<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

皆さんこんばんは。ワタルです。

さて今夜は、ドイツからやってきたラコダクティルス、
ガーゴイルゲッコーことツノミカドヤモリのご紹介です。
b0174337_2228164.jpg

最近では少し有名になりつつあるドイツのハムショーというイベントで、
こだわりのブリーダーが繁殖したものがハンドピックされやってきました。
何が凄いって体中にオレンジスポットが綺麗に発色しているんですね。
夜空に輝く天の川の美しさを連想させます(季節的にも○)。
b0174337_22282870.jpg

HPの写真では明色時の写真を載せていますが、
今日は暗色時のオレンジスポットが特に際立った状態を載せてみました。
明色時のシルクの様な肌質も捨てがたいですが、
暗色時にはこげ茶と橙の対比がよりクオリティの高さを表します。
b0174337_22283986.jpg

ハンドリングもできます。ちょっと気を抜くとジャンプしますが。
壁チョロですが比較的大人しい所も魅力の一つですね。
b0174337_22284948.jpg

実は今回、お問合せ時に「ブログを見た」と言って頂いた方に限り、
お得な特別価格をご用意致しました。
お電話・メールにてご連絡下さい、お待ち致しております。
[PR]
by herptilelovers | 2009-06-26 22:35 | 生体
こんばんは。
本日のブログ担当は「わたる」こと吉坂です。
覚えていますでしょうか。

さて、今日のご紹介はモニターの中でも屈指の美しさと希少性を誇るグレイモニターです。
b0174337_228679.jpg

今回入荷した個体は、頭部にシミも無く、バンド模様も乱れる事無く綺麗に並んでいます。
(実は今回来た便の中で一番良い個体をセレクトしてもらいました。)
b0174337_2282792.jpg

HPのコメントでも触れましたが、一時は絶滅も危ぶまれたとても珍しいモニターです。
更にその生態も変わっており、成体ではモニターで唯一、果実等を主に摂るようです。
特にマンゴーなどのフルーツには目が無い様で。
本当に贅沢ですね、羨ましい限りです。僕なんか毎晩ナマズを釣って凌いでいます。

おまけにこの個体は既に人慣れもしている様で、
前開きケージの扉を開けた途端、嬉しそうに自ら腕に飛び乗ってきます。
b0174337_2284515.jpg

かなり扱いやすいのでコレくらいから慣らせば大人しい個体になるのではないでしょうか。
b0174337_2285765.jpg

次にいつ来るか分からない、そんなモニターですから、
ビビッと来た方はお問合せ下さい。本当に良い個体です。
[PR]
by herptilelovers | 2009-06-13 22:09 | 生体