人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは中山です。
10月も終わりに近づき夜には上着も必要な季節ですが、
なんで未だに台風が来るのでしょうか。
台風は九月の季語だったような気がするのですが今年は引き際を誤っている様子。
外飼いのカメが飛ばされたり、で水位が上昇して脱走したりも心配ですし、
そもそも今年の日光浴をできるのもあと数回あるかという時に邪魔をしないでほしいものです。

さて今週はふわふわ可愛いファンシーラットとみんな大好きフトアゴヒゲトカゲ、
そしてアメハコを筆頭にカメ盛り沢山でお送りします。

ファンシーラット
先日からTwitterにて告知していたファンシーラットベビーズが、
無事成長して販売スタートです!
b0174337_22454081.jpg

離乳完了から成長期までの、
一番ふわふわで可愛らしく貴重な時期。
幼い頃からしっかり馴らしたベタ馴れちゃんです。
b0174337_22454125.jpg

ラットのための専用フードもありますのでご心配なく!
b0174337_22454058.jpg

アルゼンチンレッドテグー(S)
手の平サイズのちびアルゼンチンレッドテグー
まだ小さいためハンドリングに対して若干わたわたしますが、
口を開けることもなく噴気音も尻尾も飛んでこない優等生です。
b0174337_22460674.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(国内CBベビー)
レッド
今月頭に入荷したベビーたちがフトアゴ幼稚園で元気に育っています。
b0174337_22461502.jpg

コオロギはもちろん各種フードまで競い合ってバクバク平らげ、
体格もしっかりしてきて赤味も増しつつあります。
b0174337_22461558.jpg

全員同腹の兄弟ですが当然気の強さや色味の出方に差があるため、
たくさんいる中からお好きな個体を選んであげて下さい。
今なら早い者勝ち

フトアゴヒゲトカゲ(アダルト)
ベビーだけでなく即戦力なアダルト個体も。
フード類にしっかりと餌付き済みで、
コオロギも生野菜も全く与える必要のない、超優等生たちです。
パステル(♂)
個体A
b0174337_22472056.jpg

個体B
b0174337_22472053.jpg

イエロー(♀)
個体A
b0174337_22472076.jpg

個体B
b0174337_22472036.jpg

マッコードナガクビガメ(国内CBベビー)
b0174337_22475119.jpg

いつも当店に入荷する兄弟とは異なる別の血統が、
今年初めて繁殖に成功したマッコードナガクビ
2匹とも配合飼料をもりもり食べてくれる安心ベビーです。
b0174337_22475167.jpg

ホオスジカエルガメ
小プラケに収まってしまうスモールサイズのホオスジカエルガメ
甲羅の縁が赤いところがチャームポイント。
暗色部も淡く全体的にパステルカラーな個体です。
b0174337_22482032.jpg

ミツユビハコガメ
今年も来ました!
の風物詩アメハコベビーシリーズです。
b0174337_22482195.jpg

b0174337_22482179.jpg

ブリーダーさんが持ち込んだ大量のベビーの中から、
店長が一時間かけてじっくりセレクトした優良ベビー!
その中から更に店頭でセレクトして頂けます。
b0174337_22482189.jpg

ガルフコーストハコガメ
ガルフらしからぬ模様がバッチリでた派手な個体を親に持つ、
本人も既に模様の出始めたガルフコーストハコガメです。
b0174337_22491183.jpg

トウブハコガメ
少し伸びはじめた成長線や首元に既に模様が出始めている、
栴檀は双葉より芳しな将来有望個体です。
b0174337_22491113.jpg

フロリダハコガメ
個体差が少ないと言われがちなフロリダですが、
兄弟の中でも模様が多く出そうな個体をセレクト。
黄色も濃く、少し赤味がかって見えるほどです。
b0174337_22485457.jpg

キタニシキハコガメ
こちらは兄弟の中で甲高な個体をセレクト。
元々扁平になるキタニシキですが、
それでもてっぺんの標高は稼ぎたいので、
そのように育ってくれそうな一匹をGETです
b0174337_22485352.jpg

タイワンセマルハコガメ
タイワンらしく赤味の少ないスッキリした黄色の個体。
毎年ごく少数取り扱っているタイワンですが、
今年は本当にこの一匹のみですのでお早めに
b0174337_22493482.jpg

チュウゴクセマルハコガメ(安徽省)
チュウゴクセマルの中でもより赤い安徽省産
その中でもこの個体は今まで取り扱ってきた安徽省の中でも、
間違い無く一番赤いと店長が断言していました。
こちらもタイワンと同じく、一匹のみ
b0174337_22493406.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ブルガリアンジャイアント・♂)
ヒガシヘルマンの地域個体群、ブルガリアンジャイアントです。
その名の通り最大サイズが大きくなるタイプ。
b0174337_22495882.jpg

この個体は日本の屋外で飼育されており、
そのまま越冬まで済ませている高スペック。
野草を食べ土を掘り返して生活していた、
八割方ワイルドみたいな育ちの個体です。


本日ご紹介した新着生体についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2019-10-25 23:25 | 新着情報
こんにちは中山です。
つい先日まで夏を引きずっていたと思ったら、
急激に秋の訪れを感じるようになりました。

四季の日程は年々無茶苦茶になりつつありますが、
道端の彼岸花は変わらず夜が涼しくなる頃に咲き、
日中も涼しくなる頃にちょうど枯れていきます。
ペットの温度管理然り、飼い主さんの体調管理然り、
季節の変わり目に振り回されないよう、気を付けていきましょう。

さて今週は日頃なかなか見かけない珍しい水棲ガメを筆頭に、
ボリューム感溢れる飼い込みのヘビたちが踊るラインナップです!

カラグールガメ(ベビー)
当店では店長の趣味により、
長年に渡り店内に大型のカラグールガメが雌雄共に展示されていて、
私たちスタッフや常連さんにとってはある意味見慣れたカメになっているのですが、
世の中全体ではそんなはずもなく、実物を拝めるだけでも有難い
そんな珍しいカラグールのベビーが数年ぶりに入荷しました!

カラグールではもはやお約束のくだりとなっていますが、
皆が皆、口を揃えて“オスっぽい個体を”とリクエストされますので、
甲羅がほっそりと、全体がスマートに見える、尻尾が長いように見えなくもない、
様々な視点から捉えたオスっぽさを重視してセレクトしました!

こんな面白味のある素敵なカメが平然と見られなくなる日も近いと思うと、
ついつい気が急いてしまうのがミズガメマニアの性なのでしょうが、
とにかく普通に選べるうちにゲットしておきたい最終兵器です。
b0174337_23242107.jpg

クロムネヤマガメ(国内CB・S)
これは快挙!
ひょっとしたら、日本初の繁殖記録ではないでしょうか。
まさかのクロムネが、まさかの国産にて衝撃の入荷を果たしました!
b0174337_21034298.jpg

頭の中で漠然と想像してはいたものの、
元々がコントラスト豊かなカメだけにその美しさは倍増し!
通称“光るパジャマ”と呼ばれる、首から体にかけてのカラーリングは本当に綺麗です。
産卵数の少ない種類なので、もちろん1匹のみの限定品です!
b0174337_23113072.jpg

ニホンイシガメ(国内CB・S)
イシガメの繁殖個体が続々と到着するシーズンですが、
今回は2018年のベビーが育てられたもので、
昨年の冬を既に屋外で越している屈強な体質のスモールサイズです。
b0174337_23111928.jpg

キボシイシガメ(国内CB)
こちらも国産のイシガメ、になる訳ですが、
アメリカンなはずなのに何故か日本中に愛されている、大人気キボシイシガメ。
ブリーダーさんが抱え込んでいた、実に3年分の繁殖個体がどどんと到着!
頑張ればオス、メスも選べるナイスサイズをどうぞ。
b0174337_23111910.jpg

ケヅメリクガメ(♀)
先日までに、この数か月で入荷した巨大リクガメシリーズは全て完売し、
バックヤードが大分寂しくなったと思った矢先に、
またもや大型の、しかも珍しいメスのケヅメがやって来ました!
やっぱりメスは顔が可愛い!当然1匹のみですのでお早めに!
b0174337_23111948.jpg

イベラギリシャリクガメ(M)
野外で冬眠ができるギリシャ、なんて素敵なオプションの付いた陰の人気種。
つまり今最も普及しているヘルマンと同じように飼えてしまう
それでいてギリシャ特有の可愛らしさも楽しめる
何とも欲張りなプロフィールで支持を集めるいいギリシャです。
b0174337_23111909.jpg

ニシベルセオレガメ(ハイカラー・♀)
店内の90センチケージに犇くセオレ軍団に、新たなメンバーが加わりました。
放射模様が綺麗に出た、フルアダルトの立派なメスです。
新入りのくせして早くも環境に馴染み、
一緒になってMazuriリクガメフードを爆食中!
b0174337_23111993.jpg

コーンスネーク(アメラニスティック・♀)
※脱皮前です…
ちょっとミルキーなカラーリングですが、あいにく脱皮前…
それでもメスとは信じ難い、やたらと大きなサイズが嬉しく、
シンプルにアメラニのメスは需要があるので、即戦力をお探しの方に!
b0174337_23115912.jpg

カリフォルニアキングスネーク
デザートバンデッド(♂)
今流行りの白黒カリキン、しかも白がはっきりと白い綺麗な一本
飼い込みのサブアダルトで、ベビー以外で見かけることは稀です。
こんな個体を用いて繁殖できたら、素敵なベビーが生まれそうですね。
b0174337_23120050.jpg

デザートストライプ(♀)
こちらは同じくデザート、ですがハイポ的な何かが入っている?!
上のオスと比べてみると、全然違う色彩にはてなが浮かびます。
カリキンは最終的に好みで選ぶものですが、この個体には妙な珍しさを感じますね。
b0174337_23115989.jpg

ホンジュランミルクスネーク(スノー・♀)
久しぶりに見ました、スノーミルク。
アルビノがあって、アネリがあれば、きっとスノーもあるでしょう。
しかし現実はそんな甘いものではなく、
これはいつでも見かけられる代物ではありません。
b0174337_23115981.jpg

ボールパイソン
パステルモハベ(♂)
通称パスタベ
今からクーリングの準備をすれば、早速来季のブリーディングに間に合いそうな、
何処となくうずうずしているようにも見える即戦力のオス
クオリティについては、モハベが良い仕事をしているため、
きちんと色抜けし、ブラウンアウトも抑えられていていい感じです。
b0174337_23115979.jpg

ノーマル(♀)
ノーマルボールのメスはいつでも需要があります。
しかもアダルトサイズに近ければ、観賞用にも繁殖用にも夢が広がりますね。
模様はリデュースチック、すっきりとしていてお洒落です。
b0174337_21045929.jpg

マラヤンブラッドパイソン(♂)
ベビーでもアダルトでもない、ミドルサイズのブラッド。
小さいサイズから始めるのは不安、そんな方も多いブラッドの世界ですから、
体質のことを心配しなくても良い、それでいて育て甲斐もある
あまり見かけないこんなサイズからスタートしてみてはいかがでしょうか。
b0174337_23122210.jpg

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2019-10-18 23:53 | 新着情報
こんにちは中山です。
明日から明後日にかけて迫り来る台風19号「ハギビス」は相当ヤバイようで、
数値的には伊勢湾台風かそれ以上と言われているようです。
要は数千人の死者が出るレベルの災害ですね。
各地の交通や運送が早めに全休を発表しているのも納得です。

走っている車が風でゴロンゴロン転がされるタイプの滅茶苦茶な風ですので、
とにかく外のものは徹底的にしまいましょう。
断水、停電、下水の逆流などにも備えすぎて空ぶるくらいが丁度いいと思います。

爬虫類趣味に限って言えば停電してヒーターが切れる、
断水して水換えができないなどが予想されるので、
温度管理と水を汚すことの両方の面から餌やりを考えた方が良いでしょう。

さてそんな週末ですが、入荷は通常どおりどんどんやってきております。
土曜はさておき日曜と月曜が楽しみになるラインナップです。

ヒョウモントカゲモドキ
スーパーマックスノー(ベビー)
みんな大好きスーパーマックスノーの国産ベビー。
容姿の愛らしさと妙な頑健さが売りの、
不動の人気を誇る鉄板モルフです。
b0174337_22042000.jpg

スーパーマックスノーアルビノ(ベビー)
上記の子と同じところで殖えた今年生まれのベビーです。
モノトーンのスーパーマックをアルビノにすることで、
優しい暖色に仕上がりました。
b0174337_22042047.jpg

スーパーマックスノーアルビノ(♀)
こちらは同じ親から生まれた去年生まれの一歳(♀)。
b0174337_22042022.jpg

ベルアルビノ(♀)
トレンパー、レインウォーターと並ぶベルアルビノ。
模様が濃く残り、目の色素が薄くより赤くなるタイプのアルビノですので、
コンボにした時にもその特徴が反映されます。
b0174337_22040034.jpg

ソメワケササクレヤモリ(♂)
お馴染みソメワケササクレヤモリ。
初心者でも繁殖が容易というスペックの高さがポイントです。
この二匹も国内繁殖個体とその親ですので、
若いオスもしくは経験あり個体で是非チャレンジしてみてください。
b0174337_22032872.jpg

b0174337_22024229.jpg

マングローブモニター(ソロモン産・ベビー)
様々なタイプが次々と新種に分けられていくマングローブ。
今回来たのはソロモン産らしく黄色いスポットが数多く散りばめられた派手めな個体。
b0174337_22032871.jpg

b0174337_22024230.jpg

入荷翌日にはコオロギに向かって嬉しげに突撃してくるテンションの高さ、
前回のブログで紹介したナイル達(※完売)よりも強靭なメンタルが窺えます。
一週間でフードに餌付いた彼らの記録を抜いてくれそうな有望さ加減です。

コーンスネーク(アネリストライプ・♂)
ベーシックかつ汎用性の高いモルフを組み合わせたアネリストライプ。
モノトーンかつストライプにすることで、
スッキリしたコンセプトに仕上がりました。
b0174337_22015175.jpg

今回入荷したのはオスですが、以前入荷した個体でメスも在庫しています。

アマゾンツリーボア
ひょろ長いボディに顔の厚みが際立つアマゾンツリーボア。
今回は色味の異なる2匹が入荷しました。
こちらが赤味の強い個体。
b0174337_22015712.jpg

こちらはモノトーンな個体。
b0174337_22084429.jpg

キマダラチズガメ(国内CBベビー)
この血統は黄色い斑模様の周りまで黄色が出てくるタイプで、
それに伴って顔や手足の黄色いラインもバッチリ太く走っています。
b0174337_21564083.jpg

b0174337_21564088.jpg

ニセチズガメ(国内CB)
愛好家の下で繁殖されてやってきたニセチズガメ。
b0174337_22013172.jpg

昔から色々と曖昧なグレーマップですが、 
今回入荷したのは虹彩や頭頂部の柄などからセレクトした、
店長お墨付きの本物の"ニセ"チズガメなのです。
b0174337_22013055.jpg

大中小と各サイズ取り揃えております。

アシポチヤマガメ(Pr)
盛り上がった甲羅が雄々しいアシポチヤマガメ。
嬉しいことに久々に来たワイルドで、
調子も良く立派な有難いペアです。
b0174337_22002011.jpg

b0174337_22002003.jpg

b0174337_22002000.jpg

b0174337_22002054.jpg

ズアカヒラタヘビクビガメ(S & Pr)
オレンジと黒の対比がビビットなプラテミス。
綺麗なペアが揃いました。
b0174337_21593069.jpg

b0174337_21593079.jpg

更に今回は珍しいことにワイルドのスモールサイズも!
基本的に上記のアダルトサイズしか来ないので、
なかなか得難いレアなサイズです。
b0174337_21593053.jpg

b0174337_21592939.jpg

ハラガケガメ
まだまだ育て甲斐のある安心サイズのハラガケちゃん。
ベビー期を無事通り過ぎているため、すぐに泳がせて飼える楽しみがあります。
b0174337_21583722.jpg

正面顔がキュートです。
b0174337_21583794.jpg

サルヴィンオオニオイガメ(グァテマラ産・♀)
将来有望ながっちりサルヴィンオオニオイガメ。
b0174337_21580846.jpg

メキシコ産に比べ大型になるグァテマラ産、
加えてメスということで是非夢はでっかく巨大に育てていきましょう。

スジオオニオイガメ(♂)
甲羅によく柄が出ている綺麗なジャイマスです。
b0174337_21575300.jpg

前の飼い主さん曰く、硬いものをしっかり噛ませて育てていたそうで、
甲長の割に頭が発達しているナイスプロポーションです。

スッポンモドキ(M)
最近ではめっきり見なくなったスッポンモドキ。
もう現地から来ることは殆ど無いといっても過言ではないので、
貴重なチャンスと言えるでしょう。
b0174337_21564091.jpg

アメフクラガエル(L)
みんな大好きもちもちガエル、アメフクラ。
数年おきにWC個体が出回りますが、
飼い込み個体が出ることはかなり珍しいです。
b0174337_21553422.jpg

b0174337_21553485.jpg

きっちり飼い込まれてむっちり太った、
状態最高の超安心個体×2です。
b0174337_21554903.jpg

ソロモンジャイアントオオムカデ(レッド)
俗称ソロモンファイヤーセンチピード。
滅多に来ないソロモン便では様々な種類が来るようですが、
今回来たのは通称ファイヤーの赤いタイプ。
b0174337_21554905.jpg

ヒメタイコウチ(愛知県三河産・国内CB)
体長2センチほどの肉食昆虫、ヒメタイコウチ。
生態に謎が多く、三重県では天然記念物に指定されています。
b0174337_21555065.jpg

普通のタイコウチと思って飼うと失敗しますので、
飼い方はスタッフまでお尋ね下さい。
b0174337_21554912.jpg

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2019-10-11 22:32 | 新着情報
こんにちは中山です。
というよりも、みなさんお久しぶりです!
このブログはしばらく店長に任せっきりでしたが、
以前の余裕が戻ってきたので、私もブログに戻ってきました!
毎週金曜日の夜を彩っていきたいと思いますので、またよろしくお願いします。

今週もいつも通り、オールジャンルな入荷があり、
特にワニガメの掘り出し物は必見、ラストチャンスかも?!
それでは張り切ってどうぞ。

ナメハダタマオヤモリ(♂)
みんな大好きタマオヤモリ。
大きな瞳が印象的なしっとりレビスちゃんです。
b0174337_23095924.jpg

ナキツギオヤモリ(♀?)
用もないのに寄ってくる妙にフレンドリーな飼い込みアンダーウッディ。
ちくちくしたテクスチャに白い斑点が散りばめられています。
b0174337_23105583.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(レインウォーターアルビノ・♀)
コンボではタイフーンやサイクロンなどが有名ですが、
シングルの状態で見かけることは珍しいモルフです。
b0174337_23095989.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(レッド・国内CB)
※複数匹います!
お客様による国産フトアゴ、今年生まれの赤系のベビー達です。
ありがたいことに既に人工飼料を食べ始めている個体も!
b0174337_23100005.jpg

朝はバスキングに勤しみ、昼はコオロギを追い回し、
小さいながらも立派にフトアゴをやっています。
b0174337_23105452.jpg

ストケスイワトカゲ(国内CBベビー)
お客様のもとで生まれた繁殖個体。
シルエットも色も素敵で頑健な、
なんでもよく食べる飼い易い良いトカゲです。
b0174337_23095864.jpg

コーンスネーク(ノーマル・♂)
程良いサイズのノーマルコーン。
夏生まれのベビーサイズも可愛らしいですが、
このくらいしっかりしてきた子供サイズも魅力的です。
b0174337_23114682.jpg

エモリーラットスネーク(国内CB・♂)
かつてはコーンスネークの亜種とされていたエモリーラット。
コーンとは交雑個体を使ったクリームシクルが有名です。
b0174337_23114618.jpg

デザートキングスネーク(♂)
輝く黒と黄色のコントラストが眩しいデザートキング。
黒の面積が広い個体です。
b0174337_23114623.jpg

セイブシシバナヘビ(アナコンダ・♂)
背中の斑点が融合して大きめの模様になるアナコンダ。
共優性で、これをスーパーコンダにすると更に化けてくれます。
b0174337_23121772.jpg

ボールパイソン
ノーマル(♂)
安定のノーマルカラー。
去年生まれの安心サイズです。
b0174337_23114687.jpg

イエローベリー(♂)
今年生まれのイエローベリー。
しっかり餌付いてもう安心です。
b0174337_23114646.jpg

マクロットパイソン(ハイカラー・♀)
精悍な小顔のマクロットパイソン。
珍しく模様が目立つ個体です。
b0174337_23114651.jpg

ニホンイシガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
今年も愛好家の下で繁殖されたベビーです。
続々入荷していますが、タイミングを見計らってお好みの個体をゲットしましょう!
b0174337_23132795.jpg

クサガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
こちらも愛好家CBの国産ガメ。
いつもより余分に育ててもらったので、よりビギナー向け仕様となっています。
b0174337_23132845.jpg

ウンキュウ(国内CBベビー)
※複数匹います!
ニホンイシガメとクサガメの交雑種です。
どちらにどれぐらい似るかがかなり幅広いので、
色々な加減のウンキュウを集めている人もいるとか。
b0174337_23132899.jpg

キボシイシガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
今年生まれた五百円玉サイズの愛好家CB。
バックヤードにてぬくぬく育てていますので、
是非たくさんの中からお好きなキボシを選びに来て下さい!
b0174337_23132874.jpg

キボシイシガメ(国内CB・S)
こちらは一年もの、Sサイズの個体です。
顔面や手足にオレンジが激しく発色するタイプ!
b0174337_23410558.jpg

ミツユビハコガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
秋はアメハコベビーの季節。
毎年楽しみにしている方々、お待たせしました!
b0174337_23142029.jpg

是非お早めに美麗個体を選びに来て下さい。
b0174337_23142047.jpg


トウブ×ミツユビハコガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
こちらはトウブとミツユビのハイブリッドアメハコ。
足の爪が四本だったりします。
b0174337_23144263.jpg

ワニガメ
名前だけなら誰もが知っているワニガメ。
特定動物ということで飼育には許可が必要ですが、
飼い方自体はほとんど普通でOKです。
法改正により、新たな飼養許可の取得ができなくなるため、
まさにカウントダウン状態、駆け込みラスト入荷です。
b0174337_23150227.jpg

アラブギリシャリクガメ(♀)
ダークなカラーリングのアラブギリシャ。
がっしり育った良いメスです。
b0174337_23161593.jpg


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2019-10-04 23:41 | 新着情報