<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんにちは中山です。
暖冬と言われている今シーズンですが、
寒波到来と共に全国的にもが積り、
唐突な冷え込みに急きょ暖房器具を足したり、
保温を工夫したりと各地で慌てる声が聞こえていました。

さて静岡のジャパンレプタイルズショーも間近に迫った本日は、
ほやほやベビーから少し育った安心サイズのヘビ達をご紹介します。

コーンスネーク(ブラッドレッド・♂)
b0174337_2217189.jpg

成長と共に美しさがあらわになってきたディフューズ系、
その名の通りの深紅に染まる予定のブラッドレッド
b0174337_22172348.jpg

ベビーとアダルトで体色ががらりと変わるタイプのモルフで、
店頭で育てているうちに既に変化が訪れ始め、
ぼやけた脇腹から高品質の片鱗を覗かせています。

アオダイショウ(北海道産)
b0174337_22174511.jpg

畑や田んぼやお馴染みなイメージですが、
世界中でも小さな日本列島にのみ生息している青大将
b0174337_221895.jpg

その中でも北の地方に棲息する個体ほど、
褐色の中から浮かび上がる青緑色が強くなると言われています。
b0174337_22182019.jpg

きょとりとしたまんまるおめめにアイライン。
性格も穏やかで美しい日本の蛇です。

セイブシシバナヘビ(アルビノ・Pr)
b0174337_22183413.jpg

つんと尖った独特の顔立ちにざらりと立った鱗。
共に生まれたアルビノ兄弟の中でも微妙な色合いの違いから
美しい個体同士をセレクトしたセイブシシバナヘビのペアです。
b0174337_22185998.jpg

b0174337_22191367.jpg

赤色が強い方がメス、
優しげな黄色のほうがオスです。

セイブシシバナヘビ(♂)
b0174337_2219296.jpg

上記のベビーより少し育ってまだまだ可愛いサイズ
b0174337_22194089.jpg

コーヒー色とクリーム色が市松模様を描くノーマルタイプです。
への字のおくちから覗く黒い舌はなんと脱皮もします。

本日ご紹介したナミヘビ各種についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
by herptilelovers | 2016-01-25 22:24 | 生体