人気ブログランキング |

2020年 05月 08日 ( 1 )

こんにちは中山です。
暑いと思って夏服を出したら今週はまた最高気温が22度まで落ちて、
もう完全にに振り回されています。
これが人間だけなら夜中に再び毛布を引っ張り出しに行くだけで済みますが、
うっかりに騙されて爬虫類のシートヒーターを片付けてしまった日には、
彼らに抵抗する術はないので大変可哀想なことになってしまうことでしょう。
少なくとも梅雨が明けるまでは気を抜かずに真面目に保温に努めていきましょう。

さて本日はずんぐり系の壁チョロたちと、
妙に豊富なカエル達に少々のヘビとカメを添えてお届けします。

ヒョウモントカゲモドキ(ハイイエロー・♀)
ダイナマイトボディのアダルトメス。
特にジャイアントとかの系統ではなく、
実力だけでこの体格を獲得した選ばれし食いしん坊です。
ペットはもちろん親としてもHOTな一匹です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381243.jpg

ムーアカベヤモリ(Pr)
小柄ながら恐竜じみたごつめのテクスチャがかっこいいムーアカベヤモリ。
その風貌からクロコダイルゲッコーとも呼ばれています。
鼻先から尾の先まで大型鱗とトゲがびっちり並ぶ、
シンプルにテンションの上がる最高にカッコイイカベヤモリです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381212.jpg

タマキカベヤモリ(♀)
別名ホワイトスポットクロコダイルゲッコー
肩のところの白い点々がチャームポイントです。
今回紹介する三種ともその傾向がありますが、
真面目に育てると結構がっしりとボリュームがでるので、
全長の印象を超えた迫力ある仕上がりになります。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381311.jpg

クラカケカベヤモリ(♀)
上記二種に比べてしっとり滑らかな質感のクラカケカベヤモリ
無地系が多いカベヤモリの中では珍しく柄があるタイプです。
足が速そうに見えますがそっと手に乗せることもできます。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381382.jpg

ヤマビタイヘラオヤモリ(♂)
みんな待望の飼い込み安心ヘラオヤモリ
通常WCをビビリながら飼うところを大変に有難い状態抜群での入荷です。
色彩のみならず質感まで樹皮と苔にそっくりなうえ、
ふちをぐるりと囲むフリンジが境界線をぼかしており、
樹皮の上で落ち着いてしまえば発見は困難を極めることでしょう。
反面どういうわけかおしりから尻尾にかけて、
派手なモノクロ模様があるところが不思議ポイントです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381315.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381173.jpg

アオジタトカゲ(アザンティック)
いつでも大人気、アオジタトカゲの黄色色素欠乏個体
元の茶黒のトカゲから黄色を抜いて、
スッキリしたモノトーンになりました。
目も真っ黒になってより愛らしい顔立ちになっています。
片腕では収まらないほどにがっしり育った立派な個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381205.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381216.jpg

コーンスネーク
豊富なカラーリングが人気の定番種
ちょうど一年くらいの若い個体が入荷しました。
アネリスリスティック(♂)
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381264.jpg

バター(♀)
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22381299.jpg

アマゾンツリーボア
ベビーからの飼い込みのアマゾンツリーボア。
もう小さくは無いもののまだまだ成長途上で、
これから成長と共に美しく育つのが楽しみです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521456.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ
ペットリクガメとして必ず名前が上がる大定番のヒガシヘルマン
いつものおまんじゅうサイズより二回り位大きな、
ベビーサイズを脱出した安心の子供サイズです。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22570301.jpg

バブコックヒョウモンガメ(♂)
ちょうどもう片手ではつかめなくなったくらいのバブコックヒョウモンガメ
ヒョウモンガメはシャイで引っ込み思案な個体が多いのですが、
コイツは全く臆せずずいずい突き進む、
図々しいほどの頼もしさを見せる個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22570393.jpg

少し前から居るメスと並べてみました。
もちろんペアでも大丈夫です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521418.jpg

ジーベンロックナガクビガメ(M)
チリメンナガクビという和名になりましたが、
こっちのほうが馴染みのあるジーベン
人工飼料にしっかり餌付き、
ツルンと綺麗に育った甲羅が嬉しい健康優良児です。
顔にも模様があるところも魅力的な個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22505957.jpg

イエアメガエル(♂)
みんな大好きイエアメガエル
いつも入荷するサイズよりも少し小さな可愛いサイズで、
ちょっと青味がかったむちむち個体です。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521593.jpg

バジェットフロッグ
別名マルメタピオカガエル
ふわふわ漂う姿が可愛い完全水棲で、
緑のアイシャドウがチャームポイント。
少しサイズの違う二匹が入荷しました。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510093.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22521592.jpg

クラジェット(クランウェルツノガエル×バジェットフロッグ)
クランウェルとバジェットのミックスでクラジェットガエル
ベルとバジェットのベルジェットもいますが、
色柄のみならず体型も違うのが面白いところです。
この個体はクラバジェミックスの結果が、
とんがった平たい顔に表れています。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510053.jpg

ピパピパ(XL)
キングオブ意味不明、ヒラタコモリガエル
ピパ・ピパは学名で、ピパ科にはアフツメも含まれています。
名前の通り背中で子どもを育てる生態が有名ですが、
体は扁平だし顔もヤバイし指先が星形に裂けているしで、
通常形態でも既に十分に異様な風貌を楽しめるでしょう。
まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510072.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510009.jpg

まだまだ肌寒い日も残っています_b0174337_22510040.jpg


本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2020-05-08 23:13 | 新着情報