人気ブログランキング | 話題のタグを見る

キツめの三寒四温

こんにちは、店長の馬場です。
本日の名古屋は昨日に続き、過ごしやすい陽気に恵まれ、
しかしながらこうも寒暖差が続くと、
爬虫類の飼育者にとっては環境管理の難しさが気になります。

例えば、カメなどを野外で越冬させているような方にとっては、
このアップダウンが時に致命傷ともなりかねませんし、
また、室内で各ケージを保温しながら普通に飼育している方にとっても、
シンプルに日々の温度維持にやり辛さを感じることもあるでしょう。

飼育環境のセッティング、つまりどのような器材をどのように用いるべきか
完全に迷子になってしまう前に、宜しければ当店へご相談下さい。
ご来店の際には、スマートフォンなどで飼育状況を写真に撮影し
そのデータを店頭にてお見せ頂けるとよりスムーズにご案内できると思います。

さて、今週もハッと心を奪われる良質な飼い込み個体など、
魅力的な生体が揃いましたので、張り切ってご紹介します!

ヨーロッパユウダ(ブルータイプ・Pr)
これは珍なる放出個体!
別名ヨーロッパヤマカガシとも呼ばれる、通称ナトリクス・ナトリクス。
ユウダの中でもぶっちぎりの最大種で、その記録はなんと全長2メートル!
そこまでのお化け個体にはそうそう巡り合えませんが、
いずれにしても“デカいナミヘビ”というだけで、興奮材料としては十分です。
しかも今回は、大層クールなブルー血統と呼ばれるタイプで、
同じカラーリングの、なおかつペアが揃っているという最強の掘り出し物です。
キツめの三寒四温_b0174337_00001518.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00163910.jpg

ボールパイソン(ノーマル・♂)
数あるモルフと比べても、実はかなり格好良いとされるノーマルボール
ノーマルは、それ以上でもそれ以下でもありませんが、
シンプルにニシキヘビ感を存分に味わわせてくれる、素晴らしいペットスネークです。
今回は、アダルトマウスを楽々呑める、ビギナーさんにも嬉しい安心サイズにて。
キツめの三寒四温_b0174337_00165022.jpg

カーペットパイソン
デザイナーズ(♂)
毎回異なる容姿、外観で楽しませてくれるデザイナーズカーペット。
この個体は全体にブラックチップが散りばめられていることから、
パプアン(コモン、ハリソンとも)が入っているのは間違いなさそう。
こうして一本一本の特徴をつぶさに感じ取る作業も乙なものです。
既にラットが呑めるヤングアダルトサイズにて。
キツめの三寒四温_b0174337_00165025.jpg

アザンティックジャガー(♀)
これは見事な大物の登場!
日頃から撮影に用いる特大プラケースにみっしりと収まった、
殆どフルアダルトサイズと言っても差し支えない、アザンジャガーのメス。
モルフ自体のクオリティが実に好ましいだけではなく、
あっという間に種親としてブリーディングに参加できそうなボリュームもグッド。
日常的に解凍したラットを呑んでいますので、餌食いの面でも安心です。
キツめの三寒四温_b0174337_00165080.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00165018.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
スーパーマックスノー(♀)
このコロナ禍において、深刻なスーパーマックスノー不足が叫ばれる中、
顔立ちも素敵なアダルトサイズのメスが登場!
肉付きも良好なため、今すぐにでも繁殖に間に合わせられる?!
キツめの三寒四温_b0174337_00173491.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00173399.jpg

ベルレッドストライプ(♀)
ベルアルビノ特有の、鋭くて格好良い眼差しが映えるアダルトサイズ。
レッドストライプの表現も申し分なく
探していた方には一撃で刺さるのではないかと思われる絶品です。
キツめの三寒四温_b0174337_00173436.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00173551.jpg

クレステッドゲッコー(レッドダルメシアン)
すみません、本人はもっと真っ赤な状態で写りたかったようですが、
本日はタイミング的に、この程度の発色が限界でした…
飼育過程で尻尾が失われてしまったのが本当に惜しいのですが、
そのクオリティから是非とも種親に使って頂きたい、そんな個体です。
キツめの三寒四温_b0174337_00173875.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00173976.jpg

ソメワケササクレヤモリ(♂)
飼い込みのため、何でもよく食べるように整えられたオスのソメワケ。
大昔はレオパやニシアフと並び、ビギナーズゲッコーとして名を馳せた往年の銘種です。
今でもその愛嬌とリーズナブルさから、業界には欠かせないマストアイテムとされていますね。
キツめの三寒四温_b0174337_00175780.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00175778.jpg

シナスッポン(アルビノ)
※複数匹います!
まさかの三週に渡る、連続スッポン攻撃!
第三弾は、かつてうじゃうじゃと湧き出すように流通していたアルビノシナスッポン。
最近では余るほど見かけるようなこともなくなり、
その昔、最も安価なアルビノのカメとして売り出していたのも懐かしいです。
前回の輸入分の時もそうでしたが、
これまで定番だった白系から黄色系になるタイプだけではなく、
いわゆるT+アルビノのような、やや色素が残っているように見えるタイプも。
人工飼料のみで楽々育てられる、スッポン離れした育て易さも見逃せません。
キツめの三寒四温_b0174337_00175769.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00175808.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00175790.jpg

オキナワシリケンイモリ(♂)
お目当ての金箔模様がそれなりにきちんと出ている、良質な飼い込み個体。
よく質問される和名のシリケンとは、つまりソードテールという意味です。
同じく国産のアカハライモリに比べ、丸顔で可愛らしいところが人気の秘訣!
キツめの三寒四温_b0174337_00181979.jpg

キツめの三寒四温_b0174337_00181915.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2021-02-13 00:10 | 新着情報