
足を投げ出して座る姿はちょっと原猿類にも似ています。
店先に展示を始めたところしきりに外を見ています。
b0174337_22531756.jpeg

個体によって馴れ加減や人見知りの程度などかなりバラつきがあるようですが、
今回入荷したこの個体は誰にでも愛想を振りまく穏やかな優等生
b0174337_22531721.jpeg

むしろ構ってもらえないことに対して拗ねてみたりするくらいで、
近寄ってくる人間は大体みんな群れの仲間だと思っているようです。
b0174337_22531674.jpg

ハンモックでごめん寝。
フードのみできちんと飼育できますし、メスなのでマーキングもありません。
ハーネスでの散歩も習得済み

フトアゴヒゲトカゲ(ハイポイエローレザー・♂)
b0174337_22562272.jpg

赤味を抑えスッキリした黄色を強く発色させた、
ハイクオリティなイエロー血統
b0174337_22562227.jpg

以前にも同じ血統の兄弟が入荷したことがありましたが、
黄色系フトアゴファンに大好評でした。
きちんとベタ慣れで繁殖にも積極的なアグレッシブ系男子です。

アンボンアオジタトカゲ
b0174337_22015814.jpg

手のひらにのりきらないほど大きく育ったギガスギガス
茶色みが薄くモノクロっぽい印象の個体です。
b0174337_22563196.jpg

さまざまなフードをもりもり平らげてくれる優等生なペットリザードです。

トッケイヤモリ
b0174337_22572630.jpg

30センチを軽々越えたガッチリ飼い込みトッケイ
b0174337_22572691.jpg

掃除の際にちょっとつつかれたくらいでは口も開けず、
夜にはご機嫌で鳴いているところも目撃されている貫禄ある一匹です。

ボールパイソン
パイボールド(♀)
b0174337_22580335.jpg

模様が全体にバランス良く配置されたパイド
程度には個体差が大きくまた好みが色々ありますが、
やはりこのくらいの割合は一定の人気があります。

GHI(♀)
b0174337_23143960.jpg

色味の変異に模様の乱れが加わるGHIボール
ダーク系の中でも暗めで、コンボによってさまざまに姿を変えるモルフです。

ミツユビハコガメ
b0174337_23115361.jpg

b0174337_23115446.jpg

b0174337_23115464.jpg

後足が和名の由来になっているミツユビハコガメ
一枚目と二枚目左側の個体はが赤くなるタイプで、
二枚目右側のタイプは初生甲板からバッチリが出ています。
どのタイプでも美しさはお墨付きの兄弟たち。
それぞれがどんな姿に成長するのかお楽しみです。

ガルフコーストハコガメ
b0174337_23103612.jpg

縁甲板が反り上がるのが特徴の最大亜種ガルフコースト
当店はアメハコも数多く取り扱っているのですが、
ミツユビ・トウブに比べガルフは案外入荷が少ないため、
お探しの方はこの一匹を逃さないように

フロリダハコガメ
b0174337_23110454.jpg

b0174337_23110347.jpg

黒地に飛び散る花火のような模様が美しいフロリダ亜種
煌びやかな外見の割に案外丈夫なのが嬉しいポイント。
毎年来ているこの血統は育つにつれて成長線に模様が出てくるタイプなので、
どんどん綺麗になっていく姿をその目に焼き付けて下さい。

キタニシキハコガメ
b0174337_23112640.jpg

去年ハッチしたベビーが野外での冬眠を乗り越えて立派に成長したキタニシキ
レア度に加えベビー期の華奢さを土の中に全て置いてきたような、
カッチリした安心サイズと伸び始めた美しい模様が有難い一匹。
b0174337_23112600.jpg

b0174337_23112627.jpg

撮影中にもかかわらず何をどう間違ったのか手を食べようとし始める貪欲さを見せてくれました。
頭と四肢ががっしりする逞しいシルエットを目指して育成していきましょう。


先月発売された最新のアメハコ本も好評発売中ですので、
まだ手にしてないアメハコファンは是非この機会に入手して休暇中に読んでみて下さい。
通販はこちら


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com




# by herptilelovers | 2018-12-22 00:03 | 新着情報