人気ブログランキング |

2019年 10月 11日 ( 1 )

こんにちは中山です。
明日から明後日にかけて迫り来る台風19号「ハギビス」は相当ヤバイようで、
数値的には伊勢湾台風かそれ以上と言われているようです。
要は数千人の死者が出るレベルの災害ですね。
各地の交通や運送が早めに全休を発表しているのも納得です。

走っている車が風でゴロンゴロン転がされるタイプの滅茶苦茶な風ですので、
とにかく外のものは徹底的にしまいましょう。
断水、停電、下水の逆流などにも備えすぎて空ぶるくらいが丁度いいと思います。

爬虫類趣味に限って言えば停電してヒーターが切れる、
断水して水換えができないなどが予想されるので、
温度管理と水を汚すことの両方の面から餌やりを考えた方が良いでしょう。

さてそんな週末ですが、入荷は通常どおりどんどんやってきております。
土曜はさておき日曜と月曜が楽しみになるラインナップです。

ヒョウモントカゲモドキ
スーパーマックスノー(ベビー)
みんな大好きスーパーマックスノーの国産ベビー。
容姿の愛らしさと妙な頑健さが売りの、
不動の人気を誇る鉄板モルフです。
b0174337_22042000.jpg

スーパーマックスノーアルビノ(ベビー)
上記の子と同じところで殖えた今年生まれのベビーです。
モノトーンのスーパーマックをアルビノにすることで、
優しい暖色に仕上がりました。
b0174337_22042047.jpg

スーパーマックスノーアルビノ(♀)
こちらは同じ親から生まれた去年生まれの一歳(♀)。
b0174337_22042022.jpg

ベルアルビノ(♀)
トレンパー、レインウォーターと並ぶベルアルビノ。
模様が濃く残り、目の色素が薄くより赤くなるタイプのアルビノですので、
コンボにした時にもその特徴が反映されます。
b0174337_22040034.jpg

ソメワケササクレヤモリ(♂)
お馴染みソメワケササクレヤモリ。
初心者でも繁殖が容易というスペックの高さがポイントです。
この二匹も国内繁殖個体とその親ですので、
若いオスもしくは経験あり個体で是非チャレンジしてみてください。
b0174337_22032872.jpg

b0174337_22024229.jpg

マングローブモニター(ソロモン産・ベビー)
様々なタイプが次々と新種に分けられていくマングローブ。
今回来たのはソロモン産らしく黄色いスポットが数多く散りばめられた派手めな個体。
b0174337_22032871.jpg

b0174337_22024230.jpg

入荷翌日にはコオロギに向かって嬉しげに突撃してくるテンションの高さ、
前回のブログで紹介したナイル達(※完売)よりも強靭なメンタルが窺えます。
一週間でフードに餌付いた彼らの記録を抜いてくれそうな有望さ加減です。

コーンスネーク(アネリストライプ・♂)
ベーシックかつ汎用性の高いモルフを組み合わせたアネリストライプ。
モノトーンかつストライプにすることで、
スッキリしたコンセプトに仕上がりました。
b0174337_22015175.jpg

今回入荷したのはオスですが、以前入荷した個体でメスも在庫しています。

アマゾンツリーボア
ひょろ長いボディに顔の厚みが際立つアマゾンツリーボア。
今回は色味の異なる2匹が入荷しました。
こちらが赤味の強い個体。
b0174337_22015712.jpg

こちらはモノトーンな個体。
b0174337_22084429.jpg

キマダラチズガメ(国内CBベビー)
この血統は黄色い斑模様の周りまで黄色が出てくるタイプで、
それに伴って顔や手足の黄色いラインもバッチリ太く走っています。
b0174337_21564083.jpg

b0174337_21564088.jpg

ニセチズガメ(国内CB)
愛好家の下で繁殖されてやってきたニセチズガメ。
b0174337_22013172.jpg

昔から色々と曖昧なグレーマップですが、 
今回入荷したのは虹彩や頭頂部の柄などからセレクトした、
店長お墨付きの本物の"ニセ"チズガメなのです。
b0174337_22013055.jpg

大中小と各サイズ取り揃えております。

アシポチヤマガメ(Pr)
盛り上がった甲羅が雄々しいアシポチヤマガメ。
嬉しいことに久々に来たワイルドで、
調子も良く立派な有難いペアです。
b0174337_22002011.jpg

b0174337_22002003.jpg

b0174337_22002000.jpg

b0174337_22002054.jpg

ズアカヒラタヘビクビガメ(S & Pr)
オレンジと黒の対比がビビットなプラテミス。
綺麗なペアが揃いました。
b0174337_21593069.jpg

b0174337_21593079.jpg

更に今回は珍しいことにワイルドのスモールサイズも!
基本的に上記のアダルトサイズしか来ないので、
なかなか得難いレアなサイズです。
b0174337_21593053.jpg

b0174337_21592939.jpg

ハラガケガメ
まだまだ育て甲斐のある安心サイズのハラガケちゃん。
ベビー期を無事通り過ぎているため、すぐに泳がせて飼える楽しみがあります。
b0174337_21583722.jpg

正面顔がキュートです。
b0174337_21583794.jpg

サルヴィンオオニオイガメ(グァテマラ産・♀)
将来有望ながっちりサルヴィンオオニオイガメ。
b0174337_21580846.jpg

メキシコ産に比べ大型になるグァテマラ産、
加えてメスということで是非夢はでっかく巨大に育てていきましょう。

スジオオニオイガメ(♂)
甲羅によく柄が出ている綺麗なジャイマスです。
b0174337_21575300.jpg

前の飼い主さん曰く、硬いものをしっかり噛ませて育てていたそうで、
甲長の割に頭が発達しているナイスプロポーションです。

スッポンモドキ(M)
最近ではめっきり見なくなったスッポンモドキ。
もう現地から来ることは殆ど無いといっても過言ではないので、
貴重なチャンスと言えるでしょう。
b0174337_21564091.jpg

アメフクラガエル(L)
みんな大好きもちもちガエル、アメフクラ。
数年おきにWC個体が出回りますが、
飼い込み個体が出ることはかなり珍しいです。
b0174337_21553422.jpg

b0174337_21553485.jpg

きっちり飼い込まれてむっちり太った、
状態最高の超安心個体×2です。
b0174337_21554903.jpg

ソロモンジャイアントオオムカデ(レッド)
俗称ソロモンファイヤーセンチピード。
滅多に来ないソロモン便では様々な種類が来るようですが、
今回来たのは通称ファイヤーの赤いタイプ。
b0174337_21554905.jpg

ヒメタイコウチ(愛知県三河産・国内CB)
体長2センチほどの肉食昆虫、ヒメタイコウチ。
生態に謎が多く、三重県では天然記念物に指定されています。
b0174337_21555065.jpg

普通のタイコウチと思って飼うと失敗しますので、
飼い方はスタッフまでお尋ね下さい。
b0174337_21554912.jpg

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2019-10-11 22:32 | 新着情報