<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こんにちは、中村です。
以前当店でファンシーラットをペアで購入いただいたお客様がいらっしゃいました。
その方は自宅で繁殖に挑戦され、今となっては見事に大家族を作られました。
そのうち、うちのお店で出たことが無い毛色が生まれたらしく、
当店の種親候補として連れてきてくれました。
猫のロシアンブルーにそっくりなグレーの毛色と、
真っ白なアルビノの子と2匹います。
どちらの毛色も私は初めて見たので、とても驚きました。
これからますます品種改良を進めて可愛らしい毛色を作っていきたいと思っています。

さて、本日のピックアップはとっても可愛らしいリクガメたちです
b0174337_1793094.jpg

「これぞ!リクガメの季節到来!!」と言わんばかりにベビーたちが入荷しました。

今回は大人気の3種類長期ストックでグングン調子を上げてきたヒョウモンガメをご紹介します。

まずはギリシャリクガメです。
b0174337_1794176.jpg

3匹いますが、それぞれ甲羅の発色の明るさが違いますのでお好みで選べます
b0174337_1795731.jpg

少し成長した安心サイズですので、初めての方にもオススメできます。
b0174337_1794641.jpg

ギリシャと言えば、この白っぽい顔色が可愛らしく
大きくなってもふんわりとした雰囲気ですのでペットとしての人気が高いです。

ヒガシヘルマンリクガメ
b0174337_1710761.jpg

毎回すぐに新しい飼い主さんが決まってしまう人気種です
大きくなると外での飼育も可能で、冬眠だってできちゃいます
b0174337_17101723.jpg

なので、お庭でペアを飼育している方が多く、
毎年卵を産んでくれたりするので、とても飼育が楽しいです。
b0174337_17102627.jpg

今回も絶好調な子たちばかりなので、よく動き回っています
b0174337_17103549.jpg

やはりこのヤシガラに潜る仕草はいつみても可愛過ぎます。

よくギリシャとヘルマンの区別がつきにくいとお客さんから言われますが、
確かにこの2匹、甲羅の模様が似ています。
b0174337_17104434.jpg

ちなみにその見分け方の一つとして、
ギリシャには後ろ脚の付け根に大きな鱗があります
b0174337_1710542.jpg

大きくなるともっとはっきりと出てきますが、
ベビーのうちでも言われてみればよく分かる範囲ではあります。

こういったちょっとしたポイントを押さえておくと、
カメを観察する目線が少し変わったりするので面白いですよ。

ホルスフィールドリクガメ
b0174337_171123.jpg

ロシアリクガメとも呼ばれており、ポピュラーなリクガメです。
寒さにとても強く、日本の冬でも普通に冬眠できます
b0174337_17111254.jpg

穴を掘るのが得意なので、外で飼育する場合は脱走に気を付けてくださいね。
値段が安価な上、4匹とも餌食い絶好調なので、
初めて飼育に挑戦する方にもオススメです。
b0174337_17112215.jpg

甲羅の発色がそれぞれ違いますので、見ているだけで面白いですよ。

ヒョウモンガメ
b0174337_17113164.jpg

長期ストックのこの個体。
私が愛情込めて立ち上げました。
b0174337_1711386.jpg

最初はトマトや葉野菜しか食べなかったこの子が、
今となってはMazuriのリクガメフードを食べるようにまでなりました
b0174337_17114594.jpg

ご飯の時間になるとそわそわしだすほど元気いっぱいなので
広い場所で伸び伸びと飼育し、大きく成長させてあげてください。

最後に新商品をご紹介します
b0174337_17115531.jpg

ビバリア ハイパーサン 80w・100w
このライト、とっても優れものなのです。
なぜなら、これが普通のライトで撮影した写真で、
b0174337_17121524.jpg

次がこのハイパーサンで撮影した写真です。
b0174337_17122211.jpg

見比べて頂ければお分かりだと思いますが、ライトの色が違います
普通のライトは黄色っぽい光を放ちますが、
実際、色温度で太陽に近い光の色は白だと言われています
b0174337_17123083.jpg

なのでこのライトなら太陽の光をほぼ再現できるのです。
今まで、保温用のライトと紫外線用のライトと2つ取り付けていたものが、
この一つで済むので便利です
ぜひ一度試してみて下さいね。

本日ご紹介したリクガメについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-30 17:16 | 新着情報
こんにちは、中村です。
先日、常連のお客さんといろんな生き物の飼育環境について話していました。
例えば同じリクガメでも種類が違えば、適切な温度や湿度は変わってきます。
それをどうやって再現し、保ち続ければ良いのかを一緒に考えていました。
やはり生体にとって一番良い環境とは、
棲んでいたであろう現地を再現することだと思うのですが、
それを実現するのはなかなか難しいということに気付かされました。
なので、こういった話をするのがとても楽しく勉強になります。

最近の私はこの個体がどんな空気を吸って暮らしていたのかなぁとか、
そういうことを考えるようになってきました。
考えれば考えるほど、現地を覗いてみたくなってしまいます。

さて、本日のピックアップはヒョウモントカゲモドキです。
b0174337_18254837.jpg

なんだかんだレオパをご紹介するのは久しぶりなのですが、
常に新入荷が続いており
模様替えをした店内でも一際目立つのが拡大されたレオパコーナーです。

個人的にもオススメなヤモリで、その仕草や表情にとても癒されます。
レオパは多彩な表情を持っていると思います
その顔を見ているだけで今何を思っているのか伝わってきそうな気が私はします。

人がケースの前に近付くと、
今まで寝ていたのにスクッと立ち上がり寄って来たりもします。
人間からご飯をもらっているという認識があるのでしょう。
体は小さいのに賢いヤモリなのですね

ここからは個体別にご紹介します。
まず最初にハイポタンジェリンです。
b0174337_1826316.jpg

この個体、オレンジがとても強く発色しており極美ではないでしょうか。
b0174337_1826199.jpg

当店に入荷した時はベビーサイズでしたが、成長と共に色味が濃くなってきました
b0174337_18261284.jpg

これからまだまだ大きくなりますので、
究極の個体に仕上げてみてはいかがでしょう。

ハイポタンジェリン(♀)
b0174337_18263350.jpg

ムチムチしたこの体格を見れば、一目でどれだけ可愛がられていたかが分かりますね。
前の飼い主さんが愛情込めて育て上げた一匹です。
b0174337_18264334.jpg

その雰囲気はまるで箱入り娘のような感じがします。
顔も丸々としていて、とてもおっとりとした性格です。
b0174337_1826548.jpg

こんなに立派な体格をしたメスはなかなか貴重ではないでしょうか。

スーパーハイポタンジェリン(♀)
b0174337_18271122.jpg

黄色が濃いこの個体は、女の子にしては少し厳つい雰囲気ですが、
このシュッとした目付きが魅力的です。
b0174337_18272122.jpg

後ろ足が特に黄色が濃く発色していたり、
瞼にもきちんと色が入っている所など、美人要素がたっぷりあります
b0174337_18273184.jpg

リューシスティック(Pr)
b0174337_19131444.jpg

フルアダルトサイズがペアで揃いました。
色味もそっくりな2匹ですので、ここから採れる子供は楽しみですね。
b0174337_19132393.jpg

特にメス個体は頭部までしっかりと黄色が濃く発色していますので、美個体です
b0174337_19133089.jpg

写真を撮る際に少しだけ同じ容器にいれただけで、
相性が良いのか、すぐに交尾をしようとしました。

相性抜群なのでどんどん卵を取ってみてはいかがでしょうか
b0174337_19133976.jpg

オスが脱皮前なため、後日綺麗になった姿を2ショットで載せますね。

エクストリームエメリン×エメリン
b0174337_19115515.jpg

お客様が繁殖された個体で、状態もとても良いです。
b0174337_19124770.jpg

当店はアダルトサイズが多く在庫していますが、
実はこういったまだまだ育てがいのある子もたくさんいますので、
気になる方はぜひ一度足を運んで下さいね。

b0174337_1913482.jpg

レオパはとても愛嬌のあるヤモリで、その動きや寝顔に何度も癒されます。
一家に一匹レオパがいても良いのではないかと思ってしまうほど、
オススメで飼育もしやすく、ちゃんと人に慣れてくれます。
店内にはまだまだご紹介しきれていない子たちがたくさんいますので、
気になる品種などございましたらお気軽にお問い合わせください

本日ご紹介したヒョウモントカゲモドキについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-27 19:14 | 新着情報
こんにちは、中村です。
昨日は仕事が休みでしたので、自宅のカメの世話に時間を費やしていました。
最近日差しが強くなり、私たち人間は日焼け対策をしなければいけませんが、
カメたちにとっては浴びたくてたまらい紫外線なのです。
水換えをしている間、ベランダで日光浴をさせていると、
とても気持ち良さそうに、どの子も手足を思う存分伸ばし、
リラックスした表情を見せてくれました。
そんなカメたちをぼーっと眺めながら、
冷たい飲み物を飲んで私はとても癒されました。

これから日差しはどんどん強くなります。
日光浴させる際には、十分ご注意くださいね!
直射日光を浴び過ぎると熱中症になってしまいますので。

さて、本日ご紹介する生体はフクロモモンガです。
b0174337_1915382.jpg

この子は当店生まれではありませんが、
毎日スキンシップを行い、だいぶ人に馴れてきました
b0174337_19155346.jpg

常連のお客さんからも可愛がっていただき、
今では誰に撫でられても平気なくらいになりました
b0174337_1916976.jpg

まだまだ歳も若く、一才くらいなので、
これから飼い主にちゃんと懐いてくれる要素はたっぷりあります

そしてこの子は男の子なので頭の上の臭腺がだいぶ目立ってきました。
b0174337_1916206.jpg

この頭の臭腺はオスのモモンガにとってなくてはならない物なのです
群れで暮らすフクロモモンガはお互いの認識を匂いで行います。
同じ匂いなら仲間、違う匂いなら敵とみなすのです。
b0174337_19164856.jpg

なので将来この子が家族を作る際に、
この臭腺から匂いを出し、家族みんなを守ろうとするのです。
b0174337_19173546.jpg

人に馴れると自分の匂いをこすり付けてきたりしますが、
これも一種の愛情表現なので、なんだか愛おしく思いますよ。
b0174337_1917215.jpg

ただ、発情期にはこの匂いが強くなるかもしれませんので、
気になる方はペット用の消臭剤を使用するなど、
対策方法はたくさんありますのでご相談くださいね
b0174337_19171296.jpg

当店に来てから1ヶ月以上が立ちますが、
最初は袋から出す時にびっくりして鳴いたりしていましたが、
今ではだいぶ落ち着いてきています
威嚇で鳴くことはあっても人に噛み付いたりはしませんので、
安心して触ることができます。
b0174337_1917036.jpg

甘えたいのに上手に甘えられないツンデレ君ですが、
一度手の中で落ち着いてしまえば、うとうと居眠りだってしてしまいます。
b0174337_19175456.jpg

もう少し人に馴れてからお客様にお渡ししたいと思っていますが
お問い合わせやご予約はお受けいたしますのでお気軽にご連絡ください。

本日ご紹介したフクロモモンガについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-25 19:19 | 新着情報
こんにちは、中村です。
先日、当店でフクロモモンガを購入いただいたお客様が、
エサを買うついでにモモンガを連れて来てくれました。

相変わらずの丸顔でとても可愛らしく、ベタ慣れな子に育っていました。
ベビーの間は私がミルクをあげて母親がわりをしていたので、
なんだか自分の知らないところで、
こんなにもスクスクと育ってくれていることが嬉しく感じました。
私のことを覚えていたのかは分かりませんが、
普通に手に飛び乗ってきてくれました。

威嚇もしないし、誰にでも慣れてくれると飼い主さんが言われていました。
やはりベタ慣れモモンガは可愛過ぎますね。

さて、本日のピックアップ生体はカエルです。
店内の模様替えをし、新設されたカエルコーナーが最近盛り上がってきました
b0174337_19343829.jpg

以前は店の片隅でひっそりと暮らしていたのですが、
今となってはお客様が見やすいポイントで飼育しています。
b0174337_19375622.jpg

どの子もお客様の飼い込み個体なので、状態も良いです

まずは、ベルツノガエルをご紹介します。
b0174337_19344719.jpg

カエル界の断トツ人気を誇っています
その理由として飼育のしやすさやがあげられると思います。
エサは人工飼料をはじめとしなんでも食べてくれますし、とても丈夫なカエルです。
b0174337_19345424.jpg

値段も安価なので、初めてカエルを飼育してみようという方にもお勧めです。

アマゾンツノガエル
b0174337_1935131.jpg

名前の通り、アマゾンに棲息しているツノガエルです。
b0174337_19353549.jpg

ツノガエルの名前の由来となっている目の上のツノが一番目立つのがこのアマゾンです。
b0174337_1935219.jpg

普通目の前に何かものが見えると飛び付いてくるのがツノガエルでは当たり前なのですが、
アマゾンは基本的に大人しい子が多く、特にこの個体はおっとりとしています

チャコガエル
b0174337_19354751.jpg

基本的に土の中で暮らす種類ですが、
この子は少し気難しい所があり、飼育環境がこのように水張りなのです。
b0174337_19355876.jpg

お客様の飼い込み個体なので、調子はとても良いですが、
飼育のポイントがいくつかありますので、
詳しくはお問い合わせください。
b0174337_1936659.jpg

最近ではめっきり入荷が少なくなってきましたので
気になっている方は今が買い時ではないでしょうか。

ミルキーフリーフロッグ(♂)
b0174337_19361728.jpg

南米に棲んでいるこのカエルは地域によって体色に個体差がありとても面白いです。
流通してるサイズはベビーが多いので、
ここまで大きく育った個体が出回ることは少ないのです
b0174337_19362567.jpg

高さのあるケースでレイアウトして飼育するのが楽しいでしょう。
エメラルドグリーンに輝くこのカエルは顔付きも可愛らしいので、
観賞用のペットとして向いていると思います。

ウルグルオオクサガエル
b0174337_19364216.jpg

大きな目が特徴的でツリーフロッグの中でも人気が高い方です。
b0174337_19365219.jpg

この手にチマッと乗っている感じが可愛らしく、
ウルウルとした大きな瞳で見つめられれば、
カエルがあまり得意でない私でさえも、思わずキュンとしてしまいました。
b0174337_19365923.jpg

コオロギを食べる姿も可愛らしく、見ていて飽きませんね。
b0174337_1937556.jpg


ムシクイオオクサガエル
b0174337_19371931.jpg

このカエルも大きな目が特徴的で、
ビックアイフリーフロッグとも呼ばれています。
b0174337_19372628.jpg

飼育の仕方はウルグルと同じで、こちらはウルグルに比べると少し大型になります
なので、どっしりとした手足が魅力的です。

最近カエルの可愛さに少しずつ気付かされてきた私。
手にピトッと止まる感じが癖になりそうです。
b0174337_19373831.jpg

観賞用としていろいろな方法で楽しめると思いますので、
ぜひ、飼育をはじめてみませんか。

本日ご紹介したカエルについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-23 21:04 | 新着情報
こんにちは、中村です。
最近、飼育しているニホンヤモリにコオロギをと買いに来られる方がとても増えました。
当店ではその子に合わせたコオロギのサイズ指定ができますので、
小さなニホンヤモリを飼育されている方にはご好評をいただいています。
やはり暖かくなったせいか、
あちらこちらでニホンヤモリが出てくるようになっていますよね。
捕まえて飼育してみようかなっと言う方は、ぜひ当店へお越しください。
エサのことはもちろん、飼育環境についても詳しくお話ししますので。

コオロギは毎週水曜日に入荷します。
サイズに拘りのある方は水曜を狙って来てくださいね!

さて、本日のピックアップ生体はコーンスネークです。
b0174337_17385870.jpg

各地イベントに出店する度、コーンの人気の高さを感じています。
誰でも気軽に触れ合うことができ、
飼育も比較的簡単なので、このヘビは初心者の方にもお勧めです。

そしてこのカラフルな色合いが、
ヘビのイメージを柔らかくしてくれているのだと思います
顔付きも可愛らしく頭が丸っこいので表情も優しく見えます。
b0174337_17421179.jpg

今日は新たに入荷した個体から、ストック個体まで
調子の良いコーンスネークをお届けします。

まずはノーマル(♂)です。
b0174337_17391064.jpg

写真を撮ろうと触ってみたら脱皮前だったようで、そっとしておきました。
最も野生個体の色味に近いのがこのノーマルです
今となっては品種改良が進み、
ノーマル色を見かけることが少なくなってきているのではないでしょうか。
この個体は全体的に綺麗な発色ですし
背中やお腹の辺りに出ているオレンジも魅力的ですよ。

値段もコーンの中では安価なので
初めてヘビを飼ってみようという方にお勧めです。

アメラニスティック(♂)
b0174337_17392685.jpg

コーンスネークのスタンダードなアルビノがこのアメラニスティックです。
この個体はホワイトが強く発色しています
b0174337_17393760.jpg

成長するにつれて、優しい色味になるでしょう。

アメラニスティック(♂)
b0174337_17394695.jpg

上の個体とは真逆のレッド系のアメラニです
成長してもこういう個体の色味は変わらず、全身が綺麗な赤に染められますよ。
b0174337_17395173.jpg

今や色のバリエーションも増えてきているアメラニ
個体差もそれぞれありますので、繁殖をするにしても楽しみですね。

スノーストライプ(♂)
b0174337_1740166.jpg

女性からの人気が高いスノー。
この個体はピンクの発色がとても綺麗です
コーンスネーク特有のブロッチ模様もストライプなのでありません。
b0174337_1740869.jpg

大きくなるにつれて、もっと可愛らしい発色になっていくでしょう。

バターモトレー(♂)
b0174337_17401869.jpg

全体的に模様がまとまっているので美しいです
側面のストライプが2色になっていて、そこが特に魅力的だと思います。
b0174337_17402628.jpg

尾に近い部分のブロッチが大きくはっきりとしているので、
成長するにつれてどんな模様になっていくのか楽しみですね

アボッツオケッティ(♀)
b0174337_17404288.jpg

元々オケッティという個体群が存在しており、
そのオケッティを長年に渡り品種改良したものが今こうして出回るようになりました
アボッツというのは品種改良をしたブリーダーさんの名前なのです。
すごいことですよね、
自分で繁殖させたヘビに自分の名前を付けられるということは。
b0174337_17405287.jpg

この個体は発色も濃く、綺麗ですしなにしろ性別がメスなので
繁殖にはもってこいではないでしょうか。

ラベンダーモトレー(♀)
b0174337_17405828.jpg

シックな色合いが素敵です。
上手に自分から手に巻き付いてきてくれるので、ハンドリングもしやすいです
b0174337_1741381.jpg

ラベンダーは性別により体色が変わってくると言われており、
メスの方が、成長するにつれて灰色っぽい色味になります
この個体はその通りと言わんばかりに、メスらしい綺麗な発色をしています

最後に新しく出版されたフォトガイドシリーズのコーンスネークを紹介します。
b0174337_17411455.jpg

大人気のこのフォトガイドシリーズ。
全ページカラーで写真もたくさん載っていますので、
初心者の方にもとても分かりやすい本だと思います

b0174337_17412216.jpg

今となっては品種も増えて何がなんだか分からなくなってきていた所に、
手助けをしてくれるかのような丁度良いタイミングで出版されましたね。
コーンスネークの専門書の数は少ないので、
是非とも欲しい一冊ではないでしょうか。

本日ご紹介したコーンスネークについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-20 17:46 | 新着情報
こんにちは、中村です。
先日、冷凍マウスが大量入荷しました。
品薄状態が続いたりと、ご迷惑をおかけしておりましたが、
全サイズ多数在庫を確保しました。

この前も待ってましたと言わんばかりに、
マウスをまとめ買いされる方がいらっしゃいました。
まとめて買うと単価が安くなるので丁度良いし、
これで当分は困らなさそうだと言われていました。

当店は全国どこへでも冷凍マウスを発送しますので、
お気軽にサイズなどお問い合わせくださいね。

さて、本日のピックアップ生体はアルビノアカミミガメのベビーです。
b0174337_16555738.jpg

キラキラと宝石のように輝いて見えるのは私だけでしょうか
アカミミガメの特徴である、耳の横の赤いラインもはっきりと発色しています
b0174337_165691.jpg

そしてお気付きの方も多いと思いますが、普通のアルビノとなんだか色味が違います
全体的に黄色が濃く、頭の色やくちばし、爪先にまで、
綺麗な黄色が染み込んでいるのです。
b0174337_1656217.jpg

椎甲板のキールもベッタリと塗られたような発色をしていて、
上から見るとその美しさにすぐに気が付きます
b0174337_16585318.jpg

頭の先から足の先まで全てが黄色で驚きますよ
なんだかずっと眺めていると目がチカチカしてくるほどの勢いがあります。
b0174337_1659517.jpg

個人的にアルビノ好きなので、今までもたくさんのアルビノのカメを目にしてきましたが、
ここまで黄色が強く発色しているアカミミガメは初めて見ました
b0174337_1711865.jpg

今後どのように成長していくのか楽しみですね。
b0174337_1713812.jpg

アルビノと言えば視力が悪いせいかエサを食べるのが少し下手くそなのですが、
この子たちは浮上性の配合飼料を入れると、
直ぐに匂いを嗅いで餌の位置を把握し、パクパクと食べ出します。

お客様の家で孵化したということもあり、
立派な成長線がメキメキと出て来ていますね
b0174337_16593766.jpg

狭い容器に映してから餌を与えるなど、
アルビノのカメに合わせた給餌の仕方もいろいろありますよ。
b0174337_16594927.jpg

現在、アカミミガメの規制が厳しくなってきていますので、
いつかは輸入ができなくなってしまうのかもしれません。
そんな中こういった色彩変異個体はとても人気が高く、
いる時に買っておかなければ後悔してしまうことになるかもしれませんね
b0174337_16592194.jpg

この子たちについてご紹介しきれていない部分がまだありますので、
気になる方はお電話でお問い合わせください

その際に店長より詳しくお話ししますので。

本日ご紹介したアルビノアカミミガメについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-18 17:04 | 新着情報
こんにちは、中村です。
模様替えをして約2週間が経ちました。
最初は新しい空間で、私たちスタッフもバタバタとしていましたが、
今ではだいぶ落ち着き、生体たちも悠々と過ごしています。
ご来店いただいたお客様からも、
「店内が広くなって生体が見やすくなったね」と言って頂いてます。
3日間程かけて店内改装した甲斐があったなと思っています。
最近では気温も上がってきているので爬虫類にとっては、
待ちに待った季節が到来していたといった感じでしょう。
お客様も店内の爬虫類たちも過ごしやすい空間作りに励んでいきたいと思います。

さて本日のピックアップ生体はファンシーラットです。
b0174337_2022395.jpg

残りわずかとなってきました
先日も当店にご来店いただいたお客様に、
可愛らしいハスキーの子をご購入いただきました。
その方はその子に一目惚れされたらしく、
「どの子よりも顔が可愛いかったので」と言われていました。
b0174337_20221688.jpg

人にもよく懐いてくれますし
実際に触れてみるとその大人しさにびっくりされる方が多いです。
b0174337_20235167.jpg

実は当店のスタッフ二人もその可愛さに魅了され、現在飼育しています
この大人しい性格を知ってしまうと、一匹くらい家にいてもいいのかなと思ってしまうほど
ダンボラットは可愛らしいのです。
b0174337_20222660.jpg

そして最近、私がラットを観察していて気付いたことがあります。
それは男の子より女の子のほうが、仲間意識が強いということです
ケース内の糞拾いをしていたら、
見知らぬピンセットや糞を入れるケースが入って来るだけで、
女の子たちは隅の方に固まり、なにやら話し合いをしているかのような仕草が見受けられます。
そして一斉にあっちに行けといっているような仕草をやりだします。
まるで自分たちとの壁を作るかのように床材のアスペンをこちらにかけてくるのです
b0174337_2022348.jpg

私は初めてこの行動を見た時、とても感動しました。
自分自身を守ると同時に見知らぬ者から一緒に暮らしている仲間も守ろうとしているのです
b0174337_20224239.jpg

特に体の大きい子が主体となり、この行動を繰り返します。
強い母性本能を感じることができ、
ラットはやはり頭が良いのだなと改めて思い知らされました
b0174337_20224928.jpg

不思議なことに男の子たちは一切そんな行動をとらないのです。
オスメスの違いとはいろいろな場面で表れるのですね。
b0174337_20225555.jpg

寄り添いながらみんなでお昼寝するのも、
互いに毛づくろいし合うのもメス同士によく見られる行動です。
b0174337_2023328.jpg

女の子のラットは愛情深いのでしょう。
なんだか思わずほっこりとしてしまう光景が私がラットを一押しするポイントなのです
b0174337_2023103.jpg

ペットとして人気を上げてきているファンシーラット
昔はヘビのエサとして扱われることが多かったのですが、
その裏では可愛らしいペットとして一定の人気を集めていました。
それが今となってはこうして大々的に出回ることが増え
各地のイベントでも、ご好評をいただいております
b0174337_20233566.jpg

気になる子がいたらぜひお早めにお問い合わせください。
個別に写真をお送りすることも可能です

本日ご紹介したファンシーラットについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-16 20:24 | 新着情報
こんにちは、中村です。
先日当店のフクロモモンガにと、常連のお客さんが手作りポーチを作ってくださりました。
b0174337_189724.jpg

とても完成度が高く、スタッフ一同感激しました!
モモンガ本人も最初はポーチをチラ見しながら気にしているだけでしたが、
その温かみが分かったのか、少し時間が経ち落ち着くとポーチの中で爆睡していました。
b0174337_1891772.jpg

こんな感じで顔だけ出してこちらの様子を伺って来たりもします。
可愛らしい仕草をたくさん見ることができるようになりました。
こういったお気遣いがとても嬉しく思い、
有難い気持ちでいっぱいになりました。

さて本日のピックアップはヨチヨチ歩きのリクガメたちです
b0174337_18114815.jpg

もう夏がすぐそこまで来ているかのような暑さが続いていますね。
そしてこの梅雨の時季。
じめっとした空気の中、人間にとっては嫌な天気なのですが、
実はこの湿度がたまらなく好きなのがリクガメたちなのです
多湿と言われるインドホシガメやアカアシガメなどにはぴったりの環境ですね。
なんだか嬉しそうにケース内を走り回ったり、
食欲もグングンと上がってきています。

今回はフードをモリモリ食べてくれる元気な子たちを種類別に紹介していきます

まずは安心サイズのインドホシガメです。
b0174337_1892854.jpg

2匹ともお客様の飼い込み個体なので、
当店に入荷した時からMazuriのリクガメフードを食べてくれました
b0174337_1893524.jpg

海外からの輸入直後の個体とは比べ物にならないほど状態が上がっています。
b0174337_1894682.jpg

甲羅もツルンと綺麗に成長していますので
これからの成長過程をもっと楽しめるのではないでしょうか。
b0174337_1895458.jpg

色味が異なる2匹ですので、お好みで選んで下さいね

アカアシガメ(チェリーヘッド)
b0174337_1810414.jpg

見て下さい!この成長線!
グンっと伸びてきている真っ最中です。
よく食べよく寝て、当店に入荷した時よりも大きく逞しくなりました
b0174337_18101233.jpg

成長するにつれて縁甲板の黄色がもっと鮮やかになりますし、
頭の赤も濃くなっていくと思います
b0174337_18102469.jpg

アカアシガメの中でもチェリーヘッドは最大サイズが小さ目なので、
将来も安心して室内飼いができますよ。

ギリシャリクガメ(国内CB)
b0174337_18103640.jpg

ケースの中を元気いっぱいに走りまわるこの2匹
特に小さい子の方が怖いものしらずといった感じで、何処までも突き進んでいきます。
b0174337_1810567.jpg

この2匹も、もちろんリクガメフードを爆食しています
b0174337_18104467.jpg

さすが国内CBという感じですね。
甲羅も綺麗に成長してきていますし、
白っぽい色味が今後どんな発色をしていくのか楽しみですね。

ナミビアヒョウモンガメ
b0174337_1811562.jpg

ヒョウモンガメの基亜種であるこのナミビア
流通の多くはバブコックで、最近ではめっきり入荷の数が減ってきています
b0174337_18111153.jpg

ナミビアはバブコックに比べると少し大型になると言われており、
その甲羅の模様や形から根強い人気を持っています
b0174337_18111613.jpg

この個体は全体的に色味が明るく、オレンジが綺麗に発色しています。
ベビーから飼い込まれていますので状態はとても良いです
ぜひ、立派に大きく育て上げてください。

これからの季節、外に出して日光浴をするのも良し
散歩に連れていくのも良し、とリクガメを飼育しやすくなってきます。
リクガメは人にもよく慣れやすく、
ベタ慣れになると後を追って走ってきたりしますよ。

本日ご紹介したリクガメについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-13 18:14 | 新着情報
こんにちは、中村です。
6月の頭に行われた九州レプタイルフェスタは大盛り上がりで幕を閉じ、
一息ついた所で先週、店内の模様替えをしました

ご来店いただいたことのあるお客様はお分かりだと思いますが、
当店の生体数はまさに数え切れないほど
なのでその生体たちを店の外に出すだけでも大掛かりな作業で、
次の日は筋肉痛が激しかったです(笑)
そんな生体たちをお客様にもっとより良く見て頂きたいと思い、
今回の店内改装が始まったのです。

そしてここからは特別に完成した店内風景を少しだけお見せしますね☆
まずは入り口から。
b0174337_11362112.jpg

以前はミズカメの仕切り水槽がズラリと並んでいましたが、
今では開放的なスペースが生まれました
b0174337_1136285.jpg

このスペースを有効に活用し、
ご来店いただいたお客様とたくさんお話ができたら良いなと思っています。

まだ最終的な水槽の設置ができていない部分もありますので、
ここから少し変わったりもするかもしれませんが、お楽しみにしていてくださいね。

当店の看板亀の大きなボルネオカワガメと超レアなカクレガメが皆様をお出迎えします☆
b0174337_11363754.jpg

ご飯欲しさに人影を追ってどこまでも泳いできますよ
b0174337_11364288.jpg

最後に今回私が皆様に注目していただきたいのが、新設されたラットコーナーです
可愛いラットたちの仕草があらゆる角度から見えるようになっています。
やはりガラスのケースで飼育すると見栄えが良いですね。
b0174337_11365517.jpg

カメ屋なのにラットが90センチのラックを独占してしまうという、大革命が起こりました
私からしてみればとっても嬉しい出来事です。
ちなみに、九レプでも大人気だった当店のファンシーラット。
その大人しさにびっくりされる方がとても多かったです。
たくさんの方々に触れ合っていただきラットたちも嬉しそうでした♪

まだまだ進化をし続ける当店にぜひ足を運んで下さいね☆
ここでは紹介しきれていない新設コーナーもたくさんありますし、
ミズガメマニアの方にはたまらない空間もご用意しておりますので
b0174337_1137644.jpg

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-06-12 11:38 | 新着情報