人気ブログランキング |

<   2020年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは、店長の馬場です。
新型コロナの感染拡大が再び世間を騒がせている今日この頃ですが、
当店では引き続き、対策として諸々の作業に努めています。
マスク着用や店内の定期的な換気、ドアノブなどのこまめな消毒など、
ご来店のお客様にもいくらかご協力頂くことも御座いますが、
できる限り平常通りの営業を続けて参りますので、
どうかご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

さて、今週は当店生まれのファンシーラットが準備万端!
他にも各ジャンルより、見所のある爬虫類たちが届いています。
気になる方は、店内在庫リストへ掲載される前にお問い合わせ下さい!

ファンシーラット(カラーアソート / ♂・♀)
※複数匹います!
先月生まれ、先日離乳したばかりの一番かわいいベストサイズ!
今回も大人気のブルーを筆頭に、
写真には載せきれないほど多彩なカラーバリエーションが誕生しています。
レッキスの品質や、ダンボの可愛らしさなど、見逃せない要素満載です!
どの子も一点ものに付き、早い者勝ち…詳しくは店頭にて。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01014633.jpg

ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01014616.jpg

ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01014620.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(タンジェリン・♀)
一見ベーシックな見た目ながら、
ハイイエローと呼ぶには忍びない、きちんと赤味を帯びた良カラー!
両目が大きく、端正な顔立ちも魅力的な一匹です。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01061258.jpg

ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01061372.jpg

ボールパイソン
ブルーアイリューシスティック(国内CB・♀)
お客様による繁殖個体、しかし何だか変わった色合い…
両親はモハベ×スペシャル、スペシャルにしては模様が消えており、
スーパーモハベにしては妙な黄色味が感じられる、謎の一本。
スーパー体はこの個体しか生まれなかったそうで、
この可愛らしさに惚れた、という方へ捧げたいまさに一点もの!
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01041400.jpg

スペシャル(国内CB・♂)
※脱皮前です…
上のBELとは兄弟関係に当たる、今年生まれのベビー。
手の平ではキュッとなってしまいましたが、
きちんと自力で餌を食べている、嬉しい国内ブリードです。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01041399.jpg

ブレイド(hetクラウン / 国内CB・♀)
あまり流通しない共優性のパターンモルフ
ブレイドクラウンは傑作コンボのひとつだそうで、
有難いことにメスですから、観賞用にも種親用にも仕上げてみたい一本です。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01041304.jpg

サルファピンストライプ(♂)
ピンストライプのコンボでは比較的珍しい組み合わせ。
サルファのお陰で、目付きがキツくなりがちなピンストが、
こんなに可愛い黒目仕立てになりました。
ブラウンアウトもなく綺麗に仕上がりそうな一本です。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01041362.jpg

ノーマル(hetVPIアザン / 国内CB・♀)
そこそこ育ったノーマルのメス、というだけでも有難いですが、
こちらは大人気のアザンティックをヘテロにもつ個体。
ここから仕上げれば2021CBが狙えるサイズか?!
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01041358.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
「おかえりなさい!」と、大声で出迎えたくなる待望のヘルマンベビー!
新型コロナの影響でおよそ半年近くも輸入が途絶えていた、今や説明不要の定番種
嬉しい再会に、張り切って綺麗な個体を選抜したハイイエローセレクト
早くもMazuriリクガメフードオンリーで育てられるスペックのベビーたちです。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01071916.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(♀)
甲高で、ヒガシにしては黒味の強さが格好良い、飼い込み個体。
現在オスの在庫が非常に多いため、暫くはペア販売とさせて下さい…
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01071922.jpg

トウブニシキガメ(ベビー)
個人的には一番格好良いと思っている、最高のニシキガメ!
背甲シームの明色部や、外縁部の赤味についての発色はもちろんのこと、
計4つに分かれる側頭部の模様についても拘ってセレクトしたベビーです。
決して高価な種類ではありませんが、
実は優秀な能力を隠し持つ陰の実力者…詳しくは店頭にて。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01062346.jpg

ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01062375.jpg

フロリダアカハラガメ(ハイカラー・ベビー)
何だかトロピカルな美しさのフロリダレッドベリー。
百聞は一見に如かず!是非店頭にてご覧下さい。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01062331.jpg

モンキヨコクビガメ(ベビー)
調子に乗って、再々入荷!
またもや頭部のイエローが眩く発色した一匹を手に入れてしまいました。
甲羅全体もしっかりと盛り上がり、この先も綺麗に成長してくれそうです。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01062432.jpg

ヨーロッパミドリヒキガエル(♂)
まさかの飼い込み個体…なかなか見かけられない掘り出し物です!
エジプトではなく、ヨーロッパ産として輸入された個体群より。
現物よりも大きく写ってしまったかもしれませんが、
それだけ外観に迫力が漲っているということでしょうか。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01082719.jpg

ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01082727.jpg

ミヤコヒキガエル(♂)
こちらも同じく…この手の飼い込み個体は本当に有難い!
他意はありませんが、もはや日本のカエルではない黄金色のボディと、
小振りながらも全身から発せられる躍動感に酔い痴れて下さい。
ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01082893.jpg

ファンシーラット誕生祭!_b0174337_01082809.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-07-25 01:42 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
全国で開催されている爬虫類関連の各イベントについては、
世情を考慮した上で当面の間、出展を見合わせることと致しました。
当店の参加を楽しみにして頂いている方々には誠に申し訳ありませんが、
諸事情を踏まえた上での決断ですので、どうかご理解賜れましたら幸いです。
店舗はできる限り通常通りで、今後も営業を続けて参りますので、
各地方にて、また元気にお会いできる日が来ることを楽しみにしています。

先日、ホームページに店内在庫リストを作成、掲載しました。
今後はこのブログと合わせて、ご来店前の参考にして頂ければと思います。
それでは今週は写真多めで、元気にお送りします!

デグー(アグーチ&ブルーパイド / ♂・♀)
※複数匹います!
久しぶりの小動物!お客様ブリードの可愛いベビーがわらわら!
両親はアグーチと、珍しいサンドとの掛け合わせだそうです。
子供たちにはアグーチとブルーパイドが出ています。生後一か月の伸び盛り!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23091562.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23091636.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23091652.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23091596.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23091557.jpg

キレーネギリシャリクガメ(Pr / S)
昨年、大好評であったキレナイカが今年も嬉しい再入荷!
名前の通り、ではありませんが、本当に“綺麗な”ギリシャです。
キレーネらしく、甲羅の黒斑がくっきりはっきり目立つものをセレクト!
小さいながらも性別が分かるものをペアに、
そしてベビーが少し育ったような安心サイズを取り揃えてみました。
それぞれひとつずつしかいませんので、お早めに!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_11580856.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_11580815.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_11580762.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(♂)
※複数匹います!
ヘルマンの男子校より、むさくるしいふっくら育ったサブアダルトが勢揃い!
最近では意外とメスの出現率も上がり、
婿探しをしようと考えていた方もいらっしゃるのでは。
全部で5匹、個別写真は小さい順に並べてみました…選び放題!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23091639.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23134628.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23102095.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23102021.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23102174.jpg

ニシヘルマンリクガメ(♂)
ここで急ブレーキ、ヒガシと一緒にニシヘルマンも来ています!
やはりニシらしく黒多め、写真はありませんがお腹はほぼ全て真っ黒です。
そもそも絶対数が少ないため、飼い込みの放出も稀です。
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23102089.jpg

モンキヨコクビガメ(ベビー)
先週入荷したモンキベビー、実は陰に数匹在庫していたのですが、
想像以上にご好評であったため即完売1匹だけおかわりしてみました。
今回も頭部の黄色い模様が濃厚な、美麗チョイスにて!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_11580811.jpg

そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_11580843.jpg

コーンスネーク(国内CB)
以下は全て、お客様による繁殖個体です。
ご丁寧にヘテロ付き、そして生まれもしっかりと分かるクリーンな国産コーンです。

アメラニスティック(hetストライプモトレーシンダー / ♂・♀)
※複数匹います!
2020CB、モルフは単にアメラニですが、白強め!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23171446.jpg

アメラニテッセラ(hetストライプモトレーシンダー / ♂・♀)
※複数匹います!
2020CB、テッセラ入りで、こちらもやはり白強め!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23171510.jpg

アメラニモトレー(hetシンダー・♀)
2020CB、ここからは全て単品、真っ赤になりそうな美個体。
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23171465.jpg

アメラニストライプモトレー(hetシンダー・♀)
2020CB、こちらは上の個体よりストライプが目立つタイプ
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23171449.jpg

アメラニテッセラ(hetラベンダーディフューズド・♀)
2020CB、ヘテロの組み合わせが珍しい血筋
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23171568.jpg

ファイア(hetラベンダー・♀)
2020CB、白の強さ抜け具合に期待が持てるか?!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23171587.jpg

アメラニスティック(hetラベンダーディフューズド・♀)
2019CB、ヘテロも珍しいですが、何より嬉しいメス!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23211302.jpg

アメラニテッセラ(♂)
2019CB、赤とオレンジと白がバランス良く出ています。
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23211492.jpg

オーラタムテッセラ(♂)
2019CB、こんな組み合わせは初めて見ました!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23211464.jpg

オーラタムストライプ(♀)
2019CB、アメラニよりも柔らかい色合いになる稀少オーラタム!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23211479.jpg

オーラタムストライプ(hetキャラメル・♀)
2019CB、こちらは上と同じモルフでヘテロ付き
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23211379.jpg

アメラニスティック(hetストロベリーアネリ・♀)
2018CB、要するにサーモンスノーの欠片入り。このサイズのメスは出物です!
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23255450.jpg

コーラルゴースト(hetアメラニスティック・♂)
2017CB、半分JMGで出来た発色の良好なコーラルゴーストです。
そろそろ梅雨明け間近?!_b0174337_23255485.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-07-17 23:49 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
当店は名古屋市にある爬虫類ショップですが、
ここ数日、お隣の岐阜県では全国ニュースになるほど、
猛烈な大雨への警戒が続いています。
私どもには今のところ大きな影響はありませんが、
他の地域におかれましても、どうかこれ以上被害が広がらないことをお祈りします。

さて、今週は久しぶりに可愛らしいカメを沢山集めてみました。
他にもピンポイントで面白いものが入っていると思います…それではスタート!

グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー・Pr?)
令和二年は、インシサの本気を見た一年だったのかもしれません。
先日に引き続き、まさかのおかわり分が襲来!しかも極美!
アカスジヤマガメは幼体時の美しさがそのまま引き立つため、
期待を裏切らない仕様となっているところが本当に嬉しいです。
しかも引っくり返せばペアっぽいという、まさかのサプライズ?!
多数の中から頑張ってセレクトした自慢の絶品揃いです。
日々、湿度との戦い_b0174337_23084265.jpg

日々、湿度との戦い_b0174337_23084157.jpg

ペニンシュラクーター(ハイカラー)
黄色の面積が明らかに広い、絶対に綺麗になる極美ベビーたち!
ペニンシュラもまた、劣化を知らないミズガメの代表種ですから、
成長過程で甲羅の脱皮さえ怠らなければ、確実に結果が出せるキャラクターです。
背中のグルングルンした模様も然ることながら、
頭部や四肢のイエローラインの輝きにも注目してみると、楽しみが倍増しますね。
日々、湿度との戦い_b0174337_23084168.jpg

タバスコクジャクガメ(ベリーズタイプ)
タバスコを味わう秘訣は、何よりもまず澄み渡るエメラルドグリーンから!
そして背部のリングは濃厚なオレンジに仕立てられる、
通称ベリーズ産と呼ばれるタイプを意識してセレクトしてみました。
言うまでもなく、腹甲の模様にも妥協はありません一匹のみ!
日々、湿度との戦い_b0174337_23084222.jpg

日々、湿度との戦い_b0174337_23084226.jpg

モンキヨコクビガメ(ベビー)
何だか久々のご対面、かつて南米を代表するミズガメのひとつであったモンキのベビー。
大きくなるから、と敬遠されている方は、
30センチオーバーを狙うことが如何に難しいかを知るところから始めましょう。
いずれにしても珍奇なカメですから、多くのファンが付くことは望めませんが、
もしかしたら、これまで考えもしなかった素敵な出会いとなるかもしれません。
日々、湿度との戦い_b0174337_23084242.jpg

アカアシガメ(チェリーヘッド)
この数年で入手したチェリーヘッドの中でも一、二を争う美しさ!
頭が赤いのはもはや期待通り、当然の結果だとして、
やはり初生甲板の眩い明色斑に惹かれずにはいられないでしょう。
この梅雨時季に飼育スタートできれば、良い結果が得られそうですね。
日々、湿度との戦い_b0174337_23091045.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
あまりにも品薄続きなため、急遽頑張って取り寄せた安心サイズベビー!
このカメの魅力について、もはや説明は不要かもしれませんが、
とにかくMazuriリクガメフードのみで育てられる無敵モードに突入し、
リクガメの飼育が初めての方でも絶対大丈夫なように仕立ててみました。
いくら飼い易いとはいえ、正しい可愛がり方で頑張って育ててみたい方へ、
当店が誇る最強のリクガメ飼育メソッドと共にお渡しできれば幸いです。
飼育器材など何も準備せず、まずは手ぶらでお越し下さい。あいにく一匹のみ!
日々、湿度との戦い_b0174337_00102481.jpg

グリーンパイソン(レッド・ビアク産)
REPFANの最新号が樹上性ヘビ特集ということもあり、
ちょっといやらしいのですが、急遽取り寄せてみた大人気レッドタイプのベビー!
輸入されて一、二か月の飼い込み期間があり、
ひなウズラはとうに卒業、既にピンクマウスに餌付いた優等生です。
赤スタートのベビーの方が面白い仕上がりが期待できるとされ、
この個体は黄色のフラッグも大きめで良い感じです。
何しろ一匹しかいませんので、お早めにどうぞ。
日々、湿度との戦い_b0174337_23091029.jpg

ボールパイソン(国内CB)
お客様によるブリードもののボールが到着しました!
以下は全て兄弟、素敵なヘテロ付きの優良血統です。

エンチ(het VPIアザンゴースト / ♂・♀)
※複数匹います!
こちらはオスとメスが選べる、2020CB。
既に餌付きも確認済み、ビギナーさんでも安心の国産ボールです。
日々、湿度との戦い_b0174337_23091003.jpg

エンチ(het VPIアザンゴースト / ♂)
こちらは上のベビーのお兄さんに当たる、2019CB。
エンチ特有の真鍮のような輝きがよく出ている美個体です。
実の兄弟なので、ベビーたちの仕上がり見本にもなりますね。
日々、湿度との戦い_b0174337_23091022.jpg

ノーマル(het VPIアザンゴースト / ♂)
こちらはノーマルですが、上のエンチと兄弟に当たる、2020CB。
同じく餌付きも確認済み、ビギナーさんでも安心の国産ボールです。
日々、湿度との戦い_b0174337_23091058.jpg

オビタイガーサラマンダー(アソート)
妙なセットが届きました。
オビタイガーとして流通していたスモールサイズの中から、
“色々なタイプ”を集めてみた珍シリーズ、とは前飼育者談。
ここはひとつ、真偽のほどはさて置いて、
それぞれの個体を愛でることに集中するのが正しい作法でしょう。
それにしても並べてみると思わず笑みがこぼれる、
嬉しいことに人工飼料にもしっかり餌付いたナイストリオ!
日々、湿度との戦い_b0174337_23092217.jpg

日々、湿度との戦い_b0174337_23092128.jpg

日々、湿度との戦い_b0174337_23092115.jpg

日々、湿度との戦い_b0174337_23092196.jpg

ミツユビアンフューマ(S)
シーズンオフの出物が殊更に嬉しく感じる、飼い込みアンフューマ。
今回はスモールサイズが2本、写真1、2枚目の個体はプラケース中、
写真3枚目の個体はプラケース小に入れて撮影しました。
拘りの絶品なだけあって、指の本数は計12本と見事に欠損なし。
肌の透明感や表面の照り具合からして、一味違うグッドコンディションです。
ちなみに、ハイギョのヒレのようなひらひらした足のフタユビとは異なり、
こちらミツユビにはしっかりと肘があることを、ご存知でしたか?
日々、湿度との戦い_b0174337_23092168.jpg

日々、湿度との戦い_b0174337_23092105.jpg

日々、湿度との戦い_b0174337_23092148.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-07-10 23:50 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
梅雨は梅雨でもいまいち掴みどころのない天候が続きますが、
気温が上がったり下がったりしている中いかがお過ごしでしょうか。

雨の量が一日にまとまってドバッと降ってみたり、
夜間になると思っていたより温度が下がってしまったり
爬虫類飼育者にとっては悩ましい状況が続いています。
そんな時でも適切な飼育環境が整っていれば安心!
秋や冬に後回しにしようとしていた保温器具についても、
今のうちに整備したいとお考えの方は、一度ご相談下さい。

今週は各ジャンルに大きめサイズの掘り出し物がズドン!
いずれも餌食い抜群の優良個体ばかりです。

イエローヘッドモニター(L)
当店過去入荷最大クラスの巨体も、片手に収まる感動の大人しさ!
写真に納まる表情からして穏やかな様子が窺えますが、
いくらハンドリングが容易いとされるイエローヘッドにも個体差がありますので、
答えの出た飼い込み個体というのは、他のモニターと変わらず嬉しいものです。
2020年下半期突入!_b0174337_22514165.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(マックスノー)
背中の模様が少し乱れ気味な可愛いサイズのマックスノー。
ベビーよりもほんのり育った、育て甲斐と安心を兼ね備えたプチ飼い込み個体です。
2020年下半期突入!_b0174337_22593345.jpg

アルバーティスパイソン(♀)
殆どフルアダルト?!なでっぷりサイズの大型飼い込み個体。
しかも嬉しいことに性別は引く手数多のメス!
入荷していきなり十分なサイズのラットを丸呑みしてくれました。
今後の給餌次第では、まだまだ大型化が狙えるかも?!
2020年下半期突入!_b0174337_22593450.jpg

2020年下半期突入!_b0174337_23001307.jpg

カーペットパイソン(デザイナーズ・♂)
こちらもプラケースにギチギチなサイズの大型抱きカーペット
流石デザイナーズ、通常のカーペット模様に加え、
ブラックペッパーを添えたような野性味溢れる色柄が最高にクール!
2020年下半期突入!_b0174337_22514131.jpg

ボールパイソン(パステルレッサー・♀)
まだまだ手の平にちょうど座らせられる、育て甲斐たっぷりの安心サイズ。
模様はいい感じにリデュース気味柔らかい配色と絶妙にマッチしています。
見応えのあるメスですから、じっくり気長に大きく育て上げましょう。
2020年下半期突入!_b0174337_22514107.jpg

コーンスネーク
クリームシクル(♀)
エモリーラットとの交配品種として有名なクリームシクル。
構造としてはアメラニスティックなのですが、仕上がりは完全に別物。
何だかお菓子のような見た目だと思ったら、アメリカのアイスクリームの名前なのだとか。
この個体は白地が広く、より可愛らしいデザインが魅力的です。
下のルートビアとペアにしても面白いかも。
2020年下半期突入!_b0174337_22514052.jpg

ルートビア(♂)
こちらは上記クリームシクルのノーマル状態
つまりコーンスネークとエモリーラットスネークのハイブリッド。
これにもきちんと品種名が付けられており、
コーラやドクターペッパーのような炭酸飲料の名前が由来なのですが、
ルートビアの写真を見てみると、確かに深みのある赤をしていて妙に納得させられました。
クリームシクルと違って殆ど流通していない、ある意味レアな品種です。
2020年下半期突入!_b0174337_22514111.jpg

キタニシキハコガメ(♂)
シリーズ”オルナータ”第一弾。
CBは綺麗になり易いアメハコですが、それにしても見事な発色!
背中の放射模様、オスらしく頭頂部は鶯色に、そして前肢の赤味など、
何処にも隙が見当たらない極上のハイクオリティです。
2020年下半期突入!_b0174337_22593462.jpg

ニシキダイヤモンドガメ(♀)
シリーズ”オルナータ”第二弾。
こちらは言わずと知れた、テラピン界のオルナータ。
かつて当店で輸入した、James Leeによるベビーが育ったフルアダルトです。
純血統の種親として、安心して繁殖にお役立て下さい。
2020年下半期突入!_b0174337_19595810.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-07-03 23:28 | 新着情報