人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新しいカメラとの、新しい生き方

こんにちは、店長の馬場です。
まるで夏のような、心地良い爬虫類日和が続く今日この頃ですが、
来週からはこちら名古屋も、いよいよ空模様が怪しくなりそうです。
この数年は相変わらず、季節の変わり目における温度差が激しいため、
飼育温度の管理に対しても、よりシビアに考えていきたいものです。

さて、先週デジタルカメラとの別れをお伝えしたばかりですが、
引き続き、代替機との新たな付き合い方を模索している状態です。
極力現物に近しい、再現度の高い撮影を心掛けていますので、
どうか皆さまのご参考になれば幸いです。

さて、今週はヤモリ、ヘビ、リクガメ、有尾類の各ジャンルに、
それぞれ人気者ばかりがこぞって大集結!
全て少量ずつしかいませんので、気になった方はお早めに!

(先週までの内容は全て、ウェブサイトの店内在庫リストへ掲載済みです!)

ウィリアムスイシヤモリ(EUCB・Pr)
当店スタッフ肝煎り!念願のお上品なトゲイシヤモリ!
時にド派手な種類も見られる本属においては、どちらかと言えばシックで、
"違いの分かる大人の格好良さ"とでも表現すれば分かり易いでしょうか。
御影石のような質感の肌には、赤い閃光迸る鮮やかな瞳の色彩が映え、
背中から尾の上部にかけて発達した棘状突起も明色に色付く
細部に目を凝らすと華麗な装飾が施されていることが見て取れます。
今回は嬉しいヤングアダルトのペア!
この手のヤモリにありがちな、メスがあまりにも入手難であることや、
フルサイズの出物ではかえって年齢が読めないリスクも考えられ、
将来的にブリードも目指したい方にとって、これほどの有望株はありません!
(写真は上2枚がオス、下2枚がメスのものです)
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01141280.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01141208.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01141580.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01141527.jpg

バンドトカゲモドキ(♂)
実物を見ることは稀!
俗にコレオニクスと呼ばれる、北中米に産する小型地表性ヤモリの仲間で、
恐らく昨今では、ボウシとチワワの存在が有名でしょうか。
本種は和名こそシンプルで、平凡な種類なのかと思いきや、
マニアックと言うかマイナーと言うか、元々流通は多くはなく
最近アメリカからの輸入が全体的にトーンダウンしている影響もあって、
久しくまともに市場へ出てくることがなかった、知る人ぞ知る稀少種です。
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01144667.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01144641.jpg

アオダイショウ(アルビノ・♂)
これぞニッポンのシロヘビ!
ことペットホビーの世界では、様々なタイプのシロヘビが存在し、
世界中の人々がその姿に有難味や神々しさを感じていることと思います。
我が国では、山口県岩国市に天然記念物"岩国のシロヘビ"なるものがあって、
その正体こそが、何を隠そう我らがアオダイショウのアルビノなのです。
白さ云々を語る以前に、まずはロマン溢れる世界観を味わいながら、
太古より受け継がれし信仰の心を胸に抱き、大切に育てていきたいものです。
継続的なブリードを目指す場合、アルビノ同士の交配は避けるのがベターとされ、
その場合、相方にヘテロアルビノを用いる必要がありますが、
ホモがオスで、ヘテロがメスの方が、量産体制を築くには効率が良いと思います。
ベビーより少し育ったサイズで、ビギナーさんでも安心!
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01152746.jpg

ブラックラットスネーク(リューシスティック・♀)
この姿こそ、ある意味"究極のシロヘビの完成形"のひとつ!
何を以ってシロヘビとするかは、あくまでも人それぞれなのでしょうが、
全くの無地、一切の模様がなく、何処までも純粋な白色となれば、
余程のことがない限り、文句を付けられることはないと思います。
この個体は黒目(一応ルビーアイ)で、かの有名なポップアイなどの嫌な要素もなく、
なおかつ噂通りの大人しさでハンドリングも楽々、しかも嬉しいメスという、
これ以上何の要素を盛り込めば許してもらえるのか分からないほど、
非の打ち所がない完璧なスペックを有する一匹です!
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01152916.jpg

メキシカンブラックキングスネーク(♀)
当店では実に久々!
キングスネークの仲間自体を切らすことはありませんが、
メキブラはコロナの影響もあり、価格高騰と入手難が続いていたため、
正直なところ、少しばかり距離を置いていたのも事実です。
今回は巡り合わせが良く、稀少なメスを入手できるチャンスがあり、
顎下のみ白のジェットブラック、とまではいきませんが、
大きさもベビー過ぎない安心サイズで、種親用にもペットにもお勧めな、
実は意外とリーズナブルなプライスの、限定一匹です!
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01153113.jpg

ケニアサンドボア(hetアネリスリスティック・♀)
ラッキーショットが炸裂し、妙に格好良く撮れてしまった、
最も育て易く、最もスタイリッシュな、サンドボア最人気種!
一部は品種化されることもあるほど、模様にバリエーションのある本種ですが、
この個体は細めの崩れたバンドがびっしりと描かれ、一層クールな印象です。
より大型化することがペット的に喜ばれるメス、という点もそうですし、
ヘテロアネリを生かした組み合わせが必要な方にとっても見逃せません。
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01153935.jpg

ボールパイソン
バナナファイアエンチ(♀)
※脱皮前です…
やっと手に入った、嬉し過ぎるバナナのメス!
遺伝的な問題で、メスの出現率が圧倒的に低いとされるバナナに、
ファイアとエンチ、ふたりの名脇役が名を連ねためちゃめちゃブリード仕様な一本。
スーパーバナナはもちろん、ファイアもスーパー体が熱いモルフですから、
バナナのシングルを取りつつ、ブラックアイリューシスティックを狙い、
おまけにエンチを加える、というなかなか器用なこともできそうです。
間違って売れ残ってしまったら、当店スタッフが次期種親候補にキープしたいそうで、
どなたかにその野望を阻止して頂くか、あるいはベビーの誕生をお待ち下さい。
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01154236.jpg

パステルクリスタル(♀)
無理なく2023CBが狙える、ほぼアダルトサイズの有難いメス!
モハベ×スペシャルで、クリスタル。そこへパステルを加え派手にしたもの。
多くのブルーアイリューシスティックとは異なり、
全身に模様および黄色味が残る、可愛らしい仕様です。
モハベが入ったコンボモルフのメス、というだけでニーズ高し!
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01154223.jpg

ケヅメリクガメ(ベビー)
リクガメ界のキング、言わずと知れた最人気大型種!
最も大きくなるのはゾウガメ、これは業界内の一般常識ですが、
一方で、最も愛され度の高い種類という意味では、
世界的に見ても恐らくケヅメの右に出るものはいないでしょう。
嫌だと言っても、本当に大きく育ってしまうヤバいヤツですが、
そのズバ抜けたスペックを必要とする方へ、是非お届けしたい一匹です。
早くもMazuriリクガメフードに餌付き、準備万端!
正しく綺麗に育て上げる方法は、お渡しの際に詳しく伝授します。
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01184436.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01184429.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
こちらもある意味ケヅメと同じぐらい有名な、
現実的に日本のリクガメファンが最も飼い易いとされる、最強の入門種
ただしそのファン層は幅広く、ビギナーからマニアにまで愛されています。
いくら育てるのが容易とされていても、粗末に扱って良い訳ではなく、
どうやったら真の意味で可愛がることができるのか
私たちと一緒に考えながら、大切に飼育していきましょう。
黄色と黒色のメリハリが強い、なるべく綺麗に見えるものをセレクトしました!
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01184808.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01184828.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01184840.jpg

ホルスフィールドリクガメ(ベビー)
歴史的に見ると、ペットトータスのエントリーモデルとして長らく活躍し、
今やその役割をヘルマンにバトンタッチしたかのように、
最近では個性的なリクガメとして新たな道を歩みつつある、通称ロシアリクガメ。
俗にメロンパンと称される、ややフラットで機能的な甲羅のシルエットは、
他のリクガメにはあまり感じられなかった、独特の可愛らしさを表しています。
野生では過酷な環境で粗末な暮らしを送っているせいか、やはり強健であり、
見た目のデザインさえ気に入ってしまえば、これほど素敵なリクガメも他にありません。
ご覧の通り、白と黒、両極端な2匹を頑張ってセレクトしてみました!
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01185383.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01193447.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01193446.jpg

ポルトガルファイアサラマンダー(国内CBベビー)
本日のラストは、突然のファイアサラマンダー!
個人的に、"最も暑さに耐性のあるファイア"の称号に惹かれ、
また、国産とあって輸入ものでは考えられないほどリーズナブルなのも嬉しい、
憧れのファイアサラマンダー入門種としては、
定番の基亜種マダラファイアよりも優れていると言えるかもしれない、
ガライカこと、このポルトガルファイアを推してみたいと思います。
ファイア種群の中ではガッシリと大柄に育つ格好良さと、
成熟すると頭部を中心に、場合によっては全身に渡って赤い滲みが発色する
ベビーから飼い込んで二度美味しい、実に育て甲斐のある種類です。
新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01201927.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01201956.jpg

新しいカメラとの、新しい生き方_b0174337_01201967.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
by herptilelovers | 2022-06-04 01:20 | 新着情報