癒しを求めてイシガメへ

こんにちは、中村です。
最近、私の家のカメをものすごいスピードで成長させています。
毎日2回エサをあげて、頻繁に水を換え、
お店でも家でも同じことを繰り返しているような感じになっています。
このことを話すと、大体の人は嫌にならないの?と聞いてこられます。
それが不思議と嫌にはならないのです。
多分カメを好きな気持ちが世話の大変さに勝っているからだと思います。

もうこれは私にとって一生離れることのできない趣味になってしまったようです。
いろいろなお客様方とお話ししますが、
自分で工夫しながら沢山の生き物を飼育されている方が多く、
思わず真似をしたくなる所がたくさんあります。
これからもそういうお話をたくさん聞けたら良いなと思っています。

さて、今日はニホンイシガメのベビーがまとまって入荷しましたのでご紹介します。
b0174337_1824074.jpg

現在、野生のニホンイシガメの数は年々減っていく傾向にあるようです。
そんな中こうして毎年コンスタントにベビーを殖やしている方がいることに、
ものすごく有難い気持ちになります。
この子たちを殖やされた方も日本からニホンイシガメがいなくならないようにと思い、
ブリーディングされているそうです。
なんだか心が温まりますね。
b0174337_18244213.jpg

去年のサイテス会議でⅡ類に昇格したのが現状なので、
やはり、個体数は減少していく一方なのでしょうか。
ですので、私たち日本人はイシガメを一匹一匹大切に思わなければいけないのです
b0174337_18244917.jpg

私はニホンイシガメのこの可愛らしい瞳の虜になっていまい、
中学生の時にたくさん飼育していました。
個体差があり、何匹いても飽きないカメですよね
b0174337_18262844.jpg

そして、このカメはよく懐いてくれます
指を近付けたり、人が水槽の前を通るだけで駆け寄ってくるようになります。
私が飼育していた個体で人の手からしかエサを食べない子がいました。
懐きすぎて下に落ちたエサよりも私の手を目がけて口を開けてくるのです。
そんな風に可愛がりやすく、愛着が湧きやすいカメです
b0174337_1826563.jpg

今回入荷した子たちは渋い色をした甲羅がなんといっても素晴らしいです!
モスグリーンでなんだかお洒落な雰囲気を持っています

隅々まで深緑色の個体と、
b0174337_1825356.jpg

所々に黄色が散らばっている個体と、
b0174337_18251421.jpg

それぞれ甲羅の模様が違っています
たくさんいますので、今なら選び放題ですよ☆
b0174337_18252536.jpg


普通、頭の色は黄緑系で単一に塗られていることが多いのですが、
この子たちは地色にプラスして鮮やかな黄色の模様が所々に入っています
b0174337_18264564.jpg

この模様がキラキラと光を放っているかのように感じさせてくれます。
b0174337_18253521.jpg

成長していく姿を楽しみに思いますね。

イシガメを飼育していて肌のトラブルが発生してしまうのがこの時季。
いくら乾燥させても寒い空気に触れているのではなかなか治りにくいと思います。
コツとしてはきちんとスポットライトを焚き
水も空気も温めて飼うとスムーズに成長していくでしょう
b0174337_18254435.jpg

日本に住んでいるのならぜひ、一家に一匹ニホンイシガメを飼育してほしいと思います
b0174337_18255390.jpg

そのくらい日本人の疲れた心を癒してくれる効果があると思いますよ

本日ご紹介したニホンイシガメについてのお問い合わせはお電話かメールにて!
お待ちしております。

Tel:052-784-7747
Mobile:070-5555-3335
Mail:herptilelovers@gmail.com
[PR]
by herptilelovers | 2014-03-12 18:35 | 新着情報