こんにちは中山です。
暑くて熱くて忙しかった八月もようやく終わり、長かったような短かったような…
夏休みに関しては今年は土日があるので三日から始業式のところが多いのかもしれません。
九月中はまだ暑い日が続くと思われますが、冷え始めるとあっという間に冬が来てしまうので、
ヒーターやサーモスタットなど生体の冬支度は九月の内に済ませてしまいましょう。

さて今回のブログはここ数回に引き続きヘビの入荷が多めとなっています。
この夏に生まれたベビーから飼い込みのアダルトまで、
ちょっとマイナーなヘビまでよりどりみどりです。

サバンナモニター(M)
b0174337_23030573.jpg

片腕にぴったり乗っかる全長60センチくらいのヤングサイズ
b0174337_23030570.jpg

春先にまみえるベビーを見ながらみんなが夢見る、
あのベタ慣れの「サバモニちゃん」がここにあります。
b0174337_23030516.jpg

現在若干お肉が付き気味ですがまだまだ成長期なので、
成長を止めないように上手く絞ってガッチリとナイスバルクなフルアダルトを目指して行きましょう。

ニシアフリカトカゲモドキ(♂)
b0174337_23030523.jpg

手の平いっぱいのどっしり体型ワイルドニシアフ
中央の白線が入らないタイプのノーマル、再生尾です。

スタンディングヒルヤモリ(国内CBベビー)
b0174337_22375058.jpg

今年も来ましたスタンディンギー
かのグランディスに並ぶ大型ヒルヤモリで、
小型種に比べずっしりおっとりしているところが魅力的。
幼少期の赤い斑模様から大人になるにつれて、
メタリックなブルーグリーンのグラデーションへと変化していきます。

ハイナントカゲモドキ(国内CB・♂)
b0174337_22374319.jpg

先週のワイルドペアに引き続き元気いっぱいの飼い込みハイナン
b0174337_22374391.jpg

この二匹がベビーだったころにしばらく面倒を見たことがあるのですが、
二匹とも何事もなく健やかにすくすくと育った結果、
当時白かった帯模様が黄色く鮮やかに発色してくれました。

バワンリントカゲモドキ(Pr)
b0174337_22374393.jpg

その名に中国の地名覇王嶺を冠したバワンリンペア
ゴニの中でもかなりレアな種類です。
こちらもしっかり飼い込まれている嬉しい掘り出し物!
b0174337_22374366.jpg

メスは既に産卵もしている準備万端のペアです。

ローソンアゴヒゲトカゲ
b0174337_22374312.jpg

ミニチュアフトアゴ的なポジションで親しまれているローソン
飼育環境やハンドリングの容易さなどよく似たキャラクターでありながら、
丸っこい顔立ちや淡めの色彩など特有の愛らしさもたっぷり詰まっています。
b0174337_22373151.jpg


コーンスネーク
先週に引き続きまたまた沢山のコーンがやってきました。
今週は淡色系のモルフが多く入荷しています。

ハイポラベンダー(♂)
b0174337_22393723.jpg

ウルトラメルアネリモトレー(♂)
b0174337_22395781.jpg

アマレット(♂)
b0174337_22400270.jpg

オパールモトレー(♂)
b0174337_22394776.jpg

ラヴァ(♀)
b0174337_22394233.jpg

コーラルゴースト(♀)
b0174337_22395372.jpg


クスシへビ(アザンティック・♀)
b0174337_22405023.jpg

アスクレピオスの杖に巻き付く逸話のある薬師蛇。
アザンティックになったことでくりっとした黒目になり、
より愛らしい顔立ちになりました。

イタリアクスシヘビ(♂)
b0174337_22410554.jpg

かつてはクスシの亜種扱いだったイタリアクスシ
シマヘビっぽい柄と赤目、アオダイショウっぽい顔の造形と、
イタリアのヘビながら懐かしさを覚えるような風貌をしています。

ハシゴヘビ(フランス産・♂)
b0174337_22411879.jpg

梯子の横木部分がほんのり残るお年頃のイエロータイプ
幼少期のハシゴ模様がストライプになっていくことを惜しむ気持ちもありますが、
むしろ巨大に育ったその時にこそ尖った顔がいかつく映えるのが楽しみなヘビなのです。

トランスペコスラットスネーク(アルビノ・♀)
b0174337_22413448.jpg

その色彩を見た時にちょっとマンゴーラッシーを連想してしまったアルビノペコス
サバクナメラの和名が良く似合う渋格好いい金属色から一転、
フルーティーな印象すら受ける可愛らしいカラーリングになりました。

ベアードラットスネーク(テキサス・♀)
b0174337_22413906.jpg

成長するにつれて増していく金属光沢が美しいスナゴナメラ
メタリックな銀色と端々のオレンジ色が綺麗なテキサスタイプです。

グロッシースネーク(♂)
b0174337_22413465.jpg

キラキラ輝く粒感が艶やかなグロッシースネーク
色彩はあっさりしたサンドベージュですが、
他に無いつややかな手触りはまさしくエレガンス。

アカマダラ(♀)
b0174337_22420860.jpg

黒い縞と暗赤色のいかつい印象に違わず、
アカマダラらしいポーズの中国産。

こちらは脱皮したてでつやつやの対馬産。
b0174337_22421248.jpg

対馬の個体群はアカマダラの中でもより地の赤色が鮮やかだと言われています。

サキシママダラ(♂)
b0174337_22423159.jpg

アカマダラの日本固有亜種にあたるサキシママダラ
赤味を抑えたカラーリングが特徴的です。

アオダイショウ
こちらは採取地の判明しているワイルドアオダイショウ
種子島産(♂)
b0174337_22455554.jpg

種子島産独特の色合いの片鱗を覗かせ始めたお年頃です。

パターンレス(京都産・♀)
b0174337_22455589.jpg

がっしり育っているので繁殖はもちろん、
落ち着いて大人しいのでペットとしても優秀な個体です。

セントラルパイソン(国内CB)
b0174337_22460380.jpg

b0174337_22460339.jpg

日本国内で今年繁殖に成功したセントラルパイソン
まだまだ餌付いたばかりですが既にほんのりと赤味が感じられ、
大きく鮮やかに育つ日が楽しみです。

ファイアサラマンダー
黒地に黄色い斑点がスタンダードな基亜種マダラファイア
真っ黒で大きな目がよく目立つ顔立ちをしています。
b0174337_22375621.jpg

極端な暑さ(30度後半など)と湿らせすぎに気を付ければそう難しくない陸棲有尾類です。

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
# by herptilelovers | 2018-09-01 01:28 | 新着情報
こんにちは中山です。

今日は処暑。暑さが引きはじめる節気で、
不思議なことに台風の特異日となっています。
名古屋では雨は昼頃にほぼ通り過ぎましたが、
今年も例に漏れずといった空模様でした。

さてそんな夏の終わりの気配がする中、
先週先々週に引き続き沢山の入荷がありましたので、
今週もどっさりご紹介します。

コーンスネーク
アメラニスティック(♂・♀)
b0174337_22164717.jpg

ウルトラメル(♂・♀)
b0174337_22165736.jpg

サンキスト(♂)
b0174337_23091517.jpg

ラヴァ(♂)
b0174337_22175223.jpg

アネリスリスティック(♂)
b0174337_22165670.jpg

スノー(♂・♀)
b0174337_23091553.jpg

ブラッドレッド(♂)
b0174337_22165792.jpg

テッセラ(♀)
b0174337_22165741.jpg

アメラニテッセラ(♂)
b0174337_22175222.jpg

コーラルゴースト(♂)
b0174337_22175284.jpg

ウルトラメルアネリ(ストライプモトレー・♀)
b0174337_22165721.jpg


トランスペコスラットスネーク(Pr)
b0174337_22182326.jpg

グリーンブロンドのオスとブロンドのメスのペア。
ブロンドにヘテロアネリを入れたものがグリーンブロンドになります。
b0174337_22182383.jpg

b0174337_22182295.jpg


デザートキングスネーク(♂)
b0174337_22493761.jpg

黒々と背を覆う模様が輝くデザートキングスネーク
模様の範囲には個体差があります。

カーペットパイソン
ジャガー(♂)
b0174337_22493783.jpg

なかなか無い大型サイズのジャガーカーペット
体中に張り巡らされた模様と、
鼻筋の通った吻の長い顔立ちがピュアコースタルらしい個体です。
b0174337_22493846.jpg


ダーウィンカーペット(♂)
b0174337_22493620.jpg

コモンカーペットのオーストラリア個体群、通称ダーウィン
最近ではパプアンカーペットなどとは区別して呼ばれています。
モノトーンでシックな色合いで、素直によく食べてくれる元気印です。

グリーンパイソン(デザイナーズ)
b0174337_22190917.jpg

b0174337_22190816.jpg

本日のブログのメインディッシュ!!
鮮やかなイエローグリーンが散り始めたお年頃のベビー。
どんなふうに美しくなるのか楽しみで仕方がないデザイナーズ血統です。
b0174337_22190809.jpg

なにより最初からマウスをもりもり食べてくれるところがポイント。
気になる親の写真もありますので店頭にてお見せできます。

ボールパイソン
ノーマル(♂)
b0174337_22195261.jpg

手の平にちょうど乗りきるサイズのノーマルボール。
まだもう少し育てて成長を楽しむ余地もあり、
かつ華奢な印象はとっくに消えている安心のMサイズ。

クリスタル(♀)
b0174337_22195268.jpg

モハベ×スペシャルのブルーアイリューシ
素材となった親個体の形質を受け継ぎ、
黄色がしっかりと出たクリスタルに仕上がりました。

ヒョウモントカゲモドキ
W&Yハイポ(♂)
b0174337_22494592.jpg

ふんわりとしたたまごのような色合いのW&Yハイポメラニスティック

ジャングル(♀)
b0174337_22493766.jpg

バンド模様の頃から乱れた配置のハイイエロージャングル
斑点が大きめなところもチャームポイントです。

ハイナントカゲモドキ(フルアダルト・Pr)
b0174337_22202076.jpg

ツイッターでもご紹介したバッチリ飼い込みのハイナンペア
二匹で問題無く同居しフードまで食べ、
消灯前なのにそっとシェルタの外を歩いていたりと、
ハイナンのマイナスイメージを覆してくれそうなペアです。
b0174337_22202051.jpg


ガーゴイルゲッコー(レッドストライプ)
b0174337_22204581.jpg

美しい赤色血統のガーゴイルベビーズ
成長に連れてオレンジ色がどんどん増えて更に赤色に変わって行きます。
b0174337_22204588.jpg

b0174337_22204513.jpg

指先サイズ2匹と親指サイズが1匹お選び頂けます。

クレステッドゲッコー
b0174337_22493700.jpg

こちらも小さなクレステッドゲッコー
上記のツノミカド共々しっかりとフードに餌付けてありますので、
安心して育てていけます。

キタアオジタトカゲ
b0174337_22212748.jpg

アオジタの中で一番大きく育つ予定のキタアオジタ
フードなどもなんでもよく食べ性格も特に慌てるでもなく穏やかで、
アンボンとかわらないイメージで接していけそうな個体です。
b0174337_22212761.jpg


グリーンイグアナ
セントマーチン産
b0174337_22223980.jpg

黄緑が鮮やかなセントマーチン産
b0174337_22223984.jpg

子どもらしいすばしこさはありますが、
普通に接していけば慣れてくれそうな個体です。

アザンティック
b0174337_22231371.jpg

こちらはヤングサイズのブルーイグアナ
まだまだ来たばかりで人見知りをしていますが、
葉っぱを持った人には徐々にほだされてくれつつあります。

エリスリスティック
b0174337_22215883.jpg

最後にエリスリスティックの大きな個体。
手元で扱うというより抱っこするのが相応しい大きさで、
肩に乗せるように担ぐと割とそのまま大人しくしていてくれる、
おうち恐竜といった佇まいのレッドイグアナです。
b0174337_22215741.jpg


ファンタジーツノガエル(クランウェル×アマゾン)
b0174337_22235285.jpg

クランウェルとアマゾンのファンタジー
肌の質感やマットな色合いなどアマゾンの凛々しさを受け継ぎながら、
性格と餌食いはベルツノ並という嬉しいハイブリッドです。

クランウェルツノガエル
b0174337_22235267.jpg

グミのような質感のアルビノクランウェル
お菓子を思わせるパステルな色合いが魅力です。

イエアメガエル
b0174337_22235634.jpg

b0174337_22235622.jpg

もっちり代表イエアメガエル
ツリーフロッグの中で飛び抜けて丈夫なイエアメが、
さらに飼い込まれてふっくらしての登場です。

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
# by herptilelovers | 2018-08-24 23:30 | 新着情報