人気ブログランキング |

2014年 08月 14日 ( 1 )

こんにちは新人の村井です。
今回の村井ブログの主人公は前回に引き続きヘビです。

どの生体かと言うと先日ケージレイアウトをした、マクロットパイソンです!!
マクロ゛ッティ(巻き舌で)_b0174337_21343147.jpg

なぜ僕がここまでマクロッティを紹介しているのか、
それはボールパイソンの次に飼ってみたいからです。
マクロ゛ッティ(巻き舌で)_b0174337_2135293.jpg

まずは恒例にしていこうかと画策中の簡単なおさらいコーナーから。
正式な和名はマクロットニシキヘビ、
英名はMacklot's Pythonです。
そして学名はLiasis mackloti macklotiなんですね。
僕がマクロッティと言うのはこの学名から来ているのです。
響きが可愛くありませんか?「マクロッティ」…

別名として「インドネシアンウォーターパイソン」と呼ばれることもあり、
その名の通りインドネシアの水辺を好んで生息しています。
最大全長は約250センチ!
やはり自分の身長を優に超えてくる生体はいいですね!!
おさらいはここまでにしておいて、
当店のマクロッティをご紹介いたします。
マクロ゛ッティ(巻き舌で)_b0174337_21353679.jpg

当店の個体はおよそ2メートルと言う、店の中で二番目に大きい個体です。

僕の特に好きな所は目です。
この完璧な猫目!
マクロ゛ッティ(巻き舌で)_b0174337_21355281.jpg

猫好きな僕としては丸すぎず細すぎず丁度いいラグビーボール型の瞳が、
とても良いですね!!

そして一見薄茶色のような灰色のようなくすんだ鱗をしている様ですが、
光が当たると虹色の光沢が浮かび上がるのです
初めて虹色に輝くヘビを見たので一気に虜になりました。
この光沢は一度手に取って見て頂きたいものです。
マクロ゛ッティ(巻き舌で)_b0174337_21361599.jpg

何と言ってもマクロッティには珍しく、
とても人懐こく穏やかなので今まで凶暴なイメージをお持ちの方や、
初めてヘビをハンドリングする人にも安心です!!
マクロ゛ッティ(巻き舌で)_b0174337_21362124.jpg

また、当店の個体は置き餌でもしっかり食べてくれるので、
忙しい時でも楽々です。

本日ご紹介したマクロットパイソン(XL・♂)についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2014-08-14 21:43 | 新着情報