人気ブログランキング |

走る饅頭、そして歩く岩

こんにちは中山です
年が明けたと思ったらあっという間に二月も半ばを過ぎてしまいました
こうして年々月日が経つのが早くなって行くのでしょうか・・
思い返せば私が最初に飼ったクレステッドゲッコーとも長い付き合い。
懐きも要求もしてくれませんが、
いつも変わらずそこにいてくれる姿に癒されています。

さて今日はちんまりお饅頭サイズからずっしり片手に乗るサイズまで、
元気なリクガメ各種をご紹介します。

ニシヘルマンリクガメ
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_2191599.jpg

ちんまりベビーサイズのヘルマンリクガメ
リクガメ入門種と言われるヘルマンリクガメですが、
亜種にヒガシニシがいることはご存知でしょうか。
一般的に流通が多い落ち着いた色彩をした方がヒガシヘルマン
比べて少し珍しく黄色の強い方がニシヘルマンです。
柔らかい灰色の手足をしたヒガシに比べ、
ニシは手足と頭がより黒く、
黄色とのコントラストの強い個体が多いようで、
特にほっぺの黄色が顕著に表れています。
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_2194125.jpg

今なら三匹それぞれお好きな模様の個体を選んでいただけます。
(左端の白いおしりは同居のマルギナータリクガメです)
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_2195598.jpg

他にもニシヘルマンの方が最終サイズが小型であるなど違いはありますが、
飼い方はニシヒガシとも特に変わりなく丈夫で飼い易いリクガメです

ヒョウモンガメ
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_21101487.jpg

少し注意の必要なベビー期を過ぎ手の平をはみ出す安心サイズ!
ヒョウモンリクガメブラザーズがやってきました。
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_21102675.jpg

その名の通りの豹柄が大きな甲羅に美しく映えるヒョウモンリクガメ。
最終的には40cmほどと少々大型になりますが、
あの大人になってもやんちゃな性格のままに岩のような巨体を走らせ
全てをなぎ倒して遊び回るケヅメとは違いおっとりした性格のリクガメです。
とはいえフルアダルトではそれなりの設備で飼ってあげたいものですが、
成長自体はゆっくりめなので気長にのんびりと育てていきたい方におすすめです。
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_21104142.jpg

顔立ちも優しげ?
少しずつ大きさや模様の違う6頭が、
のんびりとフードを食みつつお迎えを待っています。

マルギナータリクガメ
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_2111855.jpg

白い顔にくりくりの真っ黒な目がチャームポイント!
愛らしい顔立ちのマルギナータリクガメです。
和名のフチゾリリクガメのその名の通り、
成長につれて背甲の後ろがスカートのように広がっていく
その特徴が僅かに出始めた手の平サイズの個体です。
走る饅頭、そして歩く岩_b0174337_2111326.jpg

昼ごはんに食べたリクガメフードが少々ほっぺについています。
野菜や野草も大好きですがきちんとリクガメフードにも餌付き済みです。
お店に来たその日はびびってお互いの後ろに隠れていましたが、
いまではすっかりおちついて呑気に2匹仲良く暮らしています。

本日ご紹介したリクガメ各種についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2015-02-16 21:14 | 生体