<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんにちは村井です。
先日のナゴレプでは当店ブースに足を運んで下さりありがとうございました!!
個人的には2回目のイベントだけあって準備から本番、片付けまで、
初めよりは手際よく出来たのかなと思っていますが、
まだまだ未熟だと痛感いたしました。

そんなイベントの慌ただしさから、
通常営業の落ち着きを取り戻しつつあるので、
村井ブログも通常通りに更新していきます!

久々の更新は両生類です!
僕は今まで両生類のことが苦手でした。
ですがそんな僕でも両生類を好きにさせるほどの魅力を持つ、
トウブタイガーサラマンダー、イエアメガエル、アフリカウシガエルの
3種をご紹介します!!

まず初めはトウブタイガーサラマンダー(XL)です!
b0174337_0324664.jpg

学名Ambystoma tigrinum、
英名Eastern Tiger Salamanderです。
別名ヒガシトラフサンショウウオ、
幼生時にはウォータードッグとも呼ばれております。
最大全長が約30センチなのですが、
そんな大台が目と鼻の先の29センチの大型個体です!
b0174337_0325560.jpg

外見はオオサンショウウオをそのまま小さくしたような、
黒と茶の地味目な配色となっていて、
お世辞にも華やかとは言い難いのですが、
そのカラーリングがとても渋く大人向けかもしれませんね。
b0174337_033267.jpg

性格はその見た目通りとても温厚です。
しかしあまりハンドリングする個体ではないので、
水換えの時くらいしか触りませんがそれでも人に驚く様子も無く、
すんなりと持たせてくれるので、
ヒョウモントカゲモドキよりも日々のお世話は楽かもしれません。

タイガーサラマンダーは、
ウーパールーパーのように完全水棲ではなく陸棲なので、
僕の感覚ではカエルに近いですね。

餌はカメと同じ咲ひかりの浮上性を食べるので、
他の両生類に比べるとお財布に優しい子です(笑)

お次に紹介するのはイエアメガエルです!
b0174337_0331616.jpg

学名Litoria caerulea、
英名White's Tree FrogやDumpy Tree Frogと呼ばれています。
イエアメと言えば成長にするにつれて垂れ下がってくる皮膚が特徴的なのですが、
この2匹はほとんど皮膚のたるみがありません。
ですがこの先ますます皮膚が伸びてゆく可能性があるので、
これぞイエアメと言ったシルエットにすることができるでしょう。
b0174337_0332681.jpg

そしてこの2匹にはどうやら上下関係が存在しているらしく、
片方はイエアメらしい綺麗な緑なのですが、
もう片方はレイアウトの木に同化するほどの茶色…
なのでそろそろ単独飼育に切り替えようと思います。
b0174337_0333614.jpg

最後はアフリカウシガエルです!
b0174337_0334872.jpg

学名はPyxicephalus adspersus、
英名はAfrican bullfrogです。
今回ご紹介するのは幼体サイズなので、
残念ながら性別を判断することはとても困難なのですが、
化け物サイズになる可能性を秘めている個体です。
b0174337_03550100.jpg

現在の外見は幼体らしい迷彩柄のような、
黄緑、緑、黒のモザイクとなっておりますが、
ゆくゆくは消えてしまうのかと思うと、名残惜しいような気もしますね。
b0174337_0355884.jpg

入荷当初は生きたコオロギを置き餌でしか食べませんでしたが、
今ではピンセットから直接食べてくれます!!

本日ご紹介したサラマンダー、カエルについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-09-30 00:37 | 新着情報
こんにちは、中山です。
我々の住む名古屋では毎年恒例となっている、ナゴヤレプタイルズワールド
当店も地元ショップとして例年通り出展して参りました。
二日間に渡り、大変多くのお客様にご来場頂き有難う御座いました。
b0174337_21173822.jpg

今年から会場が一階に移り、スペースも広くなったお陰でお買い物がしやすくなるかと思いきや、
昨年を上回る来場者数にそんな悠長なことも言ってはいられず、
ブース前は終始バタバタの状態でイベントは幕を閉じました。
b0174337_21174466.jpg

地元と言うこともあり、このイベントで生体をお買い上げ頂いた方々には、
お困りごとなどがあれば是非店頭まで足を運んで頂き、
私たちがご相談に乗ったり、足りない餌や器材をお買い求め頂けたら嬉しいです。

また、今回が初参加だった方も非常に多かった様子で、
「あの熱狂的な雰囲気に面食らってゆっくり見れなかったよ」と言う方も、
お店でしたら詳しい説明も交えながら、改めて爬虫類の良さを知って頂けるのではと思います。

ちなみに、次回参加予定のイベントは11月九州レプタイルフェスタです。
また何処かでお会いできる機会があれば、宜しくお願い致します。
[PR]
by herptilelovers | 2014-09-25 21:23 | 新着情報
こんにちは、村井です。
遂にっ!待ちに待ったナゴヤレプタイルズワールドが今週末に迫りました!
毎回恒例、怒涛の生体パッキングが続々と進行中…
b0174337_21473578.jpg

昨日、今日と二日間続けて作業にあたっておりますが、
そろそろゴールも間近といったところまで迫ってきました。
b0174337_21474427.jpg

まだまだ入社して日の浅い僕ですが、改めて生体の多さを痛感しています(カメ)。
しかしながらカメの専門店と言われる当店でも、
ヘビやトカゲ、両生類の数が意外と多いと言われるのもイベントならでは。
皆さんにお楽しみ頂けるよう、在庫からまんべんなくチョイスして展示します!

「生体の山に囲まれた村井の図」
b0174337_2147507.jpg

イベント間近にも続々と新着入荷がありましたので、
常連のお客様でもまだまだ未チェックの優良個体と出会えるかも?!

今回も元気に楽しくイベントを盛り上げていきたいと思いますので、
当日は会場にてお会いできることを楽しみにしております。
[PR]
by herptilelovers | 2014-09-18 21:51 | お知らせ
夏も終わり、人間も体調を崩しやすい季節の変わり目。
体の小さな生き物たちはより影響を受けやすいので、
急に寒さが来ても良いように早め早めの冬支度をしていきましょう。

さてベビーシリーズ第四弾、今回は新たに入荷したミズガメのベビーズです。
よく知られた日本のカメ可愛いシルエットのハコガメをご紹介します。

ニホンイシガメ
b0174337_2122453.jpg

日本固有種、ザ・日本の亀。イシガメです。
幼体はかつてゼニガメと呼ばれていました。
日本原産のカメなので少し前までなら近所のため池でなどよく見られました。
手足を伸ばして日向ぼっこする姿を見たことがあるかもしれませんが、
最近は個体数が減少しており、その光景も懐かしいものになりつつあります。
b0174337_21222023.jpg

よく知られたカメですが意外に尻尾が長いことに驚く人も。
仲良く餌に食いつく元気いっぱいのベビーです。

リーブスクサガメ
b0174337_21224949.jpg

こちらも池などで見ることが出来る、いわゆるクサガメです。
イシガメ同様普通に日本の池に棲んでいて、
顔に黄色いラインが走っているほうがクサガメです。
最近ゼニガメとしてホームセンターなどにいるのはこちらが多いです。

セマルハコガメ
b0174337_21234373.jpg

黄色いほっぺのセマルハコガメ。
成長につれてこんもりと丸くなる背甲にリクガメっぽい可愛いさもあります。
のしのしとよく歩く陸棲傾向の強いミズガメです。
この個体は赤味が強く綺麗な個体です。

トウブハコガメ
b0174337_21302295.jpg

カロリナハコガメの基亜種トウブハコガメ。
今日紹介するミツユビ、トウブ、フロリダは、
カロリナハコガメというカメのなかで亜種関係にあります。
このハコガメたちは元々アメリカに棲んでいるので、
日本の冬でも屋外飼育が可能です。

ミツユビハコガメ
b0174337_21243271.jpg

不思議な模様のミツユビハコガメ。
一匹一匹背甲の模様に違いがあり、ここからどんなふうに変化していくのか、
これから育てていく楽しみもあります
b0174337_2124555.jpg

顔の模様にも個体ごとの個性がでています。

フロリダハコガメ
b0174337_2130778.jpg

コントラストの強い模様が凛々しい亜種フロリダハコガメ。
黒地に走る黄白色の模様は成長につれて綺麗な放射状になっていきます。
顔付きが可愛いらしいのも特徴のひとつです。

本日ご紹介したミズガメベビーズについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-09-15 21:31 | 新着情報
こんにちは村井です。
先日、メーテレが外来種の特集で取材に来られました。
放送日は9月16日(火)の「UP!」、18時15分からです。
店長がいつもの1.5割増しで熱く熱く語っておりますので、
尺は短いですがチェックしてみて下さい。
b0174337_22143616.jpg

告知も済んだところで今回は、
でっかくてもハンドリング出来ちゃうトカゲシリーズです!!
爬虫類に慣れていないと、
大きな個体のハンドリングにはどうしても抵抗がありますよね。

ですが今回ご紹介する個体は初めての方でも触れ合えちゃうトカゲ達、
メラウケアオジタトカゲサバンナモニターアフリカンロックモニターです!!
この3匹はその大きさゆえにかなりの風格を漂わせていますが、
ひとたびハンドリングしてしまえばその存在感に引き込まれることでしょう。
そんな大型トカゲ達をご紹介します!

まずはメラウケアオジタトカゲです!
b0174337_2215533.jpg

学名Tiliqua gigas evanescens
英名Merauke Blue-tongued Skinkです。
別名インドネシアアオジタトカゲとも呼ばれております。
特徴としてはやはりその姿形でしょう。
大きな頭、太い胴体、そして細い尻尾…
ツチノコとそっくりなんですよ。
現にツチノコで画像検索するとアオジタトカゲが出てくる始末。
皆さん思うことは一緒なんですね(笑)
b0174337_22152269.jpg

胴体から尻尾の先までくっきりとした縞模様があり、
ウッド系のブラウンと濃いあずき色のコンビネーションが太くがっしりとした体躯と合わさり、
木彫り彫刻のような温かさを感じます。
b0174337_22153767.jpg

アオジタは胴体が長く意外と鋭い爪を持っているので、
暴れる個体を扱うのにある程度のスキルが必要になりますが、
その点この個体はずば抜けて大人しく、
人に持たれることに慣れているので、
一度抱いてみてはいかがでしょう。
b0174337_22154465.jpg

お次はサバンナモニターです!
b0174337_22161798.jpg

学名はVaranus exanthematicus
英名はSavannah MonitorやBosc's Monitorとも呼ばれています。
特徴は全長1メートルに達しない個体が多く、
オオトカゲとしてはあまり大きくならないことですが、
全体的にがっしりとゴツいので、
小さいながらも凝縮された迫力があります。
b0174337_22163119.jpg

背中には白い斑紋が密集しており、
尾は縞模様になっていてなかなかのおしゃれさんです。
b0174337_22164178.jpg

持った感じは見た目に反して大変柔らかく、
乾きつつももっちりとしているので、
ハンドリングした時に良い意味で裏切られた感があります。
b0174337_2216498.jpg

最後はアフリカンロックモニターです!
b0174337_22165989.jpg

学名はVaranus albigularis
英名はAfrican Rock Monitorと呼ばれ、
別名イワオオトカゲと呼ばれております。
特徴は分布域が広く、地域変異等が多いので亜種分けが難しいのですが、
一般的にはノドジロ、ノドグロ、アンゴラに分けられます。
今回はノドジロとして入荷しました。

シルエットはサバンナモニターに酷似しているのですが、
目元から肩甲骨の辺りまで走るラインや、
全体的に黄色味を帯びていて
背中の斑紋も後ろ足まで広がっているなど所々違っています。
b0174337_22171076.jpg

持った感じはサバンナに似てもっちりとしており、
こちらも抱き心地抜群です!
撮影中、何度も僕に抱き付こうとして来てとても愛らしかったです
b0174337_2217186.jpg

サバンナ、ロック共に尾切れをしておりますが、
とても人慣れしていて肩に乗せてもゆったりと落ち着いてくれますし、
機嫌のいい時には自ら張り付いてくるほどフレンドリーです!

本日ご紹介したハンドリングできるおおきなトカゲ達についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-09-12 22:17 | 新着情報
こんにちは中山です。
九月になり、日中でも日影なら涼しく過ごせる季節になってきました。
我が家でも休日には可愛いフトアゴをベランダでのんびり日光浴させていましたが、
太陽の下でバスキングできる時期もそろそろ終わりですね。

さて、今回はフトアゴ特集
ベビーから少し育ったヤングサイズまで、可愛いフトアゴが沢山います。
飼い易く大人しいペットリザードとして様々な品種が作成されているフトアゴヒゲトカゲ。
いくつかの品種を組み合わせたいわゆるコンボ品種などもあり、
ますますペット要素が強まっています。
今回紹介するフトアゴたちに共通しているハイポメラニスティックという品種。
これは黒色色素が減少している状態で、ノーマルのフトアゴではくなる爪が、
色素が抜けて透明な爪(クリアネイル)になることが特徴です。

ハイポメラニスティック
b0174337_2101214.jpg

食欲旺盛!ハッチしてから2週間ほどのフトアゴベビーズ。
指に乗るほどのちんまりサイズですが他のトカゲに比べて体の割に口が大きいので、
思いのほか大きめの餌を食べられます。
幼少期は動物質の餌を主に食べるため現在コオロギを食べてすくすく成長していますが、
将来大きくなったら植物性の餌をメインにしていくと良いでしょう。
b0174337_2103263.jpg

その切り替えをスムーズにするためにも小さいうちから好き嫌いなく、
フードや野菜なども食べられる子に育てています。
b0174337_2104678.jpg

小さくてもしっかり綺麗なクリアネイル。


ハイポフルレッド
b0174337_2111280.jpg

真っ赤に染まった背中黄色い四肢が眩しい、
手のひらから少しはみ出すヤングサイズのレッド系ハイポ。
赤味の強い個体にハイポが入ることによっていっそう鮮やかになっています。
鼻先が少々脱皮の途中ですね。
b0174337_2112961.jpg

体色の美しさもさることながらこの個体のすごいところは好き嫌いの無さ。
動物質のフードはもちろん植物性のフードにまでダッシュで飛び付き
自分からぱくぱく食べてしまうから驚きです。
もちろん1番大好きなのはコオロギですが、
これだけ好き嫌いなく食べてくれるなら成長してからの健康管理もしやすいでしょう。
若干の尾曲がりあり。

ハイポトランスレザー
b0174337_2114818.jpg

ハイポメラニスティック+トランスルーセント+レザーバック。
体色が明るくなるハイポ、白色色素が少なくなるため鱗に透明感が出るトランス
さらに鱗が小さくきめ細かくなり模様がよく映えるレザーバックと、
鮮やか要素満載の綺麗な個体です。
b0174337_212956.jpg

トランスでは虹彩の色が黒になってうるうるした真っ黒な眼になることが多いのですが、
この個体は虹彩に少し色素が残ったリングアイと呼ばれる眼をしています。
b0174337_2122297.jpg

そしてハイポの証、クリアネイル。

トランスルーセントと言う品種は産まれつきデリケートな面があるので、
少し飼育に気を使う面もありますが、
この個体は既にベビーを卒業するくらいに育っているので、
弱々しい印象も薄れて危なげ無くコオロギを追いかけ回しています。

本日ご紹介したフトアゴヒゲトカゲたちについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-09-07 21:21 | 新着情報
こんにちは村井です。
今回はSnakes in USA!!ということで、
アメリカに生息しているヘビをご紹介します。
広大なアメリカの土地には多くのヘビが息づいておりますが、
その中でもペットとして人気のあるシシバナヘビミルクスネークです。

まず初めはセイブシシバナヘビ(♀)です!
b0174337_2255456.jpg

学名はHeterodon nasicus
英名はWestern hognose snakeです。
名前の通りブタのように吻部が反り上がっていて独特な顔付きをしていますね。
これは穴を掘るためで、
掃除の時綺麗に敷いたシートが次の日にはぐちゃぐちゃに…
なのでご自宅で飼われる場合は砂やアスペンなど掘って潜れるものが良いでしょう。
b0174337_22555785.jpg

その他の特徴としては興奮すると噴気音を出しながら頚部を平らにし、
まるでコブラのようになります。
更に興奮するとひっくりかえって擬死のポーズをするのですが飼育下では滅多にしません
b0174337_22562582.jpg

シシバナはオスが多く生まれてメスはほとんど生まれないケースが多く、
繁殖可能なサイズのメスとなると市場に滅多に出回らないのですが、
今回はなんと産卵経験有りの即戦力フルアダルト!
b0174337_22563093.jpg

アダルトの貫禄と言わんばかりの落ち着きよう。
ですが餌の時間になると目の色変えて飛び付く元気さを持っているので、
初めてのシシバナでも安心して飼うことが出来るでしょう!
b0174337_22564315.jpg

大きな個体が苦手な方や小さい時から育てたいと言う方のために、
小さめの安心サイズ個体も在庫しております。
b0174337_22565033.jpg

お次は鮮やかな体色が目を惹くメキシカンミルクスネーク(Pr)です!
b0174337_22565743.jpg

学名はLampropeltis triangulum annulata
英名はMexican milk snake、
ミルクスネークは25亜種に分かれていて形態も重複し差異も僅かで、
分布域が分からないと同定することができない亜種もいるので、
最大全長を明言することは難しいのですが、
メキシカンは他の亜種に比べてそれほど大きくはなりません。

名前の由来はネズミを食べるために牛舎に侵入した所を、
牛乳目当てに侵入したと勘違いされたためミルクスネークになったとされています。
決して牛乳は飲みません!!(笑)

やはりなんといっても、黒、の見事なトリコロールが目にも鮮やかですよね。
b0174337_22572675.jpg

サンゴヘビのような毒々しい体色をしておりますが、
性格はシシバナを凌ぐほど穏やかで、
一度ハンドリングしてしまえばミルクヘビの虜になることうけあいです。
b0174337_22573335.jpg

そして当店の個体はオスが55センチメスが85センチという即戦力になりうるサイズです。
b0174337_22575778.jpg

オスはまるまるとしているのですが、メスの方が少しばかり細身です。
気になる方もいらっしゃるかと思いますが、
ピンクマウスのLを二匹ペロッと平らげ
まだ足りないと言いたげな雰囲気を醸し出すほど食欲旺盛なので、
必ずやガッチリ体型となって繁殖できるようになるでしょう。
b0174337_2258560.jpg

本日ご紹介したシシバナ、メキシカンミルクについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-09-05 22:59 | 新着情報