人気ブログランキング |

2015年 03月 30日 ( 1 )

こんにちは中山です。
ヒーターを切るにはまだ少々早いですが随分暖かくなり、
3月も終わって平成27年度がやってきます。
卒業や入学、転入や移動など慌ただしい季節ですが、
引越しや独立を機に新しく生き物を飼い始めようという方も多いようです。
これから暖かくなっていきますしお迎えするにはいい季節かもしれませんね。

さて今日ご紹介するのは前回にひきつづきヒョウモントカゲモドキ第三弾!
飼育は簡単なほうなので初めての方にもオススメできるヤモリです。

ディアブロブランコ(エクリプス)
b0174337_20171925.jpg

純白の体躯真紅に燃える両眼
その禍々しい姿から悪魔の名を冠したディアブロブロンコ
スペイン語で白い悪魔を意味しています。
b0174337_20173993.jpg

悪魔だよー!
b0174337_20175368.jpg

どうもこの子は性格が陽気で懐っこいので可愛い印象が強く、
悪魔というよりイチゴぷっ〇ちょのようなイメージ。
b0174337_20194355.jpg

下記のアルビノリューシより更に白さが美しいため、
白飛びして紙細工のように写ってしまわないよう飼育ケージ内でパチリ。
撮影中にもカメラとそのひもに興味津々です。
b0174337_2019455.jpg

笑みを浮かべたような顔をこちらに向けて尻尾をふりふり元気に歩き、
ガラスを掻いて餌をねだる姿につい笑みがこぼれてしまいます。

ディアブロブランコ(スネークアイ)
b0174337_20213173.jpg

上記のディアブロブランコのスネークアイの個体です。
通常の猫目やまんまるエクリプスとはまた違った、
どことなく何事か思案しているような面持ち。
b0174337_20215444.jpg

正面から見ると寄り目のようなとぼけた表情にも見えます。
b0174337_2022425.jpg

アルビノエクリプスの宿命で視力は少し弱いようですが、
ピンセットで口先に触れさせた餌に即座に食いつく食いしん坊です。

マックスノー(♂)
b0174337_20222361.jpg

共優性遺伝のヘテロモルフマックスノー
前回ご紹介したスーパーマックスノーはこのマックスノーのスーパー体にあたります。
マック氏が作出したスノーなのでマックスノー、マックススノーではありません。
b0174337_20224066.jpg

黄色の中に地色が白い部分が散りばめられた不思議な模様をしています。
b0174337_20225391.jpg

頭と同じくらいの幅にまで育ったぷりぷりの尻尾
むっちむちの体型が育ての親からの溢れるを物語っています。

アルビノリューシ(♀)
b0174337_20231469.jpg

リューシスティックにアルビノを乗せて、
よりすっきりと黄色くなったアルビノリューシ
b0174337_20232838.jpg

すいっと伸びた尻尾はもちもちの桜色です。
b0174337_20234172.jpg

のんびりした性格で産卵経験もあり
繁殖するにも愛玩するにも実に頼もしい女の子です。

本日ご紹介したヒョウモントカゲモドキについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2015-03-30 20:36 | 生体