人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小動物部門もがんばっています!

こんにちは、店長の馬場です。
天気の話ばかりするのもいい加減飽きてきたので、
少し真面目に、私たちの仕事ぶりについてお話ししますと、
当店は爬虫類の専門店かと思いきや、
ファンシーラットをはじめとした小動物が好き過ぎるスタッフも常駐しています。

先程、今夜のブログを更新するに当たり、
是非とも可愛いラットたちの姿も公開して欲しいという、
担当スタッフからの熱いリクエストが上がってきましたので、
本日は先週に引き続き、“ねずみ”スタートにてお送りします!

ファンシーラット(ダンボ / ♂・♀)
実を言うと、世間がまだラットをペットとしてさほど認知していなかった、
およそ10年ほど前から今日まで、取り扱っていなかった時期がないほど、
当店の定番キャラクターとして店内を賑わせてきた、ファンシーラットたち。
ラットの健康寿命を考えたオリジナルフードを合わせて販売するなど、
他の小動物とは一味違う扱いを続けてきた訳ですが、
最近ではベタ馴れの性格のみならず、顔立ちの可愛らしさにまで拘ってブリードし、
同じダンボラットでも、特に美人な子たちがご紹介できるようになりました!
詳しくは店頭にて、熱過ぎる解説を参考にお好みの子をお選び下さい。
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01102516.jpeg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01102529.jpeg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01102555.jpeg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01102500.jpeg

ホルスフィールドリクガメ(ベビー)
ベビーとはいえ、ほんのり適度に成長した安心サイズのプチメロンパン
毎日、Mazuriリクガメフードを当たり前のように食べていますが、
この大きさにして野菜の類を一切必要としないコンディションが嬉しい一匹です。
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01411569.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01411540.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(♂)
ツルンと綺麗に育てられた、ようやくオスと分かり始めたヤングサイズ。
各甲板の大きさもバランス良く伸びていて、
この調子で成長させれば出来栄えの良いオスに仕上がること間違いなし!
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01155126.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01155156.jpg

ニシヘルマンリクガメ(♂)
濃厚な色合いと、体表の照りとが見事にマッチした特選美個体!
どちらが良いとはあえて申し上げませんが、
上のヒガシと比較すると、両亜種間の違いがよく分かると思います。
こちらもMazuriリクガメフードオンリーで元気に育成中!
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01160541.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01160527.jpg

ボールパイソン(パステルイエローベリー・♀)
いくらイエローベリーが入っているとはいえ、
その仕事だけではここまで綺麗にならないでしょう。
つまり、それだけパステルの質が優れていると考えて差し支えないと思います。
ギリギリ手の平サイズのヤングなメス、ペットにも種親候補にも!
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01163939.jpg

エボシカメレオン(国内CB・♀)
撮影のために無理やり叩き起こしてしまったためか、
少々ご機嫌斜めなカラーリングの、国産エボシ。
この個体の特筆すべき点は、何と言っても人工飼料のみで育てられていること!
現在、店内で使用しているのはグラブパイとレオパドライですが、
基本的にレオパ系のフードであれば、選り好みなくバクバク食べると思います。
カメレオンなのに虫が要らない、謎のハイスペックを目の当たりにして下さい。
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01161774.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01161775.jpg

フトアゴヒゲトカゲ
イエロー(hetハイポゼロ・♀)
以前にもご紹介しましたが、この血統は顔立ちが可愛らしいことに定評があります。
鼻先が短く、優しい表情を浮かべる、意外と珍しいイエロー系のヤングサイズです。
下のレッドも同様のスペックですが、本来主食に採用されるべき雑食性の、
決して美味しくはない人工飼料でも一切嫌がらずにバクバク食べてくれる優等生です!
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01421531.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01421564.jpg

レッド(♀)
赤くてデカい!
とてもメスとは思えない巨体を武器に、温厚な性格で他の個体と同居もできる優しい個体。
上のイエローと同じく、こちらも全然美味しくないフードでも喜んで食べてくれます。
つまり、コオロギも野菜も一切必要ない非常に経済的な夢のフトアゴです!
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01422952.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01423069.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
ハイイエロー(hetベルアルビノ)
ベビーの時期を脱し、ただしまだまだ可愛らしさの残るスモールサイズ。
フトアゴに続き、同じことばかり書いてしまい恐縮ですが、
下のアルビノと同じく、レオパ系のフードを皿に盛り付けただけで、
もはやピンセットに頼ることなく、置いてある餌を食べてくれるスーパーエリート!
アダルトサイズならともかく、小さなレオパでこのスペックは貴重です!
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01433630.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01433756.jpg

トレンパーアルビノ(hetディアブロブランコ・♂)
こちらも上のハイイエローと同じく、
皿に盛り付けられたフードを、まるでイヌのようにむしゃむしゃ食べるスーパーエリート!
ここまでくると、もはやレオパだかなんだか分からなくなりますが、
手間とコストの面においては最強のスペックを誇ります。
あとは模様や色合いの好みでお選び下さい。
小動物部門もがんばっています!_b0174337_01433741.jpg

小動物部門もがんばっています!_b0174337_01433612.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2021-06-05 01:17 | 新着情報