<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

こんにちは、中村です。
今日は今週末に迫った九州レプタイルフェスタのご案内です☆
b0174337_2053530.jpg

6月1日のこの日を楽しみにされていらっしゃる方も多いと思います。
みんなでワイワイ楽しく過ごせるイベントと言えば九レプではないでしょうか。
私は九州出身なので個人的に九レプが大好きです♪
毎回参加する度に人の温かみが物凄く伝わってきます。

さて、当店も本日より生体パッキングの準備を開始しています
b0174337_20532920.jpg

今回もたくさんの生体を連れて参加しますので、
ぜひブースに立ち寄ってくださいね。
b0174337_2054338.jpg

今回のイチオシ生体はヘビです
うちのお店はカメと言うイメージが強いかもしれませんが、
実はめちゃくちゃ集まっています、こういう子たちが
b0174337_2053483.jpg

即戦力のボールパイソンから可愛らしいコーンスネークなどなど
ボールは品種のクオリティがとても高く
繁殖にもってこいの個体がたくさんいますので、楽しみにしていてください!!
また当店が販売するヘビたちは、
どの子も飼い込み個体になりますので、状態がとても良いです
ピンセットから餌を食べることは当たり前ですし、餌への反応も抜群です。
なので初めて飼育される方にもお勧めです。

また生体のリクエストなどありましたら、お早めにお問い合わせ下さいね♪
b0174337_20543420.jpg

みなさまのご来場心よりお待ちしております

本日ご紹介した九レプについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-29 20:55 | 新着情報
こんにちは、中村です。
以前当店でインドホシガメを購入いただいたお客さんが、
久しぶりに遊びに来てくれました。
その方は元々オスを飼育されていて、お嫁さんを探しに来られたのですが、
一目惚れしたまだ性別が分からないベビーを最終的に選ばれました。
今のところ尻尾がそんなに大きくなってきていないとのことでしたので、
このまま順調に女の子になっていってくれたらよいなと願っています。
「カメの仕草が可愛いので、毎日癒されます」と言われており、
その飼い主さんの表情を見ているだけで、
私もなんだか幸せな気持ちになりました。
やはり、爬虫類は長生きする生き物なので、
最初にフィーリングで決めてもらうのが一番良いのかなと思います。

さて、本日ご紹介する生体は個性豊かなヤモリたちです!
b0174337_18574414.jpg

手の平にチョコンっと乗るサイズから収まり切れないサイズまで
それぞれ個体別にご紹介していきます。

まず最初にクレステッドゲッコーです。
b0174337_18535695.jpg

クレスはヤモリの中でもやはり大人気な種類ではないでしょうか。
その飼育のしやすさや、気軽に触れ合うことができるという、
ペットとしての良いポイントをいくつも持っています

ノーマル(♀)
b0174337_1854480.jpg

性格がおっとりしているこの子
撮影中も一回も飛んでいったりしませんでした。
b0174337_18541112.jpg

甘いゼリー類が大好きで、顔付きも可愛らしい女の子。
クレスはメスの数が少ないので、見つけた時におさえておくべきでしょう。
尾が切れてしまっていますが、今ではスッキリ綺麗に再生しています

クラシック(♂)
b0174337_18542287.jpg

まだクレスが出回り始めたばかりの頃、
この系統の色味を綺麗だと言っていましたよね。
見ているだけでなんだか懐かしい香りがしてきて癒されます
b0174337_18543955.jpg

頭の色は鮮やかなオレンジで、よく見ると小さな黒の点が出ています。
フロッピーテールですが、餌食いは良好ですし
これから高さのある広いケースで飼育してあげれば、何の問題もないと思います

次にガーゴイルゲッコーです。
クレスに続き人気の高いこのツノミカドヤモリ。
その由来としてよく見ると頭に小さな角が2本生えています。
b0174337_18544937.jpg

クレスとはまた違った雰囲気で、
鼻先がシュっとしていてこの体の小ささで完成された顔の形が、
なんだかカッコよく思います


レッドマーブル(♂)
b0174337_18545892.jpg

この子は本当に目の色が澄んでいて美しいです
コオロギを食べる時はゆっくり狙ってピンセットから食べてくれます。
b0174337_1855726.jpg

このマーブルに入っている赤や黒の模様が、
場所によって濃くなったり薄くなったりするのが、
見ていて面白く思うポイントですね


レッドストライプ
b0174337_18551527.jpg

最近入荷したばかりなので、徐々に環境にも慣らしながら状態を上げています
b0174337_18552533.jpg

首から背中にかけて真っ直ぐなストライプ模様が入っています。
なのですっきりとした印象を受けますね。

最後にニューカレドニアジャイアントゲッコーを紹介します。
ツギオミカドヤモリ(♂)
b0174337_18553833.jpg

背中の花びら模様が美しいこの個体
くっきりと浮かび上がってきているピンクの花びらは、
なんだか暖かい春の季節を思わせてくれますね。
b0174337_18561686.jpg

そんな優しい雰囲気を持っていますが、このサイズ感は迫力満点です
手の平からこぼれ落ちてしまうほど、巨大化しています。
目の周りが濃い黄色で囲まれていて、
鼻先や顎の下も薄く色付いてきています。
b0174337_18563668.jpg

これからどのような色を乗せていくのか楽しみに思います

ツギオミカドヤモリ(Pr)
b0174337_18564461.jpg

世界最大のヤモリと言えば、このジャイアントゲッコーですよね
ニューカレドニアの生息地域で最大サイズが変わってくると言われています。
b0174337_18565530.jpg

そしてこの2匹はモロ島という島に棲んでいる種類
モロはヘンケリーの中で一番大きくなると言われており
ますます成長に期待がかかるこの2匹。
b0174337_1858153.jpg

その特徴としては、背中に黒の線状の模様が入ることだそうです。
b0174337_1857319.jpg

濃い薄いはありますがブラックの線が出ています。
ヘンケリーはグランテラより最大サイズが小さいと言われていますが、
このモロ島に棲む種類だけはグランテラを超える大きさになると言われています
b0174337_18571684.jpg

なんだかワクワクしてきますね♪
ぜひビッグなサイズに育て上げてください!
b0174337_18572453.jpg

今日はハンドリングも楽々こなすことができるヤモリたちをご紹介しましたが、
その色味や大きさも種類で全く異なりますので、
自分の好みにあった子を選び出してくださいね

本日ご紹介したラコダクティルスについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-25 19:14 | 新着情報
こんにちは、中村です。
さて、本日のピックアップはカエルです。
徐々にですが、在庫数がまたしても増えてきました
b0174337_19492751.jpg

私自身もだいぶカエルに慣れてきて、
前のようには拒否反応を示さなくなりました!(笑)

最近ではカエル好きのお客さんもよく来られるようになり、
昨日もカエル好きな方が当店に来られて、
アカメアマガエルに一目惚れされ、購入いただきました。
当店はカメのお店というイメージが強いと思いますが、
中にはよく見ると、いろんな種類の生き物たちが暮らしていますので、
気になる生体などいましたらお気軽にお問い合わせください。

まずはアフリカウシガエルです。
b0174337_19443975.jpg

ベビーサイズで入荷した子が、ご覧通りこんなに大きくなりました
b0174337_19445168.jpg

餌は練り餌、乾燥コオロギなどなど、なんでも食べてくれます
なので、成長が早くあっという間に大きくなってくれると思います。
色味もベビーの時に比べると少しずつ明るくなってきたような気がします
b0174337_1945020.jpg

オスメスどっちになるのか楽しみながら育ててみてはいかがでしょうか。

クランウェルツノガエル(アルビノ)
b0174337_1945812.jpg

飼い込み個体で状態がとても良いです
体全体の蛍光色が眩しいほどに輝いています。
思わず目がチカチカしてしまいそうですね。
b0174337_1945199.jpg

足にはしっかりとボーダーの模様が入っていて
カラフルな靴下を履いているように見えます。
b0174337_1945266.jpg

このアヒル口も可愛らしく、体の色に合っていますね☆

ファンタジーツノガエル(ブラジル×コロンビア)
b0174337_1945513.jpg

なんだかどっしりとした風格を持つこの子
なぜこんなにしっかりとした風格が出ているのかと言いますと、
飼い込み期間が長いからなのです
サイズもこれ以上は大きくならないと思いますので、
完成されたこの雰囲気を存分に味わってください。
b0174337_1946299.jpg

触った時にピュッと鳴いていたので、男の子で間違いないでしょう
体の色も鮮やかで、入り乱れた模様が上から見ると綺麗です。
b0174337_19461120.jpg

ムチムチとした肉付きからすれば、
状態が良いのがすぐに分かると思います。

バジェットガエル
b0174337_19462454.jpg

何とこのカエル、日本の環境で冬眠ができてしまうのです
低温にも強く、初心者の方にもオススメで丈夫なカエル。
しかも餌はミズガメ用のフードをパクパク食べてくれます。
素晴らしいことですね☆
b0174337_1947194.jpg

水から出して見てみると綺麗な斑点があちらこちらに散らばっています
瞼や鼻先が黄緑色でここまではっきり発色している個体は、
なかなか良いのではないでしょうか。
b0174337_19465496.jpg

このツルンとした美脚にも癒されますよ。

ここからは入荷したてのカエルたちをご紹介します。
前の飼い主さんが土で飼育されていたので、全体的に暗い色になっていますが、
水張り飼育に切り替えるとその色も自然と上がっていくでしょう。
3匹とも土飼いでしたので、足腰がしっかりとしていて逞しいです
b0174337_19482429.jpg

ジャンプ力も凄まじく、いったいどこまで飛んで行ってしまうのだと思うほど。

カーティンガ×ホオコケツノガエル
b0174337_1947371.jpg

小型種同士をかけているので、最大サイズはベルツノなどに比べると小さく、
そのサイズ感が魅力的な2匹だと思います。
b0174337_19474531.jpg

黄色が濃い子黄緑が濃い子とこの2匹の発色はそれぞれ違いますので、
お好みで選んで下さいね。
b0174337_19481476.jpg


チャコガエル
b0174337_19484368.jpg

土の中に潜っていることが多いこのカエル。
その見た目はとても可愛らしく、コロコロとした感じです
b0174337_19485250.jpg

どことなくアフリカウシガエルに似たような色味ではありますが、
最大サイズはとても小さく4~6センチほど。
b0174337_194901.jpg

いつまでたってもこのキュートな姿でこちらをガンミしてきますよ。

最後に新商品をご紹介します
b0174337_1949944.jpg

ツノガエル用のフードです
このフードは水に浸すだけでモチッとした柔らかい感触になり、
そのままピンセットで与えるだけという優れものです。
手を汚さずにカエルの餌やりができるのはこちらとしても助かりますよね。
一粒が結構ずっしりとしたサイズなので
アダルトから小さなサイズまで、どの子でも食べれると思います
ぜひお試しくださいね☆

本日ご紹介したカエルについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-23 19:53 | 新着情報
こんにちは、中村です。
最近私事ではありますが、メダカにはまっています。
高校生の時から好きで、家でもたくさん増やしていたのですが、
名古屋に就職することが決まったのでその時はすべて手放してしまいました。
ですが、メダカ病が再発し、完全にスイッチが入ってしまい、
もうすでに何種類か集めだしてしまっています。
品種改良が進んでいるメダカはとても美しく、
眺めているだけで私の癒しとなってくれています♪

この前もお客さんとメダカの話をしていたら、
若いのにめずらしいねっと言われました。
メダカを趣味としている方は結構年配の方が多いらしく少し不思議がられました。
私はミズガメといい、メダカといい、
渋いねぇと言われてしまう趣味がどうやら多いようです。

さて、本日のピックアップはファンシーラットです。
b0174337_18531716.jpg

たくさんの注文をいただき、だいぶ数も減って来ています。
やはり、顔や模様の可愛い子からどんどん売れていってしまっていますし、
最近では性格を重視される方も増えています。
b0174337_18532885.jpg

元々、当店のラットたちはみんな性格が良く、人に噛み付いたりすることもありません
集団で暮らしているので、相手とじゃれ合いながら加減を覚えて行っています。
なので、人にもよっぽどのことが無い限り噛み付いては来ませんし、
撫でてあげると落ち着いて寝だしたりするのです。
b0174337_18533524.jpg

そして、ラットは男の子の方がよく懐いてくれると言われていますが、
実は女の子もよく人に馴れてくれます
b0174337_18535321.jpg

どうしてオスの方が懐くと言われているかというと、
メスは妊娠や出産したりすると気が張り、ツンとした性格に成りやすいので、
妊娠、出産をしないオスの方が馴れてくれるということになります。
やはりメスは子育てをしなくてはという思いが強くなるので、
人間をあまり受け付けなくなってしまうのですが、
出産を経験させなければ、オス同様可愛がることができます

結局、小さいうちからきちんと愛情持って人間が育てて上げると、
その分ラットもこちらに気を許してくれるようになるのです

なので、単独でペットとして飼育されるのなら、
オスメス関係なく顔や模様で選んで頂いた方が良いのかなと思います
b0174337_1854320.jpg

そして女の子の方が、互いに毛づくろいをしあうことが多いです。
これを母性本能と言うのでしょうか。
うとうとしている子がいたら隣りに寄り添い、
優しく毛づくろいをしてあげているのです
b0174337_18554253.jpg

そういう光景をみるとはやりメスのほうが愛情深いのかなと思います。

この前のブログでスキニ―ラットを一匹限定で販売しましたが、
直ぐに売約がかかりました。
今日はスキニ―ではありませんが、
全身の毛がチリチリになっている可愛らしい女の子を一匹限定で販売します
b0174337_1854153.jpg

しっかりと模様が入っている毛色なのに、
その毛は短く、チリチリと丸まっています。
なので触った感覚が綿のようにふわふわです
b0174337_18542293.jpg

私が一押しするポイントはこのお腹の毛
b0174337_18542834.jpg

まるでぬいぐるみのような毛並が触れ合っていて気持ち良いです。
b0174337_18544051.jpg

薄っすらと透けている地肌、ヒゲ先がクルンっと丸まっている所、
文句なしの可愛さです☆

最後にご紹介するのは当店生まれの子ではありませんが、
とっても懐いていて大人しいハスキーラットたちです
b0174337_18544934.jpg

男の子2匹、女の子2匹います。
b0174337_18545576.jpg

私はダンボを見慣れているので、
最初は耳の位置が違う普通のラットに少し戸惑いましたが、
今ではこれはこれで可愛いのかなっと思っています
b0174337_185519.jpg

手の平に乗せるとどの子もものすごく大人しくしています。
b0174337_1855629.jpg

ダンボに比べると結構お値打ちな価格です
気軽にお問い合わせください。

本日ご紹介したファンシーラットについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-21 18:58 | 新着情報
こんにちは、中村です。
当店にご来店いただいたお客様から、
「ネズミが増えてる!!」とよく言われるようになりました。
確かに、昔は存在しなかった大きなケースの中に、
ご飯ちょうだい!とアピールを猛烈にしてくるラットがズラリ。
b0174337_19594875.jpg

ご覧の通り、通気口から外の臭いを一列に並んで必死に嗅いでいます。
初めてみるお客さんは「何これかわいい♪」と、喜んでくださりますが、
常連の方からは「また増えてるやん!」と突っ込まれてしまいます。

そんな感じで店内を賑わせてくれているファンシーラットたちですが、
毎日一匹以上はお客さんの下へ巣立っていっています。
現在もたくさんのお問い合わせをいただいており、
本当に有難いなと思っています。
なので、少しでも興味のある方はどうぞお早めにお問い合わせください。

さて、本日ご紹介する生体はシナワニトカゲとベーコンミズトカゲです。
種類は違いますがこの2匹、飼い方はとても似ています
水を浅目にはり陸場をいれるだけで飼育ができてしまいます。
また泳ぐ姿を見たいという方には水深を深くして飼うことをお勧めします。

どの子もコオロギをケースの中に入れた途端、
走って寄ってくるほど、状態も絶好調です

最初にシナワニトカゲを個体別にご紹介します。
まずはまだまだあどけないSサイズのこの子から。
b0174337_2001033.jpg

これからどんな発色になっていくのか楽しみに思うこの個体。
b0174337_2003418.jpg

お腹の辺りには黄色の模様がはっきりと出てきており、
よく見ると鼻先にまで鮮やかなイエローが乗ってきています
b0174337_2002352.jpg

マイペースなこの子は、餌の時間も一切慌てることなく、
自分のペースで食べ進めていくようなおっとり屋さん
サイズも小さいので、とっても可愛く思います。

シナワニトカゲ(Mサイズ)
b0174337_2004476.jpg

Sサイズの子とはまた違った雰囲気を持つこの子。
b0174337_202981.jpg

お腹の模様はカラフルな発色をしています
b0174337_2005258.jpg

赤や黄色の濃い色が出ていますので、
成長するにつれてもっともっと美しさを増していってくれるでしょう

シナワニトカゲ(国内CB・♂)
b0174337_2021956.jpg

おっとりとした性格のこの子はハンドリングも楽々こなすことができます
手の上でもぼーっとしており、その性格が表情にも出ていると思います。
b0174337_2022751.jpg

とっても優しい目をしていますね
b0174337_2023356.jpg

瞳の縁が金色に彩られていて輝かしいオーラを放っています。

最後にスラウェシクロコダイルスキンクを紹介します。
b0174337_202461.jpg

このトカゲ、インドネシアのスラウェシ島という島に分布しており
私が大好きなシロアゴヤマガメと同じ島に住んでいるのです。
なんだかそれだけでこのトカゲを好きになってしまいそうな勢いです(笑)
b0174337_202546.jpg

最近徐々に人気を上げてきているこのベーコンミズトカゲ
飼育もしやすく比較的大人しいので、ご覧の通りハンドリングも出来ます。
b0174337_203264.jpg

最大サイズもシナワニに比べると小さく、全長25センチ程と言われています。
なので、レイアウトした60センチ水槽で飼育するのがベストではないでしょうか

シナワニのように派手な発色ではありませんが、
私はこの落ち着いた雰囲気を持っている体色が好きです
b0174337_203107.jpg

クリクリとしたお目目が可愛らしく、
エサの時間になると寄ってくるほど懐いてくれますよ。
大きくなるにつれてもっとお腹の模様もはっきりと出てくると思いますので
今後の成長が楽しみですね♪

今日は気軽に触れるミズトカゲたちをご紹介しましたが、
こういう種類は眺めるのも良し触れ合うのも良しと
たくさんの魅力を持ち、私たちの心を癒してくれます。
b0174337_2032312.jpg

広い水槽をスイスイ泳ぐ姿や、陸場に上がりぼーっとくつろいでいる姿。
いろいろな表情を見せてくれますので、飼育していて飽きがきません。
ぜひ、この機会にミズトカゲ用の水槽を一本立ち上げてみてはいかがでしょうか

本日ご紹介したシナワニトカゲ・ベーコンミズトカゲについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-18 20:07 | 新着情報
こんにちは、中村です。
少し前にムカデに噛まれたことをブログでお話しましたが、
その記事を読んでいただいたお客さんから、
大丈夫でしたか?とたくさんお声をかけてもらい、有難いなと思いました。
駆除の仕方や、手当の仕方などもいろいろ教えていただいたので、
またムカデに遭遇しても慌てずにしっかり退治することができそうです。
ですが一番は出会わないのが良いのでしょうが。

こうしてお客さんから私が今まで知らなかったことを、
たくさん教えてもらいながら、
日々成長していけるこの環境が、幸せだなと思っています。

さて、本日のピックアップはニシキダイヤモンドガメです。
b0174337_14112634.jpg

当店に入荷してから約3週間が経ちました。
どの個体も初期状態が良かったので、
すぐに配合飼料をパクパク食べて元気に泳ぎ回っています。

昨年サイテスⅡ類に上がったダイヤモンドガメは、
原産国のアメリカからの入荷は困難なものとなってしまいました。
ですが、James Lee氏により、日本にサイテス付きのテラピンが、
輸入することができるようになりました。
本当に素晴らしいことですね。
そしてこちらがそのJames氏が出版した本。
その名もDiamondback Terrapins
b0174337_14132233.jpg

亜種別にたくさんの個体の写真が載っていたりと、見応えがとてもあります。
b0174337_14133025.jpg

こんな個体もいるのか!と驚かされるような内容になっていますので、
ぜひ一度手に取って見てはいかがでしょうか

ここからは個体別にご紹介していきます。
今回も私たちの期待を裏切ることなく、大変綺麗な個体が続々と届きました
A個体
b0174337_14113735.jpg

今回入荷した中では一番小さなサイズですが、
その食欲は他の子たちにも劣らないほど、よく食べてくれています
b0174337_14114549.jpg

顔のスポットは丁度良いバランスで全体に広がっていて、
ふんわりとしたイメージがあります。

B個体
b0174337_14115376.jpg

頭部のピンク色がしっかりと出ていて、成長が楽しみなこの子。
b0174337_17485282.jpg

この個体もスポットは少な目で、
小さくポツポツと目の周りに出ているのが印象的です。

C個体
b0174337_1412911.jpg

全体的に色味が濃く、スポットも大粒です
これだけしっかりとスポットが散らばっていると、メリハリのある顔立ちに見えますね。
b0174337_1412166.jpg

頭部の地色はピンクが強いので、どのような発色をしてくれるか今後楽しみですね。

D個体

b0174337_17464462.jpg

出ました!ホワイトヘッド!
この純白な白い顔はどの個体よりも強いオーラを放っています。
顔のスポットも少なくスッキリとした印象を受けますね
b0174337_14123038.jpg

真っ白の顔に大きな黒目がキラキラと輝いて見えます。

E個体
b0174337_14123763.jpg

とっても暴れん坊なこの子。
写真を撮る間中ずっとバタバタと手足を動かしていました
恐いものしらずと言った感じでしょうか。
b0174337_14124844.jpg

この子も顔の地色はピンクでスポットは下顎の辺りに集中しています

F個体
b0174337_14125646.jpg

今回の入荷の中で一番大きなサイズのこの子
流石と言わんばかりにエサを次から次へと食べていきます。
b0174337_1413492.jpg

顔のスポットはやや多めですが、スポットの大小のバランスがとても良いと思います

どの個体も肉付きが良く、これからの成長が楽しみですね。
b0174337_14143710.jpg

今回は全体的に見て、ピンクヘッドの個体が多いような気がします
個体差がとてもあるので、ご自分でお気に入りの個体を見つけてください。
b0174337_14131129.jpg

その子が成長と共に増して発するオーラを存分に味わってみてはいかがでしょうか。

本日ご紹介したニシキダイヤモンドガメについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-16 14:18 | 新着情報
こんにちは、中村です。
先日、当店でラットを購入頂いたお客さんがフードを買いに来られました。
メスを一匹飼育されていらっしゃるのですが、
まさかの出産というアクシデントが起こり一時はひやひやしていましたが、
無事に乗り越えていただいたようで、安心しました。
元気に育っている赤ちゃんラットたちの姿を写真で見せて頂き、
私も幸せな気持ちになりました。

ラットは生後半年も経たずに妊娠できることを、
この時知った私は驚くばかりでしたが、
妊娠してしまった子がとても優しい飼い主さんのところへ行ってくれて、
よかったなと心から思っています。

これからもみんなで幸せに暮らしていってほしいと思います。

さて、本日ご紹介する生体はマリトゲオアガマフトアゴヒゲトカゲです!

どちらもアガマ科というトカゲのグループに入っており、
ペットとしての人気が高いです
b0174337_1775821.jpg

特にこのトゲオアガマとフトアゴは性格も大人しい子が多く、
比較的触れ合いやすいトカゲです。

まず最初にマリトゲオアガマをピックアップします。
b0174337_1752689.jpg

バスキングスポットの下でじっと温まりながら、
その辺に落ちている葉っぱをむしゃむしゃと食べ続けているこの2匹。
b0174337_1755373.jpg

こんな顔をしているのですが、食性は草食でベジタリアンなのです
b0174337_176529.jpg

この子たちが一番好きな葉っぱはタンポポです。
一心不乱に食べ続ける姿は可愛らしいですよ
b0174337_1761278.jpg

アダルトサイズになった時、雌雄で体色が違うのも特徴です
この2匹はまだ小さいので性別がどっちになるのだろうと、
ワクワクしながら飼育することもできます。
b0174337_1753670.jpg

そもそもマリという名前は原産地のアフリカの地名です
ぜひ、この子たちにマリちゃんと名前を付けてみてはいかがでしょう。
ちなみに私はもうすでにマリちゃん1号、2号と呼んでいます。
b0174337_1762351.jpg


次はフトアゴヒゲトカゲです。
今日は元気いっぱいの2匹をご紹介します。
ホワイト系(♂)
b0174337_1763487.jpg

いつもケース越しに女の子を探しているこの子。
ボビングをして猛烈なアピールを繰り返します
b0174337_1764268.jpg

そのくだりが一通り終わると冷静さを取り戻し、
優雅にバスキングスポットのしたで体を温めての毎日を過ごしています。
b0174337_1764833.jpg

こんなにも活発で積極的な即戦力のこの子を、
ぜひ、お家のお婿さんとして迎えてみてはいかがでしょう
素晴らしい活躍をしてくれると思いますよ☆

トランスルーセント
b0174337_1771793.jpg

普段は物凄くおっとりしているこの子ですが、
ご飯を見つけるなり豹変したように猛アピールをしてきます
b0174337_1772452.jpg

こっちだよ!と言わんばかりに両手を上げて招くような動作をします。
そして念願のご飯がもらえると、
とってもおいしそうに食べてくれますよ。

トランスと言えばこの真っ黒なクリクリな目が特徴的ですよね。
この目に一目惚れしてしまう方も多いと思います。
b0174337_1773194.jpg

トランスはベビーから育てると結構手がかかりますので、
このくらい育っていると安心して飼育できますね。
手が掛かる理由として視力の悪さや、
成長の遅さなどがあげられます。
なので、しっかりとフードを食べるこの子はとても優秀でしょう

可愛らしいペットとして、いつも人気が高いこのトカゲたち
個体差もそれぞれありますので、どの子にしようと迷われる方も多いと思います。
ですがその度にその子とのフィーリングで決めていただき、
長く付き添う相棒として選んでみてはいかがでしょうか。
b0174337_1774213.jpg

こちらが愛情を持ってしっかり育てれば、
結構飼い主に忠実になってくれたりしますよ。

本日ご紹介したトカゲについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-14 17:14 | 新着情報
こんにちは、中村です。
先日、常連のお客さんが海外のお土産で、
カメグッズをたくさん買ってきてくれました。
ステッカーやノート、タオルなどなど、
カメが描かれたものが盛り沢山で思わず興奮してしまった私。
中でも一番興奮したのが、ニシキダイヤモンドガメのタオルです。
大きくイラストされたオルナータがめちゃくちゃかっこよくて、
一目見た瞬間に、「これ!私もらいます!!」
「いいよ、持って行きなぁ」と心優しいお客さん。
とっても幸せな気分になりました。
リアルに描かれているイラストのオルナータが今にも飛び出てきそうなタオル。
部屋に飾るか大切に保管しておくか迷い中です。

爬虫類のイベントの時に、肩に掛けてもかっこいいな、なんて思っています。
会場でド迫力のオルナータタオルを見つけたらきっとそれは私ですので、
このタオルいいですね、と声をかけて下さいね(笑)

さて、本日のピックアップはリクガメです。
b0174337_13571684.jpg

ベビーで可愛らしいサイズの種類と、立派に成長している種類をご紹介します。
まずはアカアシガメです。
b0174337_13572552.jpg

チェリーヘッドと呼ばれるこの子たちは、
その名の通り、頭の真っ赤な模様が大きくなるに連れて濃くなってきます
b0174337_1357315.jpg

手足もドットで模様が入っており、ド派手なカメとして人気な種類です。
甲羅は真っ黒でその縁が鮮やかな黄色でその色合いも素敵ですね。
b0174337_13573795.jpg

2匹とも元気に走りまわり、入荷直後に比べると成長線も順調に伸びて来ています
b0174337_13574437.jpg

チェリーヘッドはアカアシガメの中でもそんなに大きくなるタイプではないので、
初めての方でも飼いやすいと思います。

ヒガシヘルマンリクガメ
b0174337_1411880.jpg

2匹ともリクガメフードをよく食べ、スクスクと成長しています。
アカアシに負けじとこちらも立派な成長線が出て来ています
b0174337_1412619.jpg

甲羅も入荷直後に比べると自然と硬くなり、
健康そのものという感じがします。
b0174337_1413580.jpg

ヘルマンと言えば、よく床材に潜って寝てるのが好きなリクガメです。
頭隠して尻隠さずとはまさにこのこと
b0174337_1415242.jpg

そんな姿に癒されてみませんか。
b0174337_1415866.jpg

とても活発な2匹なのでご飯の時間になると、
競争しているかのように二人同時に走って向かってきます。
b0174337_14258.jpg

これからの成長が楽しみですね。

最後にケヅメリクガメです。
b0174337_1423628.jpg

久しぶりに入荷しましたよ!特大サイズのケヅメ君
お待ちの方もいらっしゃったのではないでしょうか。
b0174337_1424378.jpg

こちらは男の子で甲羅が少しボコついていますが、
そんなことも気にならないくらい走る速度がとても速く
外に出すと元気よくはしゃぎ出します。

こっちは女の子で、とても綺麗な顔立ちをしています
b0174337_1425550.jpg

真っ白なお顔や手足が可愛らしいですね。
甲羅もツルンと綺麗に成長しています。
b0174337_143388.jpg

ぜひ種親候補にいかがでしょうか。

リクガメを飼育するにあたり、紫外線や温湿度など、
たくさん気を付けなければいけないことがあります。
特に紫外線はカメが成長するために欠かせないものです
なので、これから暖かくなる季節、
外に出してお散歩させてみてはいかがでしょう
紫外線ライトよりも自然の太陽の紫外線を浴びた方がカメも喜びます。

気持ち良さそうに風を切りながら歩いていく姿を見ているだけで、
なんだか癒されてしまいますよ。

その辺に生えている野草を勝手に食べだしたりもしますが、
それもその子にとっては良い経験です。
b0174337_1431734.jpg

ぜひ、この暖かい季節の始まりに、
リクガメと一緒にお散歩ライフを送ってみてはいかがでしょうか。

本日ご紹介したリクガメについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-11 14:10 | 新着情報
こんにちは、中村です。
最近気づいたのですが、カメの性別と言うものは、
どっちになってほしいと思えば思うほど、
反対の方になってしまうものなのでしょうか。
以前お客さんにもそういうことを言われたことがあります。

うちのシロアゴの話になるのですが、
成長するに従ってなんだかメスのような雰囲気が出てきました。
甲羅もだいぶ大きくなり、手足も大きくガッシリとなってきています。
なのですが、尻尾は今一つ大きさも太さも変わっていないようで。
まだまだ育ててみなければ分からないものかもしれませんが、
最初にオスになってほしいと期待し過ぎたせいか、少しだけ残念なような気もします。
ですが、うまく飼育できていることにも意味があると思いますので、
これからもガンガン餌あげて可愛がっていきますよ!
性別がどっちであろうと、小さいうちから飼って自分が育てたので愛着が沸きますね。

いつか立派に成長した姿をみなさんにも見て頂きたいな、なんて思っています。

さて、本日のピックアップはモニターたちです。
b0174337_1830265.jpg

かっこいいというイメージで括られることが多いこのトカゲたち。
その性格も種類によってもそれぞれ違いますが
結局どの子も人には慣れてくれるように思います

私はモニターって可愛いなと思う瞬間があります。
それはエサの時間です。
口にくわえたコオロギを必死に振り回し、
器用に持ち替えて食べる姿がなんとも可愛らしく思います。
ペンギンが魚を丸呑みする姿によく似ています。

その見た目とのギャップについついやられてしまうのです
一瞬で丸呑みしそうな恐い顔付きの子も、
丁寧にコオロギを持ち替えスリスリしながら食べます。
そんな食事シーンは見ていて飽きないですね。

ここからは種類別にご紹介していきます

リッジテールモニター
b0174337_1830399.jpg

この個体、とても状態が良いです!
なんとMazuriのモンキーフードに餌付いています
もちろん虫も大好きなのですが、
やはりフードを食べてくれるという点は大きいと思います。
この先、ピンセットからはなんでも食べてくれるような勢いで慣れてくれていますよ。
b0174337_18304877.jpg

リッジテールはオーストラリア分布のトカゲです。
なので現地のリッジは輸入ができないのですが、
ヨーロッパなどからCB個体が最近はよく日本に入ってきます
b0174337_1830567.jpg

なにが魅力かといいますと、この触り心地です
比較的におとなしいモニターなので気軽に触れ合うことができます。
b0174337_1831127.jpg

個人的にこの体の色合いも好きで、私が今一押しするドワーフモニターです。

サバンナモニター
b0174337_18311054.jpg

ベビーサイズ安心サイズと2匹います。
b0174337_18312016.jpg

2匹とも餌食いバッチリです
ベビーはケースの蓋が開くと、走って駆け寄って来るほど慣れてくれています。
b0174337_1831284.jpg

エサを催促するときに両手をパタパタさせる仕草が可愛らしいです。

中くらいのこの子は少しビビりなところがありますが、
一度抱きかかえてしまえば大人しくしています
b0174337_18313885.jpg

サバンナは全長が1メートル近くになりますので、
これから育てていく上でベタ慣れに仕上げていきましょう。

エメラルドツリーモニター
b0174337_18314712.jpg

当店に来た時に脱皮不全を起こしていたこの2匹。
しっかりとトリートメントした上でお客様にお出ししたいと思い調整してきました。
b0174337_18322067.jpg

今では発色も良くなり、綺麗なツリーモニターになりました
b0174337_18315582.jpg

この2匹はとても相性の良いペアなので、よく引っ付いて寝ていたりします。
扉を開けても飛び出してきませんし、噛み付いてもきません
b0174337_1832358.jpg

流木をたくさん組み合わせたレイアウトケースで飼育してみたくなりますよね。

コバルトツリーモニター
b0174337_18323297.jpg

迫力満点のこのフルサイズ、見栄えがとてつもなく良いです。
b0174337_18324780.jpg

この個体も少し乾燥気味のところで飼育されていたのか、
脱皮がうまくいっていない箇所があります。
なので上のエメツリ同様、これから当店でトリートメントを行い、
バッチリの状態で皆様にお届けしたいと思っています


グールドモニター
b0174337_1833322.jpg

入荷したてのこの子ですが、お客様の飼い込み個体なのでハンドリング可能です
グールドと言えば黒と黄色の背中の模様がかっこいいですよね!
このシュっとした顔立ちに惹かれる方も多いのではないでしょうか。
スレンダーな体型で胸を張り、首を伸ばした時の姿勢に釘づけになります

こうやって皆様に紹介していくにつれ、
トカゲっていいなっと自分でも思うようになってきました。

普段はバスキングランプの下でぐーたら寝ていることが多いのですが、
人影を見つけると近寄ってきたり
エサくれアピールをするところなんかも可愛く思います。

観賞用としてもペットとしてもお勧めできるのがこのモニターたちだと思います。

本日ご紹介したトカゲについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-09 18:38 | 新着情報
こんにちは、中村です。
先日、去年のナゴレプでリクガメを購入いただいたお客さんが、
久しぶりにエサを買いにこられました。
最初に買って頂いたフードを使い切るのに、長くかかったようで。
ですが、ベビーサイズだったヘルマンが、
スクスクと成長し、甲羅の色がとても綺麗に成長していたので、安心しました。
小学生の女の子が飼育しているのですが、
久しぶりに会うので、その子の伸長が伸びていていることにびっくりした私。
カメと一緒に成長しているのですね、とお父さんとお話をしました。

カメは本当に長生きする生き物なので、
こうやって一緒に成長することができるのが良いですね。
長く付き添えるペットとして人気が上がって来ていますよ。

さて、本日のピックアップ生体はファンシーラットです☆
b0174337_2012156.jpg

皆様の元へお届けすることができるくらい大きく立派に成長しましたのでご案内します
今回生まれた子たちもみんなダンボという品種です。
b0174337_20121293.jpg

普通のラットよりも耳が横に大きく広がっています
なので頭の丸さが強調されとっても可愛らしい顔になるのです。
b0174337_20122361.jpg

両親がダンボだと子供もみんなダンボになりますので、
一生ダンボ家系を続けることができます。

普通のラットより数倍可愛く見えてしまうのが、このダンボの特徴ですね
そしてそのダンボの中でも一番人気がこちらのハスキーです。
b0174337_2012322.jpg

ダンボということもあり、より一層顔の模様が際立って見えます。

正面から見ると横に飛び出た耳がなんとも可愛らしく、
愛くるしいお顔
をしています。
b0174337_20124066.jpg

一匹ずつ顔に入っている黒の模様が違いますので、表情が変わってきますよ。
女の子も男の子もどっちもいますので、繁殖もできます。
両親がハスキーだとハスキーが生まれてくる確率が上がりますし、
ハスキーラットに囲まれるだなんて、素敵すぎますね。
b0174337_20124940.jpg

そしてこちらは人気上昇中のホワイトソックスの男の子
b0174337_20125968.jpg

性格がおっとりしていて、撫でられるのが大好きな子です。
b0174337_2013624.jpg

頭にチョンっと白い毛が生えていて、お腹も白い毛が多いです。
腕に靴下をはいたような模様が入っているので、
ホワイトソックスと呼んでいます。
b0174337_20131513.jpg

この子には可愛らしい要素がたっぷりとつまっていますね

次に、スキニ―ラットの女の子を紹介します。
b0174337_20132374.jpg

今回は何匹か生まれたので、一匹だけ限定で販売します
もうすでに毛がうっすらとなってきています
b0174337_20132939.jpg

まさにハゲかけているとはこのことでしょうか。
成長していくにつれて、毛が抜け落ちもっちりとした地肌が表れてきます。
その成長過程を楽しみに見続けられるのはこのスキニ―が一番だと思います。
b0174337_20133626.jpg

このヒゲのチリチリしている感じも可愛らしいですね

最後に当店の種親候補でちょっと変わった模様の子を紹介します。
b0174337_20134493.jpg

真っ白な体に背中にだけストライプ模様の黒の毛が混ざっています。
ふわふわとした白い毛に真っ黒の目が可愛らしいです。
b0174337_20135355.jpg

この子を親として、白い体に黒目の子を殖やしていこうと思っています

以前は繁殖しても一度に10匹ほどしか赤ちゃんが出せなかったので、
毎回即完売になっていました。
お問い合わせいただいたお客様を待たせてしまうことが多々あり、
今回は種親を何匹か使い、皆様に可愛らしいラットをお届けしたいと思っています
b0174337_2014774.jpg

毛色や性格など、ご相談もお受けいたしますのでお気軽にお問い合わせください

本日ご紹介したファンシーラットについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-06 20:19 | 新着情報