もうすぐ梅雨入り

こんにちは中山です。
先週末サンシャインにて行われた東京レプタイルズワールドでは
沢山のお客様にご来場頂きありがとうございました。
開幕から閉場ぎりぎりまで息つく暇もない大盛況で、
当店からも数多くの生体が新しい家へともらわれて行きました。

さて本日は東京にて若干さみしくなった店内の在庫を補充するどころか、
いっそはみ出す勢いで新入荷がありましたので写真をメインにどっさりご紹介します。


グリーンイグアナ
エリスリスティック
b0174337_23331553.jpg

成長と共にどんな変貌を遂げてくれるのか、
これからが楽しみなベビーサイズのレッドイグアナです。

アザンティック
b0174337_23331452.jpg

こちらのブルーイグアナは既に完成されたような美しさを備えているうえに、
入荷初日から人の手の小松菜に飛びつく豪胆さを見せてくれました。
b0174337_23331474.jpg


キタチャクワラ
b0174337_23332229.jpg

環境の変化に敏感な子が多い草食トカゲに嬉しい飼い込み個体
隣のケージに並んだブルーイグアナと共に、
初日から隠れるでもなく堂々バスキングして葉野菜をもさもさ平らげてくれました。

アンボンアオジタトカゲ
b0174337_23322928.jpg

ふわふわの手触りが何とも愛らしい、ちくわサイズのアンボンベビー
b0174337_23322993.jpg

このサイズでも危なげなくフードをぱくついてくれた、
既にアオジタの長所を獲得済みのしっかりベビーです。

ポルカスカメレオンモドキ(Pr)
b0174337_23334113.jpg

カメレオンのような眼をしてヤモリのように壁に登る面白トカゲ。
繊細そうな質感とは裏腹に大喜びでコオロギを追い掛け回してくれています
b0174337_23334034.jpg


ヒョウモントカゲモドキ
タンジェリンレイン(♀)
b0174337_23355547.jpg

レインウォーターは淡いレモン色系になることが多いのですが、
この個体は珍しくしっかりとがのったタンジェリンアルビノです

アルビノリューシ
b0174337_23355261.jpg

すっきりとした色合いと少し変わった模様のアルビノリューシスティック。
シャキシャキ走り回る安心の元気さです。

定番のハイイエロースーパーマックスノーも良いクオリティの個体が入荷しています。
b0174337_23363375.jpg

b0174337_23363434.jpg

b0174337_23363490.jpg


クレステッドゲッコー
ダルメシアン
b0174337_23354134.jpg

b0174337_23354162.jpg

餌皿がお気に入りらしくよくここにいる小指サイズ。
黒い斑点が成長と共に増えてくれるのが楽しみです。

ハーレクイン
b0174337_23354884.jpg

こちらも小指サイズですがクレスフードにさくさく餌付いて、
ダルメシアン共々つややかな健康うんこを量産してくれています。

グランディスヒルヤモリ
b0174337_23332957.jpg

先日ご紹介した大ぶりのオスより少しだけ小さい立派なメス。
b0174337_23332901.jpg

こちらは地の美しいグリーンはそのままに、
背の赤い模様が全身に散らかる品種フレイムです。

ニシアフリカトカゲモドキ(♀)
b0174337_23310908.jpg

もっちり安心サイズのノーマルニシアフ。
キチンと飼い込まれて落ち着いた個体です。

カリフォルニアキングスネーク(♀)
b0174337_23300955.jpg

カリキンの中でもスタンダードな人気を誇るデザートバンデッド。

デザートキングスネーク(♀)
b0174337_23300902.jpg

黒い頭黄色のコントラストが美しく、
カリキンともまた違った配置の模様が魅力的なキングスネークです。

アリゾナマウンテンキングスネーク(♀)
b0174337_23321247.jpg

パイロパイロと呼ばれることもあるシロハナキングの基亜種です。
地域変異が大きく同じ名前で流通していても様々な姿がありますが、
今回はいかにもアリゾナらしい分かりやすい個体をセレクト!

サンルイスポトシキングスネーク(♂)
b0174337_23300900.jpg

グレーに浮かぶ赤色が美しいサンルイスポトシ
以前ご紹介したサイエリキングの基亜種にあたります。

メキシカンブラックキングスネーク(♀)
b0174337_23301979.jpg

みんな大好き輝ける漆黒メキブラ
最近入荷が減っているようですが、納得のクオリティな一本をゲット!

マレースジオ
b0174337_23312185.jpg

青紫がかった透明感のあるマレー亜種。
日本人好みの繊細な色合いです。

シマヘビ(♂)
b0174337_23301920.jpg

アオダイショウと双璧を為す目付きの鋭い和蛇です。
真っ赤な虹彩が妖しく恐ろしげですが、
実際はそう荒くもなく普通に扱える個体です。

モンペリエヘビ(♀)
b0174337_23301977.jpg

現地ではトゲオアガマを食べるという噂のモンペリエ
全身を覆い顔にまで細かく入る模様と、
鼻から目にかけて隆起したラインが特徴的です。

カーペットパイソン(デザイナーズ・♂)
b0174337_23295524.jpg

コースタルと同じサイズのデザイナーズ
落ち着いた彩度で背筋のラインが目立つタイプです。

コースタルカーペットパイソン(♀)
b0174337_23295195.jpg

手の平サイズのコースタルカーペット。
昨今モルフが入り交じるカーペットですが、
そんな中でも残っていてくれた嬉しいピュアコースタルです。

バイパーボア(♂)
b0174337_23401584.jpg

カンドイアらしい尖った鼻先と小さな目がいかついバイパーボア
どっしりした色彩と相まって重々しい風貌のヘビです。

ミヤコヒキガエル
b0174337_23290716.jpg

本州に棲むヒキガエルに比べ小型なミヤコヒキガエル
ヤシガラにおしりから半分埋まった状態で待機していることが多いですが、
ひとたび餌を見せればびよんとはね起きてよく食べてくれます。
b0174337_23290770.jpg


パープルピンクトゥー(♀)
b0174337_23283897.jpg

光を当てるとメタリックな赤紫に輝き出すパープルピンクトゥ
幼体期を過ぎて安心できるサイズです。
ピンクトゥーだけあって足は速めですが、
巣を張るのが好きなのできちんと隠れ家を作らせてあげれば、
掃除の度にむやみに走り出さずその中にいてくれます。

サンタレムピンクヘアード(♀)
b0174337_23284912.jpg

しましま模様のサンタレムさん。
室内灯でもわかりやすい美脚に加え、
光を当てれば長い毛がキラキラと赤く光る、
二度美味しいタイプのタランチュラです。

グリーンボトルブルー(♀)
b0174337_23284923.jpg

××のカラフルボディが美しい、通称“GBB”。
案外足が速くないところも魅力です。


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
by herptilelovers | 2018-05-19 00:07 | 新着情報