人気ブログランキング |

カテゴリ:新着情報( 396 )

こんにちは、店長の馬場です。
梅雨は梅雨でもいまいち掴みどころのない天候が続きますが、
気温が上がったり下がったりしている中いかがお過ごしでしょうか。

雨の量が一日にまとまってドバッと降ってみたり、
夜間になると思っていたより温度が下がってしまったり
爬虫類飼育者にとっては悩ましい状況が続いています。
そんな時でも適切な飼育環境が整っていれば安心!
秋や冬に後回しにしようとしていた保温器具についても、
今のうちに整備したいとお考えの方は、一度ご相談下さい。

今週は各ジャンルに大きめサイズの掘り出し物がズドン!
いずれも餌食い抜群の優良個体ばかりです。

イエローヘッドモニター(L)
当店過去入荷最大クラスの巨体も、片手に収まる感動の大人しさ!
写真に納まる表情からして穏やかな様子が窺えますが、
いくらハンドリングが容易いとされるイエローヘッドにも個体差がありますので、
答えの出た飼い込み個体というのは、他のモニターと変わらず嬉しいものです。
2020年下半期突入!_b0174337_22514165.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(マックスノー)
背中の模様が少し乱れ気味な可愛いサイズのマックスノー。
ベビーよりもほんのり育った、育て甲斐と安心を兼ね備えたプチ飼い込み個体です。
2020年下半期突入!_b0174337_22593345.jpg

アルバーティスパイソン(♀)
殆どフルアダルト?!なでっぷりサイズの大型飼い込み個体。
しかも嬉しいことに性別は引く手数多のメス!
入荷していきなり十分なサイズのラットを丸呑みしてくれました。
今後の給餌次第では、まだまだ大型化が狙えるかも?!
2020年下半期突入!_b0174337_22593450.jpg

2020年下半期突入!_b0174337_23001307.jpg

カーペットパイソン(デザイナーズ・♂)
こちらもプラケースにギチギチなサイズの大型抱きカーペット
流石デザイナーズ、通常のカーペット模様に加え、
ブラックペッパーを添えたような野性味溢れる色柄が最高にクール!
2020年下半期突入!_b0174337_22514131.jpg

ボールパイソン(パステルレッサー・♀)
まだまだ手の平にちょうど座らせられる、育て甲斐たっぷりの安心サイズ。
模様はいい感じにリデュース気味柔らかい配色と絶妙にマッチしています。
見応えのあるメスですから、じっくり気長に大きく育て上げましょう。
2020年下半期突入!_b0174337_22514107.jpg

コーンスネーク
クリームシクル(♀)
エモリーラットとの交配品種として有名なクリームシクル。
構造としてはアメラニスティックなのですが、仕上がりは完全に別物。
何だかお菓子のような見た目だと思ったら、アメリカのアイスクリームの名前なのだとか。
この個体は白地が広く、より可愛らしいデザインが魅力的です。
下のルートビアとペアにしても面白いかも。
2020年下半期突入!_b0174337_22514052.jpg

ルートビア(♂)
こちらは上記クリームシクルのノーマル状態
つまりコーンスネークとエモリーラットスネークのハイブリッド。
これにもきちんと品種名が付けられており、
コーラやドクターペッパーのような炭酸飲料の名前が由来なのですが、
ルートビアの写真を見てみると、確かに深みのある赤をしていて妙に納得させられました。
クリームシクルと違って殆ど流通していない、ある意味レアな品種です。
2020年下半期突入!_b0174337_22514111.jpg

キタニシキハコガメ(♂)
シリーズ”オルナータ”第一弾。
CBは綺麗になり易いアメハコですが、それにしても見事な発色!
背中の放射模様、オスらしく頭頂部は鶯色に、そして前肢の赤味など、
何処にも隙が見当たらない極上のハイクオリティです。
2020年下半期突入!_b0174337_22593462.jpg

ニシキダイヤモンドガメ(♀)
シリーズ”オルナータ”第二弾。
こちらは言わずと知れた、テラピン界のオルナータ。
かつて当店で輸入した、James Leeによるベビーが育ったフルアダルトです。
純血統の種親として、安心して繁殖にお役立て下さい。
2020年下半期突入!_b0174337_19595810.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-07-03 23:28 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
いよいよ季節は梅雨本番といった具合でしょうか。
本日は日差しも強く、昼間に一時的な降雨もあり、
暑さと湿気によって嫌な気持ちになりそうなものですが、
ふとヘビのケージを見ると、スルリと綺麗に脱げた皮が残されていたりして、
天の恵みにより健やかに過ごす爬虫類たちを思うと心が和む、今日この頃です。

ここ数か月で、店内の生体在庫が随分と増えてきたため、
みんなのコンディション維持に努めるべく、
ブログの執筆は私がピンチヒッターとなりまして、
今回は飼い込み安心サイズのビルマホシガメを筆頭に、
コーンスネークの嬉しいメス軍団など彩り豊かにお送りします!

ビルマホシガメ(♂)
甲羅のフォルム表面の質感、そして穏やかな表情に至るまで、
全てが理想的な外観を演出している素敵な飼い込み個体!
上から見ると、星型のラインの繋がり具合も見事ですね。
言うまでもなく、初日からMazuriリクガメフードをもり食いした優等生。
登録番号:第180-004559号
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23525435.jpg

ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23525429.jpg

ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23525421.jpg

トゥルカナハコヨコクビガメ(TSD♀)
マニアックな印象の強いペルシオスの中では異端的な、
皆さんお待ちかねのブルーアイズ、トゥルカナのCBベビー!
瞳の輝きに始まり、頭部や背甲に映える放射模様など、
何処にも隙が見当たらない、美という美を追求した稀少種です。
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23512160.jpg

ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23512150.jpg

カールシュミットモニター(S)
ひょいと手に乗る美麗カールシュミット。
相手がシュミットですから、少しのコツは要りますが、
それでもハンドリングしながら写真を撮らせてくれる個体は貴重です!
輸入されてから暫く飼い込まれているお陰で、心身ともに落ち着いており、
余裕の表情でキレのある餌食いを見せる優秀な一匹です。
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23472693.jpg

ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23472715.jpg

コーンスネーク
キャンディケーン(♀)
一言の説明もなしにご指名がかかる、コーン屈指の美モルフ。
マイアミのアメラニスティック、という元ネタを知らずとも、
単に見た目だけで飛び付ける素晴らしさ。
グレードの高さに加え、繁殖経験済みの即戦力!
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23512158.jpg

ハイポサンキストストライプ(♀)
サンキストストライプに表れる模様をサンスポットと呼び、
まるでアナコンダのような、丸く可愛らしい柄が背中に並びます。
こちらも同じく、繁殖経験済みの即戦力!
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23494742.jpg

ラベンダーストライプ(♀)
いそうでいなかった、夢のような表現で魅せる素敵なコンボモルフ!
特にここまでのフルストライプをピンポイントで探し出し
か弱きラベンダーをこの安心サイズまで仕上げるのは至難の業です。
ゆくゆくはブリードにも使ってあげたい、ハイクオリティな一本です。
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23494735.jpg

トパーズ(♀)
ラヴァ×キャラメル、これまた珍しい組み合わせのコンボモルフ!
バターやアンバーなどは見かけても、トパーズとなるとなかなかレア。
ラヴァを生かした成果を何処まで思い描けるか、
マニアックなところを攻めた、こちらも繁殖経験済みの即戦力!
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23494736.jpg

カスターニェテラッツォ(♀)
元々テラッツォの持つ赤が少々かすれ気味なところへ、
カスターニェを当てて更に赤味を削った、実に珍妙なコンボモルフ!
カスターニェを用いた作品といえば、マンダリンぐらいしか思い付かないでしょうが、
この個体の真価は成熟したその時にようやく発揮されることでしょう…乞うご期待!
ゲリラ豪雨には気を付けて_b0174337_23472691.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-06-27 00:24 | 新着情報
こんにちは中山です。
今週は梅雨らしくよく雨が降り、
先週の30度越えが嘘のように肌寒い日が続いています。
まだまだ不安定な時期ですのでケージに付ける保温器具なども、
完全に梅雨が明けて夏になるまでは油断して外さないようにしましょう。

さて本日はリクガメとミズガメベビーたちをメインに、
激レアトカゲモドキ、コーン各モルフやテグーなどを添えてお届けします。

ソリガメ(S)
※複数匹います!
これなら飼える!最強の状態で降臨した夢のようなスモールサイズ!
腹甲のフロントがソリのように突出する稀少種ソリガメ
パキッとした縁甲板の黒いだんだら模様がお洒落です。
このサイズのベビーが入荷するとしばらくは心配でそわそわしますが、
こちらの心配を他所に真顔でいきなりМazuriリクガメフードに食いついてくれた、
ただひたすらにありがたい健康優良児です。
店長曰く、ペアっぽいのだとか…ほんとかな??
アジサイの盛り_b0174337_21302476.jpg

ナミビアヒョウモンガメ(ベビー)
※複数匹います!
こちらも小さな姿で入荷した、珍しいナミビアヒョウモンのベビー
先月紹介したバブコックとは地域個体群または亜種にあたります。
初生甲板のブタ鼻模様と手足の黒い斑点が特徴的で、
バブコックに比べ少し小柄で豹柄が細かい個体が多いようです。
この兄弟もソリガメ同様無邪気にフードに飛びついてくれたお利口さんで、
リクガメのベビーにおいて何よりも重要な初期状態については何の心配もなく、
どちらが可愛いかだけで気軽に選んで頂けます。
アジサイの盛り_b0174337_21302454.jpg

グァテマラアカスジヤマガメ(ハイカラー・ベビー)
※複数匹います!
アカスジヤマガメの一亜種、インシサヤマガメ
中米に棲む三亜種の中では甲羅の色彩が落ち着いたデザインになるはずが、
今回来たのは驚くほど赤色が鮮烈な兄弟で、
小さなベビーですが何でもよく食べ元気が有り余っています。
アジサイの盛り_b0174337_21230669.jpg

アジサイの盛り_b0174337_21230628.jpg

セマルハコガメ(♀)
こんもりしたシルエットが人気のセマルハコガメ
セマルに限らず甲が丸く高く膨らんだシルエットのカメは、
その可愛らしさなどから人気が高く、
中でもセマルはお手頃かつ丈夫なことから広く愛されています。
アジサイの盛り_b0174337_21251248.jpg

ニホンイシガメ(♂)
まだまだ手の平サイズの小さなイシガメ
小柄なので繁殖はもちろんペットとしても人気のオスですが、
性別が確定しているとなると大きな個体が多く、
育てる楽しみを残したサイズは貴重です。
甲羅と顔の黄色が綺麗な個体なので、
ペットとしても親としてもおすすめです。
アジサイの盛り_b0174337_21302461.jpg

キタアカハラガメ(ベビー)
※複数匹います!
昔はよくノーザンレッドベリーと呼ばれていましたが、
最近ではアカハラガメと和名で呼ぶ方が主流でしょうか。
アカハラガメの、本当にお腹が赤くなる方
と覚えて頂ければ分かりやすいと思います。
アジサイの盛り_b0174337_21230676.jpg

アジサイの盛り_b0174337_21230624.jpg

ニシキダイヤモンドガメ(♀)
言わずと知れたテラピンの代表格、オルナータ
地肌の白さ、頭部のスポットの少なさ、甲羅縁の赤味の強さなど、
随所に見応えのある質の高い飼い込み個体です。
アジサイの盛り_b0174337_21251225.jpg

シナスッポン(T+アルビノ・ベビー)
※複数匹います!
ぱっちりしたぶどう目が光るアルビノシナスッポン
普通はT-アルビノですが、T+は初めて見ました
日本に棲む個体群をニホンスッポンと呼ぶこともあります。
甲板がなくお腹も柔らかいため掴みにくく、
かと言って無理に捕まえたらもちろん怒るので、
よく咬むイメージはそのあたりも関係しているかもしれません。
ビビリめな性格の割によく泳ぎよく陸に上がりよく動くため、
見ていて飽きない楽しいカメです。
アジサイの盛り_b0174337_21314611.jpg

アジサイの盛り_b0174337_21314666.jpg

ヒガシインドトカゲモドキ(フルアダルト・Pr)
口元から後頭部を回る模様が綺麗なハードウィッキートカゲモドキ
まさかの即戦力、既に国内で二度の繁殖に成功している、
手放すのが惜しいはずだと誰しもが感じて止まない、素晴らしい二匹です。
オスが貴重などとよく言われますが、そんなことよりも何よりも、
実績のあるペアという付加価値に勝るものはないでしょう。
言うまでもなく限定ワンペア、お早めに!
アジサイの盛り_b0174337_21344948.jpg

アジサイの盛り_b0174337_21314608.jpg

アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー(M)
むっちりもっちりB&Wテグー
ちょうど片腕で抱えきれるギリギリのサイズの子が入荷しました。
尾先も指先も揃っており性格もハナマルな優等生で、
黒部分の面積が広めの厳つめなデザインの個体です。
アジサイの盛り_b0174337_21364339.jpg

コーンスネーク
一歳サイズの可愛い三匹と、
即戦力サイズの二匹が入荷しました。
サンキスト(♂)
まだまだピンクマウスの安心サイズ。
アジサイの盛り_b0174337_21344912.jpg

ポルターガイスト(♂)
直ぐにでも交尾させられそうな即戦力サイズ。
アジサイの盛り_b0174337_21364465.jpg

テラッツォ(♂)
繁殖まではもう一年育てたい、ヤングアダルトサイズ。
アジサイの盛り_b0174337_21364345.jpg

シンダーテラッツォ(♀)
シンダーとテラッツォのお似合い稀少コンボ!
そろそろピンクマウスも卒業か、というぐらいのサイズ。
アジサイの盛り_b0174337_21344931.jpg

ウルトラメル(♀)
来シーズンは間違いなくブリーディングに挑戦できる嬉しいサイズ。
アジサイの盛り_b0174337_21345057.jpg

ネルソンミルクスネーク(T+アルビノ・♀)
優しい色合いのネルソンミルクスネーク
T-アルビノのネルソンミルクは同種のノーマルと並ぶぐらいメジャーですが、
一方でT+アルビノは殆ど流通がありません。
同じアルビノでもT-とT+では見た目もかなり異なり、
T-ではストロベリーショートケーキのようなカラーパレットになりますが、
T+では暗いチョコレート色の帯がしっかり残っています。
良く育ったメスですので繁殖にもバッチリです。
アジサイの盛り_b0174337_21302403.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-06-19 23:24 | 新着情報
こんにちは中山です。
タイトルはちょうど今日ラジオで言っていたのを聞いたのですが、
どうも昨年より一か月近く早い梅雨明けということで、
こちらの方もどうなることかと今から心配をしているところです。
元々爬虫類飼育は基本的には夏の方が楽なのですが、
いくらなんでも流石に限度というものは存在するので、
もし去年よりも更に熱く40℃を超える夏なんかが来たりしたら、
何年も飼育していた設備で例年ならありえなかった熱死がありえてしまいそうで恐ろしいものです。
今年の夏も温度計を冬並みにマメにチェックする必要があるかもしれません。

さて本日はラコダク盛りだくさんとナイル&オルナータナイル、
ヘビが少々に激熱アジアンタートルズでお送りします。

ガーゴイルゲッコー
同じ親から生まれたレッド系の兄弟たち。
小さな頃はオレンジがかっていますが、
成長と共に兄と同じような深い赤色になります。
柄の入り方や赤×白の比率など、好きな個体を選べる超豪華メンバー!
レッドストライプ(♂)
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382408.jpg

レッドストライプ(ベビー)
※複数匹います!
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382554.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382547.jpg

レッドマーブル(♂)
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382450.jpg

クレステッドゲッコー
繁殖経験ありの即戦力が三匹まとめて入荷しました。
貴重なフルアダルトのメスが二匹から選べるところがポイント!
尾無し個体もいますが心置きなく繁殖に使っていただけます。
ソリッドオレンジ(♀)
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382462.jpg

ソリッドイエロー(♀)
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382465.jpg

ファイアイエロー(♂)
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382493.jpg

“オウカンマモノミカドヤモリ”(♂)
クレステッドゲッコー&チャホアジャイアントゲッコーから生まれたミックス個体!
クレスみの強い顔立ちにマモノ体型、
ちょうど混ぜたような柄にささやかなまつげを持つ、
きっちり両方に似た不思議ないきものです。
ハイブリッドの作出には賛否ありますが、
世界的に見ても前例がない?かもしれない、
単にペットとして飼うにはなかなか面白い一匹です。
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21382438.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(トレンパーhetディアブロブランコ)
※複数匹います!
同じ親から殖やされた今年生まれの兄弟たちです。
日本生まれ日本育ちの彼らはアルビノではあるものの、
全く臆さず人間と見れば餌を要求する踊りを披露し続ける、
大変に図太く育て易い兄弟となっております。
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21403661.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21403536.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21403521.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21403532.jpg

ナイルモニター(M)
デカくて美しくて綺麗ででっかい!アフリカの大型種ナイルモニター
体全体のイエローがいつもより強めな美個体です。
性格がちょっとね~と言われ続けてなお人気が尽きないロマン溢れる巨大トカゲです。
散々言われるその性格についてもそもそも触る気がなければ特に問題にはならず、
荒いと言っても基本的にただのビビリなので、
正しく上手く付き合えばベタ慣れナイルにすることも可能です。
半端にかまうと嫌われますので全く触らないかべろべろに溺愛するか、
どちらかに決めてかかると良いでしょう。
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_22151000.jpg

オルナータナイルモニター(M)
ナイルの西部個体群である亜種オルナータナイル
上記のナイルと比べても黄色が濃厚で顔立ちにも違いが見てとれます。
オルナータは馴れやすい個体が多いという噂に違わず、
上記のナイルと比べてもだいぶのんきな印象の個体です。
ナイルに付随する噂の中に食性の変化がありますが、
全く気にせず案外普通に寿命を全うしている例もありますので、
肥満だけにはせず真面目に体型を管理できれば、
必ずしも特異な餌を使う必要もなさそうです。
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_22151025.jpg

コーンスネーク
アメラニストライプ(♀)
ストライプによって全体のカラーがやかに伸びた、
深いレッドオレンジの一本です。嬉しい即戦力サイズ!
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21411514.jpg

ポルターガイスト(♀)
ウルトラメル+アネリスリスティックでポルターガイスト
ゴーストの系譜からくる命名です。こちらも即戦力!
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21411574.jpg

コースタルカーペットパイソン(アザンティック・♂)
体側の縦縞が綺麗なアザンコースタル
白と黒のコントラストがパキッとしており、
地色と模様のバランスも良く綺麗な個体です。
過剰にビビリなこともなく餌食いもきちんと確認された、
ベビー過ぎない安心サイズも嬉しいポイントです。
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21411537.jpg

トゲヤマガメ(ベビー)
※複数匹います!
英名和名共にちくちくの甲羅に由来するトゲヤマガメ
この数年はミドル~アダルトサイズの出物はチラホラとあったものの、
かつて手裏剣と呼ばれ持て囃されたベビーサイズは本当に久しぶりです。
撮影のために掴まれて甲羅を洗われてしまった直後にもかかわらず、
目をぱっちりと開けてじっと見てくるところに状態の良さが垣間見えます
複数入荷していますが、人気種のため早い者勝ち!
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21394619.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21394646.jpg

ムツイタガメ(Pr)
※複数匹います!
平らな背中が特徴的なムツイタガメ
手を放した途端にドコドコと走り出して行ってしまう活きの良さで、
過去に輸入された同種の中でも指折りのグッドコンディション!
ここから暑くなるばかりの初夏ですから、初期の立ち上げも問題なし。
写真は上2枚がオス、下2枚がメスとして輸入されたものです。
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21394603.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21394653.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21394778.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21394621.jpg

アマゾンツノガエル(フルグリーン)
※複数匹います!
色鮮やかな新緑のアマゾンツノガエル。
ツノガエルの中でも一番ツノが発達しているところが人気です。
ベルやクランウェルに比べ野性味の残る個体が多く、
餌で苦労することもままあるようですが、
今回来たのはなんと二匹ともオタマから飼い込まれ、
上陸直後からフードしか食べたことのない類稀なる優等生です。
沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21403529.jpg

沖縄が梅雨明け!?_b0174337_21403577.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-06-12 23:49 | 新着情報
こんにちは中山です。
6月に入ってから急激に気温が上がり、来週には30度を超える予報まで出ています。
そのわりに雨の降る日は最低気温が20度まで下がるようで、
まだまだ気温に振り回される日が続きそうです。

さて本日は愛らしいテグー達を筆頭に、
今年生まれのトカゲたちや安心サイズのヘビたちを中心にお届けします。

ブラックアンドホワイトテグー(ベビー)
※複数匹います!
大人しい性質とモノトーンが人気のB&Wテグー
まだまだ首の緑色も鮮やかに残る小さなベビーです。
最初はコオロギから始めていきますがもともと雑食なこともあり、
フードなどにも十分餌付いてくれますので、
小さい内からベタ慣れ&好き嫌いの無い子に育てていきましょう。
むしむしあつい日々_b0174337_19270709.jpg

レッドテグー(M)
シルエットが多少がっしりしてきた年頃のレッドテグー
まだまだミディアムサイズですが、
普通に抱っこされてくれる落ち着いた個体です。
むしむしあつい日々_b0174337_19270896.jpg

むしむしあつい日々_b0174337_20173819.jpg

アンボンアオジタトカゲ(ベビー)
※複数匹います!
可愛らしいフワフワサイズのアンボンアオジタ
ベビーサイズでありながらフードを争うように平らげ、
小さいからといって足が速いということも特になく、
ペットリザードとしてのアオジタの優秀さが窺えます。
むしむしあつい日々_b0174337_19270750.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
ハイイエロー(hetベルアルビノ・国内CB)
※複数匹います!
まだバンド模様のくっきりした小さなベビー。
今年もベビーが生まれる季節になり、
ブリーダーさんの家から今月生まれのベビーが届きました。
むしむしあつい日々_b0174337_19270708.jpg

レインサングロージャイアント(♂)
まだ生後九か月にしてこの体格!
よく見ると顔立ちに幼さが見えることからも分かる通り、
ジャイアント血統はまだまだ育ちますので、
巨大化目指して頑張ってどんどん食べさせてあげましょう。
むしむしあつい日々_b0174337_19270760.jpg

レインサングローホワイトアンドイエロー(♂)
上記のジャイアントと同じところから来た個体。
レインウォーターらしい斑紋の淡いオスです。
むしむしあつい日々_b0174337_19270862.jpg

ハイイエロー(♀)
一番一般的でありまたバリエーションも多いハイイエロー
この個体は頭の柄が“豹柄”のタイプです。
むしむしあつい日々_b0174337_19322109.jpg

ニシアフリカトカゲモドキ(S)
※複数匹います!
そろそろ性別も確定しそうな、まだまだ小さいノーマルニシアフ。
ストライプタイプバンドタイプを揃えました。
先週ご紹介したストライプのオスもいますので、
サイズや性別などの好みでお選び下さい。
むしむしあつい日々_b0174337_19322103.jpg

コーンスネーク
テッセラ(♂)
いきなり繁殖に使えるビッグサイズ!
ご存知の通り、テッセラは優性遺伝する品種のため、オスの方が有利?!
むしむしあつい日々_b0174337_19590867.jpg

キャラメルストライプ(♂)
まるでシマヘビやイエローラットスネークのようにデザインされた、
こってりとした黄色と背筋のラインがお洒落な一匹です。
むしむしあつい日々_b0174337_19590827.jpg

クリームシクル(♂)
※脱皮前です…
名前の由来はアメリカのお菓子から。
確かに食べちゃいたくなる柔らかな発色が可愛いコーンです。
むしむしあつい日々_b0174337_19594715.jpg

カリフォルニアキングスネーク(ハイホワイト・♂)
コーンに次いで人気の高いカリフォルニアキングスネーク
かつてはなんでもかんでも食べようとするおバカな面が有名でしたが、
ここ数年ではその特性もかなり落ち着いた個体がよく流通しています。
この個体はデザートストライプの中でもかなり白い部分の面積が広い個体です。
むしむしあつい日々_b0174337_19594023.jpg

サンビームヘビ(♀)
ギラギラ輝くサンビームヘビ
いっそ人工的に感じるほどのです。
妙な風貌のヘビですが案外きちんとマウスに餌付き、
性質が大人しいところも嬉しいポイントです。
むしむしあつい日々_b0174337_19322168.jpg

バブコックヒョウモンガメ(ベビー)
※複数匹います!
先週ご紹介したヒョウモンガメベビーズ、
大好評で早くも残り少なくなってきたため、
追加でもう少し仕入れました。
インドホシガメが難しくなった以上、一般的に流通する柄物リクガメといえばこれです。
むしむしあつい日々_b0174337_19270880.jpg

ヨツメイシガメ(♂)
後頭部の斑紋が特徴的なヨツメイシガメ。
店長曰く、マンネリ化しそうなミズガメ界に一石を投じる、
久々にスパイシーな入荷であるとのこと。
単なるコレクターズアイテムとしても優秀ですが、
実は小型で通年屋外飼育も可能なスペックの持ち主であることも見逃せません。
シングルで愛でるのであれば、外観に特徴のあるオスの方が◎。
むしむしあつい日々_b0174337_21211956.jpg

アフリカウシガエル
※複数匹います!
先週の個体よりもちょっとだけ小さな個体と、
一回り大きく色合いも大人になりつつある個体の二匹が入荷しました。
先週の子もまだ在庫していますので、
安心サイズのアフウシを並べて好きな個体を選んで頂けます。
むしむしあつい日々_b0174337_21423168.jpg

むしむしあつい日々_b0174337_19270784.jpg

むしむしあつい日々_b0174337_19270718.jpg

ファンシーラット
※複数匹います!
飼い主のことを大きなねずみと勘違いしている当店のベタ馴れファンシーラット
目が開くか開かないうちからヒトと密に接しているため、
多分本当に仲間だと思われている気がします。
むしむしあつい日々_b0174337_20082815.jpg

むしむしあつい日々_b0174337_19322116.jpg

むしむしあつい日々_b0174337_19270856.jpg

離乳待ちのメンバーの中にもブルーになりそうな仔やダンボレッキスがちらほらいますので、
現メンバーだけでなく今月半ばにも新メンバーとして掲載予定です。
お楽しみに!
むしむしあつい日々_b0174337_20082844.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-06-05 22:09 | 新着情報
こんにちは中山です。
ようやく緊急事態宣言が解除され、
街にも少し活気が戻ってきたように思います。
とは言えもちろんまだまだ収束してはいませんので、
引き続きマスクと手指消毒に努めていきましょう。

さて本日は伝説の美麗ツリーモニターを筆頭に、
各ジャンルよりバランス良く集まった魅力的なメンバーをお届けします。

エメラルドツリーモニター(ベビー)
このサイズは激レア!指先のりサイズのちびエメツリ。
物怖じしない性格で人前でも平気で餌を食べ、
用もないのに手前に来ては人間を眺めています。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23261630.jpg

少し青味がかった美個体ですので、
しっとりめの環境で美しく育てていきましょう。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23261683.jpg

コバルトツリーモニター(Pr)
※複数匹います!
その美しさもさることながら、状態抜群の個体がまさかのペアにて!
こちらもきちんと餌を食べるコバルトブルーツリーモニターです。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23281375.jpg

まだ入荷して日が浅いのでカメラに対して露骨に嫌そうな顔をしていますが、
景色に慣れてくれれば自ら餌をもらいに寄ってくるタイプのトカゲです。
こちらも湿度をしっかり与えてピカピカに仕上げましょう。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23261629.jpg

イボヨルトカゲ(ニカラグア産・♀)
精悍な顔立ちのイボヨルトカゲ。
近しい仲間にヨアソビトカゲという種類もいるほどしっかりと夜行性で、
ライト類がなくても飼育できるのが嬉しいポイント。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23211875.jpg

単為生殖する卵胎生種のため、
ふと気が付くと可愛いベビーが一緒にいたというのも夢ではありません。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23211940.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
スーパーマックスノー(ベビー)
※複数匹います!
最近入荷が減っているスーパーマックスノーのベビー。
今も昔も不動の人気品種ですので、
需要のわりに供給が不足気味の状態です。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23185839.jpg

いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23150326.jpg

いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23240689.jpg

スーパーマックスノー(S)
こちらは少し育った安心サイズ。
斑点が控えめで地色のトーンが明るい美個体です。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23185814.jpg

いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23194911.jpg

ハイイエロー(♀)
こちらは地色が淡めの個体。
いつでも繁殖に使える即戦力サイズです。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23194960.jpg

ニシアフリカトカゲモドキ(CB・♂)
ノーマルのストライプタイプ
CBは得てしてメスになることが多いので、
尾が綺麗に残っているツヤピカのオスは貴重です。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23211801.jpg

チャパラガータースネーク(アルビノ・ベビー)
※複数匹います!
先日Twitterでもお伝えしたチャパラガーターベビーズ。
5月15日、卵胎生のためメスから直接ベビーが生まれてきました
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23384457.jpg

生まれて数日は威嚇してプンプン飛んできていたチビたちも、
ようやく冷凍餌に無事餌付いてくれたので掲載します。
この子たちを育てるための冷凍餌は当店に在庫が常時ありますのでご心配なく!
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23384403.jpg

ボールパイソン(ノーマル・♂)
サイズも手頃でニシキヘビっぽいニシキヘビという枠として、
様々なモルフがある中でも根強い人気のノーマルボール。
同じくノーマルは他にも数匹在庫がありますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23354047.jpg

カーペットパイソン(デザイナーズ・♂)
程好いサイズのデザイナーズカーペット。
カーペットは成長と共に色が出てくるものですが、
この個体も少し育って顔に黄色が出始めており
どんな個体に育つのか成長が楽しみな一本です。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23281345.jpg

バブコックヒョウモンガメ(ベビー)
※複数匹います!
ふっくらまんまるのヒョウモンガメ。
来て早々しっかり甲羅を持ち上げてのしのし歩き、
積極的に餌も啄む安心のベビー達です。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23354043.jpg

キタダイヤモンドガメ(S)
黒々としたノーザンダイヤモンドバックテラピン。
まだまだ育ち盛りの安心サイズです。
もう少し大きくなると、体全体が青みがかってくると思います。
今年はアメリカからの輸入が難しくなりそうで、テラピンは貴重になるかもしれません。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23354028.jpg

サバンナヨコクビガメ(Pr)
※複数匹います!
もう二度と出会えないと思っていた、幻のナンベイヨコクビが再び!
よく似たモンキに比べ寸詰まりでスクエアな甲羅、
暖かみのある柿色に、顔立ちも心なしか優しめで、
ポドクネミスならではの遊泳力は健在という、知る人ぞ知る稀少種です。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_00025489.jpg

いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_00025456.jpg

いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_00025465.jpg

アズマヒキガエル(♂・♀)
※複数匹います!
日本固有種アズマヒキガエル。
トトロでも雨の日のシーンに出演しています。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23322256.jpg

蝦蟇っぽい姿ですが水辺への依存性が低い生態のため、
長い足で達者にスタスタ歩く案外さらっとした触り心地のカエルです。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23281350.jpg

最近は外国産のヒキガエルがとことん入手難になっていますので、
国産種とはいえ馬鹿にできない、存在感のあるペットフロッグのひとつです。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23281327.jpg

アフリカウシガエル(♂)
手のひらにのっしり収まる中華まんサイズ。
幼少期をしっかり食べて過ごした形跡が見られるので、
このままの速度でもりもり巨大化させていきましょう。
いよいよ夏もすぐそこまで_b0174337_23194948.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-05-29 23:53 | 新着情報
こんにちは中山です。
肌寒い日が続きイマイチ春を満喫できないまま梅雨に突入しそうな今日この頃、
爬虫類たちも日光浴に出そうか出さまいか迷っている内に夏が来てしまいそうです。
梅雨が明けきるまでは油断せず防寒対策をしていきましょう。

さて本日はインパクト大な珍しいヘビたちを筆頭に、
大人気のハラガケベビーと両生類をお届けします。

ズグロパイソン(♀)
※脱皮前です…
オーストラリアのレア種ズグロニシキヘビ
3メートルに迫る大蛇とは思えないつぶらな瞳。
基本的に大人しい性質ですが若干カリキン風味なところがあり、
そう思うと顔立ちもちょっと似ているような気がします。
むちむち元気な特大サイズの飼い込み個体です
そろそろ梅雨入り_b0174337_19514497.jpg

アルバーティスパイソン(♀)
※複数匹います!
みんな大好きシロクチニシキヘビ
WCでの入荷が主で小傷のあるアダルトサイズが主流な中、
珍しく傷も無いまるでCBのようなピカピカのベビーが入荷しました。
欠けも無く綺麗なままで大きく育てあげていきましょう。
より大きく育つとされるメスなのも嬉しいポイントです。
そろそろ梅雨入り_b0174337_19504333.jpg

そろそろ梅雨入り_b0174337_19504359.jpg

バイパーボア(♂・♀)
※複数匹います!
いつでも不機嫌そうな目付きと、
鼻先の平らに尖ったカンドイア顔がキュートなバイパーボア
色味の強い個体と味の強い個体がいますので、
お好みでお選び下さい。
(オスがイエローベリー、メスがレッドベリーです)
そろそろ梅雨入り_b0174337_19504363.jpg

そろそろ梅雨入り_b0174337_19504379.jpg

コーンスネーク(クリームシクル・♂)
普通のアルビノとは見た目の雰囲気が異なるクリームシクル
そういう名前のアイスクリームが名前の由来で、
パステル調のミルキーなオレンジ色が綺麗なモルフです。
そろそろ梅雨入り_b0174337_19514425.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
しっかり育ったアダルトの若いオスの入荷です。
スーパーハイポタンジェリン(♂・hetマーブルアイ)
そろそろ梅雨入り_b0174337_19494440.jpg

スーパーマックスノー(♂)
そろそろ梅雨入り_b0174337_19494422.jpg

ベルアルビノ(♂)
そろそろ梅雨入り_b0174337_19494446.jpg

そろそろ梅雨入り_b0174337_19494407.jpg


ハラガケガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
待ってました!
ミズガメ界随一のネームバリューを誇る屈指の人気種ですが、
実は繁殖された幼体が出回る機会は意外と少なく、
みんなが欲しいベビーサイズで手に入るチャンスは稀!
ワイルドながら黄色味の強い、柄もよく出た親を用いた、
ハイイエローな仕上がりに期待のかかる将来有望な兄弟たちです。
そろそろ梅雨入り_b0174337_19514364.jpg

そろそろ梅雨入り_b0174337_19514322.jpg

そろそろ梅雨入り_b0174337_19514357.jpg


ムハンフトイモリ(Pr)
お手頃サイズで飼い易い完全水棲のムハンフト
人工餌で飼えるところもオススメポイントです。
オスも尻尾をパタパタしてやる気十分!
中国からの新たな輸入も当面は難しいので、是非ペアでどうぞ。
そろそろ梅雨入り_b0174337_19505384.jpg

そろそろ梅雨入り_b0174337_19505364.jpg


本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-05-22 21:21 | 新着情報
こんにちは中山です。
昨日緊急事態宣言が解除され、名古屋でも少し人出が増えたようです。
とはいえここで油断をしたら先々月の東京の二の舞ですので、
手洗いやマスクなど必要なところは引き続きしっかり自衛しつつ、
大打撃を受けているであろう娯楽方面へはそっと経済を回しに行きたいところです。

当店は自粛の前から変わらず火曜定休で営業中ですが、
営業時間は引き続き13:00~20:00とさせて頂きます。

そんな中でも店内では嬉しいことに新しい命が続々と生まれています。
詳細はまた後日落ち着いてから掲載しますが、の訪れを感じるニュースでした。

せて本日はマッシヴなヘビたちとキュートな子ガメにリクガメを添えて、
ちょっと変わった草と共にお送りします。

テキサスラットスネーク(リューシスティック・♀)
※脱皮前です…
一瞬何かと思うほど厳つく育ったテキサスラット
可愛いサイズのベビーはそこそこ流通がありますが、
ビシッと育て上げたフルアダルトはなかなか見られません。
本来のテキサスらしい顔立ちでかなり強そうですが、
当の彼女はのほほんとした至って平和な性格をしています。
春の訪れ_b0174337_20153250.jpg

ブラックラットスネーク(リューシスティック・♂)
テキサスとは亜種関係にあたるブラックラット
リューシといえばこの姿の方がよく見るのではないでしょうか。
きょろっとした大きな目はポップアイと呼ばれるもので、
これはこれでカワイイという意見もあります。
春の訪れ_b0174337_20153148.jpg

コロンビアレインボーボア(♂)
模様もほぼ消え終わったがっしりサイズのコロンビア
先々週に掲載した個体たちもさらに大きく、
特徴的なレインボーホログラムがかなり仕上がってきました。(写真にはイマイチ写りませんが)
ブラジルレインボーボアと比べた場合、模様がはっきりしているのが好きならブラニジ、
模様がないぶんギラギラの光沢が目立つのが好きなら是非コロニジをオススメします。
(ブラニジも在庫あります!)
春の訪れ_b0174337_20173616.jpg

ボールパイソン
シンプルなモルフの中くらいの二匹と、
がっしり育ったいい感じの三匹です。
ノーマルhetアルビノ(♀)
春の訪れ_b0174337_20151808.jpg

モハベゴースト(♀)
※脱皮前です…
春の訪れ_b0174337_20151810.jpg

ジグソー(♀)
春の訪れ_b0174337_20151984.jpg

パステルジェネティックストライプ(♀)
春の訪れ_b0174337_20151964.jpg

キラービージェネティックストライプ(♂)
春の訪れ_b0174337_20151989.jpg

アラブギリシャリクガメ(♀)
個体差と地域変異の豊富なアラブギリシャ
今回来たのはなんだか美味しそうなてりっと茶色い個体です。
春の訪れ_b0174337_20170020.jpg

ニシヘルマンリクガメ(♂)
黄色と黒のコントラストが強めなニシヘルマン
流通量と色合いからか値段はそこそこ差がありますが、
飼い易さなどはヒガシヘルマンとほとんど変わらない強健種です。
春の訪れ_b0174337_20170175.jpg

バブコックヒョウモンガメ(♂)
先週に引き続きバブコックヒョウモンガメの入荷です。
オスでありながらなかなかに大きな30センチクラスの個体。
これで同じくらいのバブコックが三匹揃いましたので、
お好きな模様を選べるのはもちろん、
ペアでお迎えすることもできちゃいます。
春の訪れ_b0174337_20170003.jpg

コシヒロカエルガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
だいぶひどい別名が付いてるコシヒロカエルガメ
首についてる大型鱗のことを言いたいんだとは思うのですが、
それにしても随分な言いぐさじゃないですかイボカエルガメとは。
頭でっかちで何でもよく食べ人懐っこく、
泳ぐ力が強くて正面から見た顔がカワイイという、
見ていて楽しいなかなか良いカメです。
春の訪れ_b0174337_20173659.jpg

春の訪れ_b0174337_20524866.jpg

アルブカ・スピラリス “フリズルシズル”
完全に店長の趣味で突然入荷した、いわゆる珍奇植物の仲間。
南アフリカはケープ州を原産とする、球根植物の一種です。
ぐるぐると巻いた奇妙な葉っぱを、よりぐるぐるとさせるためには、
しっかりと光に当ててあげるのがポイントなのだそう。
草の部分だけでもインパクト十分ですが、更に巨大な花を咲かせるサプライズも。
爬虫類部屋を彩る一品として飾ってみては。
春の訪れ_b0174337_20524808.jpg


本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-05-15 22:45 | 新着情報
こんにちは中山です。
暑いと思って夏服を出したら今週はまた最高気温が22度まで落ちて、
もう完全にに振り回されています。
これが人間だけなら夜中に再び毛布を引っ張り出しに行くだけで済みますが、
うっかりに騙されて爬虫類のシートヒーターを片付けてしまった日には、
彼らに抵抗する術はないので大変可哀想なことになってしまうことでしょう。
少なくとも梅雨が明けるまでは気を抜かずに真面目に保温に努めていきましょう。

さて本日はずんぐり系の壁チョロたちと、
妙に豊富なカエル達に少々のヘビとカメを添えてお届けします。

ヒョウモントカゲモドキ(ハイイエロー・♀)
ダイナマイトボディのアダルトメス。
特にジャイアントとかの系統ではなく、
実力だけでこの体格を獲得した選ばれし食いしん坊です。
ペットはもちろん親としてもHOTな一匹です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381243.jpg

ムーアカベヤモリ(Pr)
小柄ながら恐竜じみたごつめのテクスチャがかっこいいムーアカベヤモリ。
その風貌からクロコダイルゲッコーとも呼ばれています。
鼻先から尾の先まで大型鱗とトゲがびっちり並ぶ、
シンプルにテンションの上がる最高にカッコイイカベヤモリです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381212.jpg

タマキカベヤモリ(♀)
別名ホワイトスポットクロコダイルゲッコー
肩のところの白い点々がチャームポイントです。
今回紹介する三種ともその傾向がありますが、
真面目に育てると結構がっしりとボリュームがでるので、
全長の印象を超えた迫力ある仕上がりになります。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381311.jpg

クラカケカベヤモリ(♀)
上記二種に比べてしっとり滑らかな質感のクラカケカベヤモリ
無地系が多いカベヤモリの中では珍しく柄があるタイプです。
足が速そうに見えますがそっと手に乗せることもできます。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381382.jpg

ヤマビタイヘラオヤモリ(♂)
みんな待望の飼い込み安心ヘラオヤモリ
通常WCをビビリながら飼うところを大変に有難い状態抜群での入荷です。
色彩のみならず質感まで樹皮と苔にそっくりなうえ、
ふちをぐるりと囲むフリンジが境界線をぼかしており、
樹皮の上で落ち着いてしまえば発見は困難を極めることでしょう。
反面どういうわけかおしりから尻尾にかけて、
派手なモノクロ模様があるところが不思議ポイントです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381315.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381173.jpg

アオジタトカゲ(アザンティック)
いつでも大人気、アオジタトカゲの黄色色素欠乏個体
元の茶黒のトカゲから黄色を抜いて、
スッキリしたモノトーンになりました。
目も真っ黒になってより愛らしい顔立ちになっています。
片腕では収まらないほどにがっしり育った立派な個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381205.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381216.jpg

コーンスネーク
豊富なカラーリングが人気の定番種
ちょうど一年くらいの若い個体が入荷しました。
アネリスリスティック(♂)
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381264.jpg

バター(♀)
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381299.jpg

アマゾンツリーボア
ベビーからの飼い込みのアマゾンツリーボア。
もう小さくは無いもののまだまだ成長途上で、
これから成長と共に美しく育つのが楽しみです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521456.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ
ペットリクガメとして必ず名前が上がる大定番のヒガシヘルマン
いつものおまんじゅうサイズより二回り位大きな、
ベビーサイズを脱出した安心の子供サイズです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22570301.jpg

バブコックヒョウモンガメ(♂)
ちょうどもう片手ではつかめなくなったくらいのバブコックヒョウモンガメ
ヒョウモンガメはシャイで引っ込み思案な個体が多いのですが、
コイツは全く臆せずずいずい突き進む、
図々しいほどの頼もしさを見せる個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22570393.jpg

少し前から居るメスと並べてみました。
もちろんペアでも大丈夫です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521418.jpg

ジーベンロックナガクビガメ(M)
チリメンナガクビという和名になりましたが、
こっちのほうが馴染みのあるジーベン
人工飼料にしっかり餌付き、
ツルンと綺麗に育った甲羅が嬉しい健康優良児です。
顔にも模様があるところも魅力的な個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22505957.jpg

イエアメガエル(♂)
みんな大好きイエアメガエル
いつも入荷するサイズよりも少し小さな可愛いサイズで、
ちょっと青味がかったむちむち個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521593.jpg

バジェットフロッグ
別名マルメタピオカガエル
ふわふわ漂う姿が可愛い完全水棲で、
緑のアイシャドウがチャームポイント。
少しサイズの違う二匹が入荷しました。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510093.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521592.jpg

クラジェット(クランウェルツノガエル×バジェットフロッグ)
クランウェルとバジェットのミックスでクラジェットガエル
ベルとバジェットのベルジェットもいますが、
色柄のみならず体型も違うのが面白いところです。
この個体はクラバジェミックスの結果が、
とんがった平たい顔に表れています。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510053.jpg

ピパピパ(XL)
キングオブ意味不明、ヒラタコモリガエル
ピパ・ピパは学名で、ピパ科にはアフツメも含まれています。
名前の通り背中で子どもを育てる生態が有名ですが、
体は扁平だし顔もヤバイし指先が星形に裂けているしで、
通常形態でも既に十分に異様な風貌を楽しめるでしょう。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510072.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510009.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510040.jpg


本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-05-08 23:13 | 新着情報
こんにちは中山です。
なかなか春らしくならないと思っていたら、
五月になった途端急に暑くなってきて、
爬虫類を飼うのには好都合ですが、
人間の方は衣替えが間に合わずあたふたしています。

ゴールデンウィーク期間中は、
5/1(金)、2(土)、3(日)、4(月)、5(火)、6(水)と、
短縮営業時間13時から20時にて、毎日営業しています。
本来、定休日は火曜ですが振替のため、5/7(木)を臨時休業とします。

さて今日は春のカメ祭り
最低気温もだいぶ上がって10度台後半に差し掛かり、
水もぬるまったこの季節にぴったりの入荷です。
入荷数たっぷりのため、写真のみの掲載でお許し下さい…
(カメについてのご質問は店長まで)

ゴールデンハムスター(生後一か月・hetキンクマ / クロクマ)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21101986.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21072903.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21105738.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
ブラッド(♀)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20464882.jpg

スーパーマックスノー(♀)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20464864.jpg

アルビノ(♀)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20464814.jpg

W&Yトレンパー(♀)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21560418.jpg

キボシイシガメ(S)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_22463374.jpg

オオアタマクサガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20464936.jpg

ヤエヤマイシガメ(♂・♀)
※複数匹います!
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21521344.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21521290.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21521318.jpg

ミシシッピニオイガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20464833.jpg

ミシシッピドロガメ(♀)
※複数匹います!
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20564479.jpg

ホオアカドロガメ(♂・♀)
※複数匹います!
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20564413.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20564424.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20580733.jpg

サラドロガメ(北部個体群 / ♂・♀)
※複数匹います!
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_22480673.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_22480511.jpg

ハーレラドロガメ(♀)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20564974.jpg

アマゾンドロガメ(♂)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_22203923.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_22203999.jpg

ミツウネオオニオイガメ(♂・♀)
※複数匹います!
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20573992.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20564427.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21520517.jpg

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21520528.jpg

クリイロハコヨコクビガメ(♀)
去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_22203917.jpg

ヒメカエルガメ(♂・♀)
※複数匹います!

去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_20584592.jpg


去年も五月は記録的な暑さでしたが_b0174337_21521388.jpg


本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-05-01 23:11 | 新着情報