人気ブログランキング | 話題のタグを見る

暑さに負けない、激アツ新入荷!

こんにちは、店長の馬場です。
ここ最近、当店でもようやく暖房とおさらばできる時季を迎え、
いよいよ爬虫類の飼育が容易くなるシーズンに突入!
かと思いきや、突然の暑さに辟易しているお客さま多数…
梅雨入り前とは思えぬ気候に、驚きを隠せませんが、
何でも今年は猛暑になるとの予報も出ていますから、
飼育温度の管理には日々気を抜かず、ケアを続けていきたいものです。

本日、久しぶりにエサ用の活ヤモリが入荷しました!
ウェブサイトのトップ、お知らせコーナーにも記載しましたが、
ご入用の方はお早めのお問い合わせ、ご来店をお待ちしています。
もちろん、通信販売での対応も可能です!

さて、今夜のブログはまたまた選りすぐりのメンバーが勢揃い!
久々の両生類に、トカゲとカメでフィニッシュです!
(ヘビ中心の方々、今週はごめんなさい)
個人的に、お気に入りの個体ばかりなので写真が間に合う気がせず…
ひとまず、どのタイミングで(ヒトが)力尽きても良いように、
骨組みだけは作っておきましたので、順番に肉付けしていきます。

毎度お待たせしてしまい申し訳ありませんが、
暫しお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など) / 雑誌・書籍
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

デニスアオガエル(ベトナム産・ベビー)
※複数匹います!
知る人ぞ知るツリーフロッグ界の裏ボス的存在が、最高に可愛いベビーにて!
個人的に、その名は頭に入ってはいたものの、現物となかなか巡り合えず、
わざわざブログのトップに持ってきただけあって、めちゃんこオススメ!
本種およびベトナムオオアオガエルについては、なかなかややこしく、
この場にてざっくりと(箇条書き風で)全貌をおさらいしたいと思います。
------------------------------
外見での区別は困難、そもそも学名と実物が合っていないかもしれない、
つまりデニスとベトナムの特徴が入れ替わる可能性もある、
表向きの最大サイズは従来のベトナム名義の方が大きい、
ただし従来のデニス名義でもイエアメ相当のサイズ感という設定、
過去に流通したこれらの仲間の大型個体は実質ツリーフロッグ最大級、
そのボリュームはイエアメはもちろんあのジャイアントネコメをも凌ぐ…
------------------------------
と、こんな材料が頭に入っていれば、引き続きこの後も戦えるようになります。
私が何をお伝えしたいのかと申しますと、前提として「よく分からない」は拭えずとも、
これはある種の“ガチャ”であり、最低でもイエアメクラスのボリュームは楽しめ、
当たりが出れば、とんでもないお化けガエルと遭遇することになるという、
ここまで来ると、ひとまず育ててみる以外の選択肢が見当たらない
すんごい素敵なツリーフロッグであることが、お分かり頂けたでしょうか。
今回、勢い余ってそこそこたくさんゲットしてしまったため、今なら選べます!
中には既にピンセットから給餌が可能な個体もいて、
難易度的には、それこそイエアメベビーの飼育と何ら変わりありません
何も考えずに冒頭から書き過ぎてしまいましたが、ひとつ悲しいのは、
案外コンスタントには流通しないため、次はいつ会えるのやら、という点。
これ以上書くと、同じことを何度も言いそうになってしまうため、
続きは店頭にて、詳しくお話ししたいと思います!
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03045320.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03045317.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03045387.jpg

グレーターサイレン(ハイカラー・M)
渾身の、“金粉マシマシ”ハイカラーセレクト!
テーマは「心の解放」、ただ私の好きなものを好きなように
それが伝わるのか、喜ばれるのかは後から考えよう、という企画です。
実際に手元で育て上げられるかという問題は一旦置いておくとして、
真の大型個体は、太さが500ミリのペットボトルぐらいになるという、
本当に恐ろしい、もとい素晴らしい有尾類のひとつだと思います。
ちなみに、グレーターで金粉を強く意識する感覚は、
肺魚のエチオで鮮やかなキリン模様を目指す感覚と、恐らくよく似ています。

(以下、加筆分)

前回のブログにて、“ウーパールーパーのリムジン”とご紹介しましたが、
もちろんウナギでもなければヘビでもない、歴とした両生類の仲間です。
上で名前を出したハイギョは、その名の通り魚類の仲間ですが、
こういった形態はある種の収斂進化なのでしょうか(私は肺魚も好きです)。
サイレンがぶっ飛んでいるのは、体の序盤一割のみ普通っぽいデザインで、
その前肢には手指はもちろん肘まできちんと付いている訳ですが、
首の後ろから急に両生類をやめてしまったような、謎の潔さにあります。
こんな訳の分からない珍生物が、一般家庭の水槽やプラケースの中で、
きちんと生き永らえてくれるというだけで、彼らには感謝しかありません。
詳しい飼育方法などは、店頭にていくらでもお話しいたします。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01000711.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01000733.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01000727.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01000748.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01000741.jpg

フタユビアンフューマ(M)
パーフェクトな肌艶と、ダブルピースが似合う最高の笑顔で勝負!
ご察しの通り、心の解放企画パート2が、こちらのアンフューマ。
私にとって、サイレンとアンフューマとは、比較する対象ではなく、
どちらの方がどれぐらい好きだとか、そういう類のものではありません。
この関係性は恐らく、ラーメンとチャーハン、パスタとピザ、
他にも色々あるかもしれませんが、おおよそそのようなイメージだと思います。
この生き物には、有難いことに個体差のようなものは殆どないため、
初期のダメージの少なさ、健康状態や指を含む各パーツの状態でセレクトしました。

(以下、加筆分)

よく読み返したら、アンフューマという生き物の説明が殆どなく、
約半分を食べ物の話が占めていたという悲劇が起きていました。
ただし、こういう類のものは理屈ではないような気もしていて、
私自身、何故この長いものが好きなのか、その理由を説明するのは困難です。
ひとつ分かっているのは、この手の顔はストライクゾーンなので、
熱帯魚の世界で言えば、デンキウナギやジムナーカスなども興味の対象に含まれます。
長年疑問なのは、本当にざっくりとした話で恐縮ですが、
イルカやジュゴン、マナティなどが“かわいい”の対象となるはずなのに、
何故この辺りの生き物はその仲間に入れてもらえないのでしょうか。
ちなみに、サイレンには前肢しかありませんが、こちらアンフューマには、
本当にささやかですが、四肢、と呼べるものが存在しています。
飼育自体は決して難しくありませんので、急な暑さに頭がやられてしまった方など、
それこそ少し気の迷いでトライして頂くぐらいが、ちょうど良いのかもしれません。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_00202805.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_00202984.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_00202985.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_00202829.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_00202946.jpg

トッケイヤモリ(ベビー)
カメラを向けたら、やっぱり怒られてしまいましたが、とにかく元気!
ベビーからの育成は憧れますが、どうしても初期状態が心配になります。
今回は輸入され、暫しのトリートメント期間を経てシャキッとした、
きちんと下地の整えられた、スキのないベストコンディションな1匹です。
特長的な赤いスポットも、鼻先から指先にまでとにかくビッシリで綺麗!

(以下、加筆分)

本当は、少し罪悪感が滲んでしまうため、口を開けたカットは撮らないつもりでしたが、
彼(彼女?)がどうしても威嚇しておきたい、ということだったので、
あいにく、少々攻撃的なビジュアルに写ってしまいました。
ちなみに、体色がややくすんでいるのは入荷して間もないからであり、
こうして加筆している現在では、いくらかスッキリとした色合いに変化していて、
こういったところからも、ヤモリ自身の胸の内が透けて見えるようです。
コオロギなどの虫をピンセットからきちんと食べてくれているため、安心!
ヤモリ界では屈指の大型種ですから、幼い時期からスタートすることで、
立派に育て上げられた暁には、その愛着や思い入れもひとしおとなることでしょう。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02272097.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02272061.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02272072.jpg

バナナヤモリ(♀)
久々のバナナ、実際に流通する平均サイズよりも小振りなものをチョイス!
若くてフレッシュ、ボディもピカピカ、育て甲斐たっぷりです。
写真では何故かハンドリングできていますが、恐らくまやかしでしょう。
成長に伴い、体の奥から濃厚なイエローが染み出してくるのが楽しみ!

(以下、加筆分)

今回、とにかく強く意識したのはサイズと、ボディのツヤピカ感!
飼育下で繁殖されるケースが殆どないバナナは、それでいてきちんと育てれば、
とても色鮮やかなヤモリに仕立てることができるはずですから、
少しでも小さな時期から飼育をスタートできれば、
その願いも叶えやすくなるはず!と信じてこんな1匹を選んでみました。
安価だからと侮るなかれ、末永く大切に付き合っていきましょう。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02271759.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02271767.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02271775.jpg

ガーゴイルゲッコー(国内CB)
レッドマーブル(ベビー)
まるで火の玉が降り注ぐかのような、勢いのある発色に期待大!
本種の模様は大きく2パターンに分類され、
それぞれマーブル、ストライプと呼ばれていますので、
今回は便宜上、レッドマーブルの表記を用いましたが、
自由なネーミングが許されるのであれば、“ファイアボール”で決まり!
ガーゴイルもクレスも、幼体が最も地味で、成体が最も派手になる特徴があり、
つまり、発色の程度は成長に従ってより強まっていくのが常ですから、
ベビーサイズの現時点でこの色合いということは、期待しない訳には参りません。
本当のベビーよりも少々育った安心サイズですから、初めての方でも安心!
早くもクレス(ラコダク)系の専用フードに餌付き、準備万端です。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03542627.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03542654.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03542635.jpg

ホワイトマーブル(S)
お陰様で、写真のみの掲載で早速SOLD!
マーブルとは、日本語で大理石のこと。
波紋のように広がる黒く儚い模様が、まさにそれをそのまま表現した、
ありそうで意外となかった見事なデザインに、一目惚れしました。
ベビーよりも少し育ったふっくらサイズで、今後の成長も楽しみ!
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_04054352.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_04054384.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_04054201.jpg

ニシアフリカトカゲモドキ(ノーマル・ベビー)
ノーマルカラーが入手難なこのタイミングで登場した、嬉しいベビーサイズ!
明色のバンドが、より明るめで、オレンジとイエローな2匹をセレクト!
餌食いも良好で、これからすくすくと順調に大きくなってくれそうです。
円安の影響も随分とあって、モルフの入ったニシアフは高値安定…
リーズナブルながら、可愛らしさは抜群なノーマルバンデッドを、是非この機会に!
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_14123938.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_14124046.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_14121336.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09371615.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(スーパーマックスノー)
通をも唸らせる、とてつもないクオリティで魅せる最高水準の個体が2匹も!
スポット状になったもの、ストライプ状になったもの、それぞれです。
撮影のタイミングで、あいにく若干のくすみが出てしまいましたが、
ふたりとも地肌の“抜け感”がハンパなく、スキッとした白さが突き抜けています。
このレベルは、輸入される度に毎回ゲットできるのかと言えば、できません…
同じスーパーマックスノーを育てていく上で、更なる高みを目指し、
並のものとは似て非なる、別世界へとお連れしたいと思います。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03295438.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03295647.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03295877.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03300195.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03300260.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_03300259.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(ハイポゼロ)
フトアゴ最高傑作のひとつ、その白さで頂点に君臨する憧れのハイポゼロ!
今回、輸入された多数の中から、白さに関わるクオリティを意識した上で、
体の表面のトゲトゲが、一番トゲトゲしているものを選んでみました!
また、初期状態にも拘ったお陰で、入荷して以来シャキシャキで楽々育成中!
体質の弱さが囁かれるモルフなだけに、この餌食いと動きの素早さは有難い限りです。

(以下、加筆分)

写真を撮影してから現在、更に数日が経過していますが、
早くもサイズアップし始めたのではと感じられるほど、
明らかにお腹周りのお肉が充実してきて、ベビーにしては余裕を見せ始めています。
上で触れた、トゲトゲについては少し分かり難かったかもしれませんが、
一言で表せば、“逆レザーバック”という形にもなるでしょうか。
一体何を言っているのだ、と怒られても仕方ないかもしれませんが、
フトアゴの持つ、体表の鱗の粗さにはやはり個体差があって
例えばレザーバックのツルツル具合に、クオリティの差が生じるのと同じで、
ノーマル状態でも、トゲトゲ具合には個体間に違いが出て然るべきなのです。
つまり、純白ボディが余計トゲトゲになったら格好良いだろうなという、
単なる私の個人的な好みの話でした。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02091747.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02091751.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02091781.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02091793.jpg

ベルバタフライアガマ(ベビー)
正直、かなりマイナーなキャラクターであることは否めませんが、
もっと多くの方に知ってほしい、飼って楽しい、育てて楽しい昼行性トカゲ!
地面を走れば木にも登り、虫も食べれば野菜も食べる、素直で高機能な珍種。
ベビーは可愛らしく、大きくなるに連れて鮮やかな発色も期待できる、
正統派なトカゲらしさと、私たちの期待する嬉しいポイントが散りばめられています。
首を何度も傾げたくなるほど安価な種ですが、お値段以上であることは間違いありません。
背中の明色部の発色が鮮やかな2匹を、しっかりセレクトしてみました。

(以下、加筆分)

自ら設定しておいて、誠におかしな話なのですが、何度考えても、
このトカゲがこのコンディションで、この価格帯で販売されることに、
良い意味で、なのでしょうか、全く理解できないというのが現状です。
一言で言えば、もったいない!という言い回しにもなろうかと思いますが、
もったいなくないようにするにはどうすれば良いのか、
今はそれを考えてあげるのが、トカゲのためになるのでしょう。
つまり、めちゃめちゃ格好良いヤツに仕立ててあげることこそが、
このモヤモヤを晴らす、遠回りなようで最も近道なのだと考えられます。
どのような飼育方法で、どのように付き合っていくのが良いのか、
もしお付き合い頂けるのでしたら、店頭にて一緒にご相談しましょう。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02513233.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02513369.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02513274.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02513228.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02513267.jpg

アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー(♀)
通常、片手でひょいと持ち上げるようなサイズではありませんので、誤解のなきよう。
撮影のため、かなり頑張りましたが、なかなかに育ったサブアダルトのメス!
半々よりも白勝ちな、かなり美しい個体が、むっちり丁寧に育て上げられたもの。
でっぷりとしたオスの横顔が好きな方はもちろんいらっしゃった上で、
意外と、メスのスッキリとした小顔が好み、という方も多いのではないかと思います。
爪指も綺麗に揃った、ケチの付けようがない、良い仕事をされている素敵な飼い込み個体です。

(以下、加筆分)

元々、どちらかと言えば肉食寄りの食生活を送ってきたそうで、
当店にやって来てから、少しずつでも雑食のメニューに慣らしていこうかと
今後の計画を練っていこうと考えていた矢先に、
フトアゴやアオジタなどに与える人工飼料に、いきなり餌付いてしまいました!
これ以上望むことがあるとすれば、それは緩やかなサイズアップなのでしょうが、
それこそ次のオーナーさまに、そこは是非とも託したいと思いますので、
こちらとしては準備万端、いつでもお渡しできるベストコンディションです。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02092148.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02092178.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02092177.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_02092121.jpg

ブラジルクジャクガメ(USCBベビー)
ドルビグニーことアルゼンチンクジャクガメの稀少亜種、遂に降臨!
判別の難しさ、あるいは亜種の有効性、諸々議論になることも多いヤツですが、
結論から言えば、系統のひとつとして後世に残すべき存在だと思います。
それが地域個体群だったとしても、個体差だったとしても、解釈は人ぞれぞれ。
コンスタントに、安定して出回っている、ように見えるアルゼンチンでさえ、
冷静に考えると、今日においては実質一系統しか入手できない訳ですから、
そのバリエーションとしての面白さが存分に詰まった、今回のブラジリエンシス。
アルゼンチンがオレンジだとすれば、ブラジリエンシスはイエロー。
事前情報に違わぬ色彩の差異もまた見事で、期待通り、あるいはそれ以上の美しさ!
海の向こうで密かに暗躍するブリーダーが、あえてブラジリエンシスの名で、
きちんとブリーディング、そしてシッピングしているところにはもちろん、
少数ながら、今回輸入された貴重な兄弟たちの形質が極めて安定しているところにも、
拘りだとかプライドだとか、そういったホビイストの魂のようなものを感じました。
そして個人的な嗜好により、明色のラインが全体的により複雑で発色強めな上に、
黒斑の主張も同じく強めな、“勝手にハイカラー”だと感じる個体をセレクト!
アカミミガメを取り扱うルールが変わった弾みで、スライダーの輸入が困難になり、
そうでなくとも年々縮小傾向にあったこのジャンルで、まさか令和の時代に、
こんなセンセーショナルなニュースが飛び込むとは、夢にも思いませんでした。
5年後も10年後も、思い出に残るカメになること間違いなしの、お気に入りの2匹です。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09361466.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09361486.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09361518.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09361495.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09361462.jpg

ジェフロアカエルガメ(ハイカラー・USCB)
数多く輸入された中から、より赤く黒い模様がより太いものをセレクト!
と、この価値観はあくまでも個人的な好みによるところが大きいのですが、
腹甲はもちろん、背面から見た縁甲板や瞳まで赤いのには感動!
そしてお腹の黒いラインもなるべく太く、格好良くしておきましたので、
成長後にも納得のクオリティが味わえると期待しています。

(以下、加筆分)

何にしても、昔からずっと変わらずそのままな気がしますが、
やはり相方のヒラリーの陰に隠れて、壁のようなものをぶち破れず、
長年、華やかな舞台に立たせてもらえる機会に恵まれず、今日に至ります。
最終的に、全てのカメが等しくスターダムに上り詰めることは不可能ですから、
これはこれでジェフロアの宿命なのかもしれませんが、
多くの人々にとって、カエルガメとはその正体が明らかではなく、
彼らの持つ魅力は、フルサイズに到達してこそ発揮されますから、
大型個体の持つ妖しさと格好良さを、いついかなるタイミングでも構いませんので、
カメ飼育人生のどこかで味わって頂ければ幸いに思います。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09070140.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09070278.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_09070128.jpg

オリノコマタマタ(ベビー)
特に喉の赤味がえげつない、と同時に笑顔も絶やさない可愛いベビー!
輸入されたてではなく、暫し国内でトリートメントされた飼い込みの2匹。
お陰で入荷直後より、冷凍の魚に見事餌付いてくれましたので、
この時点で、活きた魚を用いる必要がなくなりました!楽々安心!
詳しい飼い方のコツは、店頭にてみっちりとご指南させて頂きます。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13552842.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13553453.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13553470.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13553428.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13554092.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13554090.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13554185.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_13552902.jpg

ヌマヨコクビガメ(カラーアソート)
カラフルなヌマヨコ、そんな趣向は如何でしょうか。
ブラックグリーンオレンジ、私は素敵だと思います。
アフリカ大陸を席巻する最強のミズガメなだけあって、実はカラバリ豊富。
とは言え、ここまで尖った各タイプをサクッと集めるのは至難の業です。
簡単に再放送できる内容ではありませんので、お好きなカラーをお早めに!

(以下、加筆分)

アフリカ大陸では、ミズガメのバラエティが決して豊富ではなく、
ざっくり言えば、ヌマヨコとハコヨコの2グループしかいないことになります。
これら2属は、もちろん近縁であることに違いはありませんが、
面白いのは、ヌマヨコはたったの一種で、ハコヨコには十数種が認められ、
つまり後者は、多様な環境に合わせて分化を続けていた訳ですが、
ヌマヨコはたったひとりで、姿かたちを大きく変化させることなく、
数々の苦難に立ち向かってきた、スーパーマンのようなキャラクターなのです。
この呑気な見た目に、そこまでのタフさが垣間見えるのかと言えばそうではなく、
その並々ならぬ苦労を一切表面に出さない佇まいは、あまりにも格好良過ぎます。
つまりこのシンプルなデザインが意味するのは、無駄を全て削ぎ落とし、
生存するためにひとつの完成形を追求し続けた結果なのかもしれません。
そんなドラマも含めて、個人的にはかなりお勧めの水棲ガメです。
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_10012766.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_10012793.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01264425.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_10012723.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01264438.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_10012708.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01264484.jpg

クリイロハコヨコクビガメ(ブラック)
黒い!とにかく黒い!めっちゃカッコいい!こんなのなかなか見つかりません。
左の個体はオカバンゴかチャピニかというぐらい、腹甲まで真っ黒!
右の個体は頭部ベッタリ、爪真っ黒、キールバッチリ、つまり表はほぼチャピニ!
個体差の豊富な種であることは承知していますが、久々の大ヒット!
おまけに体表のダメージもごく少なく、言うことなし!
暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_10012474.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01531290.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01531270.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_10012473.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_01531180.jpg

暑さに負けない、激アツ新入荷!_b0174337_10012420.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
by herptilelovers | 2024-06-14 03:06 | 新着情報