人気ブログランキング |

2014年 05月 21日 ( 1 )

こんにちは、中村です。
最近私事ではありますが、メダカにはまっています。
高校生の時から好きで、家でもたくさん増やしていたのですが、
名古屋に就職することが決まったのでその時はすべて手放してしまいました。
ですが、メダカ病が再発し、完全にスイッチが入ってしまい、
もうすでに何種類か集めだしてしまっています。
品種改良が進んでいるメダカはとても美しく、
眺めているだけで私の癒しとなってくれています♪

この前もお客さんとメダカの話をしていたら、
若いのにめずらしいねっと言われました。
メダカを趣味としている方は結構年配の方が多いらしく少し不思議がられました。
私はミズガメといい、メダカといい、
渋いねぇと言われてしまう趣味がどうやら多いようです。

さて、本日のピックアップはファンシーラットです。
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18531716.jpg

たくさんの注文をいただき、だいぶ数も減って来ています。
やはり、顔や模様の可愛い子からどんどん売れていってしまっていますし、
最近では性格を重視される方も増えています。
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18532885.jpg

元々、当店のラットたちはみんな性格が良く、人に噛み付いたりすることもありません
集団で暮らしているので、相手とじゃれ合いながら加減を覚えて行っています。
なので、人にもよっぽどのことが無い限り噛み付いては来ませんし、
撫でてあげると落ち着いて寝だしたりするのです。
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18533524.jpg

そして、ラットは男の子の方がよく懐いてくれると言われていますが、
実は女の子もよく人に馴れてくれます
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18535321.jpg

どうしてオスの方が懐くと言われているかというと、
メスは妊娠や出産したりすると気が張り、ツンとした性格に成りやすいので、
妊娠、出産をしないオスの方が馴れてくれるということになります。
やはりメスは子育てをしなくてはという思いが強くなるので、
人間をあまり受け付けなくなってしまうのですが、
出産を経験させなければ、オス同様可愛がることができます

結局、小さいうちからきちんと愛情持って人間が育てて上げると、
その分ラットもこちらに気を許してくれるようになるのです

なので、単独でペットとして飼育されるのなら、
オスメス関係なく顔や模様で選んで頂いた方が良いのかなと思います
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_1854320.jpg

そして女の子の方が、互いに毛づくろいをしあうことが多いです。
これを母性本能と言うのでしょうか。
うとうとしている子がいたら隣りに寄り添い、
優しく毛づくろいをしてあげているのです
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18554253.jpg

そういう光景をみるとはやりメスのほうが愛情深いのかなと思います。

この前のブログでスキニ―ラットを一匹限定で販売しましたが、
直ぐに売約がかかりました。
今日はスキニ―ではありませんが、
全身の毛がチリチリになっている可愛らしい女の子を一匹限定で販売します
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_1854153.jpg

しっかりと模様が入っている毛色なのに、
その毛は短く、チリチリと丸まっています。
なので触った感覚が綿のようにふわふわです
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18542293.jpg

私が一押しするポイントはこのお腹の毛
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18542834.jpg

まるでぬいぐるみのような毛並が触れ合っていて気持ち良いです。
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18544051.jpg

薄っすらと透けている地肌、ヒゲ先がクルンっと丸まっている所、
文句なしの可愛さです☆

最後にご紹介するのは当店生まれの子ではありませんが、
とっても懐いていて大人しいハスキーラットたちです
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18544934.jpg

男の子2匹、女の子2匹います。
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_18545576.jpg

私はダンボを見慣れているので、
最初は耳の位置が違う普通のラットに少し戸惑いましたが、
今ではこれはこれで可愛いのかなっと思っています
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_185519.jpg

手の平に乗せるとどの子もものすごく大人しくしています。
ファンシーラットのあれこれ。_b0174337_1855629.jpg

ダンボに比べると結構お値打ちな価格です
気軽にお問い合わせください。

本日ご紹介したファンシーラットについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2014-05-21 18:58 | 新着情報