人気ブログランキング |

ホワイト組のヤモリさん。

こんにちは、中村です。
桜の花も完全に散ってしまい、また季節が変わっていきますね。
爬虫類からしてみれば待ちに待った夏の到来という感じでしょうか。
先日コオロギの入荷日だったのですが、
暖かくなったからなのか、大きなサイズが入って来ました。
いつものLサイズより一回りくらいのコオロギが元気に跳ねています。
ゴロっとした粒のような感じなので食べごたえがとても良いでしょう。
食欲アップしていくこの時期にぴったりなご飯ですね。

さて本日のピックアップ生体はヒョウモントカゲモドキとニシアフリカトカゲモドキです。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2115466.jpg

こんなのもいたんだ!と言われてしまうほど、日に日に在庫数が増えていっています。
そんな中から今日はスッキリとしているホワイト系をまとめてご紹介します。

まずはレオパから、スーパーマックスノーアルビノ(♀)です。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21111022.jpg

全体的な色味が薄く、ほんのりとしたピンク色が可愛らしい個体です。
スーパーマックスノーも人気種ですが、このアルビノも人気が高く、
女性からの支持が厚いですね。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21111799.jpg

この子は優しい目をしています。
アルビノと言われると真っ赤な目のイメージだと思いますが、
実はぶどう目と呼ばれる淡い色の目が多いのです
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21113094.jpg

この個体もぶどう目でレッドと言うよりは、ネイビーのような色合いだと思います
なので、強烈な印象を与えないので大丈夫なのです。

スーパーラプター(♂)
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21114239.jpg

この子の餌への執着心は通知表で言うのなら5がもらえるほど素晴らしいものです
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2112062.jpg

ケースの蓋を開けた時から既に待ち構えていて、
まだコオロギを近づけてもいないのにジャンプして飛び付いてきます。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21114943.jpg

アルビノなので視力が少し弱いのですが、
必死に食らい付こうとするその姿勢を見る限りではなんの心配もいらなさそうです

ディアブロブランコ(♀)
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2112116.jpg

最近ディアブロはスネークアイを見かけることが多くなったような気がします。
なのでこの個体の真ん丸お目目は貴重ではないでしょうか
やっぱりエクリプスの方が可愛らしく見えますね。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21122389.jpg

真っ白な身体に滲み出ている黄色。
程良いバランスで保たれている色合いだと思います。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21123498.jpg

頭のホワイトは群を抜いて美しいです

ブレイジングブリザード
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21124455.jpg

まだまだあどけないこのサイズ。
白い体に綺麗な赤目が光って見えますね
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2113895.jpg

状態はとっても良くこちらがびっくりしてしまうくらい一心不乱にコオロギを食べます
なのでこの尻尾
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21125745.jpg

小さな体にブリブリとした大きな尻尾が印象的ですね
幼い頃はホワイトの発色が良いので、
これから成長していくにつれ、どんなカラーを白地に乗せてくるのか楽しみですね

ブリザード(♀)
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2113214.jpg

超特大サイズのこの子。
手の平には収まり切れないほどのサイズになっています
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21133191.jpg

肉付きも良く、ムチっとした手足がチャームポイントです。
精悍な顔立ちでたくましい雰囲気。
ガッチリした良い卵を産みそうな体ですね
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2113399.jpg

ここまで母体が大きいと卵の数も多いかもしれません。

ここからはニシアフリカトカゲモドキをご紹介します。
レオパと似たような体付きではありますが、
よく見ると顔の形や手足のムチムチ感が違います。

ホワイトアウト
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21135144.jpg

これまた綺麗な模様の個体ですね。
ホワイトアウトとは白地にくっきりとしたブラックの模様が入ることを言います
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2114096.jpg

この個体も鮮やかなホワイトにオレンジ色がまざり、
黒のメリハリのある模様が入っています。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21141256.jpg

レオパの方が派手だと言われがちですが、
この個体は全然劣っていないどころか、むしろ私は煌びやかだと思います。

アルビノ(ベビー)
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21142290.jpg

この可愛いベビーサイズはなかなか見かけないですよね。
物凄く食べるこの子は見て頂ければお分かりかと思いますが、
尻尾の太さが素晴らしいです
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_2114312.jpg

レオパのベビーとは違い、ふっくらとした質感でもちもちしていて可愛いですよ
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21144148.jpg

アルビノなので黒色色素が抜けていて、柔らかい印象を受けます

まだ店内にはご紹介しきれていない生体がたくさんいます。
ホワイト組のヤモリさん。_b0174337_21144937.jpg

これからも随時ピックアップしていきますが、
気になる品種や個体がいましたらいつでもお問い合わせください。
本日ご紹介したヒョウモントカゲモドキ・ニシアフリカトカゲモドキについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
by herptilelovers | 2014-04-18 21:19 | 新着情報