<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんにちは若山です。
今日は新着でやって来たボールパイソンの2品種、4匹をご紹介します。
全ての個体は店内でしばらくストックし、冷凍マウスに餌付いています。

パステル(♂) SOLD
イエローの面積が広く発色の濃い個体。
ノーマルとの違いをきちんと見定めれば、派手な色彩が魅力的な分かりやすいモルフです。
ボールパイソンは一般的にメスよりもオスの方が安価に販売されていますが、
最初の一匹だから、優性遺伝のモルフはオスでも良いかな、という方にオススメ。
b0174337_1375348.jpg

パステル(♀) SOLD
一方、こちらはメス個体。
パステルとしてはやや大人しめですがメスの存在はスーパーパステルの作出に欠かせません。
今回メスにしてはお値打ちプライス。上記オスとのペア価格も用意してお待ちしております。
b0174337_1375935.jpg

ウォマ(♀)
いわゆるウォマボール。キャラ的にはスパイダーに似ていると言われています。
パターンモルフのひとつですが、カラーもシャンパンゴールドに変化しなかなかの見応え。
共優性、優性、色々言われていますが、パールへの夢は捨て切れません。
アメリカでこれといった組み合わせが発表されていないため日本ではいまいちマイナーな存在ですが、
どちらにせよ優性遺伝なので、劣性とは違い次世代ですぐに結果を得られますし、
スパイダーやレッサーと掛けることを考えながらまずは繁殖可能サイズまで育てましょう。
優性のモルフはオスの方が良いと言われることもありますが、
ウォマはやたらめったら掛ける必要もないですし、他の個体を巻き込まずに自己完結できるので、
優性コンボモルフのオスを育成中の方にもオススメ。何か面白いことが起きるかも。
あとはアメリカからホットなニュースが届くことを待ち望みましょう。

個体A 68,000円
b0174337_1311929.jpg

個体B SOLD
b0174337_13111978.jpg

本日のボールパイソン各品種についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2012-02-22 13:11 | 新着情報
こんにちは若山です。
普段はホームページに掲載しておりませんが、
ヒョウモントカゲモドキの綺麗な品種が揃ってきましたのでまとめてご紹介!

トレンパーパターンレスアルビノスーパージャイアント(♀) SOLD
生後半年足らずでこのボリューム!
アルビノとパターンレスの組み合わせが生み出す上品さは息をのむほど素晴らしいです。
トレンパー氏から直接放出のスーパージャイアントなので今後の成長にも期待大!
b0174337_14175213.jpg

エメリン(♂) SOLD
エメラルドタンジェリン、略してエメリン。なんだかかわいらしい名前です。
燃え上がるようなオレンジの発色がお見事!
そしてこのエメリンはヒョウモンでは今も昔も貴重なオス。
綺麗な個体ばかり集めてはみたもののメスばかり、そんな方は是非ブリードにも挑戦してみては。
b0174337_14205028.jpg

スーパーハイポタンジェリン(♀) SOLD
出始めの頃はハイタンの上級というイメージが当然強かったのですが、
最近では価格差もほとんどなくなり、カラーの好みで選べるようになりました。
名前の由来になった豹柄が消え、すっきりとしたイメージ。オレンジの出方もいい感じです。
b0174337_14464510.jpg

ハイポタンジェリン(♀)
ここからハイタンが3匹連続で登場。ちょっと柄が残っている方が好き、そんな方にお勧め。
こればかりは好みなので、写真をよく見てピンときたものをセレクトして下さい。
個体A SOLD
b0174337_14484527.jpg

個体B SOLD
b0174337_14485027.jpg

個体C SOLD
b0174337_1449918.jpg

ベルアルビノ(♀) SOLD
Mark Bell氏作出のアルビノだからベルアルビノ。上級品種の組み合わせにもよく用いられる系統です。
いわゆるジャングルと呼ばれるようなまとまりの強い独特の柄も面白い一匹。
価格もお手頃で手の届きやすい品種のひとつです。
b0174337_15393380.jpg

ハイイエロー(♀) SOLD
最後を締めるのはヒョウモンブームの黎明期を支えたベーシックな品種、ハイイエロー。
安価だからと侮ることなかれ、この色や柄を大切にしたいと考える方にとっては外せない存在です。
この個体はやや紫がかっていて、昔懐かしいラベンダーと呼ばれていたタイプ。
b0174337_1542021.jpg


本日のヒョウモントカゲモドキ各品種についてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2012-02-19 15:43 | 新着情報
こんばんは、若山です。
かわいいベビーサイズのギリシャ・ホルス・マルギナータが新入荷!
今日も一気に紹介していきます。

イベラギリシャリクガメ(国内CB) 甲長5.5cm SOLD
b0174337_1823294.jpg

ギリシャ最大亜種のイベラ。別名トルコギリシャとも。
現在はアラブが最も流通量の多い亜種ですが、
こちらも古くから日本に輸入されており、馴染みの深いギリシャです。
この個体は黒が特徴のイベラでは分かりやすい、黒の面積が広いタイプ。
パッと見ニシヘルマン風の色柄が面白いです。

イベラギリシャリクガメ(EUCB) 甲長5cm SOLD
b0174337_18234341.jpg

一方、こちらはイベラにしては品の良い甲羅の明るさが目立つ一匹。
それでも体はしっかりと黒味を帯びており、イベラらしさを残しています。
個体差が命のギリシャ、たった一枚の写真だけで異彩を放つこんな個体はいかが。

ホルスフィールドリクガメ(国内CB) 甲長4.5cm SOLD
b0174337_18235237.jpg

近年の分類ではギリシャやヘルマンから独立するという説が有力ですが、
可愛らしさや親しみやすさといった点では以前通り同じ仲間という捉え方で良いと思います。
リクガメには珍しくお値打ちな価格をキープしているのも人気の理由でしょう。
この子は黄色地に黒い斑点が目立つスタンダードなチョコチップタイプ。

ホルスフィールドリクガメ(EUCB) 甲長4.5cm SOLD
b0174337_182404.jpg

かわってこちらはヨーロッパからの繁殖個体。
こればかりは好みなのでどちらがお勧めということもありませんが、
上の子とは違い黒が消えてベースがよく目立つからし色の甲羅が印象的。
気に入ったカラーを一匹選ぶか、色々なタイプを複数で飼育するか、お好みの個体をどうぞ。

アフガンホルスフィールドリクガメ(国内CB) 甲長5cm SOLD
b0174337_1824798.jpg

ホルスの基亜種。
甲羅が厚く高く、背甲はほぼクリーム一色で、黒斑が出にくいのが特徴。
過去に一時流通したものの、近頃では全く見られなくなりました。
そんな中、少なくても毎年コンスタントに繁殖されている嬉しい国内CB。
他の亜種に比べ低温に弱いと言われますが、強めのバスキングスポットで解消できます。
小さな頃は普通のホルスと色違い?なんて思ってしまいますが、完全に育ちきった姿はまるで別物です。

オオフチゾリリクガメ(ドイツCB) 甲長5,6cm 21,000円(残1)
b0174337_18241788.jpg

ご存知マルギナータ。
ホルス、ギリシャ、ヘルマンとよく並べられて紹介されますが、あまりここにマルギは入ってきません。
昔から流通量が少なく高級なイメージがあり、なんとなくハードルの高さが感じられるからでしょうか。
でもこの1、2年で入荷が安定し、上品な雰囲気を保ったまま庶民的になってくれました。
b0174337_18242681.jpg

と、色々お話をしてから写真を見るとエレガントなカメに見えてきますね。

オオフチゾリリクガメ(国内CB) 甲長6cm SOLD
b0174337_18243370.jpg

こちらは国内繁殖個体。
血統にこだわるも良し、一匹一匹の雰囲気を大切にするも良し、
日本生まれだからちょっとひいきしても良いと思います。
写真をよく見比べてお好きな子を選んで下さい。

本日のチチュウカイリクガメたちについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2012-02-12 18:24 | 新着情報
こんにちは、若山です。
水作からビッグサイズのカメの浮き島XLがニューリリース!
そして新入荷の洋書を並べて紹介していきます。
(かなりの長文ですが、最後まで読んで頂けたら嬉しいです…)

水作から新しくカメの浮き島が発売!
お待たせしました、ビッグサイズ!
カメの浮き島 XL
b0174337_1331186.jpg

甲長30cmオーバーのカメが乗ってもこの通り。
b0174337_13312342.jpg

気持ち良さそうに甲羅干ししています。いい眺めです。
かなりの浮力があるので、でかいカメはもちろん中型のカメがいっぱい乗っても全く動じません。
90cm以上の水槽に最適です。
大きなサイズのカメの陸場に困っていた方、どうですか?

アジアのカメの識別図鑑(英語) 6,500円 (残1冊)
b0174337_13313577.jpg

ここ数年入荷がなかったため、探していた方も多いのでは。
ジャケットはコガシラスッポン?インパクトあり過ぎです。
この図鑑のコンセプトはずばり、保護や違法な商取引を防ぐために作られたということ。
b0174337_1331504.jpg

マニアでなくても種の特定ができるように識別のポイントが的確に示されています。
b0174337_13315998.jpg

カメの写真に数字と線で解説している図鑑は他にないと思います。
普通の図鑑とはまた違った珍しい一冊です。
ごく少数入荷のためお早めに。

インド亜大陸のカメ(ドイツ語) 5,900円
b0174337_13321129.jpg

こちらもアジア関連です。
アジアの中でもインド亜大陸にスポットをあて数多くの種類が紹介されています。
また嬉しいことに、インドの気候が地域別にグラフ付きで説明されているので、
今後の飼育スタイルに更に磨きがかかるはず。
中を開くと、憧れのシルバチカが載っていたり…
b0174337_13322529.jpg

最近なかなかお目にかかれないカンムリガメ、その下にはド派手な発色のカチューガ・カチューガ…
b0174337_13322988.jpg

もちろんその他にも貴重な種が登場しています。
インド亜大陸だけを取り上げるという所がまたマニア心をくすぐりますね。
残数1冊のためこちらもお早めに。

カメの病気の治療とリハビリ(英語) 3,800円
b0174337_13324141.jpg

2012年1月、つい先日出版されたばかりのカメの獣医学書!
あのハミルトンの表紙が印象的な、究極の淡水ガメと同じ出版社です。
気になる内容は、カメの病気に対する治療法や対処法、
b0174337_13331062.jpg

更にはその後のリハビリについてなど、充実した内容となっています。
b0174337_1333195.jpg

カラー写真450点! 全393ページ!! このボリュームでこの価格!!!
b0174337_13333293.jpg

今まで獣医学に関する書籍は高額で手が出せなかった方も多いのでは。
好評発売中のWaterland tubsも登場。もはやインテリアの一部としてマッチしています。
こんな部屋で暮らしたい…
b0174337_13334440.jpg

飼育していく中で避けては通れない、病気。
手遅れになる前にこの本が一冊あれば役に立つこと間違いなし。
めちゃくちゃオススメです!

シナワニトカゲの生態と飼育繁殖(中国語) SOLD
b0174337_13335285.jpg

先日ホームページでも紹介しましたが、こちらで詳しく取り上げます。
飼育繁殖についてはケージセッティングや年月毎の産卵数のグラフ、
更には現地中国の気候の変化など、この一冊でシナワニについての欲しい情報が盛り沢山。
稀少価値が高くなっているのは承知の上。
少ないながらも成功している国内繁殖を確立するために、この本は欠かせません。

2012年版カメのカレンダー(ドイツ語) SOLD
b0174337_13341033.jpg

もう2月に入ってしまいましたが大丈夫、まだ間に合います。
残り2部です。ラスト1部になりました、お早めに…

本日のカメの浮き島XL、洋書・カレンダーについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2012-02-10 13:34 | 新着情報
こんにちは、若山です。
今回はホームページにアップしていない新入荷やストックのドロガメ・ニオイガメたちを紹介していきます!

ミシシッピニオイガメ(国内CB) 甲長4~5cm 3,800円
意外と珍しい、というより成功例があまり聞かれないまさかの国内CB!
b0174337_1313987.jpg

どどんと10匹入荷しました!
ずらっと並べてみた所、意外と個体差もあり、甲羅の茶色や黒色の違いも分かると思います。
b0174337_13133374.jpg

ビギナー向けとされるニオイガメ。
その中でも特にミシニは飼いやすく安価なことから人気の高い種類です。
b0174337_13133749.jpg

お馴染みのアメリカCBより、日本生まれの方が愛着が沸くかも…お好きな個体をセレクトして下さい。

ペンシルバニアドロガメ(国内CB)
b0174337_13135372.jpg

甲長3.5cm SOLD
b0174337_1314398.jpg

甲長4cm SOLD
b0174337_131411100.jpg

甲長4.5cm SOLD
b0174337_13141391.jpg

甲長4cm(多甲板) SOLD
b0174337_13142294.jpg

こちらもなかなかお目にかかれない国内CB。しかももりもり育った安心サイズ。
トウブドロガメの基亜種で頭部にスポットが入るのが特徴のひとつです。
ワイルドのまとまった輸入があっても、それを種親として繁殖に結びつけるのは簡単ではありません。
しっかりと殖やされているブリーダーさんに感謝です!

ペンシルバニアドロガメ(♂) 甲長8.5cm SOLD
そして…上のベビーが育つとこんな感じになる、かも。
ワイルドのばっちり仕上がったフルアダルトのオスです。
b0174337_13301080.jpg

厚みが増し先の尖ったくちばしはペンドロならでは。特にオスでは目立ちやすいです。
野生個体ならではのフォルムがナイスです。

ミシシッピドロガメ
お次はトウブドロガメの一亜種、ミシシッピドロガメ。
♀ 甲長7.5cm SOLD
b0174337_13143826.jpg

ワイルド個体にしてこのクッキリと出た新しい成長線!
せっかく飼い始めても、成長が再開するまで一苦労させられることも。
この調子ならしっかりMAXサイズまでもっていけるはず!

ペア 甲長♂6.5cm ♀9.5cm SOLD
b0174337_13145445.jpg

ピカピカのCBヤングアダルトカップル。
いかにもCB上がりらしいライトカラーが目に焼きつくほどの美しさ。
このカップルから誕生するベビーはどんな形質で生まれてくるのか楽しみですし、
年齢の若い2匹は将来、繁殖用の種親として長く付き合っていけると思います。

ミスジドロガメ
アディ○ス3本ラインと綺麗な頭部はドロガメ界のファッションリーダー?!
♂ 甲長5.5cm SOLD
b0174337_13152545.jpg

♀ 甲長6.5cm SOLD
b0174337_13153359.jpg

オスとメス、バラバラに紹介してみましたがもちろんペア取りOK!
オスは恐らくワイルドですが、上のミシドロ同様に新たな成長線が出始めています。
メスは頭部の柄を見ればすぐにCBと分かります。こちらもある程度育ったミドルサイズ。
偶然にもサイズバランスの合った2匹が揃いました、先を楽しみに気長に飼いこんでみては。

本日のドロガメ・ニオイガメたちについてのご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2012-02-09 13:15 | 新着情報