人気ブログランキング |

しっとりもち肌スキニーラット

こんにちは中山です。
海外ではわりと普通にペットとして扱われているものの、
日本では知名度がいまひとつ。
しかしその賢さとベッタリ懐く愛らしさから、
近年じわじわ普及しつつあるファンシーラット
そんな可愛いラットのために新しく回し車が入荷しました!
b0174337_2118212.jpg

早速遊び始めたモデルはお店で飼育している母親候補です。
ラットが大人になっても使える安心サイズ
高さがおよそ35センチあるのでプラケースに入れるには少し窮屈ですが、
設置してみると結構楽しそうにまわしてくれるので見ていて飽きません。
カラカラ音のしないサイレントタイプなので、
広めのケージの中に設置してあげるも良し、
ケージの中に置けなくともおさんぽする部屋の片隅に置いてあげても良しです。

さて今日はそんなラットの中でも異色の品種、
スキニーラットをご紹介します。

ダンボスキニー・ベビー♂
b0174337_21144096.jpg

もっちり素肌のスキニーラット
生後二ヶ月ほどの可愛い盛りのベビーです。
ヌードラットへアレスラットとも呼ばれています。
b0174337_21145530.jpg

スキニーラットの中でも全身綺麗に毛の無いタイプや、
全体にふわふわした毛を薄く残すタイプ、
鼻先や手足にだけふわふわの毛が残るタイプなどがあるようです。
b0174337_21152758.jpg

今回生まれたのは赤目×スキニー×ダンボのコンボ。
スキニーとダンボは劣性遺伝なので狙って出すのはちょっと大変
b0174337_2115872.jpg

体毛が無い分大きな耳がより強調されて
ピンクの素肌ルビーの瞳がいちごだいふくのような愛らしさと、
もちもちの手触りに高めの体温、
くるっとカールしたおひげがチャームポイント。
飼育方法は通常のラットと特に変わらず、
少し保温に気を付けることとたまに身体を洗ってあげると良いでしょう。

ダンボスキニー・ベビー♀
b0174337_2113365.jpg

オスの方が単純でおっとり甘えん坊、
メスの方が賢く活発でツンデレという話もあるようで、
時々ラットを見に来たお客さんに聞かれるのですが、
たくさんのラット達を見ていると確かにその傾向はあるものの、
どうやら個々の性格の差育った環境の方が大きいようです。
b0174337_21164824.jpg

どんな子でもまめに構ってあげれば名前を憶え、
呼びかけに応えて駆け寄って来たり賢い子では芸も覚えたり
おさんぽついでにおやつの置き場所までちゃっかり覚える賢さを持っています。
b0174337_2117165.jpg

また思春期に雌が荒れるという話もありますが、
普段からベタ慣れにしておけばそう気にするほどでもないようです。
実際当店で一番ベタ慣れの女の子は特に凶暴化すると言われている育児中にもかかわらず、
自ら人に近寄りナデナデを要求して来たりするくらいでした。
性別は参考程度にして個々の顔付きや性格など、
フィーリングでしっくりくる子を選んだ方が良さそうです。
繁殖自体は比較的容易なのでペアでの購入も良いと思います。

本日ご紹介したファンシーラット・ダンボスキニーについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2015-04-13 21:26