人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
先週末は、我らが地元名古屋で開催された、
ナゴヤレプタイルズワールドへ、沢山のご来場有難う御座いました。
当店ブースにてお買い上げ下さいました方々にも、
改めて感謝申し上げますと共に、
何かご相談事など御座いましたら、ご相談頂ければと思います。

突然ですが、先日のイベントより、
ご来店の方に限り、ポイントカードの配布をスタートしました!
税込1,000円以上のお買い上げでスタンプが貯まっていくシステムで、
特典(毎月変わります!)については日を改めて発表しますが、
まだ始まったばかりの企画なので、詳しくは店頭でも説明いたします。
まずは“当店スタッフが手作り”したカードデザインをお楽しみ頂ければ幸いです。

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など) / 雑誌・書籍
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

イベラギリシャリクガメ(イエロータイプ・EUCB)
一見すると何の亜種だか迷ったり、あるいは色彩変異を疑いたくなってしまうほど、
目の覚めるような黄色味に全身が覆われた、“イベラ離れ”した極美血統!
イベラと言えば、どちらかと言えば褐色だったりモノトーンだったり、
決して鮮やかとは言い難い配色にまとめられることが多い中で、
まだ似ていると感じられるアラブとも異なり、もはや南米のキアシガメの如く、
甲羅はおろか、頭部や前肢の鱗にまでベッタリとしたイエローがびっしり!
今回、ヨーロッパのとある国から正規輸出された正真正銘のCBで、
と申しますのも、あちらでは野生個体の輸出許可が下りないこともあり、
何かしらの方法で繁殖されたものしか、なかなか海を渡れない訳ですが、
この2匹は例えばヘルマンのように、大規模に養殖された形ではなく、
恐らく現地の愛好家によるお手製のベビーなのだと推測されます。
このようなカラーリングのイベラは流石に初めてお目にかかりますが、
未だ見ぬ地域個体群であるのか、そして黄色いタイプとして固定されているのか
何はともあれ、この美しい姿との新たな出会いに感謝すると共に、
イベラ、そしてギリシャリクガメの持つ新たな可能性に思いを馳せ、
今後益々の良好な発色に期待を寄せながら大切に育てていきましょう。
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01365725.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01365859.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01365858.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01365826.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01365887.jpg

ホルスフィールドリクガメ(♂)
恐らくワイルドベースなのでしょう、その甲羅は表面がツルンとしながら、
本種にしてはかなり十分な厚みを備えた立派な仕上がりで、
そろそろ繁殖にも参加できそうな、飼い込みヤングアダルトのオス。
まるで御三家のように数えられる、盟友のヘルマンやギリシャについては、
オスの出現率が高いことで知られていますが、こちらロシアこと、
ホルスフィールドの場合には、反対にメスの方がよく見かけられる印象です。
ホルスも先の二種と同様に、オスの方が小柄なまま成熟しますから、
単独で愛でる分にも、省スペースでまとめられるところが強み。
近年では幸か不幸か、現地で養殖された幼体が出回るようになり、
それと引き換えに、十分に仕上がった野生個体を見かける機会は激減しました。
初めから雌雄が判別できる大きめサイズをお探しで、
なおかつ甲羅の出来栄えにも妥協したくないという方にとって、
Mazuriリクガメフードにきちんと餌付いていることも含め、この上ない掘り出し物です!
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_02372468.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_02372566.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_02372574.jpg

グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー・国内CB)
実は数年かけ、店内バックヤードにて幼体時よりコツコツと育て上げた種親を、
初めて繁殖に成功させられた結果、辺りのインシサが尻尾を巻いて逃げ出しそうな、
とんでもない赤の発色を見せる、今世紀最高の極上美麗個体が誕生しました!
結果は分かっていた、と申し上げると格好付け過ぎになってしまいますが、
かつて、未来の種親候補に…と選定したその個体のポテンシャルからして、
当然ながら想定外ではなく、とは言えしみじみと噛み締めていたい心持ちです。
この個体は、とにかく赤がスゴい!
背甲のそれは言うまでもなく、頭部に描かれる赤いラインは明らかに太く
ひとたび裏返せば、四肢の発色まで十分であることがよく分かります。
世間では地味だの何だのと言われがちなインシサですが、
今夜ばかりはその青き瞳も、いつも以上に輝きを放って止みません。
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_02375559.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_02375596.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_02375550.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_02375527.jpg

オバケトカゲモドキ(ケルマンシャー・♂)
そのおどろおどろしさを写真で表現し切れないのが歯痒いのですが、
頭部全体の大きさに始まり、鼻先の長さ後頭部の張り出しの強さ
あるいは四肢の、なおかつ指の長さに至るまでヒョウモンとはまるで異なる、
属内最大種にしか描き出せない魅力がギッシリ詰まった、飼い込みアダルト!
純血としてイーラーム、ケルマンシャー、フーゼスターンの3タイプが知られ、
ご覧の通り体型は細身で、だからこそ足の長さが顕著に感じられる、
如何にも険しい山道を歩いていそうな、逞しい立ち姿がとても魅力的なケルマンシャー。
この個体もその例に漏れず、実は成熟して以来太り過ぎることを気にされ、
適度な細身でキープされている辺りにも好感が持てる、愛情たっぷりのオスです。
メスよりも大型化するオスを選び、1匹をじっくりと堪能するも良し、
同じケルマンシャーでペアが組める方は、まだまだ少ない国産オバケを目指すも良し
まるで野生から連れて来られたかのような、この個体の出来栄えが素晴らしいからこそ、
幾多の場面で活躍が期待できる、まさにお手本のような渾身の1匹です。
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01375844.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01375927.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01375902.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01375963.jpg

トッケイヤモリ(タイ産・♂)
タイランドのオス、と言うことはつまり、“一番デカくなるトッケイ”で決まり!
現地に広大な分布域を持つ本種には、やはり特徴に地域差が存在していて、
通称タイランドトッケイと呼ばれる、タイ産の個体群は、
同種内において最も長く太く大きく成長することで知られています。
赤いスポットの眩さが目を惹くこの個体は、現在全長33センチ!
注目すべきはその成熟度で、オスにしてはまだまだ頭部が未発達で小さく
それでいてこのボリュームですから、憧れの40センチクラスを目指すことが、
決して夢物語でもなさそうな、成長の余力を存分に感じさせる佇まいはお見事
実際、完璧に仕上がったオスの横顔はさながらワニのような迫力を帯び、
それを思えば30センチオーバーにしてこの可愛らしさ、という点に末恐ろしさを覚えます。
一生もののヤモリとして重要な要素となる、欠損や再生尾のない1匹をセレクトしました。
写真ではハンドリングもできているこの個体を、ぶりんぶりんに仕上げていきましょう!
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01394877.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01394864.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01394912.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01394940.jpg

ヒラオオビトカゲ(♂)
ファイア?ファイアー?ファイヤー?
それぞれ某コーヒー、某シミュレーションRPG、某モンスターの表記の仕方ですが、
何となく、我々の業界では一番初めの“ファイア”が優勢と見え、
英名の表記は一旦「ファイアスロートゾノサウルス」とさせて頂きます。
と、ついついしょうもない入り方をしてしまいましたが、
やはりゾノ、の部分を言いたいがために(某サッカー選手とは無関係)、
馴染みの薄い和名よりも、ファイアスロートの名が採用されることが多いようです。
パッと見スキンクっぽい外見ですが、正しくはスキンク科のお隣プレートトカゲ科で、
かの有名なオニプレのこれまたお隣で活動しているのが、ゾノサウルス。
分類的な位置関係を把握することで、次第にその正体が見えてくると思います。
オスの喉が赤く染まることがフィーチャーされることが多く、
今回やって来たのも幸いにしてオスですから、説明がし易くて助かりました。
最大サイズは50センチほどとそれこそオニプレ並みで、色彩は派手であり、
飛んだり跳ねたり、走ったり登ったり、時には潜ったりと賑やかな動きを見せ、
(マイナーなのは承知の上で)実にトカゲらしい、楽しいトカゲです。
近年では、王道ではないものに厳しい風潮があるように感じられますが、
自分が欲しいと思ったものを飼う、という原点に立ち返り、
勇気を出し、その直感を信じて、飼いたいトカゲを選びましょう。
いくら調べても殆ど何も出てこないと思いますが、きっと大丈夫!
(店頭ではもちろん、詳しい飼育方法をきちんとお話しします)
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01402452.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01402499.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01402491.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01402473.jpg

アミメミズベトカゲ(国内CHベビー)
個人的に(世間的にはそうでもないが)史上最高のスキンクだと思っている
マダガスカルの至宝、通称ダイビングウォータースキンクより、
昨年末に国内で誕生した、非常に珍しいピカピカのベビーサイズ!
その昔、本種の存在を知ったその瞬間から一目惚れしてしまい、
と言うのも、ひょっとして私がミズガメ出身だからなのかもしれませんが、
ダイビングとか、ウォーターとか、その辺りから脳がやられてしまっていて、
そんな“水タイプ”のトカゲがいるのなら、欲しい!と思ったのがきっかけです。
実物に触れてみると、何処か日本のサンショウウオにも近しい趣があって、
夜行性で水辺を好む、という共通項がそうした姿かたちを創り出すのでしょうか。
属内にはひょろっ、ちまっとした小型種も知られていますが、
本種はなんと最大40センチにもなる大型種で、頭も大きくて格好良い!
人工飼料にも餌付き易く、奇妙な姿に反して飼育は容易だと思います。
体にダメージのない状態で、ツヤテカのビッグサイズに仕上げられれば、
そんじょそこらには転がっていない物珍しさも相まって、末永く楽しめること請け合いです。
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01405421.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01405419.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01405488.jpg

ラフスケールサンスキンク
今夜は、妙ちきりんで変てこなトカゲが続々と登場しますが、
種明かしをすると、最近店内のトカゲ不足が続いていたため、
ここでガッツリ強化メンバーを、と意気込んではみたのですが、
ついひねくれ己のセンスだけを信じ、見た目のみで選んでしまった結果、
当初のプランとはかけ離れた、予想だにしない尖ったラインナップとなりました。
本日のラストは、まともな和名が明確に設定されていないために、
ごく一部のファンが嘆いているらしい、東南アジアの小型樹上棲スキンク。
無理矢理にでも和名を付ければ、“ニコバルマブヤ”でいけそうなのですが、
実際にはインドの他にインドネシアなどにも分布しているため、少々難しいところ。
写真では分かり難いのですが、体表の大きな鱗は光の加減で虹色に輝き
例えるなら、地色の雰囲気も相まってバクチヤモリのそれに近いと思います。
この光り輝く様が、まさに英名サンスキンクの由来なのでしょうか。
個人的には、その小鳥のような可愛らしい顔立ちに惹かれ、入荷を決めました。
ざっくりと、マブヤと呼ばれる仲間たちの強みは、何と言ってもその強健さ
小柄で立体活動も好むため、レイアウトケージにおいては特に躍動し、
飼育も容易とあって、珍種好きにとってはことごとく有難い仕様です。
ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01405661.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01405706.jpg

ありがとう、ナゴレプ!_b0174337_01405775.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2024-03-29 01:50 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
来たる3/23(土)、24(日)に開催される、
ナゴヤレプタイルズワールドに、当店も出店します!

3/22(金)、23(土)、24(日)は、
イベント出店のため、営業時間の13時から20時を、
通常とは少々異なる、“ドライブスルー営業”とさせて頂きます。
店先から、あるいは事前に、お電話にてご注文内容をお伺いし、
ご来店時に、入り口ドアの前にて商品と代金の受け渡しを行います。
店内に入ることはできませんので、ご了承下さい)
当日は、餌などの販売を中心に行う予定ですが、
ご要望がありましたら、可能な範囲で対応しますのでお申し付け下さい。

なお、来週の3/21(木)、22(金)は、
イベント直前につき、当ブログの更新をお休みします。
会場では、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

また、先日ウェブサイトの本のページに、
雑誌および書籍の取り扱いをまとめたリストを作成し、新たに掲載しました!
ご存知ビバリウムガイドやクリーパーなどの雑誌から、
誠文堂新光社などから出版されている爬虫類関連の単行本まで、
店内に在庫しているタイトルのほぼ全てを網羅しています。
(後日、更に見やすく強化される予定!
以下のリンクより、是非ともご覧頂けましたら幸いです。

雑誌・書籍ストックリスト

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など) / 雑誌・書籍
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

フトアマガエル(M)
始めに、撮影できた写真が1枚のみで、寂しくなってしまい申し訳ありません…
一部ではごくごく有名な話ですが、数あるツリーフロッグの中でも、
本種は状況に応じて特に体色が変化しやすく
今回も撮影中に段々暗い色になっていき…無理に撮るのは止めました。
ただし一見黒ずんでいるように見えるからと言って、
必ずしもバッドコンディション、という訳ではないようで、
暗闇の中を歩き回り、果敢にも捕食する瞬間においては、色が暗いことも多く、
この個体も入荷して間もなく、餌食いと排泄を元気に確認済み!
とは言え、フトアマのイメージと大きく異なる“ダークモード”を、
わざわざ掲げる気にもなれず、その勇姿は是非とも店頭にてご覧下されば嬉しいです。
ちなみに今回は、輸入されて暫く国内でストックされていた集団の中から、
背部の白いスポットが大きく数多く描かれたものをセレクト!
健康であることは言うまでもなく、サイズや色柄にも拘って選びましたので、
初めての方にも、経験者の方にも、進んでご紹介できる絶品です。
最後に、お約束通り瞳の中に宇宙が広がっていて、ミステリアスで素敵!
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01530875.jpg

ワモンチズガメ(国内CB・S)
昨年、久々に舞い込んできた1匹の貴重なワモンがいましたが、
あの時は、実に数年振りの感動的な再会であったにもかかわらず、
なんと今回、新たにもう1匹の再入荷が実現!まさにミラクル!
クロコブ、キマダラ、ワモンでひとつのグループを形成しますが、
中でもはっきりとした美貌で見る者を虜にするキマダラの横で、
静かにひっそりと、大人びた美しさで魅せるこちらワモンは、
クロコブを圧倒的に凌ぐ、背甲の明瞭なリング模様が最大の特長です。
更に、甲羅外縁部がギザギザになったり、トップに鋭いキールがトゲトゲしていたりと、
落ち着いたフリをしながら、意外にも攻撃的なデザインを持つ、
その真なる稀少性も相まって、知る人ぞ知るチズガメ界屈指の美麗種なのです。
この個体は全体的に渋いグリーンが強く、ややダークな色合いで、
お陰でイエローリングとのコントラストがくっきりと感じられ、
加えて、心なしか甲羅全体にもいつも以上に厚みがあり、
ちょっとしたセタカガメのような、ボリュームある体格も魅力的!
いくら褒めちぎっても足りないほど、最高にクールな憧れの存在です。
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01051372.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01051329.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01051338.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01051217.jpg

トウブニシキガメ(ハイカラー・USCB)
個人的に一番好きなニシキガメの基亜種より、極めてエクセレントな2匹!
1匹目はいきなりですが、かなり見慣れぬ雰囲気を醸す超絶美個体候補!
あいにく、現状で背甲の脱皮が不完全なのが惜しいのですが、
とにかく体中の赤味という赤味が爆発していて、腹甲側の縁甲板にはもちろん、
お腹全体に滲み、四肢に滲み、首筋から頭部にまでも滲み、
背甲側の縁甲板にも強い模様を描くと共に、
よく見ると、頭部や背部が淡いオリーブグリーンに変色するという、
誠に不思議な現象が起きていて、どのように成長するのか楽しみで仕方ありません!
そして2匹目は、ど真ん中に直球ストレートをぶち込む!をテーマに、
最もニシキガメらしいトウブの、いかにもトウブらしい配色を目指して、
地色は全体に黒々と、ちぎれた耳模様の各斑紋は大きく、
首筋や四肢、甲羅の縁など赤が発色する部分には強めの赤を乗せ
トウブニシキガメの持つポテンシャルが最大限まで引き出されたよう!
両者とも、よく見かけるペラペラベビーサイズではない、ふっくら安心サイズで、
元は安価でマイナーな存在だからこそ、再注目して頂きたい隠れた銘種です。
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01052711.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01052782.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01052740.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01052784.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01052793.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01052846.jpg

モンキヨコクビガメ(ベビー)
古くから長きに渡り、安価に数多く出回りその名を知らしめてきたことから、
ミズガメ好きの間では、それなりに認知されている種類であるにもかかわらず、
設定では大型種ということになっていても、本当に大型化したこのカメを、
長く飼育している人物にはなかなか出会えないという、実に不思議な代物。
結論を申しますと、私はモンキの正体をできる限り多くの方に知って頂きたく、
まずは20センチ台への到達を目指し、コツコツ育ててほしいと思っています。
もちろん、30センチをパスしたところで道半ばなのかもしれませんが、
その30センチクラスを目前にするだけでも一苦労なのですから、さぁ大変。
決して飼育難関種でもなく、この個体も至って元気そうに過ごしていますので、
まずはがむしゃらに、1センチずつ伸ばすことから始めましょう!
実は格好良いカメですし、良くも悪くも思うところがかなりあるのですが、
公の場での言及は避けたいものの、対面にてお話ししたい内容は多々あります。
ひとまず色味が明るく、頭部の黄色が強い1匹を選んでみましたので、
後のことは、この個体の飼い主さんになる方へ託してみたいと思います。
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01054442.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01054450.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01054455.jpg

アラブギリシャリクガメ(S)
かつてはリクガメの中でもビギナー向けとされたいくつかの種類の中で、
最も普及していたのではないかと思われるアラブギリシャも、
ヘルマンの圧倒的な台頭や、ロシアことホルスフィールドについても、
やはり現地での養殖ものが出回るようになったことで、
以前からのライバルに差を付けられ、その座から退いています。
しかしながら“ギリシャという名のブランド”は根強く、
また、先の二種にはない豊富なカラーバリエーションという武器もあって、
アラブギリシャ求むの声が止むことはありません。
今回は赤味と黄色味がそれぞれ強烈に感じられるものを、1匹ずつセレクト!
1匹目は頭部から首筋、四肢の付け根にまでピンクオレンジが滲み出た
かなりド派手な印象を受ける、フラミンゴカラーな美麗個体
2匹目は全体に黄色こげ茶色のバイカラーで、
模様もしっかりと描かれている、良い意味でスタンダードな外観が強み。
加えて、どちらも数か月前に日本にやって来たプチ飼い込み個体につき、
ギリシャでは特に気にすべき、初期状態に対する緊張感もかなり薄れ、
改めてビギナー向けと表記しても差し支えない、良好な健康状態に仕上がっています!
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01533924.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01533926.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01533927.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01533969.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01533935.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(トランスルーセント・S)
何ら戦略的な意図はありませんが、結果としてとても久しぶりの入荷となった、
ご存知フトアゴの少し育ったベビー(一番人気のサイズ!)より、
これまた当店では久々の、トランスこと黒目が可愛いトランスルーセント!
トランスとは半透明であることを意味し、実際に体表が透けたような質感となり
全体の雰囲気に大きな影響を与える、昔からのモルフなのですが、
今回はあえて、全体にダークな色調で魅せる2匹をセレクトしました!
美しいとか鮮やかといった感覚は捨ててしまい、全体に重たさがあって、
硬派な格好良さと、黒い瞳の可愛らしさとのギャップをお楽しみ下さい。
巷で囁かれるベビーの怖い時期は優に脱しましたので、
あとは飼育環境さえ整えれば、初めての方でも安心して育てられると思います。
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01542380.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01542417.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01542323.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01542483.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01542411.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(国内CB)
レーダー “ソリッドアイ”(♂)
全てのレオパの中で、最も“赤目の純度”が高くなるとされている、
ベルアルビノとエクリプスを掛け合わせた、その名もレーダー!
エクリプスの表現にはバラつきがあって、必ずしも完全な赤目になるとは限らず、
フルアイ、オールアイ、ソリッドアイなどと呼ばれる、
目全体が完全な一色になるこの状態になってこそ、
レーダー最大の魅力がようやく解き放たれると言っても良いでしょう。
トレンパーやレインウォーターと呼ばれる、他のアルビノに比べ、
ベルを用いたレーダーは、模様が最もくっきりと残りやすいというのも、
あまり大きな声で語られることはありませんが、大切な特徴のひとつです。
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01553549.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01553552.jpg

マックスノー(♂)
ホワイト、イエローパープルの3色が、
鮮やかなコントラストの中に共存する、なかなか見応えのあるマックスノーのオス。
鼻先から尾の先にかけて、黒斑が数多くはっきりと描かれ、
全体にメリハリを出しているところも、美しさを決定付ける重要なポイントです。
また、この個体は幾分鼻先が長く、かなり格好良い顔付きの持ち主!
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01552658.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01552617.jpg

マーフィーパターンレス(♂)
本日のラストは、かつてリューシスティックの名でも知られたパターンレスより、
兄弟みんなオスが確定した状態で、国産レオパならではだと思いますが、
微妙に色合いの異なる3匹がズラリと並びました。
少なくとも私の目にはそう映っていますが、一番上が最も黄色味が強く
2匹目がまさしく中間、そして3匹目が最も黄色い部分の少ないカラーリングで、
もちろん良し悪しの問題ではなく、お好みでお選び頂ければと思います。
強いて言うなら、遺伝的な問題で時に先天的な奇形を伴うこともあれど、
この3匹は尾の先までピンと綺麗に伸び、そういった異常は見受けられず、
肉付きを含む体型のバランスも良く、実に上手に育てられているところも魅力的!
来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01561070.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01561085.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01574293.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01574235.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01561578.jpg

来週は、いよいよナゴレプ!_b0174337_01561518.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2024-03-15 02:04