人気ブログランキング |
こんにちは中山です。
新型コロナはまだまだ収まる気配無く世界中で猛威を振るっていますが、
身近なところではやっと無意味なパニックだけは少し収まってきたらしく、
近所のスーパーにも紙類が普通に戻ってきました。
とはいえ状況そのものは変わっておらず、世間は疫病により卒業式が簡略化されたり、
始業式が延期されたりと例年になく慌ただしくなっていますが、
はいつもと特に変わらず咲きはじめています。

※ご来店のお客様へお願い※

新型コロナウイルス流行の影響により、
当店で販売している除菌消臭スプレー『レプラス』の、
ボトル本体の再入荷が一時ストップしています。

中身の薬液は店内で製造していますのでご心配ありませんが、
使い切った空のボトルをご持参下さった場合には、
その場で詰め替え、代金を100円引きにて販売させて頂きます。
詰替販売をご希望の場合は、ボトル内を洗わずに、
使い切ったそのままの状態でお持ち下さい。

もちろん強制力はありませんが、少しでも長く、
そして多くの方へレプラスの販売を続けるために、
ご来店の皆様へのご協力をお願い申し上げます。

さて本日はマツカサ、エリマキといった有名どころに加え、
モニターと安心サイズのヘビたちが入荷しています。

ニシマツカサトカゲ
※複数匹います!
オーストラリア原産のニシマツカサ
つぶらな瞳とずんぐり体型に対して、
大きな顎といかつい大粒ののアンバランスさが魅力です。
価格や稀少性から飼育に関しても身構えるところがあるかと思いきや、
アオジタトカゲに近い仲間なだけあって素直で能天気、
入荷翌日にはフードをもしゃもしゃほおばる平和な暮らしぶりです。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000823.jpg

このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000838.jpg

このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000887.jpg

アオジタトカゲ(アザンティック・S)
いつでも大人気、アオジタトカゲの黄色色素欠乏個体
元の茶黒のトカゲから黄色を抜いて、
スッキリしたモノトーンになりました。
目も真っ黒になってより愛らしい顔立ちになっています。
ベビー期を脱したもののまだまだ育てる楽しみを残したヤングサイズです。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000878.jpg

エリマキトカゲ(ベビー)
※複数匹います!
爬虫類を知らない人でも名前だけは誰でも知っているエリマキトカゲ
あれっエリはどこ?と思うかもしれませんが、
ギリギリ肩に付くくらいにちょびっと首を覆うこれがそうです(二枚目)。
これがアダルトになれば背中の中ほどまで届くほど立派に伸びていき、
ペットとして可愛がっている限り威嚇として広げるところはあまり見ないものの、
エリの開閉は口の開閉とそのまんま連動しているので、
餌時などにもぐもぐとあわせてパタパタするところが好きなだけ見れます。
しっかり育てるとフトアゴくらいの体格にはなり、
フトアゴに近いフレンドリーさを発揮してくれるので、
けしてエリマキ芸だけでは終わらない魅力たっぷりなアガマです。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000921.jpg

このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000994.jpg

このへんはもう七分咲きです_b0174337_23071851.jpg

リッジテールモニター(L)
むっちりとフルアダルトなトゲオオオトカゲ
これでもちょうどウエットシェルターのLサイズにギュッとぴったりおさまるサイズ感で、
ドワーフモニターの名に相応しい手のひらモニターです。
性格も穏やかでフードを食べてくれるのも嬉しいポイント!
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000901.jpg

オルナータナイルモニター(S)
ナイルモニターの西部個体群のほう、オルナータナイル
アフリカ大陸最大のオオトカゲというロマン溢れる肩書きに、
模様もかなりの美しさで高価過ぎないという、
でっかいのが好きな方には大変に素敵なオオトカゲとなっています。
性格に関してはまあフレンドリーですとは言い難い種類ではあるものの、
いわゆるビビリのモニターベビーに対する正しい接し方で普通に育てていけば、
大きくなった頃にはそれなりに落ち着いてくれるという結果も出ています。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21000871.jpg

ヒョウモントカゲモドキ
スーパーハイタン(♂)
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20591842.jpg

ハイイエロー(ベビー)
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20591836.jpg

ニシアフリカトカゲモドキ(ストライプ)
※複数匹います!
ちょっと嬉しいワイルド完尾のニシアフです。
ニシアフは野生のノーマルでもストライプとバンドの2パターンが見られますが、
今回来たのは少ないほうのストライプタイプ(前回入荷分は即完売…)。
オスとメスが揃っていますので、ペアでもどうぞ
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20591848.jpg

このへんはもう七分咲きです_b0174337_20591801.jpg

トッケイヤモリ
元気いっぱいのヤングトッケイが嬉しい飼い込みにて。
水色部分の面積が広めの涼しげな個体です。
もうLサイズのコオロギもバリバリ食べれる安心サイズです。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21001754.jpg

コーンスネーク
キャラメルテッセラ(♂)
※脱皮前です…
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20572178.jpg

ハニーモトレー(♀)
※脱皮前です…
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20572159.jpg

ノーマル(♂)
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20572197.jpg

アメラニスティック(♀)
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20572175.jpg

ブラックラットスネーク(リューシスティック・♂)
ブラックラットのリューシスティック
ブラック、テキサス共にリューシはあまり赤目が好まれない傾向にありますが、
黒目はかなり稀少でなかなか見つからなくなっています。
そんなところに来たこの個体は、ぶどう目と呼ばれる暗い赤色の瞳。
敬遠される赤目の風貌ではなく、黒目ほど稀少ではない、
またポップアイも控えめなちょうどいい塩梅の個体です。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20574779.jpg

ボールパイソン
ノーマル(♀)
※複数匹います!
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20574608.jpg

このへんはもう七分咲きです_b0174337_20574663.jpg

hetクラウン(♂)
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20574655.jpg

カーペットパイソン(アルビノ・♂)
タンポポ色に散りばめられた蛍光オレンジが眩しいアルビノカーペット
カーペットのアルビノは個体差が結構大きく、
もともと流通が少ない上にさらにそのあたりもこだわりたいとなると難易度がかなり上がるので、
気に入ったデザインのアルビノを見かけたら逃さずGETしておくのが重要です。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20574724.jpg

キイロアナコンダ(♀)
こちらも名前だけは飛び抜けて有名なアナコンダ
といってもヒトや牛を呑むようなのはグリーンアナコンダのほうで、
キイロアナコンダは最大の記録でも4.5メートル、
飼育下ではせいぜい3メートル台なので許可などは特にいりません。
その魅力は単にデカいという一点のみではなく、
コントラストも鮮やかな模様にのった輝くホログラム層
水棲傾向の強そうなちんまりした顔立ちなど多岐に渡ります。
有難いことにハンドリング可能です!
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20574609.jpg

コロンビアレインボーボア(♀)
両手から少しはみ出るくらいのほどほどサイズなコロンビア
レインボーを名乗るからにはレインボーホログラム層がチャームポイントになりますが、
そこはまだまだ成長途上なのでこれから増していく輝きに乞うご期待!といったかんじです。
ブラジルレインボーボアと比べた場合、模様がはっきりしているのが好きならブラニジ、
模様がないぶんギラギラの光沢が目立つのが好きなら是非コロニジをオススメします。
(ブラニジも在庫あります!)
このへんはもう七分咲きです_b0174337_20574633.jpg

ニシヘルマンリクガメ(メノルカ産)
ヒガシと比べてあまり見かけないニシヘルマン
基本的にいつでも流通しているヒガシと違い、
いるときはいるのにいない時は本当に何処にもいないタイプのカメです。
今回来たのはマヨルカ島の近くにあるメノルカ島から来た珍しい産地のもの。
黒色部分が広く濃くはっきりとした個体です。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21013617.jpg

アラブギリシャリクガメ(ベビー)
※複数匹います!
ヘルマンとならび初心者向けとして人気の高いギリシャリクガメ
今回来た個体はベビーサイズの中でも少し大きめの、
ずっしり育って少し軌道に乗った安心サイズです。
当店がカメを専門的にやっていることもあり、
完全に初心者の方でも安心して育て始められることでしょう。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_21013675.jpg

オオヤマガメ
その大きさと尖った甲羅がカッコイイオオヤマガメ
最近よくあるCBから育てた個体は茶色っぽいことが多いですが、
この個体は黒みの強いワイルド感溢れる風貌の一匹です。
このへんはもう七分咲きです_b0174337_23071724.jpg


本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
# by herptilelovers | 2020-03-27 23:43 | 新着情報
こんにちは中山です。
大阪フィーバーの中止に引き続き、
神戸レプタイルズワールドもあいにく9月に延期となり、
3月、4月ともまるまるイベントなしとなってしまいました。
そのぶん店内を改装したり新しいレイアウトケージを組んでみたり、
店頭へお越しになる皆様に楽しんでいただけるよう色々と準備しつつ、
今週末もご来店を心よりお待ちしております。

そんなこんなで本日も多くのお客様がご来店され大変混雑したため、
今夜のブログは写真中心の簡易バージョンとさせて頂きます。

ヨツユビハリネズミ(アルビノ・♀)
なんとお見事、令和2年2月2日生まれ!
当店では珍しいアルビノハリネズミの入荷、限定1匹のみ!
今日は春分の日_b0174337_22534211.jpg

今日は春分の日_b0174337_22531876.jpg

今日は春分の日_b0174337_22532566.jpg

コーンスネーク(ノーマル・♂)
ベビーが育った安心サイズ、ビギナーさんにも嬉しいイージーでリーズナブルな一本!
今日は春分の日_b0174337_22532409.jpg

アオダイショウ
ノーマル(天草産・♂)
所々に黄色味が映える、ノーマルにしてもなかなかの美麗個体!
今日は春分の日_b0174337_22533487.jpg

パターンレス(♀)
必要以上にギラギラ輝く、大人気のパターンレスが即戦力サイズにて!
今日は春分の日_b0174337_22533432.jpg

ボールパイソン
貴重なブリーダー放出個体が総勢11本!
可愛らしい安心サイズから、中には即ブリード可能なフルアダルトまで!

ウルトラスティンガービー(hetゴースト / ♀)
ウルトラメル×エンチ×スパイダー、これぞ名作!
今日は春分の日_b0174337_00060337.jpg

ウルトラメル(♀)
※複数匹います!
がっつり1キロオーバー、下のオスと掛け合わせたいとはブリーダー談。
(66%ポッシブルヘテロアルビノです)
今日は春分の日_b0174337_00032327.jpg

今日は春分の日_b0174337_00032381.jpg

アルビノ(♂)
こちらもオスとしては即戦力サイズ、上のメスと…(以下省略)。
(66%ポッシブルヘテロウルトラメルです)
今日は春分の日_b0174337_00032392.jpg

エンチアルビノレオパード(♂)
ピンクというか、紫というか、妖しげな発色が更なる高級感を演出!
今日は春分の日_b0174337_00032358.jpg

エンチアルビノ(♀)
既に数回、最前線で活躍していた実績ありのブリード用メス!
今日は春分の日_b0174337_00032335.jpg

スティンガービー(hetウルトラグロー / ♂・♀)
エンチ×スパイダー、そしてウルトラメルとゴーストのダブルヘテロです。
お腹周りがしっかりと白く、スパイダー自体のクオリティも申し分なし!
今日は春分の日_b0174337_23050008.jpg

今日は春分の日_b0174337_23050004.jpg

エンチ(hetゴースト / ♂)
国産のため、ヘテロまでしっかりと分かっているところが嬉しい!
今日は春分の日_b0174337_00032217.jpg

ノーマル(♀)
※複数匹います!
ピュアなヘテロを作出するために育成中であった、元ファームハッチ。
同じ目的でも、そしてもちろんペット用にも最適な人気のメスです。
今日は春分の日_b0174337_23264590.jpg

今日は春分の日_b0174337_23264550.jpg

ハラガケガメ(♂・♀)
全身に凄みしか感じられないゴリゴリの長期飼い込み個体!
写真は上がオス、下がメスのものです。
今日は春分の日_b0174337_00251275.jpg

今日は春分の日_b0174337_00251225.jpg

スジクビヒメニオイガメ(国内CBベビー)
※複数匹います!
知る人ぞ知る、魅惑の小型個体群が国産のベビーにて再び!
今日は春分の日_b0174337_00030810.jpg


本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
# by herptilelovers | 2020-03-21 00:57 | 新着情報