こんにちは中山です。
今週やけに寒いと思ったらとうとう今日はが降り始め、
裏庭のバケツにもそこそこ厚いが張っていました。
来週には冬のJRSも開催されますので生体はもちろん、
ヒトも体調を崩さないように注意しましょう。

さて今回は、昨日ホームページのトップでもお知らせしていたように、
滅多に来ないレア種から知る人ぞ知るマイナー種まで、
様々なヘビがどっさり入荷しましたのでご紹介します!



コーンスネーク
スノー(♂)
b0174337_22490375.jpg

みんな大好き定番人気モルフ。

ラヴァ(♂・♀)
b0174337_22485709.jpg

b0174337_22485736.jpg

ハイポの一種で赤が強く濃く出る溶岩のようなカラーモルフ。

ラヴァブラッド(♀)
b0174337_22485779.jpg

ブラッドレッドにラヴァをのせて、
将来何処まで赤くなるのか楽しみなラヴァブラッド

アネリ(♀)
b0174337_21292787.jpg

これも一定の人気があるモノトーンなアネリスリスティック

アオダイショウ(アルビノ・♀)
b0174337_22484856.jpg

アオダイショウのアルビノ。
シロヘビとして祀られることもありますが、
実際は頭部を中心に案外しっかり黄色が出る事も多いです。

色味の異なるノーマル個体たちもいます。
b0174337_21265697.jpg

b0174337_21262001.jpg

b0174337_21262053.jpg


シマヘビ(♀)
b0174337_21265695.jpg

アオダイショウと並んで有名な日本の蛇。
赤い瞳が地味な体色によく映えます。

カラスヘビ(♂)
b0174337_21265597.jpg

上記のシマヘビの黒化個体
顔付近に散る地色の残り加減に個性が出て選び甲斐のあるヘビです。
b0174337_21265657.jpg


アカマダラ(♀)
b0174337_22500282.jpg

CBベビーから大事に育てられた貴重な飼い込み個体
ワイルドを必死に立ち上げる覚悟をしなくても普通に可愛がることができます。

サキシママダラ(♂)
b0174337_22500226.jpg

アカマダラの亜種にあたる日本固有種。
体色だけでなく顔立ち雰囲気も違っています。

ツマベニナメラ(♂)
b0174337_21273424.jpg

綺麗な赤い頭頂部から爪紅という名のつくツマベニナメラ
暑くし過ぎないようにしてあげれば、
何の問題も無くもりもり食べてくれる嬉しい飼い込み個体です。

ダビドナメラ(♀)
b0174337_21273438.jpg

滅多に輸入されない稀少なダビドナメラ
なんとなくマムシっぽい顔をしていて、
毒ヘビのフリをしているという話もあります。

ベアードラットスネーク(テキサス・T+アルビノ・♀)
b0174337_22503444.jpg

テキサスタイプのスナゴナメラ
幼体の頃とは全く違った砂様の模様になります。

ライノラットスネーク(♂)
b0174337_21280076.jpg

鼻先から伸びるツノが特徴的なライノラットスネーク
ツノの先まで欠損なく綺麗に残っているベビーからの飼い込み個体です。

カンムリヘビ(エジプト産・Pr)
b0174337_21280018.jpg

b0174337_21280098.jpg

ワイルドから飼い込んでしっかり育ったフルサイズのペアが揃い、
そのうえメスは持ち腹からベビーがハッチした経験ありという、
なかなか探してもみつからない素敵な出物です。

カリフォルニアキングスネーク(コースタルアベラント・♀)
b0174337_22505300.jpg

乱れた模様が可愛いむっちりカリキン
ストライプやバンデットがよく流通しますが、
他にもカラーモルフやパターンモルフのバリエーションがかなり豊富な種類です。

サイエリキングスネーク(ピーチ・♂)
b0174337_22510113.jpg

(アルビノピーチ・♂)
b0174337_22510195.jpg

カラーバリエーション豊富なサイエリキング
ピーチサイエリと呼ばれるオレンジ色のタイプと、
ピーチをアルビノにした個体です。

スペックルドキングスネーク(アルビノ・♀)
b0174337_22514889.jpg

和名シモフリキングの名の通り、
細かい模様がいっぱいにちりばめられています。

ホンジュランミルクスネーク(タンジェリン・Pr)
b0174337_21283229.jpg

b0174337_21283262.jpg

ミルクの中でも大型になるホンジュランミルクスネーク
色変も豊富で様々な組み合わせも作られています。

ホンジュランミルクスネーク(♀)
b0174337_21283270.jpg

意外と見かける機会の少ないノーマルタイプのホンジュランもいます。

セイブシシバナヘビ(アルビノ・♀)
b0174337_22514836.jpg

脱皮前なのが残念なセイブシシバナ
しっかり育ったメスのアルビノです。

セイブシシバナヘビ(タフィ・♂)
b0174337_22514862.jpg

タフィは従来のハイポとはまた系統が違うハイポの一種で、
劣性遺伝する淡い色彩のモルフです。

ソロモングランドボア(♂)
b0174337_22591290.jpg

ソロモン諸島に棲むパルソンボアの地域個体群です。
グランドボアというだけあって樹上より地表を好むようです。

サンタイザベルグランドボア(Pr)
b0174337_22591117.jpg

b0174337_22591285.jpg

ソロモン諸島に属するサンタイザベル島に棲む個体群。
ソロモングランドボアの中でもより美しくなると言われています。

バイパーボア(ブラック・♂)
b0174337_23012380.jpg

単独でも有名ですがカンドイア最大種のバイパーボア
キールの立った厳ついお肌をしっとり湿らせて飼ってあげましょう。

タタールサンドボア(Pr)
b0174337_22523637.jpg

b0174337_22523698.jpg

砂地よりは草原にいるらしいダッタンスナボア
寸胴で短めなスナボアの中でも大型になり、
大きなメスでは120センチくらいになることもあるそうです。

ジョニーサンドボア(国内CB・♂)
b0174337_22530264.jpg

タタールほどではありませんが比較的大型になるブラウンスナボア
基亜種ヒガシは全体が暗いブラウン一色に染まりますが、
ペルシャは明るい地色に縞模様が尻尾に残ります。

ミューラーサンドボア(♀)
b0174337_22530363.jpg

スナボアですが珍しく卵生なミューラースナボア
体色はナイルに似ていますが顔立ちや尻尾の先など、
端々に結構違いがあります。


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
# by herptilelovers | 2018-01-12 23:25 | 新着情報
新年明けましておめでとうございます!
今年のお正月は天気も良く寒さも穏やかにスタートし、
おみくじでは大吉も出て今年もいいことがありそうです。

いいことといえばプレーリードッグのハゲが早速改善してきました。
b0174337_22131222.jpg

前回のブログでは四角いハゲが鼻先にありましたが、
写真を比べてみると中心に毛が生えて明らかに範囲が縮小しています。
治るものだと分かって一安心

さて本日はラットベビーズ&フトアゴベビーズに加え、
状態が上がって来た大きめトッケイにツルッと綺麗なカブニをお届けします。

ファンシーラット
ほやほやした乳くささが抜けて体付きがしっかりしてきた生後二か月ベビーズ
b0174337_22132054.jpg

b0174337_22132014.jpg

離乳後もぬくもりを求めてか母ラットにみんなでくっついて寝ていましたが、
最近は毛並みもきっちり揃って寒さに強くなってきたようでわりと好き勝手に散って寝ています。
b0174337_22132517.jpg

赤ちゃん期を抜けた丈夫さと子供らしい可愛さが両方味わえる良い年頃のベビーです。
b0174337_22132083.jpg

b0174337_22132011.jpg

もちろん全員ベッタリ懐いています。

フトアゴヒゲトカゲ
現在全長概ね15センチほどでフードや葉っぱやMコオロギで育成中のチームですが、
Lサイズのコオロギでもあげればバリバリいけちゃうハイテンションベビーズです。

レッドレザーストライプ
脱皮直後で色鮮やかなレッドレザー
b0174337_22165878.jpg

b0174337_22165893.jpg


ハイポレッドストライプ
b0174337_22165995.jpg

上記のレザーの兄弟にあたります。
こちらは丁度脱皮前で頭と手足が白くなっています。
また更に鮮やかになってくれることでしょう。
b0174337_22165956.jpg


ハイポイエロー
b0174337_22181756.jpg

b0174337_22181724.jpg


ハイポレッド
b0174337_22190518.jpg

b0174337_22190584.jpg


レッド
b0174337_22181767.jpg

b0174337_22181751.jpg


トランスゼロ
b0174337_22201462.jpg

b0174337_22201573.jpg

ゼロをブラックアイにしたトランスゼロ
いつもの場所で餌待機・・・
b0174337_22201571.jpg

むしゃむしゃぺろり。
b0174337_22201557.jpg


トランスレッド
トランスが入るとコントラストがかなり激しくなります。
b0174337_22211476.jpg

b0174337_22211495.jpg


トッケイヤモリ
b0174337_22215422.jpg

入荷当初は緊張からくすんでしまっていたトッケイですが、
落ち着いてきたようで本来の鮮やかさを取り戻してくれました。
機嫌よく鳴いてくれるのが楽しみです。
b0174337_22224459.jpg


カブトニオイガメ(♀)
b0174337_22223937.jpg

綺麗に育ったカブトニオイガメ
ベビー期のシャープな甲羅のラインを残しつつ、
甘栗みたいなシルエットになってきました。
b0174337_22223940.jpg


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
# by herptilelovers | 2018-01-05 22:43 | 新着情報

こんにちは中山です。
ついに今年もあと三日となりました。
当店は明日、12/30(土)まで営業しておりますので、
もし餌などお買い忘れがありましたら是非お越し下さい
帰省に合わせてお留守番するペット達もいると思いますが、
見てないところで普段しないことを突然やらかすのが生き物というものなので、
戸締りや餌と水などしっかり確認して余裕を持って置いて行きましょう。

さて今日は今年最後と言うことで普段より少し多めにご紹介します。


プレーリードッグ(♂)
b0174337_00051342.jpg

小さな尻尾がぴこぴこ可愛いプレーリードッグが入荷しました。
b0174337_00051384.jpg

人間が大好きでナデナデを要求しに飛び付いて来たり、
b0174337_00051354.jpg

撫でられてウットリと腹を出したり・・・

もちろん全く咬みません

少々ハゲがあるようですが可愛がっている内に毛並みも良くなってきたので、
改善してくれると思います。

ヒョウモントカゲモドキ(ハイタン・♂)
b0174337_00145814.jpg

涼しげなレモンイエローのハイタン。
目が大きい可愛らしい顔立ちの個体です。
b0174337_00145787.jpg


ハスオビビロードヤモリ(♂)
b0174337_00145864.jpg


天然うるうる目にモチモチ尻尾のハスオビビロードヤモリ
壁チョロですが余裕でハンドリング可能です。
b0174337_00145888.jpg

b0174337_00145891.jpg


サバンナモニター(ベビー)
b0174337_00163038.jpg

季節外れのちっちゃいサバモニ
コオロギに襲い掛かる姿は立派にオオトカゲです。
b0174337_00163150.jpg


フトアゴヒゲトカゲ
b0174337_00152511.jpg

よく見かける華奢なベビーよりも少し育った、
安心サイズのフトアゴヒゲトカゲ
b0174337_00152529.jpg

がっしり育ったアダルトサイズのオスもいます。
b0174337_00152495.jpg

b0174337_00152570.jpg


アボッツオケッティ(♀)
b0174337_00163191.jpg

こちらもベビーを卒業したくらいのアボッツオケッティ
鞍状の模様を囲む黒いラインが特徴的です。
b0174337_00163164.jpg


アメラニモトレー(♂)
b0174337_00163174.jpg

オレンジ色が綺麗なアメラニモトレー
b0174337_00163080.jpg


ドリームビー(♂)
b0174337_00172424.jpg

共優性のオレンジドリームにスパイダーを合わせたドリームビー
b0174337_00172421.jpg


ホルスフィールドリクガメ(♀)
b0174337_00172522.jpg

ほどほどサイズの元気なホルス
メスなのでまだまだ大きく成長してくれると思います。
b0174337_00172461.jpg


ミスジドロガメ(ベビー)
b0174337_00180909.jpg

手の平にコロコロ乗ったそら豆サイズのミスジドロガメベビーズ
手足の付け根がむちむち太って成長線もぐんぐん伸びていく育ち盛りの優良ベビーズです。

テキサスミドリヒキガエル(♂)
b0174337_00312768.jpg

ひらべったい姿のテキサスミドリヒキガエル
乾燥した床材にウェットシェルターを置いてあげましょう。
b0174337_00313214.jpg


クランウェルツノガエル
b0174337_00185940.jpg

十円饅頭くらいのサイズのクランウェル
もりもり食べて成長中です。
b0174337_00185979.jpg


アジアンフォレストスコーピオン
b0174337_00190632.jpg

ちんまり指乗りサイズのチャグロサソリ
近縁種ダイオウサソリに迫る大きさに成長する予定です。
ダイオウに比べるとハサミなどが若干細身な印象。

ソコトラアイランドブルーバブーン
b0174337_00191606.jpg

膝下と胸部が青く美しくなるソコトラアイランドブルー
バブーンの中ではわりと大人しい種類なので、
名前の印象ほど身構えなくても良さそうです。



今年もHerptile Loversをご愛顧頂きありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。
それでは良いお年をお迎え下さい。


本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com



[PR]
# by herptilelovers | 2017-12-30 00:32 | 新着情報
こんにちは中山です。
もうどこもすっかり年末の空気になりつつあり、
日頃の業務に加えて大掃除の計画も進めたい今日この頃です。

年末年始は31日から3日まで休業とさせて頂きますので、
今年は30日まで来年は4日からの営業となります。

また、いつもは金曜更新のブログですが、
明日は所用により20:30で閉店させて頂きますので一日早く更新します。

さて今日はヒョウモン、フトアゴ、コーンなど定番種を中心にご紹介します。

ヒョウモントカゲモドキ
ハイイエロー(♀)
b0174337_22170143.jpg

b0174337_22170129.jpg

キリッと良い姿勢でこちらを見上げてくるハイイエロー
見るからに活発な印象を受けます。
b0174337_22154764.jpg

b0174337_22154774.jpg

こちらはもっちり太った素敵なメス。
ちょっと脱皮前で白くなってしまっていますが、
ブチが大きめ多めにしっかり入った姿をしています。

スーパーマックスノー(♀)
b0174337_22154629.jpg

ハイイエローに次ぐ定番となったみんな大好きスーパーマックスノー
b0174337_22154634.jpg

可愛い顔でにっこり

アルビノ(♀)
b0174337_22154694.jpg

顔の模様がライン状になっている個体。
b0174337_22154683.jpg

アルビノらしからぬ優しい顔をしています。

マックスノージャングル(♀)
b0174337_22154554.jpg

地色がしっかり白くなっているマックスノージャングル
b0174337_22154596.jpg

ジャングルよりも模様の細かさが特徴的な個体です。

フトアゴヒゲトカゲ
ハイポレッドストライプ
b0174337_22170157.jpg

綺麗に赤色が出て来ているハイポレッドストライプ
b0174337_22170124.jpg

ハイポになったことで背のストライプがより真っすぐに走って見えます。

レッドレザーストライプ
b0174337_22170205.jpg

上のハイポとは兄弟に当たる個体。
レザーの効果か赤色がかなり鮮やかに発色しています。
b0174337_22170024.jpg


ピーターズバンデッドスキンク
b0174337_22175646.jpg

脱皮前で真っ白なピーターズバンデッドスキンク
土にざくざく潜って暮らしていますがそう臆病でも無く、
普通に人の手から餌を持って行ってくれました。
b0174337_22175784.jpg

チャームポイントのウルウル黒目

コーンスネーク(エクストリームリバースオケッティ・♂)
鞍状の赤斑の縁に白ラインが入るリバースオケッティ
b0174337_22181176.jpg

地のオレンジ色が減って白が散っているタイプです。
b0174337_22181193.jpg


ヒョウモンガメ(♂)
b0174337_22181154.jpg

両手で持ち上げるサイズの大きなヒョウモンガメ
b0174337_22181285.jpg

b0174337_22181823.jpg

入荷直後はシャイな面もありましたが、
今ではリクガメフードを見せると駆け寄って来るようになり、
今日も山と盛った餌をばふばふ平らげています。

ベルツノガエル(♂)
b0174337_22193831.jpg

手の平からこぼれ落ちそうなベルツノガエル
よくよく見るとまだフルアダルトではない顔をしており、
まだまだ縦にも成長途上なところに肉を盛ってあることが分かります。
b0174337_22193852.jpg

b0174337_22193709.jpg



本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com

[PR]
# by herptilelovers | 2017-12-21 22:27 | 新着情報
こんにちは中山です。
早いもので今年も残すところあと半月となり名古屋でもの予報が出始めています。
人間は年末に向けて慌ただしくなってきますが、
生き物たちは関係ないとばかりに餌を要求してくるので、
帰省などの予定のある方はそれに向けてペット達のコンディションを整えていきましょう。


2018オリジナルカレンダーを販売中!
b0174337_23114128.jpg

月ごとに爬虫類いっぱいの卓上カレンダーとなっており、
店頭および通信販売にて商品代金3,000円以上をお買い上げの方にプレゼントしています。
今年いっぱいは在庫があると思いますが、気になる方はお早めにお越し下さい。

さて今日は可愛いベビーからガッチリ育ったアダルトまで、
様々なジャンルから新入荷をご紹介します。

ヒョウモントカゲモドキ(ハイホワイトマックスノー・♀)
b0174337_23115322.jpg

成長に連れてハイイエローに程近い姿になってしまうこともありますが、
こちらはきちんと地色が白い状態で成長してくれた個体です。

クレステッドゲッコー
b0174337_23115340.jpg

コオロギ要らずなうえ触れるので趾下薄板を堪能できる、
ハイスペックな壁チョロ代表オウカンミカドヤモリ
b0174337_23115305.jpg

黄色が鮮やかな個体です。

アルゼンチンブラックアンドホワイトテグー
b0174337_23120538.jpg

噴気音も聞こえず飼い主を食べるそぶりも見せないとっても良い子のミナミテグー
黒味が強くてキリッとした印象です。

ヨーロッパアシナシトカゲ
b0174337_23121288.jpg

以前ご紹介したアシナシですが順調にフードに餌付き、
さらには何もないピンセットを追いかけ食いついてくるまでになったので、再度掲載します。

ストケスイワトカゲ(♀)
b0174337_23130796.jpg

トゲトゲした印象とは裏腹につぶらな瞳のストケスイワトカゲ。
b0174337_23130711.jpg

フードをモリモリ食べてのんびり暮らしています。

ボールパイソン
パステルゴースト(♂)
b0174337_23134870.jpg

ベビーからしっかり飼い込まれたパステルゴースト
アダルトサイズでありながらさっぱりした色合いが綺麗です。
b0174337_23134874.jpg

少し模様が乱れているところもチャームポイント

アルビノ(♂)
b0174337_23134938.jpg

地と柄のコントラストが鮮やかなアルビノ
小さ過ぎずまだまだ育て甲斐のある片手サイズです。
b0174337_23134956.jpg


ノーマル(♀)
b0174337_23134953.jpg

どっしりと立派に育ったノーマルボール
b0174337_23134814.jpg

カラフルなモルフが豊富なのもボールの良いところですが、
こうしたスタンダードなニシキヘビっぽさも魅力的です。

パプアンカーペットパイソン(♂)
b0174337_23145604.jpg

片手で持ち切れないサイズのアダルトパプアン
b0174337_23145518.jpg

計測してみた全長は225センチなのですが、
太さと大きな頭から数字以上にさらに巨大な印象を受ける個体です。

スマトラブラッドパイソン(♂)
b0174337_23145472.jpg

幼過ぎない少し飼い込まれた安心サイズのスマトラブラッド
体色がはっきりと濃く出ています。
b0174337_23145625.jpg

温度湿度を高めに保ってしっとりお肌に育ててあげましょう。

アオダイショウ(♀)
首のあたりを中心にグリーンが強く出ているアオダイショウ
b0174337_23145509.jpg

野生を生き抜いてきたらしい小傷がちらほらありますが、
本人はそれらしい性格というわけでもなく、のほほんと飼われています。
b0174337_23145511.jpg


チュウゴクシュウダ(♀)
b0174337_23145614.jpg

キリッとした目付きのチュウゴクシュウダ
アダルトの派手な模様とは似つかない姿のベビーですので、
成長とともに変化していく様を存分に楽しめるタイプです
b0174337_23145631.jpg

オスも在庫しているので今ならペアでゲットすることもできます

ニホンイシガメ(セレクト)
b0174337_23160852.jpg

愛好家の下から生まれたCBベビーズ
b0174337_23160866.jpg

色味の強いタイプとブラックなタイプをセレクトしました。

タイワンセマルハコガメ(TSDペア)
b0174337_23160003.jpg

まだまだちんまりサイズのタイワンセマルハコガメ
b0174337_23160094.jpg

配合飼料をもりもり平らげてすくすく成長しています。
b0174337_23160083.jpg


フロリダハコガメ(TSD♀)
此処から伸びていく放射模様が楽しみなフロリダハコガメ
b0174337_23155970.jpg

既に配合をしっかり食べており、
小さくてもアメハコベビーらしからぬ丈夫なところがある頼もしいカメです。
b0174337_23160893.jpg


ヒガシヘルマンリクガメ(ブルガリアンジャイアント・♂)
b0174337_23170620.jpg

夢はでっかくいだきたい大型個体群ブルガリアンジャイアント
b0174337_23170602.jpg

ヘルマンの中ではヒガシが一番大きく、
その中でも更に大きくなると言われる個体群の出身です。

本日ご紹介した新着生体についての
ご注文・お問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-325-8600
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com


[PR]
# by herptilelovers | 2017-12-15 23:28 | 新着情報