人気ブログランキング | 話題のタグを見る

走り抜けろ、年の瀬!

こんにちは、店長の馬場です。
定番の挨拶では御座いますが、今年も残すところあと2週間!
当店は年末ギリギリまで営業し、年始は少しゆっくりするスケジュールです。
実は先週、休業の前後に営業時間の変更はありません、と申しましたが、
少し誤りがあり、以下のように訂正させて頂きます。

12/29(金)13:00~20:00
12/30(土)13:00~17:00(L.O.16:30)
12/31(日)~1/4(木)休業
1/5(金)13:00~20:00

29日までは通常営業、
最終日の30日は、ラストオーダー16時半までの短縮営業
年末年始の5日間はお休みし、5日から通常営業をスタートします!
特にコオロギなどのエサがご入用な方は、ご来店のスケジュールにご注意下さい。

年末年始は、ペットホテルのご依頼が一年で最も多い時季です。
(ご利用方法などは別途お問い合わせ下さい)
チェックインは12/30(土)まで
チェックアウトは1/5(金)より承ります。
12/31(日)~1/4(木)は、チェックイン、アウト共に対応しかねますので、
ご不便をお掛けし申し訳ありませんが、予めご了承下さい。

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など)
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

ヒナタヨロイトカゲ(国内CHベビー)
大人気のヨロイトカゲが、待ちに待ったピッカピカのベビーサイズにて!
と申しますのも、少し前に輸入された野生個体の中から、
ふっくらとしたメスが“持ち腹出産”してくれた、ちょっとラッキーな代物
幸いにして出産したメスも元気そのもので、言うことなし!
兄弟共に、背中側が脱皮前で白く乾いていますが、それもそのはず…
既に産まれてから1か月ほどが経過し、すくすく大きくなっているだけではなく、
なんと驚くことに、早くもレオパ系の人工フードにガッツリ餌付き済み!
可愛過ぎるサイズ感、ダメージのないピカピカボディ、
ただ単に健康なだけではなく、おまけにコオロギ要らずのハイスペックとなれば、
これ以上何を望むのかというぐらい、全てにおいて恵まれた絶品中の絶品です!
ワイルド以上にトゲトゲした、格好良いヨロイトカゲを目指して育て上げましょう。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01553440.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01553515.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01553528.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(ハイポオレンジ・♂)
最近のフトアゴは、白なら白!赤なら赤!と言った具合で、
例えばハイポゼロやダークレッドなど、その方向へ全振りした、
極端なカラーリングのものが市場を席巻しているようですが、
こちらのオスは何処となく懐かしい感じのする、柔らかな色味が特徴。
黄色から橙色、そして朱色とグラデーションがかったベースカラーに、
ハイポメラニスティックが加わることで、全体の雑味を取り除くと共に、
背部両サイドには青味がかったバーが並ぶなど、奥行きまでもたらしてくれます。
稀少価値のみならず、自分の本当の好みはどのようなフトアゴなのか、
一目見てピンときた直感を頼りに、理想の一匹を探し求めたいものです。
あらゆる人工フードに餌付き、コオロギ要らずで準備万端の、
いよいよ性別が確定した、伸びしろしかない若いオスです。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23283013.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23283062.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23283085.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
ハイイエロー(ベビー)
全てはここから始まった、基本中の基本であるハイイエローより、
鼻先が長く、全身の黒斑が数多く、背部の紫色もより際立った
まるで原種系モルフと見紛うほどの、格好良い2匹をセレクト!
今日においては無数のカラーバリエーションが生み出されているレオパの世界で、
こうした野性味溢れるタイプを目前にすると、一周回って再び、
“ヒョウモントカゲモドキ”の多様性を感じることができるでしょう。
本当に小さなベビーよりも幾分育っているため、ビギナーさんでも安心!
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23265150.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23265133.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23264837.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23264803.jpg

マックスノー(国内CBベビー)
模様の描かれ方はハイイエローにもよく似ていますが、
生まれつき黄色の発色が弱く、あっさりとした黄色、あるいは、
特に幼体時には白色が強く表れる、マックスノーと呼ばれるモルフ。
今回は、当店のお客様の手によって繁殖された兄弟が、合計2匹。
オリジナルの“ヒョウモンらしさ”を残しつつ、
メインとなるイエローの色味を少し変えたい方にオススメ!
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23265631.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23265698.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23265934.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_23265995.jpg

W&Yマックスノーレインウォーターアルビノ(♀)
ホワイトアンドイエロー×マックスノー×レインウォーターアルビノ
合計3つが合わさった、コンボモルフ。
元々うっすらと柔らかい色合いが持ち味のレインウォーターに、
スノーを入れて黄色味を飛ばし、ホワイトアンドイエローで白色を増やし、
思いっきり優しいカラーリングになるよう調整された、フルサイズのメスです。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01580815.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01580887.jpg

W&Yレインウォーターアルビノ(♀)
こちらは上のメスからマックスノーを除いた、ふたつのコンボモルフ。
全体の黄色がやや赤味がかり、淡い中でもはっきりとした模様が目立ちます。
そろそろ繁殖にも参加できそうな、しっかりとよく太ったメスです。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01581108.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01581147.jpg

レイニングレッドストライプ(♀)
これはなかなかのハイクオリティ!
そのレシピは、レインウォーターアルビノ×レッドストライプ
いくら選択交配されたコンボモルフだからとは言え、
ここまで背部のストライプが乱れず、クッキリと
言い換えればラインの両脇の赤味がこれほど濃厚に発色した
完成度の高いレイニングレッドストライプは、そうそうお目にかかれません!
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01581471.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01581443.jpg

ニシアフリカトカゲモドキ(オレオ)
よく似たホワイトアウトとは異なり劣性遺伝するモルフで、量産が難しいのか、
流通量がまだまだ不足気味に感じられるオレオより、
バンド部分の白抜けがはっきりとした、納得のクオリティで魅せるこんな個体。
諸説ありますが、黄色が欠乏したいわゆるアザンティックとも言われ、
確かに瞳の色合いもより黒々として見え、可愛らしさが倍増しています。
同じモルフ名でも、色彩にはかなりのブレがありますので、
きちんと好みにあった1匹を選びたいものです。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01593170.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01593164.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01593194.jpg

ニシキビロードヤモリ(ハイカラー)
学名をカタカナにした、モニリスビロードヤモリとも呼ばれています。
背中いっぱいに、ちょっとデジタル風味の模様が映え、
英名オセラータ(つまりクジャク)の通り、それは目玉模様にも例えられるので、
今回はその発色に拘ってみたのですが、少々やり過ぎてしまったかもしれません。
まだまだ育ち盛りのスモールサイズにして、この“えげつなさ”ですから、
成熟したその頃の姿を想像すると、なかなかに恐ろしいものがあります。
同じ属内では、ハスオビビロードヤモリなども有名ですが、
本種は安価ながら派手な色合いの持ち主で、特にこの個体は見応え抜群!
ご覧の通りハンドリングもクレス並みに楽しめる、隠れた銘種です。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01593640.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01593688.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_01593787.jpg

マルギナータリクガメ(ベビー)
ヘルマンやギリシャなどを擁する、チチュウカイリクガメの仲間では、
一番大きくなることで知られる、和名フチゾリリクガメ。
図鑑では最大30センチ以上との表記が見られますが、
実際には20センチ台半ばほどで落ち着くことが殆どで、
ちょうどボックスティッシュの箱と同じぐらい、と例えられます。
大きくなるからといって、決して野暮ったい感じではなく、
顔立ちを含む佇まいには、むしろ格別の上品さが漂っているほどで、
何処か“大人のリクガメ”とでも言いたくなるような、独特の雰囲気があります。
当店では恒例ですが、なるべく白っぽいタイプと、反対に黒っぽいタイプ
お好みで選んで頂けるよう、正反対の2匹を並べてみました。
早くもMazuriリクガメフードにしっかりと餌付き、準備万端でお待ちしています!
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02005603.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02005665.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02005617.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
全てはここから始まった、と言っても良いのかもしれません。
その昔、リクガメの飼育は初心者にはハードルが高いものとされ、
かなりの覚悟を持った上でしか挑むことのできない印象が強かったと思います。
それがいつの頃からか、一般家庭でも育て易いペットとして紹介されるようになり、
その立役者として最も活躍した種類が、何を隠そうこのヘルマンだったと思います。
この十数年で、現地ヨーロッパからの養殖個体が安定して供給され、
元来丈夫であったものが、CB化により更に整ったコンディションで入手できるようになり、
同じ四季で暮らすヨーロッパの気候風土と日本のそれとがマッチしたこともあって、
飼育人口を増やし、リクガメに対するイメージをより良いものへと変えてくれました。
今回は定番のベビーより、なるべく目元が優しく可愛らしいものを中心に、
色彩のイメージも少し異なった2匹を選んでみました。
こちらも上のマルギナータと同様に、Mazuriリクガメフードに餌付いています!
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02020203.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02020256.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02020392.jpg

ホルスフィールドリクガメ(ベビー)
マルギ、ヘルマンと続いて、今週はリクガメの可愛いベビーが盛り沢山!
かつてはロシアリクガメの名で親しまれ、別名ヨツユビリクガメとも呼ばれる、
通称ホルスことホルスフィールドもまた、ビギナー向けとしてあまりにも有名な種類です。
あんパンやメロンパンにも例えられるように、扁平なフォルムが特徴で、
ややフラットな、上から見ると円形に近いイメージで大きくなっていきます。
他種に比べ四肢が太く逞しく発達しているのも個性のひとつで、
これは地面に穴を掘る時、より強いパワーが出せるようになっているのだとか。
最大サイズや、優れた耐寒性という面においても、育て易いリクガメの代表格です。
本種もまた、体色に多彩なバリエーションが存在しているため、
個人的にちょっと、いや、かなり気になった個性派を2匹集めてみました。
こちらも足並み揃って、Mazuriリクガメフードにきちんと餌付いています!
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02010273.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02010251.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02010277.jpg

ケヅメリクガメ(ダークブラウン)
ニックネームを、ダークブラウンにするか、それともチョコレートにするか迷いましたが、
甲羅のみならず頭頂部や前肢の鱗などが、全体的に黒焦げ仕様になった、
かなり濃い目の、ビターなカラーリングが興味をそそるプチ飼い込み個体!
サイズ感は、握り拳ふたつ分と言ったところでしょうか。
ちょうど手の平にのせてしっくりくる、駆け出しのミドルサイズです。
甲羅の成長具合は、少なくとも及第点かそれ以上であり、
色彩のテーマが分かっているという点もまた、アドバンテージになるでしょう。
小さなベビーは可愛らしいですが、フォルムやカラーがどのように仕上がるのか、
はっきりとは読めないところもありますので、長い付き合いを考えると、
どのような姿かたちに仕上がっていくのかが想像できるような、
それでいて伸びしろも十分に残された、こんな安心サイズは如何でしょうか。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02023531.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02023576.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02023591.jpg

ミシシッピニオイガメ(ベビー)
少し空白の期間が生まれてしまい、しばらく店頭から姿を消していましたが、
ようやく納得のベビーと巡り会えたため、久々にやって来ました!
正直、ビギナーさん向けのミズガメとしてあまりにも有名なため、
当初はひとまず数合わせ、的ないやらしいことを考えていたのですが、
つい、いつもの癖で、ちょっと面白そうなカラーリングのものを探してしまい
結果として、顔のラインが太く明瞭であったり、甲羅に少し模様があったり、
あるいは甲羅全体が白く淡く色抜けしていたりと、
ついつい、なかなかに見応えのあるベビーを揃えてしまいました。
一旦、通常価格で販売しますが、少し育てばなかなか個性的になり、
並のミシシッピニオイガメではない姿に仕上がってくれると期待しています。
走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02052283.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02052245.jpg

走り抜けろ、年の瀬!_b0174337_02052275.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
by herptilelovers | 2023-12-16 02:06 | 新着情報