2018年 04月 13日 ( 1 )

こんにちは中山です。
晴れた日でも風が強くまだ涼しい日もある一方、
雨が降ってもあまり気温が下がらなくなってきました。
この不安定な感じがらしさなのではありますが、
もう暖かいしいいかなーとヒーターを外した矢先に冷え込むという、
春先にあまりにもよくあるパターンにはまらないように注意しましょう。

さて今回はちょっとマニアックなトカゲとヘビを中心に、
様々なペアが入荷しています。

ツェッヒオニプレートトカゲ
トーゴあたりから最近流通しているツェッヒオニプレ
b0174337_22040987.jpg

b0174337_22040826.jpg

ハンドリングはかなり容易で机の上にただポンと置いても、
特に慌てず焦らずのんびりと構えているような二匹です。
b0174337_22040979.jpg


ナイルモニター(ベビー)
b0174337_22100322.jpg

手に乗せても噴気音が聞こえない将来有望なナイルベビー
イエローヘッドかと思うほどの驚異のおとなしさです。
b0174337_22104680.jpg

といってもけしてテンションが低いとか体温が低いとか言うわけではなく、
コオロギをすいすい仕留めるどころかレパシーミートパイを口にしてみたり、
はては丁度先週ご紹介したレオパブレンドフードにまで興味を示してくれている
実に頼もしい食いしん坊っぷりを見せてくれます。

ピーターズバンデッドスキンク
b0174337_22092409.jpg

黄×黒のバンド模様がずんぐり感を強調しているサハラナミダメスナトカゲ
b0174337_22093027.jpg

b0174337_22093523.jpg

入荷して一週間足らずでしっかり頭を挙げた姿勢をとり、
逃げるコオロギを追い掛け回してくれる状態バツグンなピーターズです。

クラカケカベヤモリ(Pr)
b0174337_22034597.jpg

ずんぐりむっくり体型と鱗の目立つ質感が魅力的なクラカケペア
無地系が多いカベヤモリの中では珍しくがあるタイプです。
b0174337_22034593.jpg

b0174337_22034518.jpg

足が速そうに見えて、
そっと手に乗せることもできます。

アサギマルメヤモリ(Pr)
b0174337_22063965.jpg

浅葱色のグラデーションが綺麗なアサギマルメヤモリ
小ささの割にあまりこちらを怖がる様子がなく、
堂々とド真ん中に座ってこっちを見ている豪胆な性格のようです。

b0174337_22063943.jpg


b0174337_22063946.jpg

まだ小さいのでコオロギも与えていますが、
クレステッドゲッコーフードで飼えるのが嬉しいところです。
b0174337_22063977.jpg


ムジサビイロクチバシヘビ(ベビー・Pr)
b0174337_22072300.jpg

大きな瞳と尖り気味の小顔が可愛いクチバシヘビ
b0174337_22072332.jpg

b0174337_22072399.jpg

基本的に流通するのは小傷が目立つ大きな野生個体が多いので、
小さくて綺麗でかつベビー過ぎないこの素敵なサイズでの入荷は珍しいです。

オリーブハウススネーク(ブラック・♀)
目が小さめでパイソンっぽい顔立ちのブラックハウススネーク
オリーブハウススネークのブラックタイプです。
b0174337_22080209.jpg

キラキラとホログラムがかった真っ黒な体が美しいヘビです。

ミドリタマゴヘビ(Pr)
細い鱗の並んだ体に繊細な模様が入ったミドリタマゴヘビ
b0174337_22081238.jpg

もちろんキチンとうずら卵を呑んでくれるサイズです。
b0174337_22081231.jpg

パッと見どう考えても入りそうになく見えるのですが、
細長い鱗の隙間のものすごくよく伸びる皮と、
可愛い顔から予想以上に開く顎ですいっと呑む姿は一見の価値ありです。


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com


[PR]
by herptilelovers | 2018-04-13 22:21 | 新着情報