人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レオパが続々と生まれています!

こんにちは、店長の馬場です。
今年の天候は梅雨が信じられない早さで明けたり、
6月末だというのにとんでもない高温を記録したりと、
何とも慌ただしい様子が続いていましたが、
子どもたちは夏休みに突入し、セミの大合唱が響き渡るこの数日は、
極端に暑くはない、意外と涼しい日々が続いています。
ただし油断は禁物、猛暑は突然やって来ますので引き続き注意していきましょう。

突然のお知らせとなり誠に恐縮で御座いますが、
現在販売しているMazuriミズガメフード、リクガメフードを、
大変申し訳ありませんが、8/1(月)より値上げすることといたしました。
当店では同商品を実に十年以上販売し続けており、
特にリクガメの方は長年トップセールスを記録し続け、回転率も非常に高く、
私自身にとっても特に思い入れのあるフードでしたから、
影響の大きさを考えると、苦渋の決断ではありましたが、
あいにく昨今の経済事情により、踏み切らざるを得ない状況となりました。
皆さまには多大なるご迷惑をお掛けしますが、ご理解賜れましたら幸いです。
値上げ前の駆け込みオーダーも、全てきちんと承りたいと思います。
これからも変わらず高い鮮度を保ちながら、精一杯取り扱って参りますので、
今後ともリピートのほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、今夜は当店で誕生したベビーも含め、CB多め!
なかなか手に入らない種類や、アッと驚くクオリティも含め、お楽しみください。

フロリダドロガメ(CB・Pr)
野生個体の輸入が極めて困難になってしまった昨今では、
かつて時のドロガメとして持て囃されていたこのフロリダも、
再び稀少種として、知る人ぞ知る隠れキャラとなりつつあるのかもしれません。
時代背景としては、ほぼ全く流通がなかった状態から一変、
十数年前から数年前までは、決して安価とは言えないまでも、
比較的コンスタントに輸入が続けられていましたが、
最近ではワイルドの出現はほぼ皆無、時折CBが出回る程度で、
育った状態のペアを揃えることは、これまで以上に難しくなってしまいました。
かつてはワイルドのメスが貴重でしたが、反対にCBはメスが多く、
それ故に今度はオスの存在が貴重になり、今日に至ります。
やはりドロガメの魅力は性的二型にこそあって、
オスは大きな頭と鋭利に発達した顎が素晴らしく、
メスは穏やかで可愛らしい顔立ちがまた魅力的です。
全く関係ありませんが、メスのキョトンとした表情を眺めていたら、
同じ北米の古代魚、アミアカルヴァの幼魚を思い出しました。
もう少し育て上げれば、ブリーディングにも挑戦できると思います…ワンペア限定!
レオパが続々と生まれています!_b0174337_02183499.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02183402.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02183359.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02183329.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02183487.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02183427.jpg

ミシシッピニオイガメ(ベビー)
※複数匹います!
先週に続き今週も、ミズガメ入門種の代表格が可愛らしい姿で再び登場!
飼育難易度が高くないのはもちろん、最大サイズは握り拳程度で安心、
なおかつその見た目も日本のカメにはない奇抜さが面白く、いつの時代も人気者。
当店では“たかがミシニ、されどミシニ”と称し、
生体をお渡しすると同時に、水棲ガメの上手な育て方も伝授しますのでお楽しみに!
レオパが続々と生まれています!_b0174337_02575650.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02575629.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02575670.jpg

イベラギリシャリクガメ(Pr)
かの有名なヘルマンと同じく、日本の野外で冬眠が可能なギリシャとして、
マニアックながらも昔から根強い人気を誇るイベラが、貴重なペアで!
本亜種に限らず、ギリシャはオスの出現率が圧倒的に高く、
サイズを問わずメスと確定したものを探し出すのが困難な上に、
ご覧の通り、雌雄共にツルツルハイドームという理想的なシルエットを描いているところもまた、
この2匹の存在を簡単にスルーすることが躊躇われる理由のひとつです。
現状、ふたりでの同居は問題ありませんので単につがいを楽しむのも良し、
あるいは将来的に繁殖に挑戦してみるのも良し、夢が広がる素敵なペアです!
レオパが続々と生まれています!_b0174337_02580882.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02580845.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02580843.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02580803.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02580818.jpg

ヒョウモントカゲモドキ(国内CBベビー)
ゴジラジャイアント
当店のレオパ担当スタッフが、またもややってくれました!
スーパーゴジラジャイアントを親に持つ、眩いイエローのベビーです。
ゴジラジャイアントは様々なモルフとのコンボも作出されていますが、
あえて標準的なハイイエロータイプに拘り、最大サイズにだけ細工を施したい、
つまり、平凡な見た目だと思わせておいて妙にデカいレオパを育てたい、
そんな方には特にオススメの、ハープタイルラバーズ生まれの1匹です。
レオパが続々と生まれています!_b0174337_02582434.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02582459.jpg

エニグマ(hetベルアルビノ)
こちらも店内バックヤードにて生まれた、シングルのエニグマ
言うまでもなく、〇〇エニグマが乱立するこのご時世においては、
ハイイエローをベースにした、ただのエニグマ、というのは逆に貴重です。
模様の乱れはもちろん、目元の妖しさもまたエニグマの存在感を物語っています。
こちらは計2匹いますので、写真を見比べながらお選び下さい。
レオパが続々と生まれています!_b0174337_02582740.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02582716.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02583004.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02583032.jpg

ニシアフリカトカゲモドキ(♂・♀)
ここに並んだ4匹のモルフはあくまでもノーマルですが、
それ故にバリエーションの豊富さがより一層感じられる
全てぷりっぷりの飼い込み即戦力サイズ!
写真は各2枚ずつ、上からオス、オス、メス、メスの順番です。
(4個体目のメスは脱皮前です)
ペア縛りはありませんので、顔立ちや色合いの好みでお選びになるか、
繁殖を目指す方は、オスとメスをセットでお選び頂ければ嬉しいです。
輸入されたばかりのワイルドを苦労して立ち上げるぐらいなら、
このように恵まれた出物と巡り会えた時が本当のチャンスです。
レオパが続々と生まれています!_b0174337_02590766.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02590745.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02591082.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02591039.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02591677.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02591680.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02591398.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02591399.jpg

アカハライモリ(ハイカラー・国内CB)
※複数匹います!
本日のラストは、お客様により丁寧に繁殖された、
我らがアカハライモリの面白カラー、改めハイクオリティカラー!
あくまでも趣味で飼育を楽しんでいる方による作品ですが、
やはり親個体には面白美麗個体が用いられていて、
その色柄の奇抜さは、成長するに従ってより顕著になっているとのこと。
つまり、この写真の雰囲気から更に化ける可能性もアリ!
背部に黒いスポットが浮き出る様などは、今後が気になって仕方ないですね。
有難いことに複数在庫ですが、決して大量にはいませんのでお早めにお選び下さい。
レオパが続々と生まれています!_b0174337_02593909.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02593971.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02593901.jpg

レオパが続々と生まれています!_b0174337_02593964.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
by herptilelovers | 2022-07-23 02:47 | 新着情報