人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こんにちは、店長の馬場です。
明日からの金、土、日は、今月2回目のまたまた3連休!
当店はもちろん、13時から20時の営業時間で、
3日間とも毎日通常営業しています!

新着入荷のメンバーはこのブログにて、
また、先週までのメンバーはウェブサイト上のリストにて、
当店で取り扱っている生体は全て、
オンラインで事前にご確認頂くことができますので、
是非とも、ご来店前の参考にして下さい!

さて、今週は小動物に始まりカエル、トカゲ、ヘビ、
そしてカメと、オールジャンルにて幅広くご紹介!
それでは最後までじっくりとお楽しみ下さい。

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など)
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

ファンシーラット(♂・♀)
当店自慢のベタ馴れラットたちに、またまた新しい家族が誕生しました!
可愛いお写真も、全員カメラ目線でバッチリ!
今回は、毛色がアグーチ、ブラック、ベージュ、そして稀少なブルーやブルーアグーチなど、
模様も様々で、セルフ、フーデッド、キャップド、ハスキーにストライプなど、
更に立ち耳やダンボ耳、毛質もノーマルとレッキス、などなど、
それぞれの組み合わせにより、沢山のバリエーションからお選び頂けると思います。
店内で繁殖しているため、定期的にご紹介させて頂いていますが、
成長の速いラットは、どうしてもタイミングを外してしまうと、
月齢は若くても、思っていたより大きなサイズからのスタートになります。
なので、めちゃめちゃ可愛らしいこの瞬間が、特にお勧め!
夢の三連休!パート2!_b0174337_02211822.jpeg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02211981.jpeg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02211855.jpeg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02211852.jpeg

ゴールデンハムスター(ロングヘアー / ♂・♀)
前回、年明けに初めてご紹介させて頂いた、
当店の小動物コーナーに期待の新星として登場した、ロングヘアーハムスター。
あまりの反響の大きさに即時売り切れてしまい、再入荷が待ち望まれていました
その際に改めて、小動物界のエースとしての実力を見せ付けられた訳ですが、
今回も写真を掲載した翌日に数匹お迎えが決まり、特にセーブルはラスト1匹に!
長毛種であるロングヘアーは、通常のゴールデンハムスターに比べて、
性格が温厚で触りやすく、同時に毛質も滑らかで肌触りは最高、
動きもポテポテと歩くような、おっとりとしたイメージで余計に可愛らしいです。
また、当店独自のルートで仕入れているため、価格もリーズナブルでお勧め!
品種は、セーブルバンデッドと、ベージュバンデッドの2系統います。
一般的なハムスターの入手ルートとは異なり、数に限りがありますのでお早めにどうぞ!
夢の三連休!パート2!_b0174337_02231595.jpeg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02231504.jpeg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02231684.jpeg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02231647.jpeg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02231537.jpeg

ミヤコヒキガエル(♂)
その昔、ミヤコの立ち位置と言えば、国産種とは言えマイナーな存在で、
日本のカエルが好きな通の方が好む、マニアックなところにいたと思います。
それから時を経て、見た目の美しさや扱い易い小柄な体格
そして何より愛嬌に溢れた仕草などが日に日に世の中へ知れ渡るようになり、
今日ではなんと、場合によってはカエル飼育の入門種にも選ばれるほどの、
高い人気と認知度を誇るまでになった、日本を代表するヒキガエルのひとつです。
今回は派手なものから渋めなものまで、3匹の色違いをセレクトし、
好みに合わせてお選び頂けるようにしてみました。
性別は全てオスで、ご案内の通り指で抱いて持ち上げると、
「クックックックッ…」と明るい鳴き声で聴くものを楽しませてくれます。
3匹とも同じケージ内で、コオロギを分け合い美味しそうに食べています。
当店のカエル担当スタッフも大のお気に入りで、強烈にお勧めなカエルです!
夢の三連休!パート2!_b0174337_02240968.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02240889.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02241165.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02241199.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02241484.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02241449.jpg

エボシカメレオン(EUCB / ♂・♀)
私の記憶では、今から20年ほど前の時点で既にそうなっていたと思いますが、
ペットとしてのカメレオンの是非が問われた時代、
殆どの種類が、飼育に適さないと厳しく論じられる中で、
本種だけは「エボシならきっと大丈夫!」と太鼓判を押されていた、
殆ど唯一と言っても過言ではない、今も昔も名実ともに最強のカメレオン
昨今では、国内外で繁殖されたものがコンスタントに流通するだけではなく、
以前であれば、誰もが簡単には育て上げられないごく小さなサイズのベビーが、
日常的に流通していましたが、最近ではスタートの大きささえも改善され、
手に載せてはっきりと重みが感じられる、育ったサイズで入手できるようになりました。
このことが出だしのつまずきを格段に減らし、より難易度を下げ
カメレオンの存在をより身近なものに感じさせてくれていると思います。
今回は、いつもより更に一回り大きな“お徳サイズ”のペアが手に入りました。
写真は上がオス、下がメスで、オスの黒い点々は輸送時のスレによるものですが、
撮影時に比べ、現在は更に消えかかっていますので心配ご無用。
一見するとありふれた存在に思えるからこそ、1匹を慎重に選びたいものです。
夢の三連休!パート2!_b0174337_02250049.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02250020.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02250356.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02250385.jpg

ウラノスコドン(M)
前日に写真のみ掲載したところ、早速SOLD!
初見では、名前を見ただけだとまるでチンプンカンプンですが、
ラテン語の学名からそう呼ばれているので、こればかりは致し方なし。
モップヘッドイグアナ、マユダカトカゲという名称もありますが、
一度は覚えて口ずさんでみたくなる、不思議な名前の知る人ぞ知る珍種です。
原産は南米ですが、まるで各地のトカゲが持つ特徴を寄せ集めたような、
例えばワニトカゲやホカケトカゲ、クシトカゲやモリドラゴンなど、
それでいて一属一種という、知れば知るほど迷子になりそうなまさに唯一無二の存在。
しばしば水棲傾向の強い樹上棲、というような紹介の仕方をされる通り、
ケージ内では枝の上や、あるいは網などに垂直にしがみ付き、
大人しくしていたかと思えば、コオロギをピンセットから普通に食べるなどアクティブな面も。
右や左に揺さぶられるような、絶妙な掴みどころのなさが売りの、おかしなイグアナです。
夢の三連休!パート2!_b0174337_02255642.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02255600.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02255608.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02255656.jpg

ガーゴイルゲッコー
マーブル(クラシック)
前日に写真のみ掲載したところ、早速SOLD!
できる限り赤の発色を抑えに抑え、モノトーンな仕上がりを目指した1匹。
色彩の濃淡は、湿度や明るさなど環境における諸々の要因により変化しますが、
瞬間を切り取ると、まるで白樺の樹皮のようなイメージでなかなかお洒落です。
この個体は既に売れてしまいましたが、こういった個体差に富んだ種類については、
何か突出した特長を持つ興味深い個体を、今後も探していきたいと思います。
夢の三連休!パート2!_b0174337_02263952.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02263985.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02263889.jpg

ストライプ(レッド)
これはスゴい!
当店では久々に入荷する、燃え上がるような発色のスーパーセレクト!
ベースとなるパターンはストライプタイプで、少なくとも現状では、
そのラインに沿って赤く色塗られているように見えますが、
成長に従ってその色味が増すガーゴイルですから、
遅かれ早かれストライプ自体を埋め尽くさんばかりの勢いで、
全身ブラッドレッドに染め上げられることが、否応なしに期待されます。
こればかりは好みの問題につき、一概に良し悪しを評するのは難しいのですが、
一方で、このレベルの赤味を呈する個体は一度逃すとかなり後悔させられるでしょう。
夢の三連休!パート2!_b0174337_01273534.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01273667.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01273651.jpg

コーンスネーク(国内CBベビー)
キャラメル(♂)
キャラメルの真骨頂は、幼体時に非ず。
コーンというヘビに備わるシステムとして、元々持っている色彩が、
未完成の状態で生まれ、成長に従ってどんどん発色していき、
最終的に、成熟したその時に初めて真の姿となることが知られています。
黄色い色素が増大するキャラメルは、上記のシステムに乗っかり、
焦げ茶色の姿で生まれ、どんどん黄色味を増しながら大きくなっていくため、
まさに育て甲斐、育て上げる楽しみに溢れた、ベーシックながら人気のモルフです。
夢の三連休!パート2!_b0174337_02275909.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02275948.jpg

ハイポブラッド(♀)
前日に写真のみ掲載したところ、早速SOLD!
この血統は、まさしくブラッドレッドを名乗るに相応しい、
地のクオリティの高さが半端ない上に、ハイポも良い仕事をしている、
ハイポメラニスティック×ブラッドレッドのコンボモルフです。
選択交配により赤味を強められた上に、ハイポが持つ副作用で、
ノーマルに比べ赤味がより強めるというオプションをプラスした結果、
これから色が上がっていくはずのベビー時点で、早くもヤバい赤さに!
品種の特徴に、個体差による程度の良さが加わることで、
コーンスネークの素晴らしさを改めて実感させられる1匹でした。
夢の三連休!パート2!_b0174337_02280684.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02280629.jpg

アイス(♀)
アネリスリスティック×ラヴァで、アイスという名のコンボモルフに。
一見、シングルのラベンダーにも似ているように見えますが、
この出来を、順序立てて丁寧に作り出すデザインの妙が、本当に素敵です。
ラヴァとは元々、溶けて流れ出した溶岩を意味する単語で、
瞳がウルウルとし、体表に透明感が出ることも知られていますが、
その溶岩がアネリによってモノトーン、つまり寒色に変化すると、
氷、と名を変えるところが、なかなか乙だと思います。
メスの場合、オスに比べて成長しても赤味が出にくいため、特にアイスの場合、
この涼しげな佇まいが長く楽しめる、絶妙な組み合わせと言えるでしょう。
夢の三連休!パート2!_b0174337_02280944.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02280906.jpg

ヒョウモンガメ(ケニア産・ベビー)
ケニアからやって来るヒョウモンガメは、ピカピカのベビーサイズが多く、
個体差のバリエーションも豊富なため、選べる楽しみがある一方で、
やはり小さ過ぎて心配、となる場面も決して珍しくはありませんでした。
今回は、便宜上“ベビー”と表記してはいるものの、
いつものケニアヒョウモンよりずっと大きい、ずっしりサイズで登場してくれました。
初生甲板や成長線の色合いがくっきりと濃厚なものや、
ベースカラーが淡く成長線にもどんどん白色が噴出してきているものなど、
パッと見で、素直に綺麗だと思える個体ばかりをセレクト!
皆さんご存知、象徴的な甲高のシルエットは如何にもリクガメらしい佇まいで、
たとえ関心の薄い方でもつい目を奪われてしまうほど、魅力的だと思います。
三者三様で、一概にどれが良いとは言い切れませんが、各々お好みでお選び下さい。
夢の三連休!パート2!_b0174337_01270578.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01270899.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01270909.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01271172.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01271129.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01271504.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01271503.jpg

エロンガータリクガメ(EUCBベビー)
前回のブログにて、大旋風を巻き起こしたエロンガータ、再び!
色柄や甲羅の形状などに気を配りあと1匹だけ、どうにかおかわりができました!
近年ではペットとしてのリクガメの、選択肢の幅がどんどん狭まっていて、
まさにエロンのような、王道の“ザ・リクガメ”からは明らかに外れている、
それでいて数々の魅力を備えた脇を固めるキャラクターの重要性が、日に日に増しています
と言うのも、全ての人がメインストリートを歩きたい訳ではなく、
しかしながら少しでも横道に逸れると、対象が途端に稀少なものになり過ぎたり、
あるいは飼育難易度が格段に上がってしまったりと、苦労は付き物。
そこへ行くとエロンガータは、大き過ぎず小さ過ぎずの絶妙なサイズ感に、
しっとりとした、どちらかと言えば陰気にも見える外観とは裏腹にすこぶる明るい性格で、
日常的によく歩き回って楽しませてくれる上に、温度や湿度などの環境や、
口にするものの栄養バランスについてもうるさくない、
初期状態にさえ恵まれれば、ビギナー向けとさえ言えるほどの強健さは有難い限り。
最近は野生個体の流通が激減した反動で、ヨーロッパからピカピカのベビーがやって来るようになり、
とても育て易く、また綺麗に仕上がると評判も上々です。
繰り返しになりますが、この1匹がいなくなると、暫くご無沙汰になりそうです。
夢の三連休!パート2!_b0174337_01273272.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01273257.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_01273238.jpg

ニカラグアクジャクガメ(WC・Pr)
前日に写真のみ掲載したところ、早速SOLD!
個人的に、真っ先に感動したのは、これらが野生個体である点でしょう。
これは世代間の格差が大きいところでもありますが、かく言う私でさえ、
本種のワイルドは見たことがなく、思わず静かな感動に浸ってしまいました。
今日日、たとえ軽い気持ちでも、これらを“ミドリガメ”と蔑むことは到底許されず、
時が経つに連れ、属内でも現実的に流通するものがかなり絞られてきている上に、
ましてやそれがワイルドともなれば、その稀少性の高さは言うまでもありません。
こういった、マイナーではあるが確実に消えゆく運命にあるカメそれぞれを、
如何に保存していくことができるかが、今後の業界の行方を決めていくのでしょう。
耳の形が途中で千切れるか、ひょうたん型となるのは前評判通りで、
ここまで来ると、もはや答え合わせのような作業に近いものがありますが、
そんな謎解きゲームを、果たして次はいつやらせてもらえるのか、複雑な思いです。
夢の三連休!パート2!_b0174337_02294551.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02294556.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02294898.jpg

夢の三連休!パート2!_b0174337_02294890.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2024-02-23 02:52 | 新着情報
こんにちは、店長の馬場です。
今年の2月は、3連休が2回もあって、しかもうるう年!
半分を過ぎた今更ですが、何だかゴージャスな雰囲気ですね。
同時に、不思議な暖かさにも惑わされる今日この頃ですが、
まだ冬真っ盛りであることを忘れずに、急な低温にはお気を付けて。

さて、前回のブログは予定が乱れ、一日遅れてしまいましたが、
今回は元通り、無事木曜日(?)に写真を掲載することができました!
カメ多めのラインナップに、トカゲとヘビを添えて、お送りします。
恒例のテキストは、明日金曜日の夜に改めて掲載しますのでお待ち下さい…
とは言え有難いことに、写真を掲載した時点で売れてしまう種類もいますので、
気になるものがいましたら、お早めにお問い合わせ下さい!

このブログでは、“土曜日から金曜日までの一週間”で新たにやって来た、
魅力的な生体の数々を、毎週金曜日の夜に一挙ご紹介しています!
木曜日はお品書きと写真金曜日はテキストをそれぞれ掲載予定)
金額などの詳細は、後日ウェブサイトの在庫リストへ掲載されます。
よろしければ、以下のメニューよりご参照下さい。

◆リアルタイムストックリスト◆
ミズガメ / リクガメ / ヘビ / トカゲ / ヤモリ / その他(両生類や小動物など)
新着以前の在庫状況は、各ページのリストをご参照下さい!

エロンガータリクガメ(カラーアソート・EUCB)
手の平に幸せを3つも盛り付けた、これぞまさに眼福、最高の巡り合わせ!
当たり年、と言って良いのか分かりませんが、珍しく複数の中から選べる状況で、
これだけはどうしても捨て難い、という戦闘力の高さで迫ってきた、
各ベクトルに高いクオリティで突き抜けた、最強の3匹を一挙ご紹介!
1匹目はパターンレス、文字通り黒斑が一切入らない稀少なタイプですが、
流通量が今ほど少なくなかったかつての時代を思い返しても、
ここまで完全に模様が消失したものは、殆ど目にしたことがありません。
背中はもちろん、お腹側も同様なのは、相当クオリティが高いと言えます。
成長してもなお、永遠の透明感を身に纏う非常に美しいデザインです。
2匹目はハイイエロー甲羅および頭部や前肢の黄色が最も濃厚で、
決して大袈裟ではなく、まるで光り輝いているような印象さえ受けます。
エロンガータとしては標準的な、背甲の黒斑をある程度残し、
元来備わる色彩の鮮やかさを極限まで高めたような、こちらも美しいデザインです。
3匹目はブラック全ての要素においてダークなイメージを目指し、
黒斑は大きく、地色は暗く、そして何よりも驚かされたのは、
他の個体たちに比べて圧倒的に、四肢が完全に真っ黒であるところ!
ひとりだけ全く異なった、まるで戦車のような重厚感を漂わせ、
同属のセレベスとも似て非なる、エロンガータなりの格好良さを究めています。
全ての個体が健康状態抜群で、早々にMazuriリクガメフードにもしっかりと餌付き、
ひとたび温浴をすれば、ぶりぶりと勢い良く排泄する、問題なしのスーパーベビーたち。
どれを選んでも当たり中の当たりなだけあって、全てが全力でお勧め!
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00033224.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00033210.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00033899.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00033827.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00033803.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00034538.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00034593.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00034411.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00035102.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00035138.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00035171.jpg

ヒガシヘルマンリクガメ(ベビー)
暫くシーズンオフであったため、何だか久々に再会できた感じのするヘルマン。
最近では数年前より更に養殖が進み、現在では恐らく、
最もリーズナブルで、なおかつ最も育て易いリクガメになりました。
ただし、一見当たり前の存在のように思えるヘルマンベビーも、
当然時季を外せば一旦姿を見せなくなりますし、健康状態も含めて考えると、
いつでも元気もりもりの幼体が手に入る訳ではありませんので、
やはり我々専門店としては、いる時には必ずゲットすることを心掛けた上で、
極力コンディションを良好に仕上げた上で、皆さまにご案内差し上げたいと考えています。
今回は、甲羅や前肢の黄色味が濃厚で鮮やかな2匹を手に入れることができました。
左側はやや淡め、右側はやや濃いめで、ほんのり色合いが異なります。
顔立ちの可愛らしさにも注目し、どちらも目元がキラッとしたお勧めのベビーです!
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00035722.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00035796.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00035736.jpg

ケヅメリクガメ(EUCBベビー)
かのゾウガメにも匹敵する、ペットとしてお付き合いできるリクガメの中では、
言わずと知れた、最大級のボリュームを誇る昔ながらの人気種。
今回はヨーロッパで繁殖されたベビーで、日頃輸入されるものたちに比べて、
気持ち大きく育っていて、取り扱うこちらとしても安心の嬉しいサイズ感
毎度取り寄せる度に、一番良かった1匹のみを仕入れるように心掛けていますが、
今回も有難いことに、甲羅全体が淡く可愛らしい色合いの持ち主で、
瞳が大きく、表情全体が柔和に感じられる、そんなテーマで選ぶことができました。
綺麗で、なおかつ大きく立派に育て上げるための闘いは、既に始まっています。
誰もが羨む自慢のケヅメを仕立て上げるために、飼育する上で大切なポイントは、
店頭にて全てもらさず伝授いたしますので、熱心なお問い合わせをお待ちしています!
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00032438.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00032443.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00032409.jpg

バブコックヒョウモンガメ(♀)
久しぶりにデカい!しかもまだまだデカくなる!30センチ近い大きさのメス!
元々頭部がやや小振りであることも手伝って、
多くのリクガメの中でも、特に甲高で迫力ある姿に感じられ、
そのド派手な模様もまた見た目のインパクトに多大な影響を及ぼしている、
これぞリクガメらしいリクガメとして絶大な人気を誇る、ヒョウモンガメ。
幼体から拳大ぐらいまでのサイズで見かけられることが多く、
基本的には一般種、というような位置付けで捉えられているのですが、
やはり大きく育った、なおかつ質の高い個体の出物は稀
オスよりも大型化が狙えるメスは更に需要が高く
ただし狙って入手できるものではないため、いつでも引く手数多の需要があります。
この個体は、ヒョウ柄のバランスがちょうど半々ぐらいの美しいデザインで、
表面の凹凸はかなり少なく、甲高で綺麗な育ち方を実現していると共に、
特筆すべきは、背甲各甲板の癒着がほぼ皆無で、お手本のような出来栄えである点!
実は、単に大きなメスともなれば何とかありつけそうな気がするものの、
そこへ美しさに関する様々な条件を付け加えた結果、数年待ち、
下手をすれば十数年待ちとなる恐れもあるほど、このクオリティは必見です!
幸いにして性格も明るく朗らかで、入荷して間もないタイミングにもかかわらず、
まるで住み慣れた環境で食べ慣れた食事をするかのように、Mazuriリクガメフードを盛り食い!
まだまだ伸び盛りの中堅サイズから、誰もが目を見張るビッグサイズにまで育て上げましょう!
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00042708.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00042852.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00042817.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00042847.jpg

ミツユビハコガメ(M)
あと一息で性別が確定しそうな、大人気ミツユビのミドルサイズ。
かつて、CITES入りしたにもかかわらず、国内の愛好家の手によって、
国産化が進み、定着し、供給が保たれたという歴史があり、
昨今ではこれまで以上にユーザー側の意識も高まりを見せ、
例えば色柄のクオリティや、純血性の問題など、
多くのファンが各々の価値観をもって真摯に向き合っている、アメハコの代表格。
この個体は、まず背部の花びらのような模様に目を奪われると共に、
これから白く色抜けしてくれそうな嘴への期待感など、
随所に将来性の高さが感じられる、良い意味でスタンダードな美個体候補。
もしオスであれば、ここから更に強烈な発色が望まれますし、
メスになれば、メスとしては平均以上の良好な発色、という評価になると思います。
甲羅の高さも、そして表面の滑らかさも最高の出来栄えで、
何処から眺めてもこの先の将来が楽しみでならない、見事な掘り出し物です。
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00031710.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00031721.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00031750.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00031722.jpg

トウブニシキガメ(USCBベビー)
ニシキと名の付くカメには色々いて、ニシキハコガメやニシキダイヤモンドガメ、
他にもニシキマゲクビガメなど多々ありますが、こちらはニシキガメ。
決して元祖、だとかそういうことでもないのですが、
〇〇ガメ、の中の、ニシキと名の付く種類、なのではなくて、
ニシキガメ、という名前のひとつのグループなのです。
かなり大雑把に言うと、ミドリガメに代表されるスライダーなどと同じ仲間ですが、
全部で4種類いるニシキガメは総じて最大10センチ台と小型であり、
その美しさや親切な価格帯も相まって、隠れた人気を誇ります。
基亜種トウブは、そのテーマを簡潔に表現するととなるでしょうか。
他の亜種に比べ全体が黒々とする上に、赤の発色が最も鮮烈であり、
可愛らしいと見せかけて、何処か攻撃的で格好良いイメージも感じられます。
また、目の後ろの模様は繋がったラインではなく、必ず前後で途切れ、
左右合わせて計4つの斑紋になるのも、トウブだけの特徴です。
このサイズでも既に綺麗ですが、成熟したその時に最高の美しさが発揮されます。
繰り返しになりますが、安価なカメだからと決して侮れない美しさと、
小型で耐寒性にも優れたところが、玄人までも唸らせるポイントです。
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00030720.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00030702.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00030839.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00030899.jpg

セスジニシキガメ(USCBベビー)
こちらは亜種セスジ(あるいは独立種という解釈もあり)。
恐らく4つのニシキガメの中で、最も説明不要で分かり易い種類で、
言うまでもなく、センターに赤いラインが走るのが最大の特長。
更にそこへ、甲長が最小であることも付け加えておきます。
まともに流通するものでもうひとつ、セイブという亜種がいますが、
あちらは反対に最大種とされていることと、全体の雰囲気も含めて、
このセスジには、何となく一番可愛らしい印象を受けます。
上のトウブも同様ですが、赤味の強い個体を2匹ずつセレクトしました!
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00025426.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00025589.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00025599.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00025498.jpg

ケイアオジタトカゲ(ベビー)
和名は原産の島の名が由来で、別名カイアオジタトカゲとも。
通称ギガスと呼ばれる、オオアオジタトカゲのグループに属し、
アンボン(ハルマヘラ)やメラウケをはじめ、他にも産地名が与えられた、
様々なタイプが共存する中に、亜種keiensisとして分類されています
先にも述べた通り、複数のバリエーションが存在するということはつまり、
その色柄にも多彩さが見られ、一言では語り切れないほどなのですが、
こちらケイは、中でも群を抜いて個性的な印象があります。
幼体時には全体的に暗いトーンで、メインのバンド模様の他にも、
隙間を埋めるように細かな柄が描かれ、ダークヒーロー的な趣が感じられます。
成熟すると、焦げ茶に紛れて赤錆のような発色も見られ、
お世辞にも色鮮やかで美しい、という表現にはなり難いのですが、
薮に紛れるような、他のアオジタにはない野性味溢れるデザインが格好良いと思います。
この個体はまだ幼いサイズで、間もなく全身が脱皮しそうなタイミングなので、
写真を撮影するか迷いましたが、元気いっぱいなので勢いで載せてしまいます。
名前だけは知られていても、狙って探すのが難しいレアキャラクターです。
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00042099.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00042032.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00041978.jpg

ピーターズバンデットスキンク(M)
誰が呼んだか通称“ピタバン”、ピタパンではなく、ピタバン。
サハラナミダメスナトカゲ、という正式な和名を与えられてはいるものの、
恐らくは、覚えるのが大変という理由で、やっぱりピタバンです。
かつてはアフリカ大陸に眠る幻のスキンク、というような位置付けでしたが、
初登場の感動も束の間、あれよあれよと日本中に普及し現在に至ります。
もはや稀少性云々はどちらでも良く、見るからに興味深いトカゲで、
地中から地表を主な生活圏とし、夜行性のため暗くなると姿を現します。
和名はスナトカゲですが、実際には潜った先にある程度湿り気が欲しいようで、
シルエットが似ていないこともない、サンドフィッシュの仲間とはまた異なります。
実は頭のてっぺんに、頭頂眼と呼ばれる第3の目がついていて
ここで光の強弱などを感知しながら、周辺の様子を窺っているのだとか。
ゆったりとした生活スタイルのため、到着時の健康状態が少々分かり難いですが、
今回は国内で暫く飼い込まれたものなので、かなり安心です!
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00041152.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00041134.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00041278.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00041257.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00041252.jpg

メキシカンブラックキングスネーク(ジェットブラック・♂)
前日に写真を掲載した時点で、ご成約となりました。
早速のお問い合わせ、誠に有難う御座います。
メキブラの愛称で親しまれる、自他共に認める“クロヘビ”の代表格。
しかしながら、その実態は時に残酷なもので、
多くのファンが期待し、またそれがひとつの基準であると認識している、
全身が完全なる漆黒の状態になった個体は極めて稀であり、
どちらかと言えば、体表に模様の名残が感じられる場合の方が多く、
悲しいかな、そういった事実はあまり知られていないようです。
とは言え、こちらもわがままですから何と言おうと真っ黒が欲しい訳で、
毎度チャンスが訪れる度にトライしてみるのですが、
今回は辛くも1匹のみ、納得のクオリティで手に入れることができたのでした。
思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00040387.jpg

思わぬ陽気に振り回されて_b0174337_00040388.jpg

本日ご紹介した新入荷生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
# by herptilelovers | 2024-02-16 01:08 | 新着情報