<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんにちは中山です。
11月も終わりが近づき街はすっかり年末の雰囲気
いくらこちらが慌ただしくとも生き物達はおかまいなしで、
おなかがへっただのこっちに構えだの部屋が寒いだのとアピールしてきます。
大掃除をしていても毎日の世話は怠らないようにしましょう

さて本日は11月11日に産まれた可愛いファンシーラットをご紹介します。
先日当ブログで村井が紹介してから二週間、
グングン成長してすっかり目も開き毛並も生え揃いました。
小さな四肢でよちよちと走り回っています
次々に巣から脱走してはケージいっぱいに散らばって、
もう親と同じ固形の餌も齧り始めています。
b0174337_219935.jpg

お水もちゃんと自分で飲めます。
b0174337_2110763.jpg

二週間前と比べて倍ほどに成長していますがまだまだ授乳期
あかちゃんと言えどだいぶ重くなってきているのでお母さんも大変です。
b0174337_21104285.jpg

子どもたちが成長して体がしっかりしてきたからか、
もう心配ないわとばかりに子ラットの扱いがになってきたお母さん。
あわれお乳を飲みながら引きずられていく子供たち。
b0174337_21111512.jpg

でも振り落とされてもめげずに飛び付く体力とガッツ。
b0174337_21114158.jpg

叔母さんと比べてハスキーの黒面積が狭いお母さんに似て、
ハスキー部分が一様ではなく一頭一頭が個性豊かな模様になっています。
既に毛が薄くなっている子は成長につれてお父さん似のスキニ―に?
b0174337_2112035.jpg

お母さんが人によく馴れているせいか子どもたちも物怖じせず、
興味津々といった様子で自分から近寄って来ます。
b0174337_21123820.jpg

b0174337_21125092.jpg

元々大人しく滅多に咬まない生物とは言っても、
あまり人馴れしていないラットが母になると殺気立ち、
子どもを守るために人を咬むこともあるとか。
このお母さんは当店で生まれ育ったベタ馴れちゃんなので子育て中でものんびり構えていました。
とはいえもちろん子育て中にわざわざ刺激するようなことはしませんが、
必要な給餌や給水の時にもお母さんはストレスに感じにくかったのではと・・
b0174337_21121725.jpg

馴れ過ぎですお母さん!近いです。
ラットは大体生後一ヶ月くらいで乳離れすると言われていますので、
もう二、三週間もすればお渡しすることも出来るでしょう。
名前を憶えて部屋に放して散歩させても呼べばおひざに戻って来たり
自らなでなでを要求してきたりとを注げば注いだだけ応えてくれる、
その頭の良さと人懐っこさでペットとしてじわじわ人気が出てきているラット。
品種は大きな耳が愛らしいダンボ、
人気の柄や性格など可愛い順にいなくなってしまうので選びたい方はお早めに!

本日ご紹介したファンシーラットベイビーズについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-11-30 21:16 | 生体
こんにちは村井です。
先日、初九レプに行ってまいりました!
準備から始まり当日帰りまでずっとバタバタしていて、
やっと通常の落ち着きを取り戻しつつあります。
疲れたのもありますがそれ以上に楽しかったですね。
来場して下さった方ほとんどが笑顔でこちらも笑顔になりました。

そして本場九州の豚骨ラーメンを食べることができました!!
博多と言えば屋台と思い屋台で食べたのですが、
締めで食べるラーメンと言った感じであっさりとしつつ、
しっかりとした豚骨が効いてて美味しかったです。

そんなラーメンの話は置いといて、
今回はメキシコ生まれのイカツイ所がかっこいいカメ達をご紹介します!!
ハラガケガメ(♂)スジオオニオイガメ(Pr)の二種です!

まずはハラガケガメです。
b0174337_21374059.jpg

学名はClaudius angustatusで、
英名はNarrow-bridged musk turtleです。
ハラガケの特徴と言えば背甲と腹甲の継ぎ目が甲板で繋がっていなくて、
体内で靭帯によって繋がっていますね
これは英名の由来(narrow-bridged=橋の狭い)になっています。
和名のハラガケは子ども用の前掛け(腹掛け)に、
腹甲が似ていることからその名が付きました。
b0174337_21375899.jpg

最大甲長はおよそ18センチでメスよりもオスの方が大きくなります
食性は動物食で、虫・甲殻類・魚・両生類の子ども等を食べると言われています。
b0174337_2138119.jpg

この個体はワイルドなのですがCBのようにとても鮮やかな黄色をしています。
b0174337_21382622.jpg

そしてハラガケらしい気の強さ、
クチバシの牙が何とも恐ろしく良い意味でゾクゾクしますね。
b0174337_21383873.jpg

お次はスジオオニオイガメ(Pr)です。
b0174337_21384987.jpg

学名はStaurotypus triporcatusで、
英名は皆様お馴染みのGiant musk turtle(ジャイマス)。
ジャイマスの特徴と言えば成長に伴い盛り上がってくる、
立派な三本のキールですね。
そして個体差はあるものの頭部にバッチリ入った黒の網目模様が悪さを際立たせます。

最大甲長は堂々の30オーバーでまさに怪獣!
30センチのジャイマスをこの目で見たら震えてしまうこと間違いなし!(笑)。
まずはその野望を秘めたメスをご紹介します!
b0174337_21391241.jpg

今現在のサイズは19センチですが既にこの迫力!
ジャイマスはハラガケと違いメスの方が大きくなるので、
まだまだ楽しみなサイズと言えるでしょう。
b0174337_21393531.jpg

甲羅の模様はスッキリとしたデザインで、
縞模様が枯山水のような美しさです。
b0174337_21394666.jpg

今にも噛み付いてきそうなこの顔!
まるでガメラを彷彿とさせます
このまま光線を出しそうなそんなオーラですね(笑)。
b0174337_2140035.jpg

そしてこちらが決してメスに引けを取らない貫禄を持つ、
オス18センチです!
b0174337_2140112.jpg

この個体の方がメスよりも顔や手足の黒が多いので、
より一層渋みがありますね。
b0174337_21402999.jpg

甲羅の模様もメスとは異なり、
しぶき状の点が散りばめられていて黒い流星群の様です
b0174337_21404018.jpg

そしてこの顔、恐いですね(笑)。
黒要素が強い分メスよりも圧倒されました。
撮影してて気が付いたのですが、
僕はカメが口を開けている時が一番好きです。
b0174337_21405157.jpg

ジャイマスは甲羅が武骨なイメージですが、
鼻の長いシャープな顔付きが魅力の一つと言えるでしょう。
b0174337_2141449.jpg

こちらが比較です。
並べるとたった1センチでも大きさが全く違い、
甲羅の模様も違う種類のようでまた面白いですね。
b0174337_21411676.jpg

今はペアで同じ水槽なのですが、
喧嘩もせず仲睦まじく泳いでいるのでペアでご購入頂いても、
安心して同居することができるでしょう。

本日ご紹介したハラガケガメ、スジオオニオイガメについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-11-28 21:42 | 新着情報
こんにちは、中山です。
今日は週末に開催される九州レプタイルフェスタオータムの前々日準備として、
生体のパッキングと発送作業に追われておりました。

当店では今年最後のイベントということもあり、
一層気合いの入る我々スタッフと在庫の生体がズラリ
b0174337_23291160.jpg

今回はなんだかヘビの種類数が多いように感じます。
しかもボールのアダルトばかり、集めて箱詰めしてみると結構重たかったです…(笑)
定番のコーンスネークは少し育った安心サイズのベビーを数多く取り揃えております。
b0174337_23292857.jpg

出荷を控えた生体たちと、突然サイドを3ミリに刈り上げてしまったうちの村井。
大事な仕事の前に風邪をひかないようにして下さい。。。

写真にはありませんが、イシガメウンキュウミナミイシガメハナガメなど、
とってもかわいいサイズのアジアンタートルが充実しています!

それでは九州の会場にてお待ちしております。
[PR]
by herptilelovers | 2014-11-21 23:37 | お知らせ
こんにちは村井です。
前回のブログで一人掃除祭りを開催してから、
なぜかテンションが上がりっぱなしでやってしまいました…
年末先取り倉庫の大掃除(笑)。
掃除する前のどうしよう感を味わいながらも、
終わった時のすっきり&達成感がたまらないんですよね。
でも自室には衣類が溢れてます…気にしない(笑)。

さてこの前の火曜のことなのですが、
ファンシーラットが出産していました!!
b0174337_2044838.jpg

今回はハスキースキニ―の子どもで、
10匹ほど生まれましてもうハスキーの模様が出ていてまるでパンダです。
無事出産してくれて育児も順調そうなので、
早く大きくなってくれるといいですね。
b0174337_20442160.jpg

と言うことで今回はアニマル特集です!!
カーリーマウスピグミーオポッサムの2種をご紹介します!
まずはカーリーマウスです。
b0174337_20443624.jpg

前のブログで中山が既に紹介済みではありますが、
また新しく1匹増えましたので、
詳しくおさらいしていきましょう。
b0174337_20445871.jpg

カーリーマウスとはいわゆるハツカネズミの品種改良されたもので、
元はハツカネズミなのでそちらの説明をします。
学名Mus musculus
英名house mouseです。
二十日鼠の由来は諸説ありまして、
妊娠期間が20日ほどだからと言うのが通説と言われています。
b0174337_20451732.jpg

餌は手渡しであげていて、
フードを咥える時にうっとりとするのですが、
たまらなく可愛いその表情が最近のちょっとした楽しみです。
b0174337_2045266.jpg

お次はピグミーオポッサムです。
b0174337_20453971.jpg

学名Monodelphis domestica
別名ハイイロジネズミオポッサムと言われています。
野生では岩の割れ目や木の洞などに営巣していますが、
時には人家にも巣を作ることがあります。
食性は雑食です。
寿命は8年ほどと言われています
b0174337_20455912.jpg

体に対して頭が少しばかり大きく、
2.5等身くらいなのでアダルトなのにベビーのような可愛らしさがありますね。
お尻のあたりがすこしスキニ―になってしまっていますが、
環境の変化による一時的なものだと思うので、
近いうちに元通りになるでしょう。
今しか見られないこのおハゲもなんだか愛らしく見えますね
b0174337_20461671.jpg

フクロモモンガと同じく夜行性で、
夜に活動的になるのですが、
慣れれば昼間でも顔を出してくれます。
b0174337_2046279.jpg

そして立体的に動いてくれるため、
様々な遊具を設置してもちゃんと使ってくれるので、
見ていてこちらが嬉しくなっちゃいますね。
b0174337_20463895.jpg

やはり哺乳類はふれあえることが大前提と言っても良いので、
ぜひ手に乗せてみて癒されてみてはいかがですか。

本日ご紹介したファンシーラット、カーリーマウス、ピグミーオポッサムについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-11-17 20:48 | 新着情報
こんにちは村井です。
先日、タブの輸入があったため店舗裏を大掃除して見事に筋肉痛です。
入店してから何故か掃除マニアになってしまった僕大ハッスル。(笑)
前々から掃除したいと思っていたので良い痛みです。

そしてこちらが届いたタブです!!
b0174337_1840464.jpg

完全にですね。
今回初めて輸入を経験してタブの多さに驚きましたが、
前回はこれよりも多かったと聞き想像するのもやめました。

本格的に作業する前の元気な店長です。
弾けるようなとてもいい笑顔ですね。
b0174337_1841641.jpg

この時僕は前日と当日の掃除疲れが溜まり能面のような表情でした。

そして無事収納完了しましたので、
タブのご注文、お問い合わせ随時お待ちしております!!
b0174337_18411972.jpg

本日ご紹介したWaterland tubsについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-11-09 18:41 | 新着情報
こんにちは中山です。
私事ですが今の住居に引越ししてから今年が初めての冬で、
生体の成長と共にケージを買い替えてしまっただけでなく、
部屋自体の保温性能やコンセントの配置に伴うワット数の調整など、
去年の冬と違うことだらけで冬仕度に随分手間取りました。
急ごしらえのおかげで現在部屋のド真ん中をコードが複数横切っているような状態で、
一刻も早く配線を美しくまとめ直したいところです。
さて今日はカンカン照りの太陽が似合う砂漠のトカゲ達をご紹介します。

ゲイリートゲオアガマ・ペア
b0174337_208330.jpg

ぽてぽてのお腹にいかつい顔付き、トゲオアガマのペアが入荷しました。
「ゲイリー(geyri)」は学名で、サハラトゲオアガマとも呼ばれています。
b0174337_2082455.jpg

トゲオアガマの中でも高温を好み、二匹仲良くバスキングしている姿がよく見られます。
しっかりと胸を張って光を浴びているあごの下が白い方がメス、
b0174337_2084063.jpg

今日は良いポジションを譲ることにしておとなしく石でお腹を温めている方が、
お腹の黄色も鮮やかなオスです。
b0174337_2085036.jpg

新鮮なたんぽぽを両端からもしゃもしゃと平らげる平和な面持ちの草食竜です。

テイラーカワリアガマ・ペア

ころっとしたシルエットが可愛いテイラーカワリアガマ
学名からゼノガマとも呼ばれます。
b0174337_209468.jpg

短くて平たい尻尾と頭の大きさからずんぐりむっくりとした印象で、
成長しても5~7cmほどで手の中に収まるぽってりしたちんまりトカゲです。
b0174337_20101723.jpg

一番の特徴はこのおよそトカゲらしからぬ独特の形状をした尻尾
撮影のために暫くハンドリングしたあとそっとケージに戻すと一目散に巣穴に駆け込み、
平たい尻尾で巣穴に蓋をして後ろ足で砂をバシバシ飛ばしてきました。
野生でもこうして身を守っているのでしょうか。
b0174337_20104668.jpg

個体によって口先から喉にかけて鮮やかな濃い青色が発色するのですが、
今回のペアではオスの方が青くなる個体のようで、機嫌の良い時には鮮やかな青色を見せてくれます。
b0174337_2011218.jpg

この不思議を是非てのひらにのせて実感してみて下さい。

本日ご紹介したアガマたちについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-11-05 20:14 | 新着情報