<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんにちは村井です。
遂に九レプまで一ヶ月切りましたね。
今年最後のイベントなのでもうエンジンかかって来ております!
そして九州と言えば豚骨ラーメン!!
ラーメン好きの僕としては本場博多ラーメンが食べられるのかと思うと、
涎が止まりません。(笑)
イベントを倒れる寸前まで頑張って美味しいラーメンを食べたいものですね。

さてさて今回はナミヘビの入門、根強い人気のコーンスネークです!!
ベビー総勢20匹超の中からピックアップしてご紹介します。

初めてヘビを飼うとなるとパイソン系ならボールパイソン、
ナミヘビ系ならコーンスネークが飼い易いと言われているほど、
ポピュラーなヘビですね。
そんなコーンですが改めておさらいしましょう!
学名はElaphe guttata
和名、英名共にコーンスネークで別名アカダイショウと言われております。
腹部には角張った斑紋が市松模様のように不規則に入り、
トウモロコシに見える事からその名が付きました。

今回は4通りの掛け合わせのベビーで、
まずはアメラニ♂×チャコール♀の掛け合わせです。
3匹いるのですがその中でも特に気になるのがこの個体!
b0174337_20451378.jpg

他のに比べて赤のブロッチの発色がよく、
薄ピンクの下地とのコントラストがいいですね。
オレンジのスポットもお気に入りポイントです。
b0174337_20453152.jpg

お次はクリムゾン♂×アメラニ♀の掛け合わせです。
今回この掛け合わせのベビーが一番多く10匹近くいるのですが、
その中でも特に面白いのがこの個体です!
b0174337_20454910.jpg

なんと半分モトレーが入っている奇妙な個体です。
本来モトレーは全体的にその特徴が表れるのですが、
この個体は半分普通で半分モトレーの愉快な奴です。(笑)
b0174337_2046579.jpg

お次はノーマル♂×キャラメル♀の掛け合わせです。
これは5匹いましてその中でも異彩を放つのがこの個体です!
b0174337_20462837.jpg

この個体だけがアネリなのです!
シルバーを基調に焦げ茶のブロッチが良い味を出してますね。
特に全身にきっちり均等に入ったブロッチが、
アネリ特有の灰色と合わさり大理石の彫刻のような感じがします。
b0174337_20463950.jpg

最後はアメラニ♂×ピューター♀の掛け合わせです。
このパターンは3匹いまして僕の目に止まったのがこの個体です!
b0174337_20465685.jpg

この個体は特に赤味が強くオレンジのスポットも全身にしっかり入っています。
なによりブロッチ1つ1つが他のベビーに比べ大きいのも魅力でしょう。
そして頭付近の模様にすこしラインがあるのも面白いです。
b0174337_20471036.jpg

全てのベビーがファーストシェッドを済ましており
ピンセットから直接食べるほど食欲旺盛なので、
やはりコーンスネーク、飼い易く優秀だなと痛感しました。

今回ご紹介した以外にもまだまだ面白い個体はございますので、
是非ご自身で探してみてはいかがでしょうか。

本日ご紹介したコーンスネーク(ベビー)についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-29 20:57 | 新着情報
こんにちは中山です。
季節柄ミズガメやコーンスネークなどのベビーが次々と入荷し、
お店の中は再びベビーラッシュを迎えています。
長じれば片手では持てないほどの巨躯を誇るリクガメも、
ケージの中でよちよちと歩いている姿は思わず表情が緩んでしまう愛らしさです。
さて今日は大人になってもちんまりサイズ
永遠のふわふわ天使を紹介します。

カーリーマウス
b0174337_21405113.jpg

毛がふんわりカールした小さなマウス。
白とクリームブラウンのブチ模様の女の子たちです。
b0174337_21424030.jpg

ハムスターとはまた違った小さなネズミたちの愛らしさの虜になる人も多く、
実は私も以前から個人的にハツカネズミカラーマウスを飼って溺愛しているほどです。
飼い方はほぼハムスターと同様で、違いといえば比較的水をよく飲む、
回し車で走るよりも登ったり下りたりといった立体行動を好むといった程度です。
b0174337_2143095.jpg

ラットほどではありませんが案外よく人に慣れ
少し訓練すれば自分から手に乗ってきてそのままのんびり餌を食べたり、
ほっぺを撫でるとうっとりした表情を見せてくれたりします。
この子たちも撮影中にカメラのひもにじゃれに来たり
撮影者の手によじのぼろうとしたりととってもフレンドリーです。
b0174337_2140235.jpg

b0174337_2140163.jpg

長い尻尾がちょっと・・という方もいますがむしろこの尻尾こそがチャームポイント
この尻尾を優雅に揺らしながら上手にバランスを取って細い道でもすいすい走っていきます。
b0174337_21432837.jpg

ハムスターより鼻すじの通った凛々しい顔立ち大きな耳がより強調されて、
可愛さのあまりついついおやつをあげたくなってしまいます。
b0174337_2143463.jpg

おでこに白いぶちがある子や鼻から額にかけて白くラインの入った子など、
一匹一匹違う模様からお気に入りの子を見つけて下さい。
身近なようで案外知らない小さなペット。
この機会に触れてみてはいかがでしょうか。

本日ご紹介したカーリーマウスについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-25 21:50 | 新着情報
こんにちは村井です。
最近めっきり秋らしくなりましたね。
僕はどうやら季節の変わり目に弱いようで、
微妙に体調が悪くなり咳が止まりません。(笑)
生体の体調管理も大事ですが、
ご自身のお体にも十分お気を付け下さい。

さて今回の村井ブログはなんとカニです!
念のためもう一度言います「」です。
爬虫類ショップなのに紹介していいものかと悩みましたが、
店長からゴーサインを頂いたので珍しい3種をご紹介します!!
マスクドフェイスマウンテンクラブ、ハーフオレンジバンパイアクラブ、タイ産タガニです!!

今回入荷したカニ達は主にタイ、ミャンマー産で、
現在ペット向けのカニは主にインドネシアから輸入されており、
タイやミャンマーなど大陸部に生息している種は流通が少ないとされております。

そしてカニはなんとなく短命のイメージですが、
意外と長寿で少なくとも5年ぐらいは生きると言われています。

食性は雑食で活餌の昆虫から、
カメの配合飼料と何でも食べてくれるので飼育は容易です。

まずは名前がなんだか洒落ている、
マスクドフェイスマウンテンクラブです!
マスクは現在ひとつの種になっておりますが、
少しずつ特徴が異なるのでゆくゆくは分割されていくかもしれません。

その中でも僕が一番好きなのはこの個体です!!
b0174337_220456.jpg

写真ではお伝えしにくいのですが、
爪、脚は夕暮れ時の太陽のような強烈なオレンジ色で、
体は濃い赤色で情熱あふれる配色になっています。
b0174337_221395.jpg

特にこの個体は一番体も大きく、
成長につれ片方の鋏が大きくなるのか、
その変化が顕著に見られます。
b0174337_222114.jpg

左右非対称の鋏、体に不釣り合いな巨大さが、
無骨なイメージを与えてくれ、
小さな体に秘められた底知れぬパワーを感じました。
b0174337_2221885.jpg

こちらはマスクドフェイスの別のタイプなのですが、
先程と比べると落ち着いた配色となっております。
b0174337_2225336.jpg

鋏も前の個体と比べると左右対称でスッキリとしたフォルムですね。
b0174337_223887.jpg

そしてこれが1年に一回しか見られないらしい貴重な脱皮シーンです。

b0174337_2233968.jpg

お次はハーフオレンジバンパイアクラブです!!
こちらはインドネシア産。
b0174337_2243075.jpg

まず気になるのが名前ですよね。
ハーフオレンジは見たまま脚と体の下半分が暗褐色で、
鋏と上半分がオレンジ色ですね。
…バンパイア?吸血するの?
とお客様から聞かれるのですが、
由来はバンパイアのように目が妖しく黄色に光っているからだそうです。
…バンパイアって目、黄色でしたっけ?(笑)
b0174337_22567.jpg

名前の由来より面白いのがその生態です。
カニなのに陸棲で樹上性なのです!
全く水気がいらないと言うわけではなく、
体の浸かれる小さな水入れは必要ですが、
ほぼ常に陸場にいて立体的なレイアウトにすればちゃんと登るので、
今までのカニの概念を覆してきます。
b0174337_2252420.jpg

成長しても約2センチと小型なので、
ずっと可愛いままでいてくれます。
b0174337_2255287.jpg

最後はタイ産タガニです!!
b0174337_226939.jpg

僕的にはタイランドライスフィールドクラブと呼びたいこの種、
前述の2種に比べてファーストインパクトはあまりありませんが、
さりげない深みを秘めていると思います。
b0174337_2262578.jpg

黄色の下地に全体が薄く緑がかっており、
少年時代、田んぼを駆け回り採取していた記憶を呼び起こすような、
懐かしさを帯びております。
b0174337_2264610.jpg

目が真っ黒で甲殻類の無機質な感じながら、
小動物のような可愛らしさが同居していて、
鋏も比較的小さく愛らしさに拍車を掛けています。
b0174337_227488.jpg

この何処にでも居そうな落ち着きを与えてくれる所が好きです。
b0174337_2271967.jpg


本日ご紹介した淡水ガニ3種についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-20 22:09 | 新着情報
こんにちは中山です。
台風が過ぎてからどんどん気温が下がり、
週末は最低気温が11度になるという話も・・。
お店でも慌てて外飼いのカメたちを室内にしまいこみました。
さて今日は新入りのリクガメたちをご紹介します。

キアシガメ
b0174337_216542.jpg

黄金に輝く南米の黒い重戦車!
に、育つ予定!の可愛らしいベビーが入荷しました。
アカアシに比べてキアシのベビーは小さい頃から色の付く範囲が広めなのですが、
そのなかでも更に黄色く染まった美しい個体たちです。
b0174337_2163058.jpg

キアシガメは生まれたてが大きい種類のためこのサイズでもまだまだあかちゃんなのですが、
すでに撮影の時に持つ手をがんがん蹴り飛ばしてくるやんちゃっぷりです
競い合うようにリクガメフードをもりもり食べては、
小さな黄足でのしのしとお散歩しています。
元は年中むわっとした熱帯雨林に生きるカメなので、
しっかりと保湿、保温をしてあげれば綺麗に育ってくれると思います。

ケヅメリクガメ
b0174337_2172198.jpg

ゾウガメに次いで大型化する浪漫あふれるケヅメリクガメ
がっしりと育った甲羅をこれまたがっしりとした足で持ち上げ、
ぐいぐい走っていきます
b0174337_217399.jpg

活発なカメなので見ていて楽しいですね。
少々寸詰まりなショートボディの子もいます。
b0174337_2181853.jpg

どなたか気に入った方に可愛がってもらえればと思います。

本日ご紹介したリクガメについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-18 21:13 | 新着情報
こんにちは村井です。
台風19号が近付いて来てますね。
今回はなかなか強めの台風らしいので、
僕もドキドキしながら通勤しました。
カメなどを外飼いしている方は対策を忘れずに!

今回の村井ブログはスッポンです!
トゲスッポン、キョクトウスッポン、インドシナオオスッポンの3種をご紹介します。

最初はトゲスッポン(ベビー)です!!
b0174337_2025040.jpg

学名はApalone spinifera
英名はSpiny softshell turtleです。
本日ご紹介する中で唯一のアメリカに生息しているスッポンです。
背甲はオリーブ色から明褐色で、
亜種によって黒い小班や眼状斑が点在します。
トゲやコブ状の細かい突起が背の縁を中心に点在することが本種の特徴です。
b0174337_20251180.jpg

またトゲスッポンには多くの亜種が存在するため、
亜種を断定することは少々困難です。

今回はまとめて店に来たのですが、
その時と比べると成長にバラつきはあるものの、
どの個体も順調に成長しております。

生体ごとに微妙に違いがあるので、
あなたの好みのTGS(トゲスッポン)を探してみて下さい!

お次はニホンスッポンです!!
b0174337_20252668.jpg

学名はPelodiscus sinensisで、
皆様お馴染みのスッポンです!
見て良し、食べて良しの元気の源みたいな奴ですね。
本種も多くの亜種が存在するらしいのですが、
現時点では1つの種としておくのが主流とされています。

この個体はベビーからの飼い込みで大変状態が良く
目立った外傷もありません。
b0174337_20253618.jpg

何と言っても体色の鮮やかさに驚きました。
身体の上半分が見事なウグイス色で、
下半分が真っ白と言うこれぞスッポンと言ってもいいでしょう。
普通より鼻がちょこっと長い気がするのも、僕的に好きなポイントです。

最後はインドシナオオスッポンです!!
b0174337_20255125.jpg

学名はAmyda cartilaginea、
英名はAsiatic giant softshell turtleです。
今年の静岡夏レプで世界三大スッポンに並んでいたあのスッポンが、
アルビノになって登場です!
非常に大型になる本種ですが、大きくなり過ぎると飼うのも大変です。
ですがこの個体はアルビノですので、
むしろ最大サイズにしてその神秘さを体感してみたいものですね!
b0174337_202634.jpg

体色はアルビノらしい背甲がうす黄色で、
腹が純白とアルビノ愛好家の自分としてはそそられる配色です。(笑)

気になる点があるとすれば背甲の尻尾付近、
ゼラチン質の部分が少々かけておりますが、
そんなこと気にならないぐらいの元気さで、
水換えしようとプラケを手に取るとその手に噛み付こうとするほどの、
餌に対する貪欲さがあります。

特大の水槽でしっかりと餌をあげていれば、
水族館にも負けない、良い意味での怪物に成長してくれることでしょう。

本日ご紹介したスッポン軍団についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-13 20:26 | 新着情報
こんにちは中山です。
十月に入り、すっかり秋の気候になってきました。
お店でもヒーターを入れたりカメの場所を移動したり、
着々と冬支度が進んでいます
ケージの広さだけでなく風通しや種類ごとの耐寒性なども考慮して、
おうちの子にぴったりのヒーターを選んであげて下さい。

ニホンイシガメ
b0174337_21405091.jpg

今年生まれのイシガメベビーズ
以前紹介した子達とは別の血統で、
孵化した誕生日がわかっている個体たちです。
b0174337_2141965.jpg

九月生まれの弟たちと八月生まれのお兄ちゃんたち。
写真の子は右が8月23日、左が9月15日が誕生日です。
まだまだ小さいので一ヶ月の差でも大きさに違いが出ていますね。
人が近付くのを見るやぐんぐん水を蹴って手前の壁に突進して餌をねだる、
食欲旺盛よく慣れた子ガメたちです。

ハナガメ
b0174337_21414838.jpg

お客さんの下で生まれた国内CBが入荷しました!
鼻先から首までくっきり浮かびあがる、
スッキリした細いしましま模様が特徴のハナガメです。
模様が派手なのでパッと見ではそうと分かり難いですが、
実はニホンイシガメと近い仲間なのでよく見ると顔の形などが似ています。
b0174337_2142089.jpg

個体ごとで色合いに違いがあり、選ぶ楽しみもあります。
チャームポイントの長い尻尾も健在。
台湾原産のカメなので寒さに強く
大きくなったら屋外で冬眠することもできます。

オオアタマヒメニオイガメ
b0174337_21421635.jpg

甲羅と手足のゴマ粒模様が可愛いヒメニオイガメ
少し成長してきましたがまだまだ一円玉にのるちんまりサイズです。
キュートなまんまるおめめに加えて寒さに強くて丈夫で飼い易く、
そして大人になってもさほど大きくならないので、
初心者向けのミズガメとして人気が出てきているカメです。
b0174337_21422919.jpg

小さくても口をめいっぱいにあけて威嚇
元気いっぱいの兄弟たちです。

本日ご紹介したミズガメベビーズについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-10 21:47 | 新着情報
こんにちは村井です。
最近めっきり肌寒くなってきて、
通勤時は上着が欠かせなくなってきましたね。

僕は今まで秋と冬が好きだったのですが、
生体のことを考えると修羅の季節に思えます。笑
暖房を購入してくださるお客さんも増えてきましたが、
配線、生体の暖め方にはくれぐれも気を付けて下さい。

さて今回の村井ブログは久々のヘビです!!
カーペットパイソンタニンバーパイソン
2種をご紹介します!

まずはカーペットパイソン(セントラル×コースタル)です!!
b0174337_2165436.jpg

この個体はセントラルとコースタルのデザイナーズで、
セントラルジャガーのシブリングです。
b0174337_2172475.jpg

サイズは約180センチとハンドリングした時のずっしりさと安心感、
そしてまだまだ成長の余地があるまさに「ちょうどいい大きさ」。
b0174337_217545.jpg

外見はゴールドを基調に黒で縁取られたジャガーらしい黄色、
そしてよくよく見てみると目や鱗にシルバーの差し色が散りばめられているので、
さながら生きた宝飾品のようです。
鼻先の黒点もチャームポイントと言えるでしょう。
b0174337_2182252.jpg

餌食いも良好で、
今まで僕が扱ってきたカーペットの中でトップクラスのハングリー精神!!
そして置き餌でも食べるオールラウンダ―です。
b0174337_2184343.jpg

ゆくゆくは2メートルオーバーのビッグジュエリーになることでしょう!!

お次はタニンバーパイソン(ケイエンシス)です!!
b0174337_2191320.jpg

学名はMorelia nautaで、
現在ではタニンバーは一つの種となっておりますが、
一昔前はアメジストニシキヘビや他のパイソン達と一括りにされておりました。
なぜ分類したのかというと頭の鱗の形が異なることなのですが、
形質が似通っているため区別は容易ではないようです。
b0174337_2193086.jpg

そしてタニンバーと言えばハンドリングすればその手に噛み付く野生的イメージですが、
この個体はそんな常識を打ち崩してくれるかもしれない、
ハンドリング出来ちゃうタニンバーです!!
b0174337_2195192.jpg

撮影中も全く噛むようなそぶりは見せず、
ハンドリングしている感じはよく巻き付くコーン並みと、
今まで気性の荒さで敬遠していた方でも大丈夫でしょう。
b0174337_21102740.jpg

外見は栗色ベースで更に明るい茶色が水玉模様になっています。
そして光を反射させるとほのかに虹色が顔を覗かせ
暗めな体色にいいアクセントを利かせています。
b0174337_21105043.jpg

目は頭部に不釣り合いなほど大きく、
アニメキャラクターのような愛らしさがありますね。
尾先が数ミリ欠けてしまっているのが残念ですが、
その分愛嬌は十二分に備えている個体です!
b0174337_21141751.jpg

サイズは55センチと小さめですが、
捕食時の瞬発力には目を見張るものがあります。
今までは置き餌でゆっくりと食べていたのですが、
最近はピンセットから直接食べるようになりました!

本日ご紹介したカーペットパイソン、タニンバーパイソンについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-06 21:17 | 新着情報
こんにちは中山です。昨日今日と夏日が続き、
台風も近付いてきて不安定な天気になっています。
少し暖かくなったからといって油断しないよう、早めの寒さ対策をお願いします。

本日は新しく入荷した二匹のフトアゴヒゲトカゲと、
以前こちらに掲載したハイポのベビーたちの成長模様をお届けします。
特に幼体は流通するシーズンが決まっているため、この時期限定と言っても良いでしょう。

レッドレザー
b0174337_2156967.jpg

全体に迫力ある赤みがのったレザーバックの個体です。
b0174337_21562127.jpg

顔全体にはっきりとした模様が浮かび上がってキリッとした表情。
食欲旺盛な元気っ子で様々なフードを好き嫌いなく平らげる優等生です。
立体行動が好きなようで、ハンドリング時に必ずわしわしとよじ登ってきて、
肩の上で得意気にふんぞり返って落ち着いています。

シトラス
b0174337_2157529.jpg

涼しげな名前の通りスッキリとした黄色系統の個体。
模様もふんわりしたタッチで優しげな表情を見せています。
b0174337_21571315.jpg

顎下は鮮やかなオレンジ色
よく人に慣れたおっとりした性格で、
人の手から直接コオロギをもらっては嬉しげにサクサク食べています。

以前紹介したハイポメラニスティックのベビー達が成長してきました!
b0174337_2158493.jpg

コオロギだけでなく野菜にもしっかり餌付き、
すくすく成長して順調に脱皮をしています。
b0174337_21581263.jpg

早くも模様の配置や色合いに個体差が出てきています。
同じ兄弟でも意外に個性が出ているので、
今ならお気に入りの子を選ぶことが出来るでしょう。
b0174337_21581968.jpg

元より成長の早いフトアゴヒゲトカゲ。
全ての個体に手渡しで給餌し体調管理に努めています。
大きくなっても愛嬌たっぷりの表情は変わりませんが、
愛くるしい小さなベビーをお求めの方はお早めに!

本日ご紹介したフトアゴヒゲトカゲについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-10-03 21:59 | 新着情報