人気ブログランキング |

来週は東レプ2019冬!

こんにちは中山です。
来週末は東京レプタイルズワールド
池袋サンシャインシティ展示ホールAにて両日10:00~17:00で開催されます。
それに伴い11月29日、30日、12月1日は店長が終日不在の為、
買取査定など一部業務が行えない場合がありますのでご了承下さい。
その他餌や器材などの販売は通常通り行っておりますので、
安心してご来店下さい。

さて本日はちょっと変わったトカゲ達に、
ボリュームたっぷりなボア、パイソンを中心にご紹介します。

オオバクチヤモリ(♀)
ドルマンスリーブにサルエルパンツを合わせたような、
キュートなもったりシルエットのオオバクチヤモリ
バクチといえばその鱗ばかりが有名ですが、
暴れるところを無理に拘束しない限りそうそう取れたりしません。
足もそこそこ速いので、観賞メインで可愛がってください。
b0174337_21500355.jpg

カニンガムイワトカゲ(L)
ずんぐり体型にスパイキーなウロコのカニンガム
寒さにも強く大きさも手頃な良いトカゲです。
各社各種の様々なフードを片端から全て平らげ、
人間を見る度に餌を期待して寄って来てしまう、
食いしん坊の見本のような個体です。
b0174337_21500352.jpg

ワーレンギャリワスプ(CB)
初見では思わず聞き返してしまう妙な名前のワーレンギャリワスプ
体型と質感からパッと見スキンク感がありますが、
ヨーロッパアシナシと同じアンギストカゲの仲間です。
とはいえアオジタくらいのサイズ感で大体何でも食べてくれるため、
飼育に関しては特にクセもなく慎ましく暮らしてくれる良い子です。
b0174337_21510891.jpg

ケープバンデッドロックモニター
最近入荷がサッパリ途絶えている、ノドグロの方のケープバンデッド
現在は丁度サバンナの中盤みたいなサイズですが、
最大サイズがサバンナの倍近くあるのでまだまだチビっ子です。
臆さず咬まず、吸い込むような勢いでひなウズラを平らげていく、
巨大抱きトカゲへの素質十分な健康優良チビロックです。
b0174337_21510883.jpg

グリーンパイソン(デザイナーズ)
モザイクブルーコンドロを親に持ち、
淡く燐光を発するような青い模様の美しいデザイナーズです。
実はこの個体、過去に当店で販売した“あの血筋”のベビーが育った一本。
お心当たりのある方は、お早めに。
b0174337_21510887.jpg

オリーブパイソン(♀)
まさしく大蛇と呼ぶにふさわしい巨躯を誇るオリーブパイソン
華奢なベビー期はとっくに脱出してラットも食べ始め、
あとはもう何の心配もなくどんどん大きくしていける安心サイズ。
まだ一般的なケージに収まっていてくれるところもベストタイミング。
実は個人的にこの顔立ちがめちゃくちゃに好みなので、
今からもう売れてしまう時が寂しくて仕方がありません。
b0174337_21500383.jpg

アルバーティスパイソン(♂)
言わずと知れたみんな大好きアルバーティス
黒地にギラギラした構造色が美しい飼い込み個体です。
ワイルドでの入荷では状態がまちまちなことも多いためか、
いつでも誰かが探している印象のあるヘビです。
b0174337_21500344.jpg

ブラジルレインボーボア(ハイポメラニスティック・♂)
とても大人しくハンドリングさせてくれるニジボアのハイポです。
ニジボアの魅力である虹色光沢を残しつつ透明感のあるオレンジ色と相まって、
華やかかつエレガントに仕上がった派手なモルフです。
モルフもののオスなので、繁殖には逆に使いやすいかも?!
b0174337_21500334.jpg

マルギナータリクガメ(サルディーニャ島産)
片手いっぱいに乗せられているこの3匹は、
なんと珍しいロカリティ付きのマルギナータ
何でも離島である彼らの故郷は元々マルギの棲息地ではなく、
あくまでも移入個体群ということになっているそうですが、
最大サイズが小さかったり、色合いが少々変わっていたりと、
それはそれで独特の進化を遂げているのだとか。
b0174337_23580104.jpg

このベビーからコツコツ育てられた3匹はとても素敵なのですが、
自分で育てたい!という方にはこちらもベビーもオススメ。
b0174337_21510827.jpg

ニホンイシガメ(種子島産・ベビー)
お待たせしました!
昨年に続き、今年も殖やして頂いた種子島産の純血統ベビーです。
このブランド力についてはもはや説明不要でしょうか。
相変わらずダークなカラーリングが、その"らしさ"を演出していますね。
b0174337_23102492.jpg

アメフクラガエル
数年先になるであろう輸入を待っていたところに、
突然ポンと現れた嬉しい飼い込みアメフクラ
アメフクラ=土を飼うというイメージが強いですが、
特に用もないのに昼間に顔を出しに来る、
飼い込みの貫禄を感じさせる落ち着いた個体です。
念のため言いますが、もちろん一匹のみ!
b0174337_21500454.jpg

バジェットフロッグ
まんまる可愛いマルメタピオカガエル
その名前は最近流行っている黒い丸いのとは関係あるとかないとか諸説あるようですが、
和名を付けた方が故人なので聞くこともできないのが残念なところです。
浅めの水中でモチモチゆらゆら暮らす姿はそれっぽい気も?
人工飼料をぱくぱく食べる良い子です。
b0174337_21510802.jpg

本日ご紹介した新着生体についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2019-11-23 00:18 | 新着情報