ラコダク祭り、開催中☆

こんにちは、中村です。
以前当店でインドホシガメを購入いただいたお客さんが、
久しぶりに遊びに来てくれました。
その方は元々オスを飼育されていて、お嫁さんを探しに来られたのですが、
一目惚れしたまだ性別が分からないベビーを最終的に選ばれました。
今のところ尻尾がそんなに大きくなってきていないとのことでしたので、
このまま順調に女の子になっていってくれたらよいなと願っています。
「カメの仕草が可愛いので、毎日癒されます」と言われており、
その飼い主さんの表情を見ているだけで、
私もなんだか幸せな気持ちになりました。
やはり、爬虫類は長生きする生き物なので、
最初にフィーリングで決めてもらうのが一番良いのかなと思います。

さて、本日ご紹介する生体は個性豊かなヤモリたちです!
b0174337_18574414.jpg

手の平にチョコンっと乗るサイズから収まり切れないサイズまで
それぞれ個体別にご紹介していきます。

まず最初にクレステッドゲッコーです。
b0174337_18535695.jpg

クレスはヤモリの中でもやはり大人気な種類ではないでしょうか。
その飼育のしやすさや、気軽に触れ合うことができるという、
ペットとしての良いポイントをいくつも持っています

ノーマル(♀)
b0174337_1854480.jpg

性格がおっとりしているこの子
撮影中も一回も飛んでいったりしませんでした。
b0174337_18541112.jpg

甘いゼリー類が大好きで、顔付きも可愛らしい女の子。
クレスはメスの数が少ないので、見つけた時におさえておくべきでしょう。
尾が切れてしまっていますが、今ではスッキリ綺麗に再生しています

クラシック(♂)
b0174337_18542287.jpg

まだクレスが出回り始めたばかりの頃、
この系統の色味を綺麗だと言っていましたよね。
見ているだけでなんだか懐かしい香りがしてきて癒されます
b0174337_18543955.jpg

頭の色は鮮やかなオレンジで、よく見ると小さな黒の点が出ています。
フロッピーテールですが、餌食いは良好ですし
これから高さのある広いケースで飼育してあげれば、何の問題もないと思います

次にガーゴイルゲッコーです。
クレスに続き人気の高いこのツノミカドヤモリ。
その由来としてよく見ると頭に小さな角が2本生えています。
b0174337_18544937.jpg

クレスとはまた違った雰囲気で、
鼻先がシュっとしていてこの体の小ささで完成された顔の形が、
なんだかカッコよく思います


レッドマーブル(♂)
b0174337_18545892.jpg

この子は本当に目の色が澄んでいて美しいです
コオロギを食べる時はゆっくり狙ってピンセットから食べてくれます。
b0174337_1855726.jpg

このマーブルに入っている赤や黒の模様が、
場所によって濃くなったり薄くなったりするのが、
見ていて面白く思うポイントですね


レッドストライプ
b0174337_18551527.jpg

最近入荷したばかりなので、徐々に環境にも慣らしながら状態を上げています
b0174337_18552533.jpg

首から背中にかけて真っ直ぐなストライプ模様が入っています。
なのですっきりとした印象を受けますね。

最後にニューカレドニアジャイアントゲッコーを紹介します。
ツギオミカドヤモリ(♂)
b0174337_18553833.jpg

背中の花びら模様が美しいこの個体
くっきりと浮かび上がってきているピンクの花びらは、
なんだか暖かい春の季節を思わせてくれますね。
b0174337_18561686.jpg

そんな優しい雰囲気を持っていますが、このサイズ感は迫力満点です
手の平からこぼれ落ちてしまうほど、巨大化しています。
目の周りが濃い黄色で囲まれていて、
鼻先や顎の下も薄く色付いてきています。
b0174337_18563668.jpg

これからどのような色を乗せていくのか楽しみに思います

ツギオミカドヤモリ(Pr)
b0174337_18564461.jpg

世界最大のヤモリと言えば、このジャイアントゲッコーですよね
ニューカレドニアの生息地域で最大サイズが変わってくると言われています。
b0174337_18565530.jpg

そしてこの2匹はモロ島という島に棲んでいる種類
モロはヘンケリーの中で一番大きくなると言われており
ますます成長に期待がかかるこの2匹。
b0174337_1858153.jpg

その特徴としては、背中に黒の線状の模様が入ることだそうです。
b0174337_1857319.jpg

濃い薄いはありますがブラックの線が出ています。
ヘンケリーはグランテラより最大サイズが小さいと言われていますが、
このモロ島に棲む種類だけはグランテラを超える大きさになると言われています
b0174337_18571684.jpg

なんだかワクワクしてきますね♪
ぜひビッグなサイズに育て上げてください!
b0174337_18572453.jpg

今日はハンドリングも楽々こなすことができるヤモリたちをご紹介しましたが、
その色味や大きさも種類で全く異なりますので、
自分の好みにあった子を選び出してくださいね

本日ご紹介したラコダクティルスについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-05-25 19:14 | 新着情報