人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ドーハの奇跡!

こんにちは、店長の馬場です。
まず初めに、日本代表の初勝利おめでとうございます!
完全なるにわか勢ですが、この場を借りてお祝い申し上げます。

さて、週末に第2戦を控えている今夜のブログは、
果たしてサッカー人気にあやかれるのかは分かりませんが、
コンディションの整った、良質な生体ばかりを取り揃えてみました。
お好みのものがいましたら、お早めにご検討よろしくお願いします!

店内在庫リスト
リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他
(申し訳ありませんがミズガメは最新のリストがないため、別途お問い合わせ下さい)

フトアゴヒゲトカゲ(ジャーマンジャイアント・EUCB)
これぞ由緒正しき、ヨーロッパ生まれの“ピュアジャーマンジャイアント”
ジャーマンジャイアント自体は、フトアゴの中でも古典的なモルフとして、
優に十年以上も前からその名が知られていましたが、
かつてはその正体が明確に周知されていなかった時代もありました。
昨今ではフトアゴに、同属で最大種のヒガシアゴヒゲトカゲの血を入れたものだと、
ハイブリッドモルフとしてきちんと紹介されるようになっています。
この兄弟は、ジャーマンジャイアント血統として殖やされたものではなく、
フトアゴとヒガシアゴヒゲを両親に持つベビーですから、
最も信憑性の高い状態でブリードされた、正真正銘のジャーマンジャイアントです。
なるほど確かに、一部では有名な鼻先の長い横顔や、
四肢の大きさ(指の長さ)、全身のトゲの粗さなどに早くもその片鱗が窺えます。
本物のジャーマンジャイアントに巡り会える機会は稀、お探しの方はお早めに!
ドーハの奇跡!_b0174337_00105523.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00105524.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00105500.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00105531.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00105679.jpg

カーペットパイソン(アザンジャガー・♂)
その名の通り、アザンティックとジャガーのコンボモルフ。
カーペットの世界では最も有名なカラー&パターンモルフである、
外観の印象を大きく変えてくれるジャガーをベースに、
全体の色合いをモノトーン、つまりシックな方向に寄せたデザインは、
ド派手過ぎない、大人の美しさが味わえると高評価です。
今回やって来たのはまだまだ成長の余力を残したサブアダルトサイズで、
巨大な抱きヘビとして、更なる高みを目指したい仕上げ甲斐のある一本です。
ドーハの奇跡!_b0174337_00121192.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00121266.jpg

アラブギリシャリクガメ(♂)
一見すると、ごく平均的なアラブギリシャのように思えますが、
目元がウルウルとしていて、とにかく可愛らしい顔立ちが魅力的!
本種の特徴として、色彩のバリエーションは多岐に渡り、
この個体は琥珀色をベースに黒斑が点在する、分かり易いタイプです。
オスは早くもこの大きさでほぼフルサイズですから、
ある意味ペットトータス最小クラスと言える点も見逃せません。
ドーハの奇跡!_b0174337_00140314.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00140383.jpg

ニシキマゲクビガメ(フルレッド)
どうか平均的な個体のカラーリングを思い出して頂きたいのですが、
お腹側はもちろん、背中まで一面赤く染め上げられたハイクオリティな絶品!
通常、背甲は黒色に近い茶褐色で、外縁部が赤く彩られることはありますが、
流石に背部全体が均一に真っ赤となるケースは珍しいです。
この先の成長に連れ、更なる赤味を獲得することが期待される超一点もの!
ドーハの奇跡!_b0174337_00161489.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00161429.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00161498.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00161479.jpg

ヒラリーカエルガメ(ベビー)
しばしば輸入されてくるベビーは、もっとペラペラで小ぶりなことが多いのですが、
今回は少し成長線が伸び、指でつまんでも厚みが感じられる安心サイズ。
どちらかと言えば大型種の部類ですから、極小サイズから始めるよりも、
既に弾みのついた、スムーズに成長してくれそうな出物の方が良いのかもしれません。
泳ぎも安定しているので、いきなり深い水の中でも大丈夫そうです。
ドーハの奇跡!_b0174337_00200182.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00200138.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00200154.jpg

スジオオニオイガメ(ハイカラー)
時に“ホワイトマーブル”などとも称される、
全体に白さが際立ち、頭部の網目模様も一際クッキリとしている、
誰がどんな風に育てても綺麗に仕上がりそうな、極美ジャイマスの卵!
あまりにも小さ過ぎるベビーでは、そのポテンシャルが明らかではなく、
名刺ぐらいに育ったこのようなサイズからであれば、
ある程度、成長したのちの姿も想像でき、より食指が動くのではないでしょうか。
CITES云々の話もありますが、何はともあれ個体の特長に注目して選びましょう。
ドーハの奇跡!_b0174337_00204854.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00210319.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00210447.jpg

ヒジリガメ(S)
ヒラリー、ジャイマス、そして本種と、
何故か大型種のかわいいヤツが三連発となってしまいましたが、
アジアを代表する巨ガメとしての一翼を担う、知る人ぞ知る陰の人気種。
幼い頃から悟りを開いたような落ち着いた表情に、ヒジリならではの風格が漂っています。
この個体はベビーからしっかりと育てられた安心サイズで、
甲羅表面の出来栄えも非常に滑らかで上質ですから、
この先の成長過程を想像しても、全体のフォルムが大きく崩れることはなさそうで、
ツルンと綺麗に盛り上がった、重厚な仕上がりを見せてくれることでしょう。
ドーハの奇跡!_b0174337_00214524.jpg

ドーハの奇跡!_b0174337_00214595.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
by herptilelovers | 2022-11-26 00:28 | 新着情報