<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

当店では現在、gooメールを使用してお客様とご連絡をとっておりますが、
ここ最近調子が悪いようで、時折メール自体が使用不可になることがあります。

基本的に営業時間内に頂いたメールについては、
その日の当日中にお返しするよう心掛けておりますが、
このような事情でメールのお返事が遅くなる場合が御座いますので、
ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。

なお、返事がない場合やお急ぎの際にはお電話にてご連絡お待ちしております。
すみませんが、何卒宜しくお願い致します。

TEL:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2010-08-25 17:42 | お知らせ
3日連続で失礼します、ワタルです。
本日も新着生体のご紹介ですが、少し勝手が違いまして…

先日HPとブログにてお知らせしましたが、
只今ワニガメ生態研究所の募金活動を行っております。
そこで今日はチャリティーと称しまして、セマルハコガメのベビーをご紹介します!

チュウゴクセマルハコガメ(国内CBベビー)
b0174337_211303.jpg

お客様による繁殖個体です。
すっかりお馴染みの国内ブリードセマルですが、この個体は一味違います。
なんとメス親の種付けが昨年のクリスマスに行われたという、非常にロマンチックなベビーなのです!
ちょっと人間くさい感じがいいですね。
b0174337_21131116.jpg

CBだと実はちょっと珍しい、ピシッと箱になる姿も奥ゆかしいです。
b0174337_21132071.jpg

その他は普通のセマルと変わらず健康な子で、
ハッチリングよりひと回り大きくなってますから飼育開始にちょうどいいと思います。
背甲
b0174337_21133159.jpg

腹甲
b0174337_21134098.jpg

SOLD 甲長は5.5cmです。
代金はワニガメ生態研究所への募金として納めさせて頂きます。
ご注文方法は特に変わりません、ご連絡お待ちしております。
[PR]
by herptilelovers | 2010-08-07 21:14 | 新着情報
こんばんはワタルです。
昨日のリクガメベビーズに引き続き、本日は地表性カエル小特集です!

まずはすっかり食べ盛りの安心サイズ、クランウェルツノガエルです!
b0174337_19173280.jpg

とにかく色々なカラーバリエーションがあり、見始めたらキリのない種類ですが、
今回の個体はホワイト系の淡い色合いが素敵。ちょっと和風でしょうか。

次は綺麗なアルビノ系、クランウェルツノガエル・レモンイエローです!
b0174337_1920179.jpg

とても生き物とは思えない派手な色彩が飾り物みたいです。
小さい内は綺麗で可愛いですが、大きくなると迫力も備わって凄い事になります。

クランウェルのラストはレッド系アルビノ、クランウェルツノガエル・アプリコットです!
b0174337_19214344.jpg

野菜ジュースが染み込んだようなド派手なカラーリング!
模様のラインまでちゃんと再現されていて鑑賞性抜群です。

次はツノガエル系で最もポピュラーではないでしょうか、ベルツノガエル・レッドです!
b0174337_19243180.jpg

ほぼフルレッド! かなりエグい発色です。
まだまだ大きくなりますが、いったいどうなってしまうのか本当に楽しみです。

このカエルは品種として楽しみましょう、ファンタジーツノガエルです!
b0174337_20463733.jpg

ファンタジーとはクランウェルとアマゾンツノガエルのハイブリッド。
アマゾンは格好良いのですがいかんせん飼育が難しく、
クランウェルはご存じの通り丈夫な種類ですので、両者の良い所を併せ持ったツノガエルです。
目の上のツノがよく立っていて顔付きから迫力の感じられる個体です。

ここからツノガエルからはちょっと離れて…
アカトマトガエルと間違えそうな位いい発色です、サビトマトガエルです!
b0174337_20494158.jpg

昔見たのは本当に錆色の寂しい色合いの個体が多かったのですが、
最近はセレクトブリードされているようで赤みの強いものが多くなってきています。
この個体も熟れたトマトのように綺麗に赤く染まった上級グレードです!

みんな大好きチャコガエル、ちょっと育った安心サイズで入荷!
b0174337_20511744.jpg

南米の地表性人気種、輸入がまばらで欲しい時にいないという点だけ惜しいです。
深い苔色が見た目も形もおまんじゅうのような素敵な風貌。
意外と大きくなります、そして格好良くなります。頑張って大きくして下さい!

最後は重鎮アフリカウシガエル、HPにアップした個体ですがここでもお披露目します!
b0174337_2055050.jpg

まだ完全ではありませんが、大分鼻先のスレが治ってきたのがお分かり頂けるでしょうか?
この倍ぐらいになります、信じられないですが本当です。是非大きくしましょう!

これら地表性のカエルについてのお問い合わせは、お電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2010-08-06 20:58 | 新着情報
夏ももう折り返し地点?!
ようやくこの暑さにも慣れてきた気がします、ワタルです。

お陰様で最近は新入荷の生体が多くなり、
店頭のレイアウトもなんだか慌ただしい感じに・・・(ご来店のお客様申し訳ありません)
HPにアップしていては間に合わないということで、新着生体をグループ別にご紹介します。
本日はかわいいリクガメ小特集!

まずはやっぱり定番の人気種から、インドホシガメのベビーです!
b0174337_013446.jpg

メニーラインが期待できそうなクオリティの高いベビーが4匹もきました。とても良い眺めです。
最近はファーミングから日本にやってくるまでの輸送状態が格段に良くなりましたので、
最初からポコポコとしっかり歩いてくれるベビーが多くなりました。
一応心配して店頭で様子を見てみましたが、各個体ホットスポットに当たりに行ったり、
餌場に直行したり、足取り軽やかにそれぞれのペースで歩き回っています。
b0174337_0428.jpg

潤んだ瞳もパッチリ開いてとっても可愛いです!

人気種争いではこちらも外せないでしょう、ケヅメリクガメ・USCBです!
b0174337_06452.jpg

先日HPにてガーナのベビーをご紹介しましたが、この個体はお馴染みのアメリカCBです。
ベビーより一回り大きく育っていて、既に重みも感じられるナイスサイズ。
可愛い大きさでもやっぱりケヅメ、四六時中動き回っている大変活発な個体です!

ここからは高品質チチュウカイリクガメシリーズ。
まず初めは嬉しい産地付きCB、イベラギリシャリクガメ・マケドニア産です!
b0174337_091212.jpg

近頃この類のリクガメは嬉しいことにきちんとロカリティ別で繁殖された個体が輸入されるようになり、
チチュウカイリクガメのマニアを喜ばせています。
亜種別・産地別コレクションに加えてあげて下さい!

お次は魅惑の大型個体群、ヒガシヘルマンリクガメ・ブルガリアンジャイアントです!
b0174337_0104049.jpg

ヒガシとニシの区別だけではなく、ロカリティによって異なるパターンやサイズなどに注目し、
本種も系統別に分けられてブリードされたベビーが輸入されるようになりました。
ニシに比べてヒガシはでかくなると言いますが、実際にそんな大きいヒガシを見かける事は少ないのでは?
しかしこの個体は違います、とても同種とは思えない迫力のサイズ目指して飼い込んで下さい!

最後はまだまだ珍しい隠れた人気種、マルギナータことフチゾリリクガメ・サルディニア島産です!
b0174337_0135150.jpg

マルギナータまでがロカリティ付き、脱帽です。
ホルス、ギリシャ、ヘルマンと国内CBまで出回るようになったチチュウカイリクガメの仲間ですが、
マルギナータだけはまだまだ海外CBに頼らざるを得ない状況が続いており、流通量も少なめです。
今回はサルディニア島産のCBでやや育ったサイズです、貴方好みのマルギに仕上げてみては!

これらリクガメについてのお問い合わせは、お電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mail:herptilelovers@goo.jp
[PR]
by herptilelovers | 2010-08-06 00:17 | 新着情報
ワニガメ生態研究所理事長、荻野要氏のブログにてご存知の方も多いと思いますが、
NPO法人ワニガメ生態研究所が現在、経営困難な状況となっています。

今ワニガメ生態研究所にはおよそ200頭のワニガメ・カミツキガメが飼育されている状態で、
この研究所が無くなってしまうと、今まで保護されてきたこれらの個体は全て殺処分にされてしまうと思われます。
現在でも餌代や光熱費などで毎月10万円程度の費用が必要となっています。

今回の経緯としては、Herptile Loversの何人かのお客様の中から「募金活動をしてはどうだろうか」という声や、
「家で生まれた生体を委託で出すから、それをワニガメ研究所に寄付してよ」などの声が上がり、
そのお客様の声を荻野氏に伝えた所、こちらの提案を受け入れて頂きました。

当店と致しましては、
荻野氏管理による募金用銀行口座宛に寄付金をお振込み頂くという形で資金を集め、
研究所の復興再建に役立てることができればと考えています。
その他にも違う形で研究所に協力したいと いう声があれば、
直接、もしくは当店を通じて研究所にお伝えしたいと思っております。
募金の期間は3ヶ月間とし、集まった募金の総額はHerptile Lovers Blogにて発表します。

どうか温かいご支援・ご協力を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


~寄付金の振込先~

おかやま信用金庫 横井支店
普通 0125341
トクヒ)ワニガメセイタイケンキユウシヨ
[PR]
by herptilelovers | 2010-08-02 23:27 | お知らせ