人気ブログランキング |

えっ、まだ台風くるんですか?

こんにちは中山です。
10月も終わりに近づき夜には上着も必要な季節ですが、
なんで未だに台風が来るのでしょうか。
台風は九月の季語だったような気がするのですが今年は引き際を誤っている様子。
外飼いのカメが飛ばされたり、で水位が上昇して脱走したりも心配ですし、
そもそも今年の日光浴をできるのもあと数回あるかという時に邪魔をしないでほしいものです。

さて今週はふわふわ可愛いファンシーラットとみんな大好きフトアゴヒゲトカゲ、
そしてアメハコを筆頭にカメ盛り沢山でお送りします。

ファンシーラット
先日からTwitterにて告知していたファンシーラットベビーズが、
無事成長して販売スタートです!
b0174337_22454081.jpg

離乳完了から成長期までの、
一番ふわふわで可愛らしく貴重な時期。
幼い頃からしっかり馴らしたベタ馴れちゃんです。
b0174337_22454125.jpg

ラットのための専用フードもありますのでご心配なく!
b0174337_22454058.jpg

アルゼンチンレッドテグー(S)
手の平サイズのちびアルゼンチンレッドテグー
まだ小さいためハンドリングに対して若干わたわたしますが、
口を開けることもなく噴気音も尻尾も飛んでこない優等生です。
b0174337_22460674.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(国内CBベビー)
レッド
今月頭に入荷したベビーたちがフトアゴ幼稚園で元気に育っています。
b0174337_22461502.jpg

コオロギはもちろん各種フードまで競い合ってバクバク平らげ、
体格もしっかりしてきて赤味も増しつつあります。
b0174337_22461558.jpg

全員同腹の兄弟ですが当然気の強さや色味の出方に差があるため、
たくさんいる中からお好きな個体を選んであげて下さい。
今なら早い者勝ち

フトアゴヒゲトカゲ(アダルト)
ベビーだけでなく即戦力なアダルト個体も。
フード類にしっかりと餌付き済みで、
コオロギも生野菜も全く与える必要のない、超優等生たちです。
パステル(♂)
個体A
b0174337_22472056.jpg

個体B
b0174337_22472053.jpg

イエロー(♀)
個体A
b0174337_22472076.jpg

個体B
b0174337_22472036.jpg

マッコードナガクビガメ(国内CBベビー)
b0174337_22475119.jpg

いつも当店に入荷する兄弟とは異なる別の血統が、
今年初めて繁殖に成功したマッコードナガクビ
2匹とも配合飼料をもりもり食べてくれる安心ベビーです。
b0174337_22475167.jpg

ホオスジカエルガメ
小プラケに収まってしまうスモールサイズのホオスジカエルガメ
甲羅の縁が赤いところがチャームポイント。
暗色部も淡く全体的にパステルカラーな個体です。
b0174337_22482032.jpg

ミツユビハコガメ
今年も来ました!
の風物詩アメハコベビーシリーズです。
b0174337_22482195.jpg

b0174337_22482179.jpg

ブリーダーさんが持ち込んだ大量のベビーの中から、
店長が一時間かけてじっくりセレクトした優良ベビー!
その中から更に店頭でセレクトして頂けます。
b0174337_22482189.jpg

ガルフコーストハコガメ
ガルフらしからぬ模様がバッチリでた派手な個体を親に持つ、
本人も既に模様の出始めたガルフコーストハコガメです。
b0174337_22491183.jpg

トウブハコガメ
少し伸びはじめた成長線や首元に既に模様が出始めている、
栴檀は双葉より芳しな将来有望個体です。
b0174337_22491113.jpg

フロリダハコガメ
個体差が少ないと言われがちなフロリダですが、
兄弟の中でも模様が多く出そうな個体をセレクト。
黄色も濃く、少し赤味がかって見えるほどです。
b0174337_22485457.jpg

キタニシキハコガメ
こちらは兄弟の中で甲高な個体をセレクト。
元々扁平になるキタニシキですが、
それでもてっぺんの標高は稼ぎたいので、
そのように育ってくれそうな一匹をGETです
b0174337_22485352.jpg

タイワンセマルハコガメ
タイワンらしく赤味の少ないスッキリした黄色の個体。
毎年ごく少数取り扱っているタイワンですが、
今年は本当にこの一匹のみですのでお早めに
b0174337_22493482.jpg

チュウゴクセマルハコガメ(安徽省)
チュウゴクセマルの中でもより赤い安徽省産
その中でもこの個体は今まで取り扱ってきた安徽省の中でも、
間違い無く一番赤いと店長が断言していました。
こちらもタイワンと同じく、一匹のみ
b0174337_22493406.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ブルガリアンジャイアント・♂)
ヒガシヘルマンの地域個体群、ブルガリアンジャイアントです。
その名の通り最大サイズが大きくなるタイプ。
b0174337_22495882.jpg

この個体は日本の屋外で飼育されており、
そのまま越冬まで済ませている高スペック。
野草を食べ土を掘り返して生活していた、
八割方ワイルドみたいな育ちの個体です。


本日ご紹介した新着生体についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2019-10-25 23:25 | 新着情報