人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ありがとうエリザベス女王

こんにちは、店長の馬場です。
9月に入り、辺りを吹く風がいよいよ秋めいてきました。
時に肌寒さに近いものを感じるほどですが、そんな中、
10月初めには名古屋が誇る最大の爬虫類イベント、
ナゴヤレプタイルズワールドが開催されます!
当店は第1回より皆勤賞なので、もちろん今年も出展しますが、
恥ずかしながら1年ぶりのイベント参戦につき、
どうぞお手柔らかにお願いします。

さて、今夜は少数精鋭なメンバーとなってしまい恐縮ですが、
新たな入荷以外にも、コンディションの整った在庫メンバーも豊富にいますので、
よろしければ以下のリンクより、当店ウェブサイトにて、
各ジャンルの店内在庫リストも合わせてご覧下さい!
(内容はほぼリアルタイムで最新の情報にアップデートされています)

リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他

コーンスネーク(ヘリコニア・♀)
この数年で表舞台に現れた、まだまだ新しいコンボモルフ。
レシピとしては、スペクターにストロベリーを加えたもの
という見解が一般的ですが、解説が非常に難しいことでも知られています。
ハイポとアネリ、つまりゴーストをベースにしたスペクターを更なる高みへと昇華させるべく、
ゴースト系最高峰のひとつ、JMGコーラルゴーストを絡めたとも言われ
単なる発色の強さという一辺倒な勝負の仕方ではなく、
陳腐な表現で恐縮ですが、お上品さを兼ね備えた、今後が期待される美麗モルフです!
必要な方には、更に詳しい説明を加えてご案内しますのでお申し付け下さい。
あるいは、難しい理屈抜きにその素敵なカラーリングに一目惚れするのも良しです。
ありがとうエリザベス女王_b0174337_23595911.jpg

ありがとうエリザベス女王_b0174337_23595981.jpg

タイリクシマヘビ(♀)
まだまだイヤリングサイズの未熟な姿ながら、早くも格好良い!
手の平に座らせてみれば分かる、その異様な重厚感が素晴らしい!
一般的なナミヘビには不釣り合いな、妙に大きな骨張った頭部や、
ぶかぶかとも言える、必要以上に太さを備えたボディなど、
それこそ日本のアオダイショウやシマヘビがいくらか洗練されたものだとすれば、
まさにそうなる前、無駄が削ぎ落とされていない状態が保たれているかのようで、
流石はヨーロッパが誇る大型種と称されるだけのことはあると感じました。
こういったキャラクターは、決して世間での評判が良い訳ではありませんし、
立派に仕上げたところで何のご褒美も貰えないのは分かってはいるのですが、
ついつい脇道に逸れたくなる、当たり前では満たされない方に是非この快感を!
ありがとうエリザベス女王_b0174337_00000190.jpg

ありがとうエリザベス女王_b0174337_00000103.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(♂)
もちろん亜種はヒガシですが、かなり黒々として格好良いサブアダルトのオス。
と思いきや、クールに決まっているのはカラーリングだけで、
実は目鼻立ちをよく見てみると、むしろかなりの可愛い系であることが分かります。
格好良さと可愛らしさが一体のカメに同居する、非常に魅力的な個体です。
これから新たなリクガメを飼育してみたい方にとって、
将来に渡って小型な種類と言われれば、特に魅力的に見えるものだと思いますが、
ヘルマンのオスはどれほど頑張っても甲長20センチに到達することはまず考えられず
その殆どは手をパーにした内側に収まることが多いほどですから、
ベビーサイズに拘らなければ、初めからオスと分かる個体を選択するのもアリだと思います。
ありがとうエリザベス女王_b0174337_00000590.jpg

ありがとうエリザベス女王_b0174337_00000624.jpg

ありがとうエリザベス女王_b0174337_00000680.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
by herptilelovers | 2022-09-10 00:29 | 新着情報