人気ブログランキング |

もういくつ寝ると

こんにちは中山です。
12月も半ばに差し掛かりすっかり暮れの寒さになってきて、
このブログも今年はあと二回の更新を残すのみとなりました。
年越しの準備や大掃除など慌ただしくなる時期ではありますが、
ありがたいことに年末は多くのお客様がいらっしゃるため、
当店は例年通り忙しくなっております。

それに伴って入荷も多く来ておりますので、
ボール多めでどさっとご紹介します。

ヒョウモントカゲモドキ
がっしりした良い体格の飼い込みアダルトが入荷しています。
ハイイエロー(♂)
b0174337_21572001.jpg

アルビノ(♂)
b0174337_21572013.jpg


クレステッドゲッコー(ファイア)
b0174337_21572101.jpg

ベビーとヤングのあわいに佇むちびクレス。
ラコダクは成長と共にどんどん鮮やかになっていくタイプですので、
小さな頃の色柄模様は仮の姿。
まだまだこれから本領を発揮してくれることでしょう。

ガーゴイルゲッコー(レッドストライプ・♂)
b0174337_21572147.jpg

カラフルなストライプがバキッと走るツノミカドヤモリ
良い体格に育った飼い込みのオスですが、
ツノミカドのツノミカドたるツノはまだまだ発達していない若い個体です。

トッケイヤモリ
b0174337_21572073.jpg

むっちり飼い込まれた大振りのトッケイ
再生尾の方は飼い込み歴が長いこともありかなりの肉付き。
完尾の方も先輩に気後れすることなく上手く同居していた肝の据わった二匹です。
b0174337_21572038.jpg


パンサーカメレオン(ジャンゴア・♂)
b0174337_22015995.jpg

最近新しく聞かれるようになったロカリティ。
アンビローブの近所で、緑色赤色が出るタイプです。
兄弟の中でも頭ひとつ抜きん出た成長の個体をセレクト。
嬉しいことにオスだったようで、
幼体ながら到着時に霧を吹いたところ青緑色をちらっと見せてくれました。
将来の発色を楽しみに育てていきましょう。
b0174337_22015977.jpg

b0174337_22015869.jpg


サバンナモニター
b0174337_22015835.jpg

片手の平にぴったりおさまるヤングサバモニ
大人しく爪も切らせてくれたベタ慣れ候補の一匹です。

コーンスネーク(アメラニモトレー・♂)
b0174337_22025611.jpg

シンプルにカラー×パターンモルフのアメラニモトレー
モトレーもアメラニも個体差が大きい品種ですが、
これは隅々までベッタリと赤く染まった個体です。

バロンコダマヘビ(♂)
b0174337_22025697.jpg

青緑がかった体を黒いラインが通るバロンコダマヘビ
顔の下半分までが滲んだ個体です。
b0174337_22030888.jpg

色と体格から想像できる通り樹上性ですが、
きちんとマウスに餌付いており性格も温和なので、
そう身構えずにこの珍蛇を手元に置くことができます。

ボールパイソン
ノーマル(♂)
可愛いサイズで人気の高いノーマルベビー
b0174337_22040489.jpg

こちらはヘテロクラウンの入った個体です。

ピンストライプ(♀)
b0174337_22044984.jpg

どっしりと鎮座する巨大なメス。
昨年に産卵経験ありかつ今年しっかりと肥育済みですので、
すぐにでも戦力としてお使いいただけます。

GHI(Pr)
b0174337_22044930.jpg

深い茶色と乱れた模様が美しいGHIボール
丁度ペアが揃いましたので、(♂↑♀↓)
現在お持ちの個体の相方探しだけでなく、
一緒に持って行ってスーパーGHIなども目指して頂けます。
b0174337_22044922.jpg


レッサー(Pr)
b0174337_22045051.jpg

淡く黄色いブルーアイリューシコンプレックスのレッサー
正しくはレッサープラチナだったとかバターとの互換性だとか話せば長いですが、
今月発売された書籍「ボールパイソン完全飼育」が詳しいのでおすすめです。(通販はこちら
小振りなオス(↑)とがっしりめのメス(↓)が入りましたので、
育てたい方にも殖やしたい方にもオススメです。
b0174337_22044977.jpg


エンチレッサーhetアルビノ(♀)
b0174337_22044973.jpg

模様の変異と黄色くする作用で一味違ったエンチレッサー
地色と模様部分のコントラストが激しいコンボです。
特に顔面のラインが輝いて見えます。

カーペットパイソン
デザイナーズ(♂)
b0174337_22045026.jpg

少し黄色が発色しているデザイナーズカーペット。
店長曰く外見からしてパプアン×ジャングルぽいとのこと。
まだまだ小振りで育て甲斐のあるヤングサイズです。

パプアンカーペット(♂)
b0174337_22030861.jpg

パプアンにも色々タイプがありますが、
これは背筋で明色部が綺麗に繋がるハリソニー
b0174337_22030766.jpg

幼体時は地味でだんだん発色する傾向があるのですが、
このサイズでこれだけ黄色いなら将来何処まで綺麗になるつもりなのか末恐ろしいベビーです。

ロシアリクガメ
b0174337_22035942.jpg

最近ご無沙汰だったホルスフィールド
ベビー過ぎずかつまだまだ可愛い良いサイズ。
入荷後程なくしてフードをむっしゃむっしゃ平らげている安心な個体です。

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2018-12-14 23:11 | 新着情報