人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オメデトー!オオタニサーン!

こんにちは、店長の馬場です。
4年に一度のうるう年の夜、いかがお過ごしでしょうか。
まずは大谷翔平選手、ご結婚おめでとうございます!
もちろん爬虫類とは全く関連性のない話題ですが、
今夜のブログを書こうとした矢先のニュースで、
驚かされたのと同時に、元気を分けてもらえました。
3月にはナゴレプも控えていますので、頑張っていきたいと思います!

さて、来たる3/23(土)、24(日)に開催される、
ナゴヤレプタイルズワールドに、当店も出店します!
当店は、ナゴレプと名の付くイベントには初回より皆勤賞で参戦しています。
春の開催は、昨年に続き2度目となり、秋の吹上ホールとは違う新鮮な気持ちで、
ポートメッセなごやにて、皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

今週は、すごくトガっているみたいでアレですが、
時々やってしまう、カメオンリーなラインナップ!
ヘビやトカゲ、カエルなどのファンの方には申し訳ありませんが、
カメに関心のある方は、是非とも隅々までご覧下さい。
そうでない方も、温かく見守って頂ければ幸いです。

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など)
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

マルギナータリクガメ(ブラック・♂)
岩肌から削り出された黒い塊が転がり落ちてきたかのような、
圧倒的な黒さとその滑らかさに二度見、三度見してしまう、またとない絶品!
先天的に有する色彩と、後天的に獲得した出来の良さとが、
見事に織り成すコラボレーションによって、最強のオスが降臨しつつあります。
と言うのも、本種の真の姿は成熟し切ったその時に露わになるとされ、
全体が一定のサイズに達すると、そこから先の成長エネルギーはほぼ全て、
スカート状に発達した背甲後縁部に集中し、みるみる長さを増していきます。
何故そのような奇抜なスタイルを求めるのか、理由は定かではありませんが、
世界広しと言えども、この独自路線な格好良さはオスマルギだけの特権です。
この個体は幼体の頃、特に黒々としたものが長い時間をかけて選抜された上で、
椎甲板が小さくならないよう、全体のバランスに気を付けながら徹底的に管理され
大切に育てられてきた一匹なので、是非とも引き継いで頂ければと思います。
幸いにして、ここまできちんと基礎が仕上がった状態であれば、
これから先、外観の印象を大きく損なうことは考えにくく、その点についても安心です。
最後になりますが、彼がこれまでに口にしてきたものは、
当店イチ押しのMazuriリクガメフードサプリメント一式のみ、というのも凄い話です。
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23165894.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23165847.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23165805.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23165733.jpg

イベラギリシャリクガメ(♂)
全体が見事なまでのモノトーン仕立てになりつつある、
典型的なようで、実際にはあまり見かけられない“グッドデザイン・イベラ”!
ギリシャリクガメの中で、歴史的に見ると最も流通量の多い定番のアラブは、
もう少し彩り豊かなイメージですが、こちらイベラはある意味対照的に、
全体が淡色でまとめられ、あっさりとした印象になることも多く、
ここまで縞々がパキッと分かれると、それはそれで気持ちの良いものです。
いくらオスとは言え最大亜種ですから、まだまだ大きく育ちますし、
実は嬉しいことに、耐寒性に優れ、上のマルギや下のヘルマンらと同様に、
日本の冬を野外で越すことも可能なほどですから、将来的な飼育の幅も広がります。
甲羅の表面が少しぽこぽことしていますが、中盤からは滑らかな仕上がりで、
この先の大きくなる過程で、かなり目立たなくなるのではと期待しています。
クールなカラーリングに惚れてしまった方、是非ともフルサイズまで育て上げてみては。
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23180133.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23180174.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23180170.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(♂・♀)
今夜は嘘みたいに、チチュウカイリクガメの仲間がぞろぞろと勢揃い!
お次はグループを代表する人気種、ヒガシヘルマンより、
ようやく性別が確定した頃合いの、ヤングなオスが2匹とメスが1匹!
写真1、2、3枚目、4、5、6枚目がオス、7、8、9枚目がメスのものです)
雌雄で最大サイズが異なるのは、今や有名な話かもしれませんが、
リクガメ界屈指の小型クラスに収まるオスは、終生飼育を考える上で、
必要とするスペースの小ささから、今も昔も根強い人気を誇ります。
言うなれば、流通の大半を占めるベビーの段階では性別が判断できないため、
初めからオスと分かるものを選ぶことも、賢明な考えと言えるでしょう。
また、メスについては、実はオスよりも出現率が低いとされ、
いずれ繁殖を目指す場合には(当然ながら)絶対に外せないメンバーであり、
母体の安全や、成功率を考えても、早めに育成に取り掛かりたい面もあります。
産卵経験などは言うまでもなく、単に大きく育ったメスというだけで、
一気に稀少なものとなってしまうため、メスと分かったばかりの段階で入手し、
将来を見据えて育てていくという戦法も、決して悪くないと言えるでしょう。
1匹目のオスは渋い雰囲気、2匹目のオスはイエローの発色が濃厚で、
メスは反対に黒々として格好良く、お好みに合わせてお選び下さい!
現在は3匹仲良く、同じケージ内で平和に同居しています。
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23181662.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23181670.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23181661.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23191212.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23191230.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23191272.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23193531.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23193583.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23193636.jpg

ホルスフィールドリクガメ(♀)
写真のみの先行掲載で、有難いことに早速SOLD
最近では専ら、現地で養殖されたようなベビーが流通の大半を占め、
昔ながらの如何にもな野生個体を見かけられる機会が減ってしまいましたが、
今回は何処か懐かしい、ツルツルで、しかも厚みのあるヤングなメス!
甲羅の仕上がりが抜群なのは言うまでもなく、頭部や四肢に映える、
鮮やかなイエローの発色もまた見所であった、素晴らしい個体でした。
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23194145.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23194127.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23194110.jpg

セマルハコガメ(♀)
野外を中心に育てられ、王子様が現れるのを今か今かと待ち侘びていた、
条件さえ整えば今シーズンから早速、ブリーディングに参加しても良さそうな、
立派なサイズに達した、まさに即戦力と呼ぶに相応しい大きなメス!
その名が示す、丸みを帯びた甲羅が描き出す全体のシルエットには、
世間の“ハコガメに対するステレオタイプ”を絶対に裏切らない安心感があり、
言い換えれば、私たち日本人にとって最も身近なハコガメであるこのセマルこそが、
全てのハコガメを評価する上での基準となっている可能性すらあると思います。
この個体は、象徴的な頭部の黄色いラインが鮮やかなことは言うまでもなく、
喉から頬にかけての赤味平均よりも濃厚な発色で、実物はより美しく感じられるでしょう。
最近では、やはりベビーサイズを中心に流通する場面をチラホラ見かけますが、
いくら出回っているとは言え、流石にフルサイズの出物ともなると、その機会は稀です。
飼い込み個体につき、金額はリーズナブルに設定しましたので、
ご入用の方は是非ともこのチャンスをお見逃しなく!
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23195576.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23195501.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23195515.jpg

ミツユビハコガメ(国内CBベビー)
昔懐かしいワイルド個体ばかりをズラリと揃え、コロニーを形成し、
当店ではほぼ毎年、コンスタントに有難く頂戴しご紹介している、
これぞまさしく、ミツユビらしいミツユビの純血統!
ご察しの通り、親個体は巷で“オールドタイプ”などと呼ばれることもある、
甲高で、背甲に色柄が殆ど描かれない、ツルンツルンのタイプをベースにしています。
ここ最近のアメハコ人気をトップで牽引していると思われる、
ド派手なミツユビも魅力的で、決して無視できない存在なのでしょうが、
そういった都会の喧騒から離れ、シックな趣をじっくりと味わいたい、
そんな嗜好の方に向けてそっとお渡ししたい、普通に綺麗な普通のミツユビです。
1匹目は全体に落ち着いた色合いで、特に背中はかなり無地に近く、
喉の辺りは早くも白く色抜けし始めた様子の、優しく愛らしいイメージ。
2匹目は頬の赤味が今後のより強い発色を期待させると共に、
背甲の斑紋もいくらか明瞭ですが、それでいて華美な印象はなく、
あくまでも“ミツユビとしての枠内”で、美しさを主張してくれそうです。
見た目には小さなサイズですが、早くも人工飼料にガッツリ餌付いていて、
念のため、保温さえ怠らなければすくすくと大きくなってくれそうな健康優良児です!
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23200171.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23200148.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23200127.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23200193.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23200196.jpg

アラバマアカハラガメ(♂)
およそ4年近く前に、旧来のキタでもフロリダでもなく、
アラバマアカハラガメの名で流通し始めた、
ごくごく初期のロットのベビーが立派に育てられた、貴重なオス!
外観はおおむねキタアカハラに似通ったカラーリングでありながら、
甲羅の厚みをはじめとするシルエットはフロリダアカハラに近しいという、
夢のようなデザインを持つ第3のアカハラガメ、という触れ込みで、
当時、ごく一部のファンを震撼させた、“元”幻であり伝説のクーター。
結局のところ、正体が分からないと言いますか、誰も正体を知らないと言いますか、
何しろフルサイズに近い状態にまで達しなければ、
真の魅力は発揮されないという少々ややこしい設定も含め、
幼体しか出回らなかったこの数年間は、果たしてどのようなカメなのか、
よく分からないままにやきもきしながら行く末を見守るしかありませんでした。
ところが今回、遂に20センチクラスに到達した大型サイズの、
しかも数少ないとされるオスの飼い込み個体がやって来たのですから、さぁ大変。
なるほど確かに、オスにしては、キタに比べ幾分厚みのある甲羅を持ち、
これからもう少しふっくらと育ちそうな辺りが、アラバマらしいと言えるのでしょう。
実は暫くの間、事情により屋内で飼育されていた時期があり、
元々は天然の日差しの下で鍛え抜かれた色柄が、かなり損なわれてしまったのだと、
前飼育者は嘆いていましたが、全体のフォルムは文句なしの出来栄えですから、
再び日焼けさせることで素晴らしい発色を呼び戻し、もう一度栄光を掴み取って欲しいと思います。
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23202274.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23202209.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23202220.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23202582.jpg

ミシシッピニオイガメ(♀)
手の平に楽々座れる、成長の折り返しを過ぎた頃合いの安心ヤングサイズ!
言わずと知れた、現代のビギナーズタートルの最高傑作であり、
ミドリガメなき今、業界を根底から支える功労者のひとりでもあります。
日本人のカメ像からすると、ニオイガメの仲間は恐らく風変わりなイメージで、
鼻先が尖ったいわゆるぶたっぱなに、ふっくらとそして寸詰まりな甲羅、
陸上をあまり必要とせず水中を主な生活圏とする暮らしぶりなど、
スタンダードなカメらしさから少し外れたその生き様は、
ただ単に最大サイズが小さいこと以上に、興味深く魅力的に感じられると思います。
この個体はメスでありながら、個体差の範疇なのでしょうが、
ちょっと細長く、全体に小振りな体型に仕上がりつつあるところが面白いです。
ベビーから飼い始めたい方には別途、今年度生まれの可愛いサイズもご紹介できます!
(ウェブサイト上の在庫リストにベビーサイズの掲載あり)
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23205960.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23205951.jpg

ハラガケガメ(WC・♀)
クレイジーなほどにカメ尽くしブログのラストを飾るのは、
その姿に再び出会えただけで拝み倒したくなる、突如飛び出したツルンツルンのワイルド!
本種もまた、CITES入りの影響は免れられなかったのか、
あれ以来、野生資源に頼ることがすっかり困難になり、
最近では国内で繁殖されたベビー、あるいは現存する個体の出物を待つしかなく、
依然厳しい状況が続く中で、涙が出るほど嬉しい掘り出し物と巡り会えました。
このメスも例にもれず、もちろん数年前からの国内飼い込み個体なのですが、
まるで貝殻のような、摩耗に摩耗を重ね、無駄という無駄が削ぎ落とされた甲羅や、
そこから頭部と四肢が勢い良く飛び出す、ハラガケ特有のアンバランスさ、
そして何より、体感ではCBの3倍の速さに感じられるスナッピングの恐ろしさなど、
全てが最高水準で仕上がった、野生個体でしか描き出せない素晴らしさを凝縮した絶品!
てっぺんが平らで、肋甲板の途中でカクンと折れる骨組みの見事な美しさ、
頭部や嘴に贅肉を付けず、最低限の厚みをもって表現された危なっかしさ、
肌の表面には適度な皴を帯び、それが見る者を虜にするなまめかしさを描き出すなど、
繁殖云々は一旦置いておくとして、ただ目の前に飾っておくだけで見栄えのするお宝個体。
健康状態に一切の不安なく、安定したコンディションで出撃準備完了です。
オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23210533.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23210541.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23210526.jpg

オメデトー!オオタニサーン!_b0174337_23210566.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
by herptilelovers | 2024-03-01 00:00 | 新着情報