人気ブログランキング | 話題のタグを見る

寒暖差ジェットコースター

こんにちは、店長の馬場です。
先週も同じようなことを書いたような気がしますが、
こちら名古屋では週の半ばに雪が降ったかと思えば、
何やら週末は最高気温が20度近くになるのだそうで。
勘弁して下さい、とは誰に伝えれば良いのか分かりませんが、
ケージの中にいる爬虫類たちに対しては、
そのショックを感じさせないでやりたいものです。

2/23(火・祝)天皇誕生日は、祝日のため通常営業します!
翌日の2/24(水)は、振り替えのため臨時休業とします。
営業時間は13時から20時にて、ご来店お待ちしています。

今週はジャンル的に大分偏ってしまいましたが、
それぞれの個体はそれなりのクオリティで勝負できるものばかり!
もちろんどれも一匹ずつしかいませんので、
コレは、という個体が目に飛び込んできたらお早めに!

エメラルドツリーボア(ハイホワイト)
背中一面にしっかりと降り積もった雪景色が素晴らしい!
同じ便で到着したものの中から、最高の一本をセレクトしました。
今回は珍しく、現地からダイレクトに輸入されたものだそうで、
余計な中継地を挟まないことから、初期状態が格段に良好であるとのこと。
なるほど確かに、全身の肉付きとみずみずしさはまるで飼い込み個体の如し
鱗の表面はテラテラと輝いていて、手に取ると肌に吸い付くもっちり感。
妙な例えですが、同じく南米のゴールデンテグーのような、
エナメルスーツにも似た独特のテクスチャが健康を物語るようです。
言うまでもなく、他に代えの利かないオンリーワン!
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23363659.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23363694.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23363696.jpg

カーペットパイソン(ジャガー・♂)
ハンドリングでの撮影は困難を極めるほどの立派な大型個体!
ジャガーのシングルとしてやって来ましたが、
それにしてはブラウンアウトがかなり抑えられた、ハイクオリティな一本です。
冷凍ラットにもきちんと餌付き、酷い神経症状も見受けられない素敵な飼い込み個体をどうぞ。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23363600.jpg

キアシガメ(ベビー)
最近輸入されるキアシは状態が良く、扱いやすいものが多くて助かります。
今回も発色の良いナイスカラーな個体ばかりを目ざとくセレクト!
レモン色からオレンジ色まで、成長が楽しみになる綺麗なベビーばかり。
しっとりツルンとした甲羅に育てるための秘訣は、お渡しの際にお伝えします!
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23373101.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23373236.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23373276.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23373233.jpg

アカアシガメ(ノーザンフォーム)
いわゆる“チェリーヘッドじゃない方”的な扱いを受けることもあるノーザンフォームですが、
顔立ちの可愛らしさはノーザンの方が圧倒的!
全部赤のタイプも時々いますが、今回は頭が黄色足が赤いオールドタイプ。
奇抜な配色に初見では驚かされますが、
毒々しいカラーリングとは裏腹に性格は全リクガメ中トップクラスに明るく
ズンズン歩いてグングン育つ、とても育て易いリクガメのひとつです。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23380671.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23380628.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23380619.jpg

イベラギリシャリクガメ(ブラック・ベビー)
これは良い!かなりダークな焦げ茶に仕上がりそうなナイスイベラ!
最近ではヘルマンを追いかけるように、ヨーロッパから輸入される機会が増えましたが、
いくら個体差が出やすいギリシャとはいえ、ここまで尖った個体はそうそうお目にかかれません
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23403408.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23403437.jpg

ヒョウモンガメ(ホワイト・ケニア産)
一匹のみですが、どう見ても白く育ちそうな可愛いベビーをゲット!
甲羅だけではなく、スラリと伸びた美脚にもその白さが表れています
早くもMazuriリクガメフードのみで育てられるように仕立てられ、状態抜群です。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23385418.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23385413.jpg

ケヅメリクガメ(L)
久しぶりに入荷した、30センチオーバーの立派な飼い込み個体。
甲羅全体を360度見渡しても、大切にされていなかった訳がない隙のなさで、
この調子で鍛え上げれば、ほぼ間違いなく綺麗なシルエットに仕上がるでしょう。
まさに一生もののリクガメですから、納得のクオリティと出会いたい方へ。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23372458.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23372512.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23372520.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23372501.jpg

キボシイシガメ(国内CBベビー)
先日、REPFANの巻頭特集にも組まれていた稀代の人気種。
有難いことに、またまたブリーダーさん飼い込みのベビーがやって来ました。
イエロースポットがしっかりと映える、良質な安心サイズです。
餌も乾燥エビや冷凍アカムシ必須ではなく、人工飼料のみで育てられますのでご安心下さい。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23421321.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23421434.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23421402.jpg

ムツイタガメ(S)
このサイズのムツイタは殊更に可愛いですね。
そう頻繁に見られるものではありませんが、
この時点で既に変なカメのオーラを出しています
爪の鋭さとその痛さに、却って守ってあげたくなる不思議なキャラクターです。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23411921.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23411916.jpg

ジーベンロックナガクビガメ(ブラック・ベビー)
ブラックは大袈裟かもしれませんが、“ブラック風”ジーベンであることは確かです。
本当のベビーサイズを過ぎた、少し水を深くしてあげたくなる絶妙な安心サイズ。
ダークなトーンがお好きな方へ、青みがかった頭部の発色と合わせてお楽しみ下さい。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23424774.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23424725.jpg

ミシシッピニオイガメ(ライトカラー・ベビー)
実にわざとらしく、白く色抜けしそうなミシニをセレクトしたらこうなりました。
何を目指して育てるかは人それぞれですが、
オーバーな言い方をすればパステル調
そうでなくとも白いタイプはいつの時代も人気者です。
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23424466.jpg

カブトニオイガメ(♀)
このカブトニオイもなかなか綺麗!
白く色抜けした甲羅には上品な放射模様が入り、
カブニらしさを物語る甲高フォルムもバッチリ再現され、
嘴周りの残念な変形も見受けられない、そこそこ育ったメスとしては合格点!
寒暖差ジェットコースター_b0174337_23424326.jpg

寒暖差ジェットコースター_b0174337_23424364.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2021-02-19 23:58 | 新着情報