2018年 03月 02日 ( 1 )

先日の大阪レプタイルズフィーバーでは沢山のお客様にご来場頂きありがとうございました。
夏のフィーバーにも劣らない大盛況で、
当店からも沢山の生体が新しい家族の元へと旅立って行きました。

さてイベントから帰って来て落ち着く間も無く、
様々なジャンルから新入荷がありますのでご紹介いたします。

ファンシーラット
b0174337_21303643.jpg

お待たせしました!新しい世代がどどんと数十匹!
そっと指を差し込みたくなるふあっふあのベビーラットが選び放題です。
母ラットたちもべったり懐いている個体なので、
本当に仔の群れに触っても全く怒らずのんびり構えていてくれます。
b0174337_21303787.jpg

ダンボ、レッキスなどなど毛色も色々!
b0174337_21303782.jpg

まだもう少しお母さんが恋しいチームもいますが間もなく離乳できそうです。

クレステッドゲッコー(ダルメシアン)
b0174337_21294107.jpg

明るく均一な地色にスポットが散りばめられたダルメシアン
スポットのサイズや密度にも個体差好みが様々ですが、
この個体はスポット小さめタイプ。
b0174337_21294227.jpg

クレスフードをもりもり食べてくれる健康優良児です。

ヒョウモントカゲモドキ
エクリプス
b0174337_21293008.jpg

綺麗なハーフアイのエクリプス
背に集まるような模様もチャームポイントです。
b0174337_21293069.jpg


ベルサングロー
b0174337_21303786.jpg

オレンジがかった地色が眩しいベルサングロー
目も赤味がかっていて神秘的です。
b0174337_21303628.jpg


カリフォルニアキングスネーク
コースタルアベラント(チョコバナナ・♀)
b0174337_21280954.jpg

模様のよく乱れたコースタル
黒い部分の色が茶色くなっており、
黄色と併せてお菓子のような味わいになっています。

アルビノコースタルストライプ(♂)
b0174337_21280973.jpg

元がコースタルなのでアルビノになった結果黄色が残り、
抜けた部分の桃色と相まってっぽいカラーリングになりました。
バナナピーチといったところでしょうか。

ホンジュランミルクスネーク(アネリスリスティック・♀)
b0174337_21280883.jpg

華やかなトリカラーから暖かみのあるモノトーンになったアネリ
地色の淡い影やブラックチップなど、
元からモノトーンのヘビとはまた違った趣があります。

カラスヘビ(♀)
b0174337_21284032.jpg

綺麗な濡れ羽色に染まったカラスヘビ
元はシマヘビの黒化個体なのですが、
色変とともに性格も丸くなっています。

カラバリア(♂)
b0174337_21280898.jpg

一瞬ものすごく大きな何者かの落とし物なのかとつい構えてしまうカラバリア
かつてはジムグリパイソンと呼ばれていましたが、
ボアの仲間とわかってからは主に学名で呼ばれているようです。
b0174337_21280850.jpg

旧名の印象から潜ってばかりかと思いきや案外すすんで姿を現してくれるので、
いつでもこの面白ボディを楽しむことができます。

バブコックヒョウモンガメ(♀)
b0174337_21264909.jpg

威風堂々と歩き回る大きな大きなバブコックさん。
捕まえようとしても甲羅に引っ込むどころか、
ダッシュで逃げおおせると思っているように脚力で張り合ってきます。
b0174337_21264879.jpg

ヒョウモンガメはシャイで引っ込み思案という定評は、
育つ過程でどこかに放り捨ててきたらしい猪突猛進な白い巨岩です。

キボシヌマガメ(ハイカラー)
b0174337_21263969.jpg

放射模様がくっつきあって白くきらめくキボシヌマガメ
甲羅のみならず顔や手足にまで白さが及んでいる状態で、
これからの成長が楽しみで仕方ありません。
b0174337_21263949.jpg


アンダーソンサラマンダー
b0174337_21262944.jpg

白い地色にマーブル模様が際立つ美個体アンダーソン
幼形成熟で有名なウーパールーパーとは近い仲間ですが、
より大きな外鰓太短い体型が魅力的なサラマンダー。
b0174337_21262962.jpg

b0174337_21262959.jpg

熱帯魚のような趣きもあるビビットな斑模様です。

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com



[PR]
by herptilelovers | 2018-03-02 21:50 | 新着情報