人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
全国各地で次々と梅雨明けのニュースが出ているようですが、
我らが東海地方は未だ明けていないようで…
しかし、週間天気予報を見ると今にも明けそうな雰囲気があり、
いよいよ多くの爬虫類にとって過ごしやすい本格的な夏が訪れそうです。

さて、東京オリンピックも一週間後に迫る今週末は、
カメにトカゲに、魅力的な生体がピンポイントで到着しています!
ちなみに、オリンピック開催に伴う営業予定の変更はありませんのでご安心下さい。

タイリクミナミイシガメ(パイド・♀)
これはお見事!
一口にパイドと言っても様々な表現型が存在しますが、
この個体はリューシスティック一歩手前の鮮やかな白さと、
ほんのり模様が残ることからミナミイシガメとしてのアイデンティティを失わない、
絶妙な仕上がりで見るものを魅了する、素晴らしいクオリティだと思います。
また、色彩変異による衝撃に圧倒され見過ごされてしまいそうですが、
単純に本種のフルサイズとしての見応えも十二分にあって、
特に凹凸なくふっくらと綺麗に盛り上がった甲羅のボリュームは圧巻です。
おおむね欠損などもない美しい状態が保たれた、まさにオンリーワンの絶品です。
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22041747.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22041778.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22041815.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22041742.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22041755.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22041821.jpg

タイリクミナミイシガメ(ベビー)
※複数匹います!
個人的に、このボディカラーに一瞬で心を奪われてしまったため、
何も説明せずに全てをかくまってしまいたい気分にもなりましたが、
とにかく慢性的なバタグール不足が続く昨今の業界においては、
意外にも貴重な存在となりつつある、懐かしのミナミイシガメ。
ベトナム産とは少々異なる黒々とした体色に、国産でも中国産でもなく、
何処となく台湾産の個体群を連想させる特徴を見出してはみたのですが、
それにしても、この黒さは容易にスルーできない衝撃のカラーリングです。
実は複数輸入された中でも、腹甲の黒斑の面積がとびきり広いものをセレクトしました!
(アンナンガメなき今、もはやミナミイシに頼るしかありません)
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22042308.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22042318.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22042323.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22340691.jpg

カロリナダイヤモンドガメ(♀)
誰かに怒られそうなのを承知で申し上げますが、コンセントリック風ハイクオリティ!
顔の白さはともかく、グリーンオレンジに彩られた甲羅や、
太いラインを中心に展開される模様のグリグリ感など、
単なるカロリナとしてスルーする訳にはいかない、特別なオーラが放たれた特選個体です。
正直、甲羅の脱皮がいまいちなために真価を発揮できていないところもあり、
前向きに捉えれば、フルサイズに到達する頃には更なる飛躍が期待できるということです!
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22062922.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22063095.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22063020.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22063007.jpg

ミシシッピニオイガメ(ベビー)
※複数匹います!
めちゃめちゃちっちゃい激カワ極小ベビーサイズ!
ある意味大当たり、ある意味罰ゲーム…
可愛いといえばそうなりますし、心配といってもそうなりますので、
この大きさから育てたい方にはこちらを、
上手に育てられるか不安な方には、別で在庫している店内で育った安心サイズを、
それぞれのニーズに合わせて適宜ご案内したいと思います。
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22070289.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22070287.jpg

ヒラリーカエルガメ(M)
甲羅全体のシルエットを見るに、大変上手に育てられた、
ふっくらツルンと綺麗に仕上がった甲羅に将来性の高さを感じさせるミドルサイズ。
最近ベビーサイズで輸入されたものとは少々タイプの異なる、
主に頭部が深い緑色を帯びる、ダークなカラーリングのヒラリーです。
幼体に拘らない方にとっては、きちんと土台の出来上がったこのような個体がお勧め
背中の甲羅さえ脱皮してしまえば、かなり良好な完成度が期待できると思います。
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22074222.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22074325.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22074328.jpg

ズアカヒラタヘビクビガメ(フルアダルト・Pr)
何となくチラホラ見かけられるような気がする、ただのプラテミスかと思いきや、
オスは背甲中央部のグルーブが異様に凹んだ、めちゃめちゃ格好良い仕様で、
メスはワイルドらしい滑らかなシルエットと、ワイルドらしからぬ恐ろしい光沢が映える
どちらの個体にも容易くお目にかかることはできない、クオリティの高さが窺えます。
特にオスについては、個人的にここまで凹んでいるプラテミスは初めて見ました
(頭部が白いのは輸送中のスレで、自然に治りますのでお気になさらず)
少しでも気になっていた方にとっては、絶対に損はない手に入れておくべきペアです。
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22085590.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22085459.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22085564.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22085568.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22085522.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(国内CB・♂)
お客様のところでめでたく誕生したベビーが、そのまま順調に育ったオスなのですが、
甲羅の色合いや照りについてはかなりのハイクオリティに見えるものの、
全体を見渡していると少々違和感が…
なんと、リアビューがまるでセオレガメのように折れているではありませんか。
私は冗談で、“セオレマンリクガメ”と心の中でそう呼んでいます。
あまりいじるとかわいそうなのでこれぐらいにしておきますが、珍品をお求めの方へ。
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22101476.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22101447.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22101415.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
ハイイエロー(ベビー)
何気に久しぶりな、基本中の基本となるハイイエローのベビー。
輸入屋さんが気を利かせてくれて、サークルバックになった子を選んでくれました。
黄色味も比較的濃厚で、将来の育った姿が楽しみです。
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22115246.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22115206.jpg

スーパーマックスノー(ベビー)
こちらも色々とあって久々!みんな大好きスーパーマックスノー!
ご覧の通り、黒斑と地肌のメリハリがかなりはっきりとした子で、
成長すると白と黒のコントラストがバッチリ目立つ、美個体に仕上がります!
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22115263.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22115279.jpg

ハルマヘラアオジタトカゲ(ベビー)
別名アンボンアオジタトカゲとも。
アオジタの基本となるこのタイプではお約束の、めちゃめちゃ可愛い待望のベビーサイズ!
ベビーのアオジタといえばハルマヘラですが、
毎回この大きさで手に入るとは限らず、
少し気を抜くとある程度育ったサイズでしか見かけられないため、
どうしてもベビーでなければダメ、という方には絶対に見逃してほしくない案件です!
間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22125993.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22125991.jpg

間もなく梅雨明けか?!_b0174337_22125933.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
# by herptilelovers | 2021-07-16 23:11 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
全く以って使い古されたネタではありますが、
近頃の雨の降り方といったら酷いことこの上なく、
天から意地悪ともいえる暴れっぷりに、辟易させられるばかり。
そんな中、雨雲レーダーを巧みに活用されているのか、
タイミングを見計らって上手にご来店下さる皆さま方に、
改めて心より感謝申し上げる次第です。

さて、こんなジトジトした多湿な日々を過ごさねばならぬ私たちにとって、
新型コロナ云々以前に、いわゆる“おうち時間”を充実させたいと、
外出せずとも楽しめるよう爬虫類をペットとして飼育したい!
そんなご意見が、夏が近付くと共に増えてきたように感じています。

決して、突発的な思い付きなどではなく、
これを機会に自分で自分の背中を押してみようという方は、
早速、今週末の当店へ是非ともお越し下さい!

ヒメハリテンレック(国内CB・Pr?)
当店ではすごく久しぶりな、待望のヒメハリが嬉し過ぎる国産ベビーにて!
誕生日は6月3日、生後1か月を少し過ぎた元気な子どもたちです。
今年の入荷分は僅か2匹…しかしメイビーペアというミラクル!
このまま旅立つことがなければ、2匹とも店内のペット兼種親候補にしたい、
そんな余計なことを考えてしまうぐらい、店内スタッフたちも大盛り上がりの珍獣です。
基本的な飼育方法は、見た目のよく似たハリネズミとさほど変わらず、
それでいて顔立ちや手足の形状、それに細かな動きの違いなど、
ハリネズミとは異なる味わいがたっぷり詰まった、これぞエキゾチックアニマル!
詳細な飼育方法などは、店頭にてたっぷりお伝えしたいと思います。
ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01150178.jpg

ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01150198.jpg

ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01150138.jpg

マルギナータリクガメ(サルディーニャ島産・♂)
サルデーニャ、サルディニア、色々な表記の仕方がありますが、
離島を原産とする地域個体群として輸入された、マルギナータのとあるタイプ!
(かつて、marginata sardaという学名が付けられかけていたのもちょっとした小ネタです)
この個体は全体的にかなり黄色味が強い上に、
椎甲板の十分な大きさをはじめ、成長線の伸び方がかなり綺麗で、
このまま育てていけば自慢のリアフェンダーもグッと長く発達し、
大変に見応えのある個体に仕上がること間違いなし!
ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01173252.jpg

ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01173207.jpg

キタアオジタトカゲ(国内CBベビー)
先日、当店のインスタグラムにも掲載しましたが、
店内に在庫している、同じくキタアオジタトカゲのアダルトサイズより、
突然ベビーが誕生したのですから流石に驚きました!
すぐさまバックヤードに収容され、ぬくぬくと育てられています。
既に販売できる段階になっていますので、可愛らしいうちにお早めに!
ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01333427.jpg

ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01333453.jpg

ヒスイトビガエル(マレーシア産・♀)
これは珍しい!ワイルドの輸入されたてではなく、長期飼い込みのメス!
元祖グミガエルの異名を取るのも納得のスケスケ感…
それにしても、アマガエルモドキに見慣れていると改めてそのサイズに驚かされます。
後肢の水掻きが真っ赤に染まっているところなどもまたお洒落ですね。
ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01333426.jpg

ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01333469.jpg

グレーターサイレン(M)
ここからは私の趣味…ではなく、ペットとして暫く飼い込まれていた優良物件!
パツンと張った大きな頭にも注目したい、状態抜群のグレーターです。
肌荒れや、高頻度の脱皮を繰り返す時期はとうに過ぎ去り、
今や水道水と人工飼料のみで楽々育てられる、最強のコンディションに仕上がっています!
ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01461585.jpg

ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01461447.jpg

ミツユビアンフューマ(M)
こちらのアンフューマも上のサイレンと同じく、素晴らしい優良物件!
写真からでも見て取れる、ぷりぷりでもちもちな肌質を目の当たりにすれば、
この個体が如何に恵まれたコンディションであるかが分かると共に、
改めてアンフューマなどニョロ系の魅力に気付かされることでしょう。
サイレンとアンフューマを横に並べて、見比べられるチャンスも滅多にありません!
ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01461519.jpg

ゲリラ豪雨ニモマケズ_b0174337_01461515.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
# by herptilelovers | 2021-07-10 01:26 | 新着情報