<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんにちは中山です。
はやくも日焼け止めプール用品が店頭に並ぶこの季節、
道を歩くときも無意識に日陰を選ぶ気温になって来ました。
ボールパイソンやレオパなどは初夏の湿り気も併せて絶好調
b0174337_20435730.jpg

逆に反対に高温が苦手な生き物たちはそろそろ対策ナシでは厳しい頃です。
クーラー付けっぱなしが一番いいのですがなかなかそうもいかないのが現実。

そんな時には水槽用扇風機
b0174337_20441560.jpg

元は熱帯魚用なのですが使えるものはガンガン流用していきましょう。
水棲種なら直接水面に当てることで-3度くらいの効果が期待できますし、
ヤモリやカエルなど陸棲種も換気するだけで随分違います
その場合は直接風を当てるのではなく空気を動かすことが目的なので、
ファンを反対向きに設置してぬるい空気を吸い出すようにすると、
風を当てずにゆっくりしっかり換気することができます。

さて今日は暑さに比較的弱くない系の両生類たちをご紹介します。

ストラウヒツエイモリ
b0174337_20481134.jpg

しっとりとした黒地鮮やかなドットを散りばめたストラウヒツエイモリ
ケージの蓋を開けて餌の準備を始めると、
待ってましたとばかりにいそいそとシェルターから出てきて、
半円の口をぱかっと開けてピンセットに食いついてきます。
b0174337_20482672.jpg

そしてお腹いっぱいになるとすすっと引っ込む
あまりに素直でわかりやすいリアクション
以前お店にいたタイガーサラマンダーも、
ピンセットから配合飼料をもぐもぐ食べていたのですが、
もしかして陸棲イモリって案外懐っこいのかも
b0174337_20484029.jpg

あと五センチくらいは成長してくれる予定なので、
じっくり育てる楽しみも味わえます。


アカメアマガエル
b0174337_20485877.jpg

丸く開いた真っ赤な虹彩に透き通るようなオレンジの足先
燃え上がる藍色の脇腹も鮮やかなアカメアマガエル。
b0174337_20491482.jpg

日中は鮮やかな部分をきっちり隠して葉っぱに化けて
こんな感じでグッスリ眠っています。
b0174337_20492624.jpg

大き過ぎず小さ過ぎず指先にちょこんとのっかる存在感。
日が暮れると活発に動き回ってコオロギを食べています。


アフリカツメガエル
b0174337_2049494.jpg

とぼけた顔にむちむちのふともも、
餌用や実験用としても有名なアフリカツメガエル
b0174337_2050291.jpg

カエルと言うと舌で虫をくっつけるイメージがありますが、
アフツメは完全水棲かつ舌自体が無いため、
水面に浮かぶ配合飼料を両手でわたわたと押し込むように口に運んでいます。
b0174337_2050146.jpg

ぽやっとした顔の割に案外賢いらしく傍を通った飼い主に対し、
びょんびょんとアピールして餌をねだることもあるそうです。
雌雄差は倍近くありますがメスは30センチを超えることもあるようなので、
そうなったら面白いかなと現在せっせと育てています

本日ご紹介した両生類ズについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
by herptilelovers | 2015-05-18 21:02 | 新着情報
こんにちは村井です。
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが当店Herptile Loversは、
6月より新店舗に移転します!!
まだ詳細は発表することはできませんがこちらのブログや、
ホームページで随時お知らせさせていただきます。
引っ越し作業は既に始まっていまして、
進行度合いはまだまだなのですがもうはや疲労困憊です。笑
ですが新生Herptile Loversを披露できるその日まで全力疾走していきます!

さて報告も済んだ所で今回は少々趣向を変えて最近入荷した様々な生体の中から、
個人的にビビッときた個体を一挙4種ご紹介します!
リッジテールモニター、カーペットパイソン(ジャングルジャガーシブリング)、
ジャイアントマスクタートル、グレーターサイレン
です。

まずはリッジテールモニターです。
b0174337_19263576.jpg

あのオーストラリア原産の一言で言えば飼い易いベタ慣れドワーフモニターです。
この個体ももちろんハンドリング可能、しかもフードにまで餌付いた優秀な一匹です。
b0174337_19264547.jpg

お次はカーペットパイソン(ジャングルジャガーシブリング)です。
b0174337_19265535.jpg

これからカーペットを始める方にはもってこいの程良いサイズ感、
こちらもベタ慣れのこれから黄色が出てきそうな原石です。
b0174337_19293556.jpg

お次はジャイアントマスクタートルです。
b0174337_19271765.jpg

頭部の黒さMAXの激渋なこれぞジャイマスと言ったオスの個体です。
b0174337_1927251.jpg

最後はグレーターサイレンです。
b0174337_19273316.jpg

圧巻の50センチオーバー!ウナギみたいとは言わないで!笑
b0174337_19274167.jpg

今回紹介し切れなかった魅力満載な生体がまだまだございますので、
ぜひ一度足を運んでいただきたいです。

本日ご紹介した新入荷生体についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2015-05-15 19:30 | 新着情報
こんにちは中山です。
急に夏のような日差しが降り注いだと思えば、
また寒くなったりと落ち着かない気候が続いています。
人間のような大型哺乳類でも体調を崩したりするくらいなので、
小さな変温動物たちにはしっかり気を遣ってあげて下さい。

b0174337_19533478.jpg

写真は現在お店でダイエット中のオレンジタイプのフトアゴ嬢。
脂肪でアゴがたふたふしてしまっています。(下記の普通体型と比べてみて下さい)
この体型はちょっと健康を心配するレベルの肥満なので、
しばらく食事制限と運動で改善中です。
フトアゴは成長期が終わっても食欲旺盛でどんどん食べてしまいますし、
大きくなって植物食になる年齢でも昆虫や甘いバナナのほうが大好きです。
なので欲しがるものを食べたいだけ食べさせてしまうと、
どんどん肥満して悲しくも短命に終わってしまうことも多いのです。

そんな大人のフトアゴは下手に甘やかさず、
しっかりとを注いで健康に過ごさせてあげたいものです。
しかしなかなか毎日野菜をあげるのは難しい・・・
そんな時に役立つのがMazuriリクガメフード
b0174337_19553527.jpg

その名のとおりリクガメなど草食動物の為のフードなので、
ほとんど植物質でできているのです。
大粒ですがふやかせばポテトサラダのようになり簡単にかじれるので、
口の小さいトカゲでも簡単に食べられます。
前回のフトアゴ特集で紹介した雑食用フードと違い
乾燥状態ではかなり硬いのでそのままバリバリは難しいですが、
食べるのが下手な子もふやかしたものをピンセットでつまみ、
やや上の方から直接口元へ差し出してあげれば上手にばくんと食べてくれます。
もちろんフトアゴ以外の草食性のトカゲにも好評です。

さて今日は模様もはっきりしてきたアダルト三匹と、
まだまだ可愛いヤングサイズのフトアゴを紹介します。

レッドトランス
b0174337_19555454.jpg

全身赤色が鮮やかな個体。
特に背中はベッタリと真っ赤がのっています。
b0174337_1956428.jpg

トランスらしいくりっと黒目
のんびりした性格で日光浴が大好き。

タイガー
b0174337_19561816.jpg

黒縞の濃い個体。
地色も黄色系でまさしく虎模様
b0174337_19562734.jpg

全体の色調が淡いので縞がよく映えています。
ちょっとびびりで甘えっ子です。

ノーマル・個体A
b0174337_19574130.jpg

四肢と尻尾と目元に乗ったオレンジ色が鮮やか。
b0174337_19575127.jpg

黄色い背中に走る模様がストライプっぽくもあります。

ノーマル・個体B
b0174337_19581567.jpg

ヤングサイズのノーマルタイプ。
顔回りから肩にかけて綺麗に発色しています。
b0174337_19582741.jpg

人懐っこくやんちゃな性格をしています。

本日ご紹介したフトアゴヒゲトカゲについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2015-05-11 19:58 | 新着情報
こんにちは村井です。
今回ご紹介するのは飼育下にある爬虫類と両生類に、
必要かつ重要なミネラルを補給してくれる「ミネラオール」という商品です。
b0174337_21503669.jpg

突然ミネラルと言われてもそこまで重要とはあまり思いませんよね。
ですが生命の身体を正常に維持していくためにはミネラルを含む、
5大栄養素をバランス良く摂取する必要があるのです!
皆さまご存知の体を構成しエネルギー源となる「タンパク質」、「脂質」、「炭水化物(糖質)」の、
3大栄養素に加え体の機能維持調整や抵抗力を付けるビタミン」、「ミネラル」の5つが、
5大栄養素と言われるとても大切な物なのです。

ですがタンパク質等は餌さえ食べていれば補給され易く、
ビタミンやミネラルは餌だけではどうしても不足してしまいます。
そしてビタミンやミネラルが欠乏すると新陳代謝が低下し
それが長期になると病気を招く恐れも出てきます。

しかしそんな時はこちらの商品、
粉状なのでふりかけの如く振りかけてもらうだけで不足したミネラルをバッチリ補ってくれます。
大切なペットの健康維持や少々体調が崩れてしまった子にもうってつけです!

さて今回はとっても久々のトカゲです!
オマキトカゲ(♀)オオアオジタトカゲ(アザンティック)の2匹です。

まずはオマキトカゲ(♀)です。
b0174337_21504857.jpg

学名はCorucia zebrata
英名はオマキの特徴を表すMonkey-Tailed Skink(サルの様な尻尾のスキンク)や、
Prehensile-Tailed Skink(掴むのに適した尻尾を持つスキンク)など、
その特異な生態をよく表しています。
最大全長は約80センチ世界最大のスキンクです。
特徴はニューギニアのソロモン諸島に生息しほぼ完全に樹上性で、
名前の由来通り枝などに尾を巻き付けるため自由自在に動かすことができます。
また夜行性なので昼間は木に空いた穴(樹洞)などに隠れています。
食性も変わっており飼育下ではポトスを好んで食べているそうなので、
サトイモ科の植物を好むようですね。
繁殖形態も面白く、出産後半年から1年ほど親と行動しこの時親の糞を食べ、
植物を消化する能力を身に付けると考えられています。

今回の個体は怪我無し肉付き良しの美個体のメスです!
b0174337_2151178.jpg

このスキンクらしい顔をしながらも樹上性をフルに発揮したホールド力は、
頼られている感じが厳ついけどかわいく思えますね。
しかし動き自体はゆっくりですが比較的気性が荒く
鋭い爪はもちろん、咬む力が強いので油断せずハンドリングする際は注意をして下さい。
ただこの個体は気性はそれほど荒くありませんが落ち着くまでが活発なので、
引っ掛かり易い服だと少々あたふたしてしまうかもしれませんね笑。
b0174337_2151134.jpg

体色も頭部のまるで蜜柑のようなオレンジに、
首から下全体の新緑が良い具合に合わさって和菓子のような可愛らしさがあります。
b0174337_21512513.jpg

お次はオオアオジタトカゲ(アザンティック)です。
b0174337_21514080.jpg

学名はTiliqua gigas gigas
別名アンボンアオジタトカゲで英名はIndonesian Blue-Tongued Skinkです。
最大全長はおよそ60~70センチと言われています。
以前はオーストラリアのヒガシアオジタトカゲの亜種とされていましたが、
現在は別種とされていてオオアオジタを基亜種に、
インドネシアアオジタとカイアオジタの3亜種に分けて扱われています。
特徴はやや細長い体型で四肢が黒色の個体が多く基本的に目の後ろのラインが細く不明瞭です。
食性は雑食で飼育環境に対する要求もさほどシビアでは無いので、
初めてトカゲ飼う方にも自信をもってお勧めできる種類です。

今回の個体はその名を聞いただけでも一目見たいと思わせる、
アザンティックの、こちらも状態◎の美個体です!
b0174337_2151533.jpg

やはり伝説上の生き物ツチノコを彷彿とさせるこのフォルムは、
爬虫類にそこまで興味が無い方でも目を惹く強い魅力がありますね。
そこにアザンティックの白と黒の無機質な配色に加え、
アオジタの名前の由来である青い舌が相まって金属生命体と言わざるを得ません。
b0174337_215244.jpg

状態は勿論いうまでもなく元気モリモリで、
飼育環境に関してはよく言えば寛容、悪く言えば雑とでも言いましょうか、
食べ物さえあればなんでもいいよと言う感じがO型の僕にそっくりな気がします笑。
少々話がそれましたがそんな初めての方に優しい個体です。

本日ご紹介したオマキトカゲ・オオアオジタトカゲについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
by herptilelovers | 2015-05-06 21:53 | 新着情報
こんにちは中山です。
梅雨もまだだと言うのにあっという間に暑くなり
暖突保温球など冬用の装備から少しづつ削って春用のケージになっていることでしょう。
しかし気を付けないといけないのは日中の暑さだけではありません
まだまだ残る夜の冷えにも注意が必要です。

そんな季節にケージの温度を上げ過ぎずに冷えを防ぐにはシートヒーターがおすすめ。
b0174337_21443267.jpg

スーパーワンはシートヒーターでは珍しい防水タイプなので、
ケージ内に直接入れてダイレクトにリクガメやトカゲのお腹を暖めることができます
ヒトでいうホットカーペットのようなかんじでしょうか。
b0174337_21445272.jpg

寒い時にはいそいそと乗ってぺったりとおなかをつけて眠り、
暑い時には降りてくつろいでいます。

さて今日はまだまだしっかり保温して育ててあげたい、
かわいいお饅頭サイズのリクガメのベビーたちをご紹介します。

ケヅメリクガメ
b0174337_214576.jpg

ゾウガメに次ぐ巨躯を持ち、
その頑丈な四肢岩のような甲羅を軽々と持ち上げて走り回る重量級パワータイプ!
フルアダルトなら子供も乗せて歩ける大亀、ケヅメリクガメのベビーです。
b0174337_21451922.jpg

ちんまりとこちらを見つめるのはその片鱗も見せぬ愛らしい瞳
よちよちという擬音が似合う足取りで動き回り、
同居のホルスと争うようにリクガメフードをついばんでいます。

ギリシャリクガメ
b0174337_21453872.jpg

飼い易く入手し易いということもあり、
すっかりお馴染みの定番種なアラブギリシャリクガメ
名前のギリシャは棲息地ではなく、
甲羅の模様がギリシャ織りに似ているところから来ています。
b0174337_21455329.jpg

明るく活発な性格から広く愛されているリクガメです。

ヨツユビリクガメ
b0174337_21461156.jpg

甲羅の扁平さと模様がこんがりメロンパンを思わせるヨツユビリクガメ
丈夫さとちょっと変わったシルエットが人気の秘訣。
b0174337_21462460.jpg

土を掘るのが得意で夜になると平たいシャベルのような足で床材を掘り返し、
あっという間に地中に姿を隠してしまいます
そして朝の霧吹きと共にもこもこと姿を現し、
餌皿に向かって突進していく元気いっぱいのベビーです。

アカアシガメ
b0174337_21464030.jpg

初期の頃は、足は赤色頭は黄色が定番だったアカアシガメ
近年輸入される個体は頭も赤く染まったタイプが多くなっていますが、
甲羅まで赤く染まった個体はなかなか見るものではありません。
b0174337_2147185.jpg

この子は見事に真っ赤
これからの成長が楽しみなベビーです。

本日ご紹介したリクガメベビーズについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
by herptilelovers | 2015-05-03 21:50 | 生体
こんにちは村井です。
今回ご紹介するのは先日発売されたばかりの「ビバリウムガイド5月号」です。
爬虫類好きとしては外せない本誌は最新の爬虫類情報から飼育方法や、
裏話的なものまでぎっしりと詰まった始めたばかりの人もマニアの方も楽しめる雑誌です。
僕個人としてはヘビの特集があると釘づけになってしまいます笑。
特にお勧めなのがVivafeatureというコーナーで、
毎回新しく出る生体たちには驚かされるばかりです。
この機会に一冊お手に取ってみて下さい。
b0174337_20581018.jpg

さて今回は足の無い生き物、ずばりヘビ!
コーンスネーク4品種2ペアのを6匹をご紹介します。
アボッツオケーティペアスノーペアキャンディケインブラッドレッドベビーです。

まずはアボッツオケーティのペアです。
様々な品種が作られているコーンですがあえて原種に近付ける野生型品種がこのアボッツです。
ちなみにコーンを始めとするナミヘビ類のブリーダーとして名高いLee Abott氏の系統が、
非常に有名であるために由来します。
そしてこちらがオスです。
濃いオレンジの体色にブロッチの赤のコンボが、
これぞコーンスネークと訴え掛けてくるような鮮やかさがあります。
b0174337_20582421.jpg

こちらは堂々とした体躯のメスです。
成熟したコーンの顔の凛々しさには毎回惚れ惚れさせられますね。
b0174337_20583364.jpg

お次はスノーのペアです。
アネリスリスティックアメラニスティク二重劣性モルフで、
暑くなりつつあるこの時期にぴったりの名前が冷ややかな品種です。
最初はオスの個体です。
ブロッチがいい感じに乱れておりコーンらしさをうまいことぼかしているので、
全部は消えてないけどほのかに模様が残る新たなコーンの楽しみ方ができそうですね。
b0174337_20584426.jpg

こちらがメスの個体です。
このメスも良い感じのサイズ感で模様も乱れているので、
オスとかけた時に面白い子供が誕生するかもしれませんね。
少し緑色がかった体色も印象的。
b0174337_20585243.jpg

お次はキャンディケインです。
一般的なキャンディケインは陶器のような乳白色の基調色にブロッチの赤色が、
まるで海外の杖状の飴(キャンディケイン)に似ていることからその名が付きましたが、
この個体は基調色から頭やブロッチまでオレンジがかなり強く、
いわゆるオレンジキャンディケインと呼ばれる個体です。
b0174337_20592596.jpg

本来のキャンディケインをご存知の方は少々首を傾げてしまうかもしれませんが、
これはこれでポップな可愛らしい色合いのため個人的には好みですね。
b0174337_20593382.jpg

最後は将来良い意味で化け物に変貌するかもしれないブラッドレッドです。
ブラッドレッドは成長に伴い赤色が強く発色し模様はほぼ消失するので、
ベビーとアダルトでは姿が全く違うものになります。
b0174337_20594463.jpg

なのでまだまだベビーのこの個体はちょっと赤が濃いくらいですが、
いつの日か成熟した暁には真紅の鱗を纏った麗しい姿を見せてくれることでしょう。

本日ご紹介したコーンスネークについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
by herptilelovers | 2015-05-01 21:01 | 新着情報